Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

GDC07 Report

1,094 views

Published on

GDC07報告会でのレポートです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

GDC07 Report

  1. 1. GDC2007 日本人講演者の 講演から見えてくるもの 小野憲史(ゲームライター)
  2. 2. 自己紹介 小野憲史(おのけんじ) フリーライター。1971年生まれ。 GDCには2003年からプレスとして参加。 「ゲーム批評」編集長を経て2001年よりフリーラン スとしてゲーム関係を中心に取材・執筆。 GDC2007は下記ウェブ媒体に寄稿 SlashGames(http://slashgames.rbbtoday.com/) まんたんウェブ(http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/)
  3. 3. GDC2007 日本人講演者の講演傾向
  4. 4. 13組のスピーカー(過去最多) • 2002年 9組 • 2003年 3組 • 2004年 8組 • 2005年 9組 • 2006年 9組 • 2007年 13組
  5. 5. GDCスピーカー その1 • 基調講演 宮本茂(任天堂)「創造的ビジョン」 • シリアスゲームサミット 基調講演 乙部一郎(スクウェア・エニックス) 「スクウェアのシリアスゲーム」
  6. 6. GDCスピーカー その2 • 青沼英二(任天堂)「ゼルダを振り返る」 • 五十嵐孝司(コナミ)「2Dゲームの光と闇」 • 稲船敬二(カプコン)「稲船敬二との対話 • 内海州人(キューエンタテインメント) 「I, Q: キューエンタテインメントのビジネスモ デル進行レポート」 • 河野力(SCEJ)「LocoRoco事後分析: 幸 せをゲームプレイに」
  7. 7. GDCスピーカー その3 • 近藤浩治(任天堂)「インタラクティブな音風景 を描き出す」 • Kondo Hiroaki(Dolby Digital)「Dolby Digital: 今ここで聞く」 • 島田健嗣(任天堂)「開発タイムラインの再考」 • 須田剛一(グラスホッパー・マニファクチュア) 「パンクは死なない」 • 村田琢(スクウェア・エニックス)「『ファイナ ルファンタジーXII』事後分析」 • 矢野慶一(イニス)「『おうえんだーん!』から 『HELP!』へ: Elite Beat Agentsの舞台裏」
  8. 8. JAPANの講演を聞くだけでGDCが終わる! EXPO
  9. 9. 1:ゲームデザイン関係が多い • 創造的ビジョン KS • スクウェアのシリアスゲーム SGS • ゼルダを振り返る GD • 2Dゲームの光と闇 GD • 稲船敬二との対話 GD • キュー社のビジネスモデル進行レポート BM • LocoRoco事後分析: 幸せをゲームプレイに GD • インタラクティブな音風景を描き出す AU • Dolby Digital: 今ここで聞く AU • 開発タイムラインの再考 PD • パンクは死なない GD • 『ファイナルファンタジーXII』事後分析 VA • 『おうえんだーん!』から『HELP!』へ GD
  10. 10. 2:大手だけではない • 創造的ビジョン(任天堂) • スクウェアのシリアスゲーム (スクウェア・エニックス) • ゼルダを振り返る (任天堂) • 2Dゲームの光と闇 (コナミ) • 稲船敬二との対話 (カプコン) • キュー社のビジネスモデル進行レポート (キュー) • LocoRoco事後分析: 幸せをゲームプレイに (SCE) • インタラクティブな音風景を描き出す (任天堂) • Dolby Digital: 今ここで聞く (ドルビー) • 開発タイムラインの再考 (任天堂) • パンクは死なない (グラスホッパー) • 『ファイナルファンタジーXII』事後分析 (スクウェア・エニックス) • 『おうえんだーん!』から『HELP!』へ (イニス)
  11. 11. Hello 3:英語でスピーチ ! • 創造的ビジョン (日) • スクウェアのシリアスゲーム (英) • ゼルダを振り返る (日) • 2Dゲームの光と闇 (日) • 稲船敬二との対話 (日) • キュー社のビジネスモデル進行レポート (英) • LocoRoco事後分析: 幸せをゲームプレイに (日) • インタラクティブな音風景を描き出す (日) • Dolby Digital: 今ここで聞く (英) • 開発タイムラインの再考 (日) • パンクは死なない (日) • 『ファイナルファンタジーXII』事後分析 (日) • 『おうえんだーん!』から『HELP!』へ (英)
  12. 12. 日本人の講演が 急速にこなれてきた! 内容が充実 ぶっちゃけ精神 CEDEC/AOGCの功績
  13. 13. 「LocoRoco事後分析」の講演内容分析 • アイディアのヒント イ • 企画概要 ン • 企画プレゼンの苦労 ス • 開発ツール(MAYA) ピ • 特に力を入れた点(物理・AI・音楽) レ • 良かった点 ー シ • 悪かった点 ョ • 今後の展望 ン
  14. 14. クリフB「Gears of War」講演 宮本サンありがとう • 1975年生まれ(32歳) • マリオ・ゼルダの大ファン • エピックゲームズ所属 • Unreal Warfareエンジン(FPS)からGears of Warへ(SPS/TPS) • KILL.SWICH(2003,PS2/現バンダイナムコ ゲームスアメリカ)に触発←Renderware
  15. 15. 隠れてない!
  16. 16. 隠れている!
  17. 17. やっぱり隠れている!
  18. 18. 時代はカメラパスだ! • 画面がハイデフなのは当たり前 • 物理やAIも当たり前 • カメラの動きがゲームのおもしろさに直結する! (ローディ・ラン、敵との間合い) • EX) 2Dゲームの光と影(コナミ・五十嵐氏) やっぱりゲームデザインが重要!
  19. 19. みんな急速に「わかって」きた • やはりブランディングかな。ブランディングはゲー ムデザインをしていく上ですごく重要だと思ってる。 コントローラのそれぞれのボタンを特定の機能と してブランディングしてしまうんだ。Aは攻撃、B はダッシュ、とかね。(クリフB/2006年E3、中村 彰憲) • インターフェースのコントロールはテレビゲーム の最も基本的なメカニズムだ。(不明/2007年 GDC)
  20. 20. 講演しないとGDCを 満喫できないのか? そんなこたぁないでしょう
  21. 21. GDCの商談機能が増強 • GameConnection@GDC San Francisco パブリッシャーが30分ずつ開発会社ブースを巡回し、ゲームのプレゼンを受 ける 3/5、6に開発会社104社が出展 日本からは㈱ナウプロダクションが参加(DS タイトル5作 Game Connection@GDCレポート(GameWatach) Game Connection Services 3/7、8にアウトソース専門の開発会社がブースを展開
  22. 22. 国内ディベロッパーの攻めの姿勢 海外パブリッシャーと直接契約・現地展開 欧州 北米 国内パブ パブリッシャー リッシャー パブリッ シャー 日本 開発会社 現地市場 現地市場 来年はさらに増加することを期待!
  23. 23. なぜゲームデザイン系の講演が多いのか? • DS、Wiiの成功 • ニンテンドーキッズ世代 • ニーズとシーズ ゲームデザイン以外の話は必要ない(欧米) + ゲームデザイン以外の話はしたくない(日本) →CEDEC、AOGCを盛り上げていきましょう! (そして海外から日本に呼び寄せましょう!)
  24. 24. まとめ • 国内スピーカーの講演が充実していた • GameConnectionに要注目 • 国内カンファレンスを盛り上げましょう! ありがとうございました! Kono3478@google.com

×