Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

公共交通オープンデータ:この1年を振り返る 2019

1,605 views

Published on

3月2日に東京大学生産技術研究所で開催した「公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2019」における伊藤昌毅の発表資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

公共交通オープンデータ:この1年を振り返る 2019

  1. 1. 公共交通オープンデータ:この1年を振り返る 東京大学 生産技術研究所 伊藤昌毅 公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2019 2019年3月2日 東京大学 生産技術研究所 コンベンションホール
  2. 2. #公共交通オープンデータ #オープンデータデイ 本日のハッシュタグ
  3. 3. 本日、YouTube中継およびメディアによる取材があります • 記事にして欲しくない • 中継、録画して欲しくない • ソーシャルメディアに投稿して欲しくない 時は、その旨をお伝えください でも、なるべくオープンに! 講演者の皆様へ
  4. 4. • 首都圏(鉄道・バス・航空) – 公共交通オープンデータ協議会による コンテストとしてデータ整備が進行中 – 2020を目指して継続予定 2018年度の公共交通オープンデータ 首都圏でも地方でも! • 地方(バス) – 「標準的なバス情報フォーマット」に よるデータ整備が全国で始まる – 県主導の取り組み、バス事業者による 取り組み、大学による取り組みなど
  5. 5. • Tokyo Trains – By 日向慧さん 東京公共交通オープンデータチャレンジ 最優秀賞 2018年5月15日表彰 https://itunes.apple.com/jp/app/tokyo-trains/id1359595751?mt=8
  6. 6. 地方のバスを中心とした 公共交通オープンデータの取り組み
  7. 7. 地方自治体による公共交通オープンデータの黎明期 (2012年〜) 都市、地域 フォーマット ライセンス 福井県鯖江市 API形式 CC-BY 滋賀県草津市 Excel, CSV, shp形式 CC-BY 4.0 北海道室蘭市 Excel形式 CC-BY 2.1 東京都八王子市 pdf形式 CC-BY 2.1 石川県珠洲市 CSV形式 CC-BY 栃木県小山市 CSV形式 CC-BY-ND 2.1 栃木県宇都宮市 pdf形式 CC-BY-ND 2.1 愛知県尾張旭市 CSV形式(バス停のみ) CC-BY 2.1 オープンデータの拡がりとともに、コミュニティバス時刻表のオープンデータ化が拡がる 2012年 福井県鯖江市つつじバスのデータ公開がはしり データ内容、フォーマット、ライセンスが不揃いなため、一括処理が困難 各データごとに独自のプログラムを開発する必要がある 結果として広くは利用されない状態
  8. 8. JCOMM2014 構想発表 JCOMM2015 静岡で実証実験
  9. 9. バス情報の効率的な収集・共有に向けた 検討会(2016年12月〜2017年3月) • 事務局: 総合政策局公共交通政策部交通計画課 • 外部委員 – 伊藤昌毅 東京大学生産技術研究所(座長) – ー川雄一 株式会社構造計画研究所 – 伊藤浩之 公共交通利用促進ネットワーク – 井上佳国 ジョルダン株式会社 – 遠藤治男 日本バス協会 – 櫻井浩司 株式会社駅探 – 篠原雄大 株式会社ナビタイムジャパン – 丹賀浩太郎 株式会社工房 – 別所正博 公共交通オープンデータ協議会 – 山本直樹 株式会社ヴァル研究所
  10. 10. 2017年3月31日 「標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)」公開
  11. 11. 世界で使われるGTFS形式を拡張して制定 • 世界で広く使われる形式 • 乗換案内に必要な情報(バス停・駅+路線+時刻表+運賃)をまとめて格納 したファイル形式 バス停/駅+路線 時刻 運賃
  12. 12. 各社のエンジニアが集まった ワーキンググループを開催 • 東大生産技術研究所に 各コンテンツプロバイ ダのエンジニアなどが 集まり、バスデータの フォーマットについて 集中討議 • データ項目のひとつひ とつを徹底議論
  13. 13. 「標準的なバス情報フォーマット 広め隊」結成 • このフォーマットに基づいた公共 交通データの整備を推進する自主 的な活動が全国で同時多発的に発 生 • バス事業者との協業 • 自治体との協業 • ツールの開発 • 公共交通利用促進の一環として 2017年11月 「くらしの足をみんなで考える全国 フォーラム2017」ポスター出展→
  14. 14. • 2018年3月3日(土) 東大生研 コンベンションホールにて 180名の参加者 – 22件の発表:国土交通省、トラフィックブレイン、その筋屋、みちのりHD、九 州産業大学、青森市営バス、NEXCO西日本、ヴァル研究所など 公共交通オープンデータ最前線 in インター ナショナルオープンデータデイ2018 開催
  15. 15. 2018年3月:7事業者 石川県能美市「のみバス」 2017年1月からGTFS形式でオープン データ公開。Google Mapsから検索 も可能に。 福岡県新宮町 2016年末からGTFS形式でバス、 渡船のデータ整備。Google Mapsから検索を可能に。 山梨県 主要2事業者(山梨交通、富 士急行)及び一部のコミュニ ティバスデータを2017年2月 よりGTFS形式で公開。 静岡県島田市・焼津市 OpenTrans.itによって2016年から GTFS形式でデータ公開。Google Mapsから検索も可能に。 宇野バス(岡山) フリーのダイヤ編成システム「その筋屋」を 利用し、GTFSデータとGTFS Realtimeデータ を公開。Google Mapsからリアルタイム位 置を加味した検索が可能に。 北海道室蘭市 独自形式で公開していたオープンデー タをCode forがGTFS化、公式にも反映。
  16. 16. 2018年7月:23事業者
  17. 17. 2018年11月:30事業者
  18. 18. 2019年2月:90事業者
  19. 19. なぜこれだけの ムーブメントになったのか?
  20. 20. • GoogleはGTFS形式によるオープン データを推奨 – ほぼ選り好みせずデータを掲載 – 検索の統計情報も公開 • 乗換案内に掲載されていない自治 体やバス事業者が利用促進のため にデータ整備 • 訪日外国人が利用するのはGoogle Maps Google Mapsに載るから
  21. 21. 国内の乗換案内事業者もデータを採用 • オープンデータ化されたバスデータを経路探索に採用 https://ekiworld.net/personal/app/spec/info.html?style=pc
  22. 22. • ツールの開発が進む • 各地で勉強会を実施 • 運輸局が独自にマニュアル作成 自分でも出来そうだから
  23. 23. • 佐賀、富山、群馬、沖縄 • その他にも続々と・・・ 県が推進するから
  24. 24. 標準的なバス情報フォーマット (GTFS-JP) 事件簿 in 2018
  25. 25. • 2018年5月20日公開 • ヴァル研究所、永井バス、 その筋屋、青森市営バス を紹介 • 水野羊平氏の取り組みも 丁寧に紹介 東洋経済オンライン
  26. 26. • 時刻表だけでなくバスロケまで オープンデータに • 7月14日: 全国から111名を集 めた「公共交通オープンデータ 最先端都市フォーラム」開催 岡山: 民間バス事業者のオープンデータ競争 バス事業者 バスロケ 時刻表 オープン化 バスロケ オープン化 宇野バス バスまだ? /その筋屋 済 済 下電バス 済 両備グループ (岡電・両備) リオス (両備G) 済 済 中鉄バス 済(β版) 八晃運輸(めぐりん) - ? ?
  27. 27. 宇野バス –バスIT化のリーディングカンパニー – • ダイヤ編成支援システム「その筋 屋」とのコラボレーションにより、 GTFS、GTFS Realtimeによるオー プンデータ提供を実現 • 自前のWebに表示するだけでなく、 Google Mapsの検索結果に遅れが 反映される https://twitter.com/Sujiya_System/status/855220939637665794/photo/1https://twitter.com/sujiya_system/status/670240735615041537
  28. 28. • あ 両備バス・岡電バスもオープンデータ化
  29. 29. • バスロケ運行データとAIを用いた自動ダイヤ改正 – 太田恒平氏((株)トラフィックブレイン)開発 – 2018年4月発表 オープンイノベーションによるダイヤ改善が実現
  30. 30. • 2018年11月号 Wedge記事掲載
  31. 31. • ああ 張り紙で閉ざされた改札口@呉駅 2018年7月31日調査
  32. 32. 乗換案内からリンク (駅すぱあとの例) バス協会による総合案内ページ (JR西・広電バス・フェリー) 呉市交通政策課サイト経由で JR西日本の時刻表など 広電バスの時刻表・ 所用時分実績情報 JR代行輸送バスの 走行位置情報
  33. 33. ダイヤや運行情報以上の情報提供の工夫 • 所要時間実績 • 簡易バスロケによる位置情報
  34. 34. 土木学会インフラデータチャレンジにおける アプリコンテスト GTFSバスオープンデータ for Presented by 標準的なバス情報フォーマット 広め隊 賞金総額400万円 + GTFS-JP賞(仮)8月6日@ 東大駒場 キッ ク オフ GTFS-JP賞 指定課題 (1)アプリ部門 アプリ、Webサイト、Web地図 等のオンラインによる情報提供 ツール (2)紙部門 時刻表、路線図、申請等の紙に よる情報提供や業務改善ツール (3)分析部門 地域交通、ダイヤ、運行実績等、 交通改善のための分析に関する 手法、事例、ツール
  35. 35. • 2018年9月25日(火) 東大生研 コンベンションホールにて 230名超の参加者 – 東京2020交通の実務と学のトップ × Google 乗換案内トップ × 国内経路検索3 社経営陣と考える東京オリンピック・パラリンピックの交通情報のあり方 – 路線バスオープンデータの最新情報 第3回交通ジオメディアサミット 〜東京2020の交通をITで支えるために〜
  36. 36. • GTFS-Realtimeをベースにした動的 データフォーマットを策定中 • バスロケ事業者も委員に • GTFS-JPの改定作業 – 2年経って40項目以上の検討、見直し事項が蓄 積 国交省バス情報の静的・動的データ利活用検討会
  37. 37. 今後に向けた取り組み
  38. 38. • デジタルサイネージへの採用が具体的に進行中 データ: 整備から活用へ
  39. 39. • a 市民発のアプリ・ノウハウも登場 GTFSリアルタイム表示 開発ノウハウ提供 https://qiita.com/hiroshi_toyoshima/items/ecac6d074390544b6e9ehttp://gtfs.boo.jp/
  40. 40. • 概要: – 2018年10月13日(土)、岡山市にて、参加者約20名 • 実習内容: – アプリ開発(講師: 伊藤昌毅) Node.jsでWebアプリ – データ分析(講師: 太田恒平) QGISで路線図作成 公共交通オープンデータ技術実習 〜はじめよう!GTFSを使ったアプリ開発とデータ分析〜
  41. 41. • 業務そのものをデジタル化し て楽に – ダイヤ改正、仕業編成、バス停向け 時刻表作成、運賃改正、届出書類作 成・・・・・・ – ダイヤデータ、営業データ、車両 データ、労務データなどを一元管理 • 結果的に最新のデータが常に 作成出来る体制 バス事業者: 業務のデジタル化で継続的データ整備
  42. 42. • 2019年現在、交通事業者と国交省(運輸局)とのやり取りは 紙とハンコ • ファイルされた紙は死蔵され政策立案に活かせず • 交通事業者にデジタル化のインセンティブ無し 交通行政: 届出のデジタル化と活用へ
  43. 43. • 現在は時刻表ベースの乗換案内 乗換案内: リアルタイム交通メディアへ
  44. 44. • 数多くの交通事業者ごとにITシス テムをカスタマイズしている現状 • アーキテクチャやインタフェース の標準化で – 開発・導入コストを削減 – 新機能の追加を容易に – 複数ベンダーのシステムの協調を容易に • 交通事業者にメリットがある話だ が、誰も音頭を取れない状況 交通ITベンダー: 囲い込みから相互運用性へ
  45. 45. より良い移動を、より良い地域を 力を合わせて作りましょう! オープンデータは、いろいろな人の 知恵や力を結び付けるきっかけ

×