Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

自治体広報誌オープンデータ実証説明20131220

4,905 views

Published on

自治体の広報誌をオープンデータ化して、さまざまな利活用を検討する実証実験について説明した資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

自治体広報誌オープンデータ実証説明20131220

  1. 1. 資料5 「広報誌オープンデータ実証研究WG」につ いて ~オープンでスマートな市民との対話の場を目指して~ 2013年12月20日 ASPICオープンデータ研究会 事務局リーダー 藤井 博之 1
  2. 2. なぜ「広報誌のオープンデータ」なのか ~千代田区の現況(1/5)~ 2
  3. 3. なぜ「広報誌のオープンデータ」なのか ~千代田区の現況(2/5)~ 3
  4. 4. なぜ「広報誌のオープンデータ」なのか ~千代田区の現況(3/5)~ 4
  5. 5. なぜ「広報誌のオープンデータ」なのか ~千代田区の現況(4/5)~ 5
  6. 6. なぜ「広報誌のオープンデータ」なのか ~千代田区の現況(5/5)~ 6
  7. 7. なぜ「広報誌のオープンデータ」なのか <オープンデータ推進における最初の「壁」> ●オープンデータ推進の重要性は理解したが、それによって、自治体や市民 にどういうメリットがあるのか。何となくメリットがありそうなのはわかる が、それを内部にきちんと説明できない。推進効果が明確でない。 ●自治体の情報と言っても山のようにあり、何からオープンデータ化すれば よいか、どう進めたらいいかわからない。 ●仮にオープンデータ化すれば良いと思うデータがあったとしても、その データを扱う関係部署を説得するには時間がかかる。 ●そもそも、誰がその推進を担当するのか?そんな時間(金)が割けるか? <最初の「壁」を突破するための「広報誌オープンデータ」> ●広報誌の情報は、そもそも広く公開されるべき情報であり、オープンデー タとして活用することで、より効果的な広報活動につながる可能性がでてく る。 ●広報データをデータベース化、情報の一元化を図ることで、広報業務の効 率化にも寄与する。 ●すでに、広報誌の印刷前の情報は、データ化されているので、現状業務の 負荷を増すことなく、オープンデータの取り組みが推進できる。 7
  8. 8. 「広報誌オープンデータ」で期待する効果 <より多くの、より適切な人への情報発信> HPや紙媒体による広報の限界に対し、データをオープンに活用できれば、様々な情 報発信アプリを通じて、より多くの、より適切な人に、より早く、情報を伝えるこ とが可能になる。(1 to1、或いはPUSH型の行政サービスへ) <広報業務をスマートに> 記事情報をデータベース化・一元化することで、庁内での情報共有、担当部署で の直接登録が可能になる。また、本実証では、他の自治体での取り組みも即座 に照会できるようにします。 <市民との対話(広聴)へ> 広報告知した活動に対し、市民の反応等をデータ収集することで、それらの活 動をレビューし、次の取り組みに生かすことができる。 <事前検証を容易に、早く> 今後推進する様々なオープンデータ推進にあたり、課題や予算等を事前かつ早 期に把握でき、効果的な施策策定につなげられる。また関係部署に対しても 実物を見せて説明ができ、庁内への啓蒙もスムーズに行える。 8
  9. 9. 「広報誌オープンデータ」実証の全体像 広報誌データ (PDF等) ①EXCELシートへ貼付 A B C D E F ….. …. …. …. …. …. ….. …. …. …. …. …. アップロード ①又は②の方法で、広報誌 データをCMSに取り込む 広報誌登録用CM S (非公開)※1 広報誌 データベース※2 ハッカソン・アイデアソン ②直接入力 A イベント名 B イベント内 容 C オープンデータ化するデータを エクスポート 日時 : : <実証環境(予定)> ※1 登録用CMSとして㈱パイプドビッツ社の「SPIRAL」利 用 ※2 データベーススキームとして、一社)ユニバーサルメニューメニュー普及 協会の「ユニバーサルメニュー」を活用 ※3 カトログサイトとして、「CKAN」及びオープンナレッジファウンデー ションが運営するデータセンターを活用 アプリ開発 オープンデータ カタログサイト ※3 9
  10. 10. <参考>広報誌データ正規化における ユニバーサルメニューの活用 ※活用メリット ☆行政サービスのデータモデルが既に構造 化されており、一から設計する必要がない。 ☆既存の行政サービスのデータとの連携が 可能で、広報誌の拡張利用につながる。 10
  11. 11. <参考>広報誌データ構造イメージ 広報誌DB 記事DB 項目名 項目名 内容 広報誌NO 251201 記事ID 発行者 千代田区 タイトル 発行日 2013/12/01 内容 内容 記事01 記事03 記事項目01 記事項目01 記事項目02 記事項目02 記事項目02 記事項目03 記事項目03 記事項目03 1001 1002 記事02 記事項目01 記事項目ID(1) : ●●市広報誌(2013/12/01号) 101 編集開始日 11/01 記事項目ID(2) 編集終了日 11/20 : 掲載広報誌NO : : 記事項目DB(イベントタイ プ) 項目名 内容 記事項目DB(申請タイプ) 項目名 内容 記事項目DB(お知らせタイ プ) 項目名 内容 記事項目ID 1001 記事項目ID 2001 記事項目ID 3001 イベント名 千代田クリスマス 申請名 育児の補助金 タイトル 年末年始の窓口業務 内容 ********* 内容 ********* 内容 ********* 開催日時 2013/12/20 15:00~ 申請できる人 3歳以下の子供をもつ方 画像 ****.gif 定員 100 定員 100 関連リンク www.Chiyoda-koho.jp/3001 対象者 区内の住民 申請期日 2013/12/31 お問合せ 広報課5555-6666 : : : 11 ・ ・ ・
  12. 12. <参考>広報誌データ登録画面のイメージ (データ管理クラウドサービス「SPIRAL」の登録画面) 12
  13. 13. <参考>オープンデータカタログ「CKAN」 13
  14. 14. 広報誌オープンデータ実証研究 作業項目と役割分担 作業項目 作業内容 自治体様 協力ベンダ ○ 広報誌DB登録 広報誌データベース設計、登録用 準備 のフォーム作成 広報誌データの 既に発行された広報誌につきまし 収集 て、PDFやCSV等の形式にて、 ご用意願います。 広報誌データの PDF等の広報誌データを①EXCELの CMS登録 データシートに貼付、入力し、C MSにアップロード、又は②CM Sに直接入力 登録データの確 CMSに登録されたデータを確認、 認 オープンデータ化するデータを指 定する。 オープンデータ 登録された広報誌データをオープ 化 ンデータカタログサイトへアップ ロード ○:主担当 △:サブ担当 事務局 ○ △ 協力可能 な場合 ○ ○ 協力ベン ダーが無 い時 ○ △ (確認) ○ 14
  15. 15. 実証研究における留意事項 (1)期間 実証研究の期間は、2013年12月20日~2014年3月31日までとします。 以降の実証継続については、別途検討致します。 (2)データの取扱い お預かりした「広報誌データ」(PDFやCSV等)は、実証期間中は、研究会内 (の企業)において のみ、公開、二次利用します。また、一般公開可能なデータについては、オープン データカタロ グへアップロードされ、二次利用することを許諾いただきます。(※一般公開する場 合のライセン スは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1(CC BY 2.1 JP)ライセンスにて公開しま す。) 尚、公開、二次利用の期間も、2014年3月31日までとします。 (3)インターナショナル・オープン・データ・デイへの参加(アイデアソン開催) 2014年2月に開催されるインターナショナル・オープン・データ・デイに対し、 ASPIC オープンデー タ研究会として、「広報誌オープンデータ アイデアソン」としての参加を企画・検 討中です。実証 成果を広く告知していく機会として、参加をご検討ください。 15

×