Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

子育て(里親チーム) 東京Odd2016

661 views

Published on

東京オープンデータデイ2016
アイデアソンプレゼン資料

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

子育て(里親チーム) 東京Odd2016

  1. 1. 子育て チーム名:チーム中野 International Open Data Day 2016 in Tokyo
  2. 2. (課題の設定) ●議論された内容をもとに、検討の背景や設定したテーマ、課題などを整理する 課題を抱えてる子がいる家庭、核家族、ひとり親、住宅状況をオープンデータで 自分が倒れたら、不安感を持っている 安心して子育てができる環境づくりを狙う 例:養護施設で育った人の離職率が高い年間3分の1 ・税金が払えなくなる ・地域に対する愛着がへる 里親に登録できる人の条件 定職についている 2間で10畳以上 成人2名以上 ・里親に登録している人は少ない 申請しても承認が得られていない人が多い 行政基準でフィルタリング(ブラックボックス) International Open Data Day 2016 in Tokyo
  3. 3. (解決方法) ●設定した課題やテーマに対して、 具体的な解決案とその効果、狙いは何か ・ひとり親の家庭にサービスが届いていない 情報整理して公開する、制度の紹介、 ・里親が必要な家庭の需要がわかるような データを可視化する例:養護施設出身の子供の離職率高い ・インフォーマル化されていないサービスを 見えるようにしていく International Open Data Day 2016 in Tokyo
  4. 4. (アプリのイメージ、コンセプト) ●解決策をアプリ(又はサービス)イメージにするとどうなるか ・サービスのカタログ化 ●具体的に活用したいデータ(オープンデータ)は何か ・国や自治体が持っている家族の姿をオープンデータで公開 ・東京都の措置状況のデータ International Open Data Day 2016 in Tokyo
  5. 5. (その他) ※自由に追加してください International Open Data Day 2016 in Tokyo
  6. 6. (課題の設定)10分 ●議論された内容をもとに、検討の背景や設定したテーマ、課題などを整理する 里親、商店街、地域、学校 チームという連帯意識を持つ ・地域コミュニティの再構築 ・情報の選択肢を提示して、選べるようになるマチ ・大人たちが子供の育ち方を決めて、選ばせてくれないという課題 ・子育て支援の視点では、待機児童などの話になるが、色んなこともがたちがいるので、彼らにも育ちや は ・子供にとって育ちやし環境をつくる ・里子は自殺率が高い、税金が払えない、遊びましょうの選択肢がない ・子供が自由に伸び伸びと育てる環境 ・子供が主体になることが主流になっていく ・子供達の主体性を持つ子供が育つ環境を作るのが 大人の視線、安心、安全が大事 ・子供担当の人が子供の性格を判断して、親を決める ・ファミサポなど色んなサービスをやっている ・子供にとって育ちやすいまち International Open Data Day 2016 in Tokyo

×