オープンデータを活用したアプリケーション開発

5,907 views

Published on

オープンデータを活用したアプリケーション開発

  1. 1. オープンデータを活用した アプリケーション開発 Tajima Itsuro<tajima@georepublic.de> 8/3 at 「ビッグデータ・オープンデータの活用アイデアコンテスト」にアイディアを出す文殊 の知恵イベント 13年8月3日土曜日
  2. 2. この発表で扱う内容 • オープンデータによってできるように なったこと • エンジニアのやり方 • その2つをマッチさせて何ができるか 13年8月3日土曜日
  3. 3. 順番について • エンジニアはいろいろできます • 一方、オープンデータの推進は大変です • このため、まずオープンデータによって 技術的に何ができるようになったかを 見てから、エンジニアとうまくやってい くことを見ていきます 13年8月3日土曜日
  4. 4. 一般的なWebなどを使った システムの概要 13年8月3日土曜日
  5. 5. Where does my money go?の場合 13年8月3日土曜日
  6. 6. おさらい: オープンデータの意義 • 透明性・信頼性の向上 • 国民参加・官民協働の推進 • 経済の活性化・行政の効率化 • のために機械に読めるデータを公開 • →コンピュータ技術が役立ちます 出典:平成25年度版情報通信白書 13年8月3日土曜日
  7. 7. 透明性・信頼性の向上 • ウェブサービスによるデータの公開、 検索、提示のための仕組みの提供 • わかりやすいデータのビジュアライゼ ーション • グラフ、地図、アート 13年8月3日土曜日
  8. 8. 国民参加・官民協働の推進 • オンライン • データに合ったソーシャルメディアや、コラボ レーションのための仕組み • データ分析による、新たな情報の発信 • リアル • 動くプロトタイプを作ることで、公共分野の問 題解決を皆でどうやるかの創造力を喚起できる 13年8月3日土曜日
  9. 9. 経済の活性化 行政の効率化 • 具体的にどうビジネスにできるかはわ かりませんが、ITはスタートアップも多 く、成長分野と長年みなされていたの で、ネタや可能性はあると思います • 行政の皆様、困っていることがあった らぜひお話しましょう 13年8月3日土曜日
  10. 10. いろいろまとまって きましたが • 本日は仕事ではなく「イベント」です • ×エンジニア/皆ができること • ⃝エンジニア/皆がしたいこと • うまく楽しんでいきましょう 13年8月3日土曜日
  11. 11. エンジニアとは何か? • エンジニアは比較的特殊な人種と見られています • 世代、所属、経験や周囲の環境によって、同じコンピュー タを使う人間でも非常に多様 • スマホ、Web、PC、ネットワーク、データベース、組み込 み… • 天才、初心者、ソフトウェア工学屋、SIer、アジャイルなど • 普段は住み分けていても、オープンデータをきっかけにい ろいろな人が集まって良いと思います 13年8月3日土曜日
  12. 12. エンジニアとは何か? • 非常にざっくりまとめると • 共同作業の仕方と、モチベーションが わかれば、あとは結構仲良く楽しくで きるのではないか 13年8月3日土曜日
  13. 13. エンジニアと共同作業 • 大きく分けて2タイプ • ウォーターフォール型 • 各段階で完璧な設計書を作り、その通りに作る • 完全に要求が固まっていないと動きません、明白な要求を下さい • アジャイル型 • 物事が変化することを前提に、見える成果と評価で方針を変えていく • 議論で決着がつかない部分で議論を続けるのではなく、まず動くもの を作ってみましょう • もちろん、この2者も対立することがある 13年8月3日土曜日
  14. 14. エンジニアと共同作業 13年8月3日土曜日
  15. 15. エンジニアと共同作業 13年8月3日土曜日
  16. 16. エンジニアと共同作業 13年8月3日土曜日
  17. 17. 公共データの領域に対する モチベーション • IT技術を仕事としている人と、趣味としている人がいる • もちろん、社会を良くしたい人がいる • ハッカソンは、公共系のITの仕事をしている人にとっ て、普段の仕事とは違った視点や方法を与えられる • 自分の好きな技術の実験場として使いたい場合もある • 技術以外にも、面白い別のことを学べる可能性もある • 何よりも自由な環境 13年8月3日土曜日
  18. 18. アイディアを どうまとめるか • 楽しいものは楽しい • 新しいウェブサービスを、簡単なものでも良いから作れる→良 い機会 • 普段できないビジュアライゼーションを試す→見た目的に満足 • コラボレーションの仕組み、うまく回ると良いですね。 • 自分が作ったものをベースに、わいわい喋るのも良い • ということで、オープンデータのコンセプトで、エンジニアが 楽しく感じるアイディアは出てくると思います 13年8月3日土曜日
  19. 19. 一方で • つまらないものはつまらない • やりたくないタスクを求められる場合 • 根性でどうにかする部分がある場合 • 短い時間制限が付く場合 • 私たちは、善意と楽しみで行動しています 13年8月3日土曜日
  20. 20. まとめ • オープンデータにできることを考えて、創造 力を働かせていきましょう • オープンソースコミュニティのやり方:いろい ろな専門家が集まっていますが、所属、経験 など関係なく、お互いを尊重してうまくやっ ていきましょう • うまくいきます 13年8月3日土曜日

×