Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

交通ジオメディアへ一言

5,670 views

Published on

2016/2/12 に開催された交通ジオメディアサミット
https://geomediasummit.doorkeeper.jp/events/37529
で、河口が飛び入りで話した話と、最後のパネルディスカッションの勝手メモです。

Published in: Technology

交通ジオメディアへ一言

  1. 1. 交通GMSへ一言! NPO位置情報サービス研究機構(Lisra) 代表理事 名古屋大学 未来社会創造機構 教授 河口 信夫
  2. 2. 自己紹介 河口 信夫 (かわぐち のぶお) • 名古屋大学 未来社会創造機構 教授 • NPO位置情報サービス研究機構(Lisra) 代表理事 • 国土地理院 測量行政懇談会 基本政策部会員 • 総務省「G空間×ICT推進会議」構成員 • 国交省「東京駅周辺高精度測位社会プロジェクト検討会」 研究テーマ ユビキタス・コンピューティング • 無線LANを用いた位置推定ポータル「Locky.jp」 • カウントダウン時刻表サービス「駅.Locky」 • 人間行動センシングコンソーシアム「hasc.jp」 駅.Locky
  3. 3. Locky.jp プロジェクト 3 • 無線LANによる位置情報ポータル • 無線LAN 基地局(WiFi AP) + 位置情報の収集 • APの位置情報があれば、端末位置が特定可能 • 無線LANによる位置推定の研究が目的 • 2005年7月よりデータ収集開始 • ボランティアがデータ収集
  4. 4. iPhoneアプリ: 駅.Locky • GPS / WiFi測位を利用して最寄りの駅の 次の列車の時刻をカウントダウン • 時刻表は「クラウドソーシング」による 無償情報提供(10000人超) • 現在までに 220万ダウンロード • 毎日約6万アクセス (以前は10万人超えてました) 2009年~ 駅.Locky
  5. 5. 時刻表.Locky 5 駅.Locky は 電車用 時刻表.Lockyは 任意の時刻表 (バス、船、飛行機) 似ているが 少し違うので、 共通化は 難しい 2010年~
  6. 6. 時刻表.Locky の現状(2016/02) 6 スポット数 : 45738 時刻表データ数: 68620 (残念ながら最新ではないです。) 登録バス事業者数 : 814 (なんと日本最大?)
  7. 7. バスデータがバラバラに • 国土数値情報(2011年で更新おわり) • Opentransit (http://aalt.co.jp/opentransit/) • バス停検索 (http://buste.in/) • Crowdbus (http://www.crowdb.us/ ) – バス時刻表写真収集 • 時刻表.Locky サービス運営者として 慚愧に耐えない 7
  8. 8. このままだと。。。。(予想される未来) • 外出する前に、、、 – 時刻表のために → 時刻表.Locky・駅.Locky – ポストのために → ポストマップ – トイレのために → トイレマップ – AEDのために → AEDマップ – ロッカーのために → ロッカーマップ – 車を借りるために → レンタカーマップ – 食事のために → 食事マップ 8 コンテンツ提供者は、データを かかえこんでしまいがち 利用者からすると 自分に特化した サービスが欲しい 地域限定 高齢者向き 身障者向き 必要なサービスを、必要な時に見つけられますか?
  9. 9. 地理空間情報の流通を支える枠組みの必要性 9 • 民間と公的機関、ボランティアの間に立つ基盤 公的機関 ボランタリ 地理空間情報 インフラ・組織 地方 自治体 公共 交通機関 民間 事業者 民間 事業者 民間 事業者 データ提供 データ提供 地理空間情報ボランティア データ提供草の根 サービス 草の根 サービス
  10. 10. NPO法人 位置情報サービス研究機構 • NPO法人として、設立 (2012年9月14日設立) – Lisra: Location Information Service Research Agency 10 ・位置情報に関する技術・サービスの研究・開発 ・位置情報関連技術の教育・振興 ・位置情報登録を行なうボランティアの支援 目的: 事業: 1. 位置情報に関する技術・サービス等の情報提供事業 2. 位置情報に関するシンポジウム・セミナー開催事業 3. 位置情報に関する情報システムの開発・実験事業 4. 位置情報や位置依存情報の収集・提供及び流通支援事業 5. 位置情報に関するボランティア活動の支援事業 6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業
  11. 11. 地理空間情報の流通を支えるNPOの設立 11 • 民間と公的機関、ボランティアの間に立つ基盤 公的機関 地方 自治体 公共 交通機関 民間 事業者 民間 事業者 民間 事業者 データ提供 データ提供 地理空間情報ボランティア データ提供草の根 サービス 草の根 サービス
  12. 12. Lisraとしての活動 12 位置情報 サービス データ登録 システム 地理空間情報 ボランティア 一般ユーザ サービス 提供 データ 登録 データ 変換 良質なサービス 提供が多くの ボランティア 参加を生む 駅.Lockyを 始めとした多様な 実サービスを 運用・支援 ブランディング データ 提供 サービス 提供 他社 サービス 他社 サービス 他社 サービス Supported Services
  13. 13. サポートいただいている皆様(会員企業) 13
  14. 14. Lisra には交通事業者が入ってこなかった • 我々の持っているリソースと、 外部の方々のミスマッチ? • XX.Locky のデータを使いたい、という要望も ほとんど無い(東大 CSIS とは連携してます) • 他社サービスと喧嘩をしたいわけではない – 無償サービスが伸びすぎるのは問題 – なんらかのビジネスモデルは維持のために必要 14
  15. 15. 公共交通情報の問題 • GTFSは本当に標準か? – まともなライブラリが以外に少ない – (でも、これ以外選択肢がない。。。) • データを扱う仕組みが難しい – 路線だけでなく、運行データも複雑 – 遅延の扱い – 特例の扱い • デマンドが広く薄くのため、個別に行うには コストメリットが見いだせない 15
  16. 16. 提案 • 公共交通に関する情報集約を行う組織 立ち上げませんか? – 産・学・官・利用者・が連携すべき – なんらかの費用負担は必要 • どういった組織体の可能性があるのか? • 業界団体ではないのが良い – 国から支援できないの? • 公共交通問題の一助になるのは間違いなし 16
  17. 17. まとめ • データは勝手には集まって来ない – 集める・集まるための工夫が必要 • データだけでなくて、その上のライブラリ構築も 重要。ソフトウェアの集約も重要 • ぜひ、データ・ライブラリを構築する機会を みなでつくりませんか? 17 ご興味がある方は、ぜひご一緒しましょう
  18. 18. 交通GMS パネルディスカッション • 以下は、河口が壇上で勝手にまとめた資料です • 個人・事業者の発言は、河口が聞いた限りの まとめですので、誤りがあるかもしれません。 18
  19. 19. コンテンツプロバイダの意見 • 井上様(ジョルダン) – バス路線サービスでは一番でいたい – オープンデータ: • 地図の中にコミュニティバスの路線が乗る時代になってほしい • 諸星(ヴァル研究所) – 移動に関して困っている人がいればビジネスはある • 太田(ナビタイムジャパン) – コモディティになるまではデータは貴重 • 囲い込みビジネスは成立する、サービスで、垂直統合で、、、 – 長期的にはオープン化する→ 派生ビジネスはあるはず – プローブデータはオープンなのか?(議論中) 19
  20. 20. • 公共・国の役割として? – どこが公共でどこがビジネスか • 吉井 – 交通の基本法(交通政策基本法) – 人が移動するのを確保 – オープンデータ化をフォローしていく • データを使うことが良いこと、を盛り上げていく必要がある – 個々のビジネスとしてやるべきこともあるはず – 標準化もやっていた(10年前) • なぜダメだったのかは??? 20
  21. 21. 公共交通 → まちづくり • IT:グローバルなプラットフォーム→生産性向上 – 検索 → Google、文書編集 → Word • ローカルでITをやっている人としては? – ITはどこでも作れる、距離は関係ない – バス的には、地方に行くほど遅れている。。 • 「この町はどうしたいのか?」 – 町の人が決めること – 使うツール(IT)は、標準を使える • TransitMix (Code for Americaが作ったツール) • 住民が自分でほしい路線を作れる(提案できる) – 自治体も要望情報を参考にできる • 自治体:バス停時刻表、書類、データ、、大変 21
  22. 22. 三重県の公共交通見える化 以下の連携で行っている • 国土交通省 中部地方運輸局 • 三重県 • 公共交通利用促進ネットワーク 22
  23. 23. 公共交通にITを活かせるのか? • フォーマットをそろえればOKなのか? • バス業界 – 機器メーカー(運賃箱、表示器)→閉鎖的 • データが出てこない • ここの開放が鍵ではないか? • アーキテクチャをきちんと示すだけの見識をもつ人が、 きちんと示すべき – いろんなしがらみを理解 – 何が必要、誰が知ってるか、 – 皆の知恵を結集して、少しづつ作るべき – 民間からの視点抜きで、ボランティアだけでやってダメ – 成功事例をきちんと示すべき 23
  24. 24. どこから手をつけるべき • 実装サイド – ビジネス側 – 公共側 • どうやったら進められるか • 自治体:何社も同じデータを出せ、と言われる – 転入者向けのサービス(情報提供) – 基礎自治体からコツコツ進める • 検索エンジン:位置情報付きで情報提供 • バス会社 – 大規模事業者は対応可能、小規模では無理 24
  25. 25. QA • 質問:アマチュアが作成→本家に採用という事例 (西鉄バス) – 鉄道事業者はどの程度考えているか • オープン・イノベーション – 民間・個人の知恵を取り入れたい • これまで付き合いの無いパートナーとも連携 • 東京メトロのオープンデータコンテスト: – 280件を超える応募 25
  26. 26. QA • フォーマットの件: – いろんなプラットフォームを作る人がいて。。。 – 電子書籍の二の舞い: Kindleでもってかれた • 海外だと、だいたいこんな感じで、、、 – 各プラットフォームのオープン化は無いですか? – 高品質・高コスト、低品質・低コスト – 中品質・低コストの落とし所 • 各所でバラバラになっているのでは? – オープンの継続が重要 26
  27. 27. QA • バス事業者→ データが出てこない – データを出すことに対し、抵抗はあるのか?何を恐れているのか? • 例:事業者毎の遅延状況などが可視化されたら、、、 – データの正確性に対する要請。。。 • 事業者側と(公共 or 民間なのか。。。) – 入手交渉:メリットを伝えれば、無償で出せる – データは出せるけど、有償という会社もある – データの価値が高いと認識している • データを作るのにコストをかけている →社内合意が得られない – 信頼関係も重要:5~10年つきあい信頼を得る – 例:Excel くしゃくしゃで、とても出せない。。。という場合も – 周りがやってない 27
  28. 28. QA • バスデータ入れたら、いくら儲かるの? – 効果の説明ができない – 交通マーケティングしている会社は無い • ビジネスからの説明も必要ではないか • バスデータを入れたら乗客増えるのか? – コンテンツプロバイダ的にはエビデンス無し • モビリティ・マネジメントとして – あなたのXXXというような提供をすれば効果はある 28
  29. 29. QA • 公共交通のビジネスモデル – ほとんど赤字路線、効率化すると、補助金が減る – ITの効果の説明が十分になされていない • 公共交通の標準化(ISO) – ISOの制約は国 or JR – 国内の標準だけではダメでは – 金額的には大した補助金額出ていない • 赤字があれば国が補填するのは当たり前(世界的には) – UBERのようなライドシェアも標準化すべきという議論 – 公共交通サービス、MaaS(Mobility as a Service) – バス・鉄道・タクシー・UBER まとめてマルチモーダル 29
  30. 30. QA • 540社のバスデータ(路線バス315社 by Jordan) – どうやって集めたか? • DBだけじゃなく、PDF, Excel , 手書き。。。 • 自社でデータ変換をして、ローカルフォーマットに – どうやって更新してるのか? • 改正のタイミング3~4週間前にデータをもらう • 内製でデータ変換ツールも作る • HPなどで定点監視をして、変更を確認している – フィードバックまではできていない部分もある – ビジネス化もありえるかも – バスロケ対応も検討中 →リアルタイム経路検索 – バスのエコシステム • 時刻表改正→バス停、HP,いろいろ作業ある 30
  31. 31. まとめ • バス・鉄道連携の検索がもっと進むと良い • 地域の公共交通の魅力を高めることが重要 • こういった話をぜひバス業界に広めたい(ぜひ) • バスデータについてはトップ&軸に!(Jordan) • これで終わるのではなく、更に+アルファ、質で勝負 • 公共交通とデータは面倒・貧乏・根性(チャンスは?) • オープンガバナンスに通じる、愛にあふれた場が良い • 市民としての立場で世の中役立てると嬉しい • バス停データバラバラ、由々しき事態。つなげる接点 31
  32. 32. 提案 • 公共交通に関する情報集約を行う組織 立ち上げませんか? – 産・学・官・利用者・が連携すべき – なんらかの費用負担は必要 • どういった組織体の可能性があるのか? • 業界団体ではないのが良い – 国から支援できないの? • 公共交通問題の一助になるのは間違いなし 32

×