Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

日本バス情報協会の活動について

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 4 Ad

日本バス情報協会の活動について

Download to read offline

2021年3月6日開催「公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2021」における西沢明氏(日本バス情報協会設立準備会)の発表資料です。

2021年3月6日開催「公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2021」における西沢明氏(日本バス情報協会設立準備会)の発表資料です。

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

More from Masaki Ito (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

日本バス情報協会の活動について

  1. 1. 日本バス情報協会の活動について GTFSデータの普及・更新の推進、質の向上 GTFSデータの利活用の推進 公共交通を使いやすく バス事業のデジタル化、高度化 公共交通計画などでのデータ活用 【活動の理念】 2021年3月6日 インターナショナルオープンデータデイ 公共交通オープンデータ最前線2021 日本バス情報協会設立準備会 西澤 明
  2. 2. どんな取り組みが必要か  自治体(都道府県、市町村)、地方運輸局、バス事業者へ のコンサルティング(よろず相談)  GTFSデータの作成、利活用に関する講習会、勉強会  データ整備発注の標準仕様書の作成などの技術支援  オープンデータリポジトリ、データ検証ツール等の提供  関係事業者の連携の場の提供  GTFSデータを用いた分析等の調査研究
  3. 3. 日本バス情報協会設立に向けた活動  2週間に1回程度のミーティング  GTFSの整備状況、課題等の情報共有  GTFS-JPの改定に関する議論  協会の活動に関する議論  GTFS公共交通オープンデータマップの作成
  4. 4. 今後の活動予定 関係者による意見交換会 Slackによる意見交換 協会の活動内容、枠組みの構築 関係者との連携体制の構築 講習会・勉強会の開催

×