Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IODD2014inNagoya Report

1,273 views

Published on

International Open Data Day 2014 in Nagoya
report
Nagoya Castle Hackerson

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

IODD2014inNagoya Report

  1. 1. International OpenData Day in Nagoya International Open Data Day2014 in Nagoya オープンデータ東海 これまでの経緯と、名古屋城イベント振り返り NPO 位置情報サービス研究機構/名古屋大学 河口 信夫
  2. 2. オープンデータ東海 • ⽬的: オープンデータの利活⽤を東海地域でも ⇒ まずは知ってもらう、試してみる • 内容 10:00: セミナー & アイディアソン その後 〜 17:00 ハッカソン • 提供いただいたデータ – 静岡県:統合GISデータ – 愛知県:マップ愛知データ – 岐⾩県:統合GISデータ – 他、Open DATA METI, 等々 http://opendata-tokai.jp 2013/2/23 きっかけ
  3. 3. 2013年の様⼦
  4. 4. 観光情報グループ – アイディアソンチーム • 「どきどきさわやかウォーキング」を提案 – ハッカソンチーム • 成果 Web アプリ「観光NIGEROH」 – 観光地から最寄の避難所までの経路を表⽰ – 犯罪情報の収集,可視化の課題について議論 – ⼦育てマップと⼦育てしやすさをランキング Webアプリ 「⼦育てミシュラン」 ⼦育て⽀援グループ⼦育て⽀援グループ 安全・安⼼グループ 2013 成果
  5. 5. 観光 NIGEROH 観光地(温泉や花⽕会場) から 避難所まで逃げる経路を 2013 成果
  6. 6. ⼦育て ミシュラン 2013 成果
  7. 7. okfn の本家のblogで ⽇本の活動として紹介! 2013 成果
  8. 8. 2013年6月22日 (OSC2013 Nagoya) アイディアソン+ハッカソン • 60人近くで、オープンデータの活用について 議論 • 多数のアイディア → 付箋紙で! → ブレインライティング • 3分毎に、3枚の付箋紙にアイディアを記入 • まわりの人と順に交換! – 4セッションを実施 (人数x12のアイディア!)
  9. 9. アイディアソンの成果 400枚over の アイディア付付箋紙! 2013年6月22日 (OSC2013 Nagoya)
  10. 10. ハッカソン風景
  11. 11. ハッカソンでの議論 • 行政のオープンデータ – 公的情報 – 今の情報 • 市民のオープンデータ – ローカルな情報 – 過去の情報も 正史(せいし) 歴史の切り口 稗史(はいし) 国家によって公式に 編纂された歴史 民間の言い伝え。 正史に対する、 民間の歴史
  12. 12. SparqlEPCU (中部大 年岡研) LoD で史物の時系列データを記述
  13. 13. 第2回も大成功!
  14. 14. 2013年10月12日~13日 シビックハック and Mashup Camp in 名古屋 他の事例
  15. 15. 10/13 に決まったのが CODE for TOKAI CODE for 東海エリア立ち上げ (河口 信夫) (河合 太郎) CODE for SHIZUO KA (大石 康晴) (國枝 祐介) (杉本直也)
  16. 16. 名古屋市議 玉置氏 • オープンデータ東海には 2回とも参加! • 2013/9/18 の名古屋市会にて、 オープンデータに関する質問 名古屋市から「オープンデータに取り組む」 との答弁を引き出す! (これを受けてオープンデータ化活動を加速!) • 名古屋市が「名古屋城昭和実測図」を大量に 保有しているという情報提供と交渉支援 経済産業省のオープンデータ化事業を実施
  17. 17. 公共データ加工等の官民連携モデル 平成25年度電子経済産業省構築事業 (オープンデータの利用に係る民間、地方公 共団体の連携基盤の開発・活用実証事業) 経済産業省のオープンデータ化事業を実施
  18. 18. 名古屋市に公開依頼したデータについて # 対象データ 対象部局 交渉の経緯、公開の条件等 1 名古屋市指定文化財 教育委員会事務局生涯学 習部文化財保護室文化財 係 位置情報があるが、座標情報が無いデータを対象。交渉の詳細は(参考ファ イル)に。当初、担当が決まらずにたらいまわしに。結果として、NPOの責 任においてオープンデータでの公開を転載として許可。 2 名古屋市史跡散策路 教育委員会事務局生涯学 習部文化財保護室文化財 係(及び、各区担当者) 史跡散策路は名古屋の各区が作成したPDFの図。このオープンデータ化を依 頼。当初は各区へ個別依頼が必要といわれたが結果的にまとめてOKを得た。 上記と同様にNPOの責任においてオープンデータでの公開許可を得た。 3 名古屋市統計情報 総務局企画部統計課統 計係 名古屋市HP上で公開されている名古屋市に関する統計のExcel情報のオープ ンデータ化を依頼。名古屋市の著作権表示をした上で、NPOの責任上で2次 使用OKという事で、オープンデータ化の許諾を得た。 4 名古屋市観光情報 市民経済局文化観光部 観光推進室 複数回のやり取りの上、他の部局と同様の条件でのオープンデータ化の許諾 を得た。 5 地下鉄構内図 交通局経営企画課 NPOとして駅構内の調査をしたい、という方向で情報提供を依頼。他社事例 から、「駅構内情報提供契約書」を締結。直接公開は不可だが、参考にデー タを作成するのはOK. 6 名古屋城昭和実測図 名古屋城総合事務所 当初は文化財の無償公開はできない、というスタンスであったが、名古屋市 のHPにも掲載する、という方向でWeb公開の許諾を得た。(オープンデー タ化は今回はできないが、オープンデータのイベントでの利用はOK) 7 名古屋城関連写真 市長室広報課 名古屋城のデータ公開に合わせ、写真を依頼し、公開予定の写真を提供いた だいた。 8 名古屋市街路灯データ 緑政土木局 大阪オープンデータのハッカソンを契機に利用を持ちかけ。オープン化は無 理だが、コンテスト等の研究目的ならOKで許諾を得た。 9 名古屋市都市計画図 住宅都市局 都市計画部都市計画課 測量法の関係で、許諾が必要。国土地理院にも問い合わせたが、制限 は崩せず。NPOが公開サービスを行うという方向で調整中。 10 バスのリアルタイム位 置 交通局営業本部,自動車 部 担当事業者が決定しており、事業者が導入のために手いっぱいであり、 今年度中の対応は不可能。来年度なら可能性がある。
  19. 19. オープン化例:史跡散策路
  20. 20. KML / ポイントデータとして編集・公開
  21. 21. http://opendata.lisra.jp で公開
  22. 22. このような活動の中で • IODD 2014 に「オープンデータ東海」として 実施することは考えていたが。。。。 – 岐阜 – 静岡・湖西・浜名湖 などが独立して開催することとなり、 独自色をどう出すか、が課題になっていた。 (2013~14年にハッカソン開催しすぎて、 参加メンバーも固定化。。。)
  23. 23. そこに。。。
  24. 24. 名古屋城昭和実測図 江戸時代(1600年代)に 築城された名古屋城が 空襲で燃える前に 実測された図 (手書き!)
  25. 25. 尾張名古屋は城でもつ
  26. 26. IODD 名古屋城オープンデータ ハッカソン • 正式開催を決めたのは、なんと 2月4日 (募集期間は 17日しかなかった。。。) • 実は、名古屋市(名古屋城総合事務所)との交渉が なかなか難しかった。 – 最終的に利用・公開がOKとなったのは 2月7日 (2/22 までの2週間で、公開用システムを開発!) • データは DVD 23枚! 画像1枚 300Mbyte x 300枚 – コピーだけで、数時間!(データ入手は 2/12)
  27. 27. 会場は、名古屋 能楽堂 (集客に会場は重要!)
  28. 28. IODD 2014 名古屋 当日の様子 参加者 57名!
  29. 29. 当日プログラム 10:00 開会・あいさつ (オープンデータ東海 代表/ 名古屋大学 教授 河口信夫) 10:10 オープンデータ活動に関する説明と事例紹介 (名古屋工業大学 助教 白松 俊) 10:30 本日のデータ・名古屋城の歴史的データの解説 (名古屋市会議員 玉置真悟、他) 11:00 名古屋城の見学(実費 450円) (案内:名古屋城総合事務所) (見学に参加しない方は、会場でデータの利用が可能です) 12:00 昼食休憩 (各自でお願いします。) 13:00 アイディアワークショップ(ファシリテータ 河口信夫) 話題提供:(明石工業高等専門学校 講師 新井イスマイル, 他) データの活用について、アイディアをだし、グループ作成 14:00 アイディアソン・ハッカソン グループ毎に、議論・データの活用を考えたり、システム開発 17:00~18:00 成果発表会: 各グループの成果発表を行います。 18:00 閉会 (終了後、名駅周辺で懇親会を予定しています。
  30. 30. 名古屋城をみんなで見学!
  31. 31. 名古屋市職員から説明を受ける参加者
  32. 32. 名古屋城本丸御殿 (実測図をもとに建築中)
  33. 33. 内部も見学しました (図面付で見れるので贅沢!)
  34. 34. 当日の名古屋城関係リソース • 名古屋城 昭和実測図 – 全300枚 (名古屋城総合事務所) • 名古屋市保有の 名古屋城関係写真 (広報課から提供) • 名古屋市 都市計画基本図 (1万円 DVD) • 名古屋市 都市計画写真地図 (5千円) この時点では、IODD限定で 利用の許諾を得た
  35. 35. 午後のスケジュール 13:40~ 10 分x3回 ⇒ 30分 ワールドカフェを実施 14:10~(10分)アイディアシート記入 各自 A4 1枚にアイディアを記入! 14:20~ ラウンドテーブル評価
  36. 36. ワールドカフェ (テーブル間を移動してアイディア流通)
  37. 37. 各テーブルで、ブレスト そして移動
  38. 38. アイディアシート • 1枚に1アイディア • 自分がやりたいアイディア – 他の人にわかりやすく – 複数枚あってもOK • 各テーブルの良いアイディアは できれば落とさないで。。。 3次元の城を作る! シンプルな 言葉で 下のほうは 評価(★)用に空けて イラストも OK
  39. 39. みんなのアイディアシート 44枚!
  40. 40. ラウンドテーブル評価 • 各シートには1人1個まで星(☆or ○を付ける) • 自分が参加したいアイディア – ☆ (1人 1~3) • いいな、面白い、価値があると思うアイディア – ○ 1人 5~10程度
  41. 41. 集計結果 ○☆ 合計数 ☆の数 合計 10以上 1. オープンデータをみんなで作って集めよう 6/15 2. 日本の城3Dパズル 5/16 日本の城シリーズ→ パズル or ブロック 3. ARでタイムスリップ 4/21 +おもてなし武将隊と遊べる タブレットアプリ 2/11 当時の人がどう生活していたか、見てみたい + 武将隊と遊べる 4. 自宅の内装を名古屋城に 3/15 障子とか、ドアノブとかを本当の名古屋城にあるものにできるのでは? 5. OSMの上に3D名古屋城 3/14 6. フォトラリー 3/10 スタンプの変わりに写真を使ってまわる 7. 自宅で楽しむ名古屋城攻略せよ 2/11 名古屋城をステージとした FPSを作りたい! 8. ⇒ 3に合流 9. かっこいい実測図アプリ 0/12 小学生を招待したい 10. ‐>  3に合流 名古屋城を漫画の背景にできる 0/10 漫画家に提供 ⇒ 聖地巡礼に 1. ‐‐‐‐チャンバラリアル 2/11 2. ‐‐‐時代ごとの地図を作る 0/10 3. ‐‐‐‐仮想名古屋城 築城 2/10 ‐‐‐超高解像度な写真で見せるアートアプリ 1/9
  42. 42. ハッカソンの成果 • 実質3時間なので、できることは限られていたので すが、、、それなりのものが完成 • 名古屋城オープンデータポータル • OSMに3D名古屋城を • 超美細名古屋城大天守 • 名古屋城無双 • 自宅の内装を名古屋城に • AR×おもてなし武将隊で名古屋城探検! • 日本の城シリーズ第1弾~名古屋城3Dパズル~
  43. 43. 名古屋城オープンデータポータル
  44. 44. OSMで 3D名古屋城
  45. 45. iPad アプリも作成
  46. 46. 自宅の内装を名古屋城に
  47. 47. • 名古屋城を舞台としたFPSゲーム • 実測図を元にして超リアルな名古屋城を再現 チーム無双
  48. 48. 城外画面イメージ ※画面は開発中のイメージです。 実際の製品とは異なる場合があります 城外マップ 城内戦闘イメージ
  49. 49. ありがとうございました! 参加者の皆様
  50. 50. その後。。
  51. 51. 名古屋市もオープンデータHP公開
  52. 52. 名古屋城昭和実測図 正式公開! http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/20_etsuran
  53. 53. 愛知県も!
  54. 54. 今後の活動・課題 • 自治体へのオープンデータ化依頼は 継続的に実施 – 現在は、市バスの位置情報のオープン化を 依頼中 • 各都市が競いあうのではなく、 協調・協力しあうべきだが、独自性も必要 – この矛盾の解決法が見つかっていない • 参加してくれる人は、まだまだ いるはずだが、リーチできていない 感想 今回は、時間が足らなかったのが反省点
  55. 55. アカデミックな話題 • 最近、大学側でも、イノベーション促進のために 「ワークショップ」or 「フューチャーセンター」 といった考え方が始まっている (知ってました?) • URA (University Research Administrator)という 人材が急速に増えている( 現在 1000人程度) (文科省の方針。米国には、URAは1万人弱いるとのこと) • この動きと連携すべきと思います。 名古屋大学では、2014年4月に 以下の組織を設立 未来社会創造機構 社会イノベーションデザイン学センター (SIDC) (河口は 副センター長だったりします。。) ぜひ、お声掛けください

×