Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

公共交通オープンデータの背景事情〜いろいろ降ってくる中で主体的に仕事をするために〜

254 views

Published on

愛知県 平成30年度共通課題研究事業勉強会 公共交通(コミュニティバス)情報のオープンデータ化に関する勉強会での講演資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

公共交通オープンデータの背景事情〜いろいろ降ってくる中で主体的に仕事をするために〜

  1. 1. 公共交通オープンデータの背景事情 〜いろいろ降ってくる中で主体的に仕事をするために〜 東京大学 生産技術研究所 伊藤昌毅 平成30年度共通課題研究事業勉強会 公共交通(コミュニティバス)情報のオープンデータ化に関する勉強会 2019年1月31日 愛知県名古屋市 愛知県図書館
  2. 2. 伊藤 昌毅 (Twitter @niyalist) • 東京大学 生産技術研究所 助教 – ユビキタスコンピューティング – 地理情報システム技術 – ヒューマン・コンピュータ・インタラクション • 経歴 – 静岡県掛川市出身 – 2008-2010 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別研究助教 – 2010-2013 鳥取大学 大学院工学研究科 助教 – 2013- 現職 • 委員など – くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 実行委員 – 国土交通省 バス情報の効率的な収集・共有に向けた検討会 座長 – 国土交通省 公共交通分野におけるオープンデータ推進に関 する検討会 委員 – 経済産業省 官民データの相互運用性実現に向けた検討会 座長
  3. 3. • 標準フォーマット関連 – バス情報の効率的な収集・共有に向けた検討会 座長(H28年度) – 標準的なバス情報フォーマット利活用検討会 座長(H29年度) – 動的データ(バスロケ)標準化検討会 座長(予定・H30年度) • オープンデータ関連 – 公共交通分野におけるオープンデータ推進に関する検討会 委員(H29年度-30年 度) • MaaS関連 – 都市と地方における新たなモビリティサービスのあり方懇談会 委員(H30年 度) 伊藤×国土交通省
  4. 4. 「公共交通オープンデータ」とは何か? は、大丈夫ですよね?
  5. 5. 海外の事例: 交通事業者がオープンデータを提供 • 路線図、時刻表、リアルタイム車両位置情報などのデータの利用を開放 • 自由に使ってもらうことで、アプリの作成や工夫を凝らした印刷物などの情 報提供を促進 • アメリカ、ヨーロッパでは当たり前になりつつある
  6. 6. GTFS形式 • 世界で広く使われる形式 • 乗換案内に必要な情報(バス停・駅+路線+時刻表+運賃)をまとめて格納 したファイル形式 バス停/駅+路線 時刻 運賃
  7. 7. • 大企業、ベンチャー−企業、個人がアプリ開発 オープンデータから様々なアプリが開発される
  8. 8. • Webページからデータを誰でもダウンロード出来るように オープンデータとして公開
  9. 9. バス事業者や自治体による公共交通 オープンデータ整備が活発化 • 全国で30近い事業者が整備・公開 • 4県が県を挙げたデータ整備中 2018年11月現在 伊藤調べ http://tshimada291.sakura.ne.jp/transport/gtfs-list.html
  10. 10. 2019年1月現在 88事業者がデータ公開
  11. 11. 今日何を話すか、昨日まで悩んでいた・・・
  12. 12. • 情報系部署6割、交通系部署2割、その他2割くらい? 本日の参加者: 自治体が主
  13. 13. • Aa 本日の主催者
  14. 14. 愛知県情報企画課とは?
  15. 15. • aa あいちICT戦略プラン2020
  16. 16. • 元々はシステム調達、管理など • 「情報化推進」「電子政府」「AI・IoT活用」などで主導的な 役割を期待されるように・・・ • とは言っても – 原課ではないので知識や権限が不十分 • 原課: 直接担当している部署 – 技術は業者に依存するため主体的な施策が難しい • 土木と違い専門職採用がほとんどない – 「守り」のカルチャーなので攻めは苦手 • 保守、セキュリティ、インターネット分離、守るべきものがいっぱい 一般に情報政策課・・・
  17. 17. • 国から言われた – Society5.0 – SDGs – データ駆動型社会 – 電子行政 – EBPM – スマートシティ – スーパーシティ – オープンデータ – 地方創生 – コンパクト+ネットワーク – 地域公共交通網形成計画 • 県から言われた – ・・・・・・ いろいろ球が飛んでくる・・・
  18. 18. • いろいろな方向からの球が集まりやすいポイントの1つ • わかり易くて簡単に始められそう • 成果が出やすい • とは言え、「交通」は一筋縄ではいかない難しさ 公共交通オープンデータ
  19. 19. • オープンデータやりたい派 • 地方自治体のオープンデータやりたい派 • 公共交通オープンデータやりたい派 • 行政のデジタル化(DX)やりたい派 • 交通のIT化やりたい派 • ポスト自動車産業やりたい派 球はどこから飛んできてる?
  20. 20. • なんとなく下火だったオープ ンデータが、2017年頃からま た盛り返した • アベノミクスの成長戦略の重 要キーワードに浮上した模様 • 「未来投資戦略2018 ─ 「Society 5.0」「データ駆動 型社会」への変革 ─ 」など 官邸からのトップダウン オープンデータやりたい派 https://twitter.com/ichiyanakamura/status/803149431692345344
  21. 21. • 総務省=郵政省+自治省 • 地域でICT(C入りは総務省用語)で何かをするのは大体ここ – ICTまちづくり、自治体CIO、ICT成長戦略、ICT地域活性化 • 包括的だが技術的には雑な印象 地方自治体のオープンデータやりたい派 http://www.soumu.go.jp/main_content/000578723.pdf
  22. 22. • 公共交通オープンデータ協議会 – 会長 東洋大学 坂村健 教授 • 2020年東京オリンピックまでの首都 圏公共交通オープンデータを目標 – 地方・バスは手薄 • 総務省、経産省、国交省(情報政策 課)、東京都などコンテストを実施 中 • 背景はIT、交通に対するビジョンは 弱いか 公共交通オープンデータやりたい派
  23. 23. 国交省:公共交通オープンデータ検討会 • 2017年3月〜5月 • 学識経験者メンバー – 淺野 正一郎 情報・システム研究 機構国立情報学研究所 名誉教授 – 伊藤 昌毅 東京大学生産技術研 究所 助教 – 大橋 弘 東京大学大学院経済学 研究科 教授 – 岡田 孝 株式会社日本総合研究 所 主席研究員 – 梶浦 敏範 一般社団法人日本経 済団体連合会情報通信委員会 インターネットエコノミー民間 作業部会 主査 – 越塚 登 東京大学大学院情報学 環 教授 – 松岡 萬里野 一般財団法人日本消 費者協会 理事長
  24. 24. 両論併記の煮え切らない報告・・・
  25. 25. • 電子政府・オープンガバメント・行政の働き方改革 – 経済産業省 情報プロジェクト室など • オープンデータは手段の1つ、本丸は行政そのもののデジタル 化という考え – 行政手続きのデジタルプラットフォーム構築 • ワンストップ、ワンスオンリー • 官民データの相互運用性の実現 – IPAによる共通語彙基盤など 行政のデジタル化(DX)やりたい派
  26. 26. 業界からの抵抗 日弁連 https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion /report/data/2018/opinion_180118_02.pdf 印章業界 http://jskai.net/546.html
  27. 27. • ITを活用した公共交通を実現したい • 良い交通作りの基盤としてのオープンデータを促進 • MaaS、スマートシティなどとも繋がる 交通のIT化やりたい派
  28. 28. • 自動運転、CASE、モビリティサービ ス化による産業構造の変化への対応 • 官民 ITS 構想・ロードマップ2018 ポスト自動車産業やりたい派
  29. 29. • バス会社、鉄道会社 – 民間企業の競争でいつの間にかいい交通が出来ている – 国鉄だけでなくバスも民営化した方がいい • 実態として・・・ – 民営事業で成り立つのは大都市や幹線だけ – 政令指定都市があると「県」の仕事は余計に地方部に向く 地域の交通は誰の仕事?
  30. 30. 減る乗客 http://www.mlit.go.jp/common/001190066.pdf2017年 日本バス協会資料より
  31. 31. 運転手不足による減便が常態化 http://www.nnn.co.jp/news/160722/20160722006.html 日本海新聞 2016年7月22日山陰中央日報 2017年1月9日 http://www.47news.jp/localnews/shimane/2017/01/post_20170109105154.html
  32. 32. 行政のリーダーシップが求められている
  33. 33. • 国から言われた – Society5.0 – SDGs – データ駆動型社会 – 電子行政 – EBPM – スマートシティ – スーパーシティ – オープンデータ – 地方創生 – コンパクト+ネットワーク – 地域公共交通網形成計画 • 県から言われた – ・・・・・・ 俯瞰した視点に立った地域交通作りを進めれば 「言われてやる」感なく打ち返せるはず
  34. 34. • 言われて作るだけはもったいない • 「使う」ことを念頭に、地域交通作りの基盤情報として整備 公共交通オープンデータ
  35. 35. 路線バスデータをどう作るか?
  36. 36. 2017年3月31日 「標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)」公開
  37. 37. GTFS形式 • 世界で広く使われる形式 • 乗換案内に必要な情報(バス停・駅+路線+時刻表+運賃)をまとめて格納 したファイル形式 バス停/駅+路線 時刻 運賃
  38. 38. バス情報の効率的な収集・共有に向けた 検討会(2016年12月〜2017年3月) • 事務局: 総合政策局公共交通政策部交通計画課 • 外部委員 – 伊藤昌毅 東京大学生産技術研究所(座長) – ー川雄一 株式会社構造計画研究所 – 伊藤浩之 公共交通利用促進ネットワーク – 井上佳国 ジョルダン株式会社 – 遠藤治男 日本バス協会 – 櫻井浩司 株式会社駅探 – 篠原雄大 株式会社ナビタイムジャパン – 丹賀浩太郎 株式会社工房 – 別所正博 公共交通オープンデータ協議会 – 山本直樹 株式会社ヴァル研究所
  39. 39. 各社のエンジニアが集まった ワーキンググループを開催 • 東大生産技術研究所に 各コンテンツプロバイ ダのエンジニアなどが 集まり、バスデータの フォーマットについて 集中討議 • データ項目のひとつひ とつを徹底議論
  40. 40. バス事業者や自治体による公共交通 オープンデータ整備が活発化 • 全国で30近い事業者が整備・公開 • 4県が県を挙げたデータ整備中 2018年11月現在 伊藤調べ http://tshimada291.sakura.ne.jp/transport/gtfs-list.html
  41. 41. Google Mapsで検索可能に • いつも使ってるスマホアプリから自然にバス 情報にアクセス可能 • 外国人も使っているアプリ
  42. 42. 「駅すぱあと/Yahoo!乗換案内」がオープン データを採用 • オープンデータ化されたバスデータを経路探索に採用 https://ekiworld.net/personal/app/spec/info.html?style=pc
  43. 43. Moovitが日本のデータに対応 • イスラエルのベンチャー企業が開発するMoovitが山梨県GTFSを採用
  44. 44. 自らデータ整備をしてるからこそ 出来ること
  45. 45. 青森市営バス(三浦公貴氏): コミュニティのサ ポートで自力でのデータ整備を実現
  46. 46. • お盆の日のみ走る臨時便を事 前に情報提供 • その日を設定した検索にだけ 案内される • Google Mapsはデータを送信 してからほぼ48時間以内で更 新されるらしい 臨時便への対応
  47. 47. • バス乗り場の位置や名称 まで含んだ案内を実現 • 事業者が必要と思うレベ ルの情報提供が可能 乗り場を含めたバス案内
  48. 48. 普及の背景は?
  49. 49. 「標準的なバス情報フォーマット 広め隊」結成 • このフォーマットに基づいた公共 交通データの整備を推進する自主 的な活動が全国で同時多発的に発 生 • バス事業者との協業 • 自治体との協業 • ツールの開発 • 公共交通利用促進の一環として 2017年11月 「くらしの足をみんなで考える全国 フォーラム2017」ポスター出展→
  50. 50. 全国でさまざま講演
  51. 51. • 標準的なバス情報フォーマット/GTFSの手作りは現実的で ない • 標準的なバス情報フォーマットの公開後、有志によってツー ルが開発される • 商用のダイヤ編成システムにおいても、「標準的なバス情報 フォーマット」出力機能を備えるように ツール開発の進展
  52. 52. • 東京大学 西沢明特任教授 開発のマクロ GTFS(標準的なバス情報フォーマット)出力機能 を持ったExcelマクロ http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/~nishizawa/gtfs/
  53. 53. • 無償配布されているダ イヤ編集システム • プロ向けダイヤシステ ムと同等の機能を備え、 バス事業の運営に利用 出来る • GTFS/標準的なバス情 報フォーマット出力機 能を備える その筋屋 http://www.sinjidai.com/sujiya/
  54. 54. • 愛知県なら伊藤浩之 さんに相談? 地域公共交通ネットワークの「見える化」 https://www.rosenzu.com/net/mieru/index.html
  55. 55. • 「標準的なバス情報フォーマッ ト」について議論 • コンテンツプロバイダ、大学研究 者、国、自治体職員、ITエンジニ アなどがメンバー メーリングリスト: discuss@gtfs.jp https://gtfs.jp/about_ml/
  56. 56. • 2018年3月3日(土) 東大生研 コンベンションホールにて 180名の参加者 – 22件の発表:国土交通省、トラフィックブレイン、その筋屋、みちのりHD、九 州産業大学、青森市営バス、NEXCO西日本、ヴァル研究所など 公共交通オープンデータ最前線 in インター ナショナルオープンデータデイ2018 開催
  57. 57. • 時刻表だけでなくバスロケまで オープンデータに • 7月14日: 全国から111名を集 めた「公共交通オープンデータ 最先端都市フォーラム」開催 岡山: 民間バス事業者のオープンデータ競争 バス事業者 バスロケ 時刻表 オープン化 バスロケ オープン化 宇野バス バスまだ? /その筋屋 済 済 下電バス 済 両備グループ (岡電・両備) リオス (両備G) 済 済 中鉄バス 済(β版) 八晃運輸(めぐりん) - ? ?
  58. 58. 宇野バス –バスIT化のリーディングカンパニー – • ダイヤ編成支援システム「その筋 屋」とのコラボレーションにより、 GTFS、GTFS Realtimeによるオー プンデータ提供を実現 • 自前のWebに表示するだけでなく、 Google Mapsの検索結果に遅れが 反映される https://twitter.com/Sujiya_System/status/855220939637665794/photo/1https://twitter.com/sujiya_system/status/670240735615041537
  59. 59. • あ 両備バス・岡電バスもオープンデータ化
  60. 60. • 2018年11月号 Wedge記事掲載
  61. 61. 「オープンデータ」 →企業・専門家・地域コミュニティ などが幅広く力を合わせて より良い交通を作り出す仕組み
  62. 62. ワンソース・マルチユース • データを使った様々なアプリ開発や 交通分析が実現 • データ分析やアプリ開発によって公 共交通の利便性が向上 公共交通 オープンデータ 乗り換え案内 マイ路線図・マイ時刻表 交通分析 service_id 平日 route_name 250号線 [3102](片上→岡山駅) 行ラベル 計画 最小 中央値最大 06:52 83 92 102 106 08:40 78 78 83 90 10:35 76 76 80 84 15:11 75 79 81 88 17:05 85 87 98 111 総計 79.4 82 89 96 0 20 40 60 80 100 120 06:52 08:40 10:35 15:11 17:05 計画 最小 中央値 最大
  63. 63. • Aa 市民発のアプリも登場 https://play.google.com/store/apps/details?id=work.momizi.unomap&hl=jahttps://sonohino-kibunshidai.org/aobus_now/ 青バスなう! UnoMap
  64. 64. • a 市民発のアプリ・ノウハウも登場 GTFSリアルタイム表示 開発ノウハウ提供 https://qiita.com/hiroshi_toyoshima/items/ecac6d074390544b6e9ehttp://gtfs.boo.jp/
  65. 65. • オープンデータ前提のデジタル サイネージを検討中 デジタルサイネージ 写真は現状の岡山駅前のサイネージ 各社の独自システムからそれぞれデータ変換して 一括した表示を実現
  66. 66. • 概要: – 2018年10月13日(土)、岡山市にて、参加者約20名 • 実習内容: – アプリ開発(講師: 伊藤昌毅) Node.jsでWebアプリ – データ分析(講師: 太田恒平) QGISで路線図作成 公共交通オープンデータ技術実習 〜はじめよう!GTFSを使ったアプリ開発とデータ分析〜
  67. 67. • 人口とバス路線、バス 本数を可視化した地図 をオープンデータ+ オープンソースで作成 • 政策立案に使えるツー ルが誰でも使えるレベ ルに 市民が誰でも路線検討マップを作成
  68. 68. 県が主導する 公共交通(バス)オープンデータ
  69. 69. • 2017年度から事業として実施 佐賀県の交通情報のオープンデータ化構想 全国バスマップサミット in やまなし(2017年12月)にて発表 https://www.slideshare.net/KenjiMorohoshi/bms20171209
  70. 70. • 静的データ+動的データをオープンデータ化 • 当初は佐賀市交通局と祐徳バス、今後順次公開 2018年10月 佐賀県がデータ公開開始
  71. 71. • 地元のCode for 団体や東大と連携しオープンデータを推進 富山県: 2018年度 オープンデータによる経路検 索の充実 第3回富山県地域交通活性化推進会議 資料1より http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1403/kj00017365-003-01.html
  72. 72. 報道 【北日本新聞】2018年1月11日
  73. 73. • Excelツールや「その筋屋」 の使い方講座を開催 • 2018年度に既に3回実施 地域のCode for 団体が講師となり、バス事業者や 自治体職員にデータ整備技術を指導
  74. 74. • 琉球 沖縄県: 観光2次交通機能強化事業
  75. 75. • 2019年3月2日(土) 東大生研 コンベンションホールにて • LT募集予定 • 詳しくは私のTwitter、Facebook、「オープンデータデイ」検索 公共交通オープンデータ最前線 in インターナ ショナルオープンデータデイ2019 やります! https://www.slideshare.net/niyalist/ss-129951287

×