Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

UbiComp/ISWC 2015 PDR Challenge proposal

1,374 views

Published on

UbiComp/ISWC 2015 PDR Challenge initial proposal
(in Japanese)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

UbiComp/ISWC 2015 PDR Challenge proposal

  1. 1. UbiComp/ISWC 2015 PDR Challenge UbiComp/ISWC 2015 co-local arrange chair 河口 信夫 (名古屋大学)
  2. 2. UbiComp/ISWC2015 • 2015年9月7日~11日 大阪(梅田) グランフロント大阪 にて開催 (ちなみに、日本開催は 2005年東京が初回) • ユビキタス/ウェアラブルコンピューティング に関する最高峰の国際会議(採択~20%) • ~15のWorkshop, 参加者 700~800名規模 Workshop / Demo / Poster はこれから
  3. 3. この機会を「チャンスに!」 • 700~800人の研究者が集まる機会に エポックとなる「何か」を実施 • 会場のメリット、参加者のメリットを 生かし、参加者の興味を引く「何か」 • 今、何が求められているのか? UbiComp/ISWC チャレンジ
  4. 4. 今年(2015)は? • 日本が得意なことをやりたい • ビジネス的な注目も必要 個人的な注目は 「Indoor Context Recognition」 (屋内コンテキスト認識)
  5. 5. Indoor Context Recognition • 位置推定 • ナビゲーション • 動線解析 • 業務改善 • 生活行動支援(コンテキストアウェア) 集団のコンテキスト • 人流解析 • マーケティング • 避難支援 屋内測位 BLE/iBeacon 音波タグ
  6. 6. 日本の様々な屋内系プロジェクト • HASC(人間行動センシングコンソーシアム) • 2009年から活動。500人、10Gbyteの スマホ行動コーパスを蓄積・公開 • 総務省:G空間シティ構築事業 • 東京・名古屋・大阪にて、 地下街防災システムの実証実験を実施 • 国土交通省:東京駅周辺高精度測位社会PJ • 2020年に向けたおもてなしの実現 • 25の実証参加団体
  7. 7. コンテキスト認識に用いられる技術 • 屋内位置推定(測位) • BLE, WiFi, 音波, PDR, 磁気, 気圧等を融合 • 行動認識(静止・歩行・階段上下) • 姿勢推定(寝る・座る・立つ) • 環境認識(音・明るさ) 歩行者デッドレコニング(PDR) 特に重要なのは WiFi, 音波, BLE, IMES等を使う場合でも補完技術として必要!
  8. 8. PDR(歩行者デッドレコニング)の課題 • 多数のPDR技術が実用投入されつつある • 多様な実装、性能もまちまち • 国交省の実証では、7団体がPDRを投入 • G空間シティ事業でも異なるPDRを利用 • 評価方法も確立されていない • 距離や経路の複雑さで、精度が変化 • PDRベンチマーク標準化(準備)委員会 (産総研 蔵田氏) (立ち上げ賛同 24組織) • 評価用データも十分ではない • HASC-IPSC(デバイス種類 2種)
  9. 9. UbiComp/ISWC PDR Challenge • PDRの性能を様々な側面で競う • 目的: • 多様な PDR エンジンの性能評価 • 評価指標そのものの評価 • 今後のPDR評価用のデータ収集 • 多様な端末、多様なユーザ • 端末の性能評価もできる
  10. 10. PDRエンジンの評価方法 多様な評価指標が考えられる • 位置、方向(方位)、距離 • 高さ(階段の段数?) • バッテリ消費 • 安定性/ロバスト性 • レスポンス(遅延) • 他にも?
  11. 11. さらに複雑なことに • 本来はPDRは単独では利用されず、 他の手法との補完技術として利用される • BLE/音波/IMES/WiFiなど • 他の技術と、どのように融合するかも 重要なPDRの利用手法 (これについては、評価が一段と困難) • 融合方法の評価 • 他でリセットされてからの精度評価など
  12. 12. UbiComp/ISWC会場でのメリット • 700~800人の被験者(参加者) (国際的な被験者を確保可能) • 多様なデバイスが持ち寄られる • Android / iPhone / WindowsPhoneなど • 会場でモデルコースを作って、移動して もらう。同時にビデオ/LIDAR計測 • データは成果として国際公開
  13. 13. 事前準備(案) • 評価用のデータ・システムを提供 • 名大/Lisraの PDRのソースを提供 • HASC-IPSCに加えて他のデータ • ベースラインの提供で参加敷居を下げる • 評価用アプリのスケルトンを提供 • HASC Tool(改)として、 iPhone / Android 用の基礎ツールとする • アルゴリズムの開発で簡単に 参加できるように JavaScript で動的ロード可能にする手も?
  14. 14. 実施方法(案) • 会場にGround Truth コースを作成 (Panasonic 4kカメラ装着?) • 被験者がどんどん参加できるように 被験者にも賞を • もっとも PDR に親和性が高かった人 • もっとも PDR に嫌われた人 (まともに歩いたにもかかわらず) • ポスター会場などでも計測できても良い →モバイルバッテリーをプレゼント? (参加するとお土産がもらえるとか?)
  15. 15. 実行主体(案) • UbiComp/ISWC 実行委員会+ PDRベンチマーク標準化委員会+ HASC(行動センシングコンソーシアム)+ Lisra(位置情報サービス研究機構)
  16. 16. 賛同主体 • 河口信夫(名古屋大/Lisra) • 西尾信彦(立命館大) • 藤波香織(東京農工大) • 角 康之(はこだて未来大) • 井上創造(九州工業大) • 大村 廉(豊橋技術科学大) • 宮城茂幸(滋賀県立大) • 羽田久一(東京工科大) • 梶 克彦(名古屋大) • 廣井 慧(名古屋大) • 榎堀 優(名古屋大) • 村尾和哉(立命館大) 人間行動センシングコンソーシアム(HASC)
  17. 17. ぜひ成功させましょう! • 日本の屋内測位の盛り上がりを 世界に発信しましょう • 興味のある人はぜひ、ご連絡ください challenge2015.pdr@ubicomp.org

×