Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

進化するCHiLO

566 views

Published on

第17回 PSEワークショップ&第8回 S&V研究会

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

進化するCHiLO

  1. 1. 第17回PSEワークショップ&第8回S&V研究会 進化するCHiLO 帝塚山大学の最先端情報教育環境 NPO CCC-TIES 堀真寿美
  2. 2. Index 1. NPO法人CCC-TIESとは 2. CHiLOの誕生 3. CHiLOの実装と大規模実験 4. まとめ
  3. 3. NPO法人CCC-TIESとは
  4. 4. NPO法人CCC-TIESのご紹介 • 設立2006年5月 • 目的 – 教育機関、産業界及び地域社会等に対する教 育の改善・充実の実現に関する事業提供 – 教育的コンテンツ開発、教育手法・技術の研 究教育配信技術の環境整備 • 帝塚山学園からの自律 – 2014年4月から職員は全てNPOに移行 – ただし、収入の大半は帝塚山大学
  5. 5. TIESの進化 Tezukayama Internet Educational Service 文部科学大臣賞 HISTORY OF TIES 沿革 5 1996年 帝塚山大学にて プロジェクト 開始 1998年 TIES v1 講義資料の Web配信開始 1999年 TIES v2 TIESによる 5大学連携開始 2001年 TIES v3 データセンターによる ASPサービス開始 2004年 TIES v4 授業収録・配信開始 2008年 TIES v5 eポートフォリオ 追加 2010年 TIES v6 戦略GPサブシステム TIES Smart Text Book 2014年 2011年 TIES v7 ASP型Moodle 2013年 TIES v8 オープンソース 受賞 TIES v9 & CHiLOs
  6. 6. TIES 1999 ビジョン • インターネットへの期待 – 教育は高密度の情報 →インターネットとの親和性 • 新しい教育方法の模索 – 象牙の塔の打破 – 何を学ぶかを学習者が選ぶ • 技術的な挑戦 – learning web – 教材共有、特に教材の部品化 • コンテンツ流通 – コミュニティを越えた流通 中嶋航一・向井篤弘「大学教育における「デジタル情報革命」の考察―帝塚山大学TIES の挑戦―」1999年12月
  7. 7. 背景:オープンエデュケーショ ンの動向とアメリカの大学
  8. 8. オープンエデュケーションの発展8 2002 2006 Khan OCW cMOOC OER Academy 2012 xMOOC 2008 オープン エデュケーション 3大MOOC プロバイダー
  9. 9. 大学による“高等教育”の独占を9 オープンエデュケーション Traditional University MOOCs
  10. 10. 50年後,世界には10の高等教育機関だけが残るだろう. Sebastian Thrun http://www.wired.com/wiredscience/2012/03/ff_aiclass/all/ その一つは Udacityだっ!
  11. 11. 授業料の高騰・大学の財政難 Students who need support may also be left behind
  12. 12. 大学界のAmazon.com より良く、より早く、より安く オバマ大統領も絶賛
  13. 13. September 18, 2012 by George Siemens xED Book a book about education stuff, moocs, etc. Retrieved August 1, 2014, from http://www.xedbook.com/?p=54
  14. 14. CHiLO の誕生
  15. 15. Goal of Open Education for CHiLO 学校のため会社のため MOOCs Traditional University Professional Thesi s Antithesis Non Scholae sed vitae Synthesis We do not learn for the school, but for life 自分自身の ため CHiLO Creative Higher Education Learning Object
  16. 16. CHiLOのVirtual Class 学習モデル Virtual Classの形成 Tips Like 知識知識 知識 CHiLO Communities Share Share Tips Tips Like CHiLO badges 社会・会社・学校・ 家族・友達・個人 CHiLO Lectures コノサー(目利き) 知識の提供者 知識の共有 知識 知識 CHiLO Books パーソナルコース 知識知識知識 知識知識知識 知識 学習者 Face-to-faceでは 実現できない学習 モデル
  17. 17. 電子書籍(EPUB3)のメリット • 学習者にとって使い慣れたフォーマット・機能 • 多様なデバイスに対応 • 多様な学習環境に対応→再利用が容易 – 教室/課外 – オンライン/オフライン • 学習者のペースで学習できる • メディアリッチ、インタラクティブ – 音声・ビデオ・Javascript・JSON • 規格化されており無駄を取り除ける • ベンダーにロックインされない
  18. 18. CHiLO Analytics CHiLO Book XHTML eBook CHiLO Lectures CHiLO badges LMS Moodle Canvas Modula Open Budges 1分程度の ナノレクチャー CHiLOsのアーキテクチャー CHiLO Community SNS・LMS・Blog・Web Open Graph Protocol Microdata 学習者 Social Analysis Data Analysis Facebook Insight Google オンラインテストAnalytics SNS機能 CHiLO Authentication Student Information Gakunin/Auth System Caliper LMS Assessment System Analytics System IMS EDUPUB
  19. 19. SNS機能
  20. 20. Facebook Moodle mahara
  21. 21. Social network analysis インプレッション数
  22. 22. Data analysis
  23. 23. CHiLOsの実装と大規模実験
  24. 24. 今話題のJMOOCでの提供 Open University Courses, Sprint 2014 コース名講師 CHiLO Books NIHONGO STARTER (英語) 放送大学 教授山田恒夫 + 国際交流基金 全10冊 コンピュータのしくみ (日本語・正規放送番組科目) 放送大 学長岡部洋一 全11冊
  25. 25. Nihongo Startar A1 • 4/14、6/2、8/4の3回、同じ内容のコース をそれぞれ5週間開講。 • 質疑応答は基本的にFacebookで行う。 • 1週間につき、2冊分が課題。 • 1冊につき、バッジ1つ発行。バッジ10コ で大バッジを発行。
  26. 26. 口コミでそれなりに人が集まった物の
  27. 27. Class 1、2は低い完遂率 半分以上がビデオを見ない
  28. 28. 推定される原因 • EPUB3リーディングアプリの普及 • リーディングアプリインストール の手間 • 動画、オンラインテストの埋め込みを見送る • iTunes, Google Playからのダウンロード 想像以上に電子書籍の壁は高かった。。。 解決策 • リーディングアプリの限定 • Web版で提供
  29. 29. 82カ国1152名が参加(9月1日現在)
  30. 30. Virtual Classの実現 学習者のコメント “私は何年も独学で日本語を勉強し、そして2年 もの間、日本に住んでいました。しかし、私 はその間、日本語学校に行きませんでしたし、 大学でも日本語の授業をとりませんでした。 このClassは私にとって、日本語の復習という こになるのですが、本当にインタラクティブ ですね。初めて日本語を勉強する人にとても 良いと思います。成功するコツは積極的に参 加することですよ” 学習者が自主的に作った スペイン語のVirtual Class
  31. 31. 学習状況の特徴 学習者の投稿 学習のスピードについて 行けない学習者がマイペースで学習 開講期間延長を決定
  32. 32. オンラインテスト受験率がアップ 1冊学習したら最後まで
  33. 33. OUJ MOOC ポータルサイト http://dev.chilos.jp
  34. 34. まとめ
  35. 35. 現在の研究テーマ(の1つ) • 軽量マークアップ(マークダウン)言語 によるCHiLO Bookの書き出し 書籍制作フローを変える。「ReVIEW」という解。〜マークアップと自動組版と、時々、電子書籍〜 武藤健志http://kmuto.jp/events/page2012/page2012.pdf
  36. 36. 2013 2015? 2010 • リーディングアプリの開発 • CHiLO Booksの効率的に制作ツール • 学習者に最適な学習環境の提供 1998 Powered by CHiLO

×