What if the User Experience Designer read
Drucker’s Management?
もしユーザエクスペリエンスの設計担当者がドラッカーの『マネジメント』を読んだら
〜~もうひとつの「もしドラ」ストーリ...
1	
  

2014.1.22
2	
  

Agile UX
NYC 2012
3	
  

Demystifying Design.
ユーザエクスペリエンス・デザインは決して簡単ではない。だからこそ、打ち明けるべきだ。
4	
  

Without transparency, there is no trust.
組織内で透明性が維持されていなければ、信頼は勝ち取れない。
5	
  
6	
  

Lean UX
7	
  

これは何本ですか?

(Webデザイン、企業経営、ビジネスとIT…)
8	
  

Mindset

Lean UX は、様々なカテゴリに応⽤用可能な普遍的なマインドセットである。
9	
  

Collaborative, Transparent, and Demystify.
デザイナー含め、他のメンバーがチームから孤⽴立立して働く贅沢はもう許されない。
10	
  

Documents don’t solve customer solutions.
何を創るか(機能や⽂文書)ではなく、何が効果的かにフォーカスして議論論する。
11	
  

Building the right ‘it’ before build ‘it’ right.
問題解決よりも問題発⾒見見と定義。正しくモノをつくるよりも正しいモノをつくる。
12	
  

Every design is a hypothesis. Experiment!
すべてのデザインは仮説である。デザインを検証するために実験をする。
13	
  

MBO
14	
  

MBO

Management by Objectives

⽬目標による管理理。ドラッカーの書籍『マネジメント』で提唱されているマネジメント⼿手法。
“本⼈人の⾃自主性に任せることで、主体性が発揮されて結果として⼤大きな成果が...
15	
  

MBO in Lean UX
Lean UX の4つのマインドセットをドラッカーの  MBO  思想にあてはめる

チームから独⽴立立して働かない
分節化している企業の縦割り組織の在り⽅方及び個々⼈人の
⾃自主性や責任感を問いた...
16	
  

‘Lean UX’ is ‘Management’
ユーザエクスペリエンス設計担当者がドラッカーの『マネジメント』を読んだら、
『Lean UX』に書かれている内容が⾃自然と実践できていることになる。

⾔言葉葉を変えれば、『L...
17	
  

これは何本ですか?
(再掲)
18	
  

Mindset

Lean UX は、様々なカテゴリに応⽤用可能な普遍的なマインドセットである。
19	
  

Answer
『Lean UX』は、⽇日本企業が抱えている潜在的な課題を表⾯面化し、
本来のモノづくり・コトづくりのあるべき姿に気づかせてくれる本です。
20	
  

‘Lean’ is what everybody was looking for.
週末の各種ハッカソンイベントにみる、協業の重要性はそろそろ認められるべき。
21	
  

Appendix
l  Lean UXーリーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116617/

l  Lean UX で「学びのエンジン...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

もしユーザエクスペリエンスの設計担当者がドラッカーの『マネジメント』を読んだら

11,522

Published on

Slides from #ShibuyaUX Meeting titled #LeanUX held Feb. 11th 2014.

Published in: Design
0 Comments
26 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
11,522
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
19
Actions
Shares
0
Downloads
56
Comments
0
Likes
26
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

もしユーザエクスペリエンスの設計担当者がドラッカーの『マネジメント』を読んだら

  1. 1. What if the User Experience Designer read Drucker’s Management? もしユーザエクスペリエンスの設計担当者がドラッカーの『マネジメント』を読んだら 〜~もうひとつの「もしドラ」ストーリー〜~ #LeanUX © Kazumichi Sakata (@mariosakata) | Shibuya UX | Feb. 10th 2014
  2. 2. 1   2014.1.22
  3. 3. 2   Agile UX NYC 2012
  4. 4. 3   Demystifying Design. ユーザエクスペリエンス・デザインは決して簡単ではない。だからこそ、打ち明けるべきだ。
  5. 5. 4   Without transparency, there is no trust. 組織内で透明性が維持されていなければ、信頼は勝ち取れない。
  6. 6. 5  
  7. 7. 6   Lean UX
  8. 8. 7   これは何本ですか? (Webデザイン、企業経営、ビジネスとIT…)
  9. 9. 8   Mindset Lean UX は、様々なカテゴリに応⽤用可能な普遍的なマインドセットである。
  10. 10. 9   Collaborative, Transparent, and Demystify. デザイナー含め、他のメンバーがチームから孤⽴立立して働く贅沢はもう許されない。
  11. 11. 10   Documents don’t solve customer solutions. 何を創るか(機能や⽂文書)ではなく、何が効果的かにフォーカスして議論論する。
  12. 12. 11   Building the right ‘it’ before build ‘it’ right. 問題解決よりも問題発⾒見見と定義。正しくモノをつくるよりも正しいモノをつくる。
  13. 13. 12   Every design is a hypothesis. Experiment! すべてのデザインは仮説である。デザインを検証するために実験をする。
  14. 14. 13   MBO
  15. 15. 14   MBO Management by Objectives ⽬目標による管理理。ドラッカーの書籍『マネジメント』で提唱されているマネジメント⼿手法。 “本⼈人の⾃自主性に任せることで、主体性が発揮されて結果として⼤大きな成果が 得られるという⼈人間観/組織観に基づくもの。”
  16. 16. 15   MBO in Lean UX Lean UX の4つのマインドセットをドラッカーの  MBO  思想にあてはめる チームから独⽴立立して働かない 分節化している企業の縦割り組織の在り⽅方及び個々⼈人の ⾃自主性や責任感を問いただします。 正しく、ではなく正しいものを 共通⽬目標ないしは⽬目的に対してメンバーの仕事への取 り組み⽅方法(マネジメント)を問いただします。 何をつくるか、ではなく何が効果的か すべてのものは仮説であり、実験する チームで達成したい共通⽬目標ないしは⽬目的(オブ ジェクティブ)が何かを問いただします。 すべての⾏行行為における動機付け、及び達成感とは 何かを問いただします。
  17. 17. 16   ‘Lean UX’ is ‘Management’ ユーザエクスペリエンス設計担当者がドラッカーの『マネジメント』を読んだら、 『Lean UX』に書かれている内容が⾃自然と実践できていることになる。 ⾔言葉葉を変えれば、『Lean UX』に書かれている内容を 実践するためには、 ドラッカーの『マネジメント』を読むことが 近道なのかもしれない。
  18. 18. 17   これは何本ですか? (再掲)
  19. 19. 18   Mindset Lean UX は、様々なカテゴリに応⽤用可能な普遍的なマインドセットである。
  20. 20. 19   Answer 『Lean UX』は、⽇日本企業が抱えている潜在的な課題を表⾯面化し、 本来のモノづくり・コトづくりのあるべき姿に気づかせてくれる本です。
  21. 21. 20   ‘Lean’ is what everybody was looking for. 週末の各種ハッカソンイベントにみる、協業の重要性はそろそろ認められるべき。
  22. 22. 21   Appendix l  Lean UXーリーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116617/ l  Lean UX で「学びのエンジン」を動かそう http://sprmar.io/K1OnVI l  リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン・ワーク ショップ http://sprmar.io/1np4jk6 l  Lean UX Portal http://matome.naver.jp/odai/2138966812843148101 f t facebook.com/kazumichi.sakata twitter.com/mariosakata sprmario.hatenablog.jp
  1. Gostou de algum slide específico?

    Recortar slides é uma maneira fácil de colecionar informações para acessar mais tarde.

×