Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

UX 2.0

4,028 views

Published on

2016年1月8日(金)に開催された「UX Jam New Year Resolution」で発表した LT 用スライドです。

Published in: Design
  • Be the first to comment

UX 2.0

  1. 1. UX 2.0 UX 2.0 時代のパラダイムシフトを見極める image courtesy shutterstock KAZUMICHI SAKATA Recruit Technologies Co., Ltd. & UX Tokyo
 UX JAM New Year UX Resolution | January 8th 2016 @mariosakata
  2. 2. 旧来は情報の送り手と受け手が固定され送り手から
 受け手への一方的な流れであった状態が、送り手と
 受け手が流動化し誰もがウェブを通して情報を発信
 できるように変化したウェブを「Web 2.0」とする。 TIM O’REILLY
 (FOUNDER OF “O’REILLY MEDIA”)
  3. 3. WHAT IS UX 2.0? チャネルやステークホルダーが流動化し、誰もが自身が選択する チャネルを通じた双方的なコミュニケーションが可能になり、 サービスを利用できるように変化したユーザー体験のこと。
  4. 4. CLASSIC UX シングルチャネル
 マルチチャネル UX 2.0 利用チャネル コミュニケーション体系 クロスチャネル
 オムニチャネル 一方的 双方的 THE DIFFERENCE
  5. 5. ユーザー サービス
 提供者 利用
 チャネル 一方的なコミュニケーション インタラクティブなコミュニケーション CLASSIC UX UX 2.0 + +
  6. 6. image courtesy shutterstock UX 2.0 時代の
 2つのパラダイムシフト
  7. 7. ウェブエコシステムから
 サービスエコシステムへの転換 ウェブを中心とした設計から脱却し、 改めてユーザーを中心とした
 設計思想に回帰する。
 
 UXデザインの対象はもはや
 ウェブだけに閉じてはならない。
 UI/UX パラドックスからは永久に
 抜け出せない。 Image courtesy of Rosenfeld Media SERVICE ECOSYSTEM
  8. 8. 左脳的世界の躍進 ウェブサイト自身が機械学習を
 通じて最適な構成やコンテンツを
 導き出す科学的世界がすぐそこまで 来ている。 人間が不得意とする統計学的な処理 が機械に置き換えられる日は近い。 THE RISE OF ‘LEFT BRAIN’ THE GRID
  9. 9. image courtesy shutterstock UX 2.0 時代の
 UXデザイナーの価値を問う
  10. 10. OUR VALUE IN UX 2.0 非デジタル領域おける UX デザイン より人間「らしさ」が求められる要素の構築とデジタル領域との接続。 右脳的価値に特化した UX デザイン より本質的な戦略やコンセプト策定、問題定義に時間を割く。
  11. 11. 利用と状況の
 把握と明示 ユーザーと組織の 要求事項の明示 設計による解決策 の作成 要求事項に対する
 設計の評価 A. アンケート
 調査 B. インタビュー C. エスノグラフィー D. アクセス解析 A. ペルソナ B. 構造化シナリオ C. カスタマ
 ジャーニーマップ A. ワイヤー
 フレーム B. ペーター
 プロトタイピング C. コーデッド
 プロトタイピング A. ユーザビリティ
 テスト B. ヒューリスティッ ク評価 C. A / Bテスト 問題発見 PROBLEM FINDING 問題解決 PROBLEM SOLVING HUMAN CENTERED DESIGN LIFECYCLE WHO? WHAT? WHEN? WHERE? WHY? HOW?
  12. 12. 利用と状況の
 把握と明示 ユーザーと組織の 要求事項の明示 設計による解決策 の作成 要求事項に対する
 設計の評価 A. アンケート
 調査 B. インタビュー C. エスノグラフィー A. ペルソナ B. 構造化シナリオ C. カスタマ
 ジャーニーマップ A. ヒューリスティッ ク評価 問題発見 PROBLEM FINDING 問題解決 PROBLEM SOLVING WHO? WHAT? WHEN? WHERE? WHY? HOW? NO
 VALUE? HUMAN CENTERED DESIGN LIFECYCLE
  13. 13. UX デザイナーとして、人間としての価値を再定義する。 そのために時間を使おう。 RE-DEFINE WHO WE ARE image courtesy shutterstock
  14. 14. ありがとうございました slideshare.net/kazumichisakata image courtesy shutterstock KAZUMICHI SAKATA Recruit Technologies Co., Ltd. & UX Tokyo
 UX JAM New Year UX Resolution | January 8th 2016 @mariosakata

×