Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

C-P-S Fit in LEAN UX Design(LEAN UXデザインにおけるCPS仮説検証モデル)

3,830 views

Published on

4月29日(水)に Yahoo! JAPAN で開催された、第16回情報デザインフォーラムにて発表した資料です。

Published in: Design
  • Be the first to comment

C-P-S Fit in LEAN UX Design(LEAN UXデザインにおけるCPS仮説検証モデル)

  1. 1. C-P-S Fit in Lean UX Design LEAN UX デザインにおける CPS 仮説検証モデル 第16回情報デザインフォーラム @ Yahoo! JAPAN
 2015年4月29日(水) CONCENT, INC. | KAZUMICHI SAKATA | @MARIOSAKATA (c) iStockphoto LP
  2. 2. Uphill of HCD/UXD 背景:人間中心設計 / UXデザインの発展と主要なイベント解説 ISO 9241-210 が策定 2010 「LEAN UX」が発売 2013 ドナルド・ノーマンが自身の役職を
 ユーザエクスペリエンス・アーキテクトと命名 1993 JJG が The Elements of User Experience を発表 2002 初代 iPhone が発売 2007 「THE LEAN STARTUP」が発売 2011 Agile Manifesto が策定 2001
  3. 3. LEAN UX Japan Conference 2015 April - 2015
  4. 4. 1, Build for experiment心理的変化①:すべてのプロダクトやサービス開発は実験である
  5. 5. – lean ux “the biggest lie in software development is phase 2.”
  6. 6. 目的思考の醸成 何のためにつくるのか? 目先の作業や手段にとらわれないプロダクトや
 サービス開発における「問い」を繰り返す。 科学性の強化 実験の結果はどうであったか? 結果の科学的な根拠が求められ、結果の信憑性や 妥当性を検証するための仮説構築が習慣化される。 image courtesy of qut science and engineering via comp fight cc
  7. 7. from water fall to agile / Lean software development ウォーターフォール開発からアジャイルソフトウェア開発へのシフト
  8. 8. image courtesy of wikimedia minimum viable productMVP(=最小限の実用性が担保されているプロダクト)という実験装置
  9. 9. rise of C-p-s fit validation model 仮説構築と仮説実証の一環として発展した CPS 仮説検証モデル
  10. 10. CHECK MAKETHINK LEARN BUILD MEASURE BUILD-MEASURE-LEARN LEARN-MEASURE-BUILD
  11. 11. make thinkcheck build LEARN MEASURE customer problem solution CUSTOMER 顧客は存在するか? problem 顧客が抱えている問題は実在するか? また、それに気付いているか? solution 対象のプロダクトやサービスは 問題を解決できるか? C-p-s fit
 validation model
  12. 12. C-P-S embedded framework CPSの要素が組み込まれたフレームワーク JAVELIN BOARD experience canvas value proposition canvas • javelin board: http://www.javelin.com/experiment-board.html • experience canvas: http://blogs.atlassian.com/2013/10/fight-the-dark-side-of-lean-ux-with-the-experience-canvas/ • value proposition canvas: http://www.businessmodelgeneration.com/canvas/vpc
  13. 13. 2, assumption Generates early validation心理的変化②:前提となる思い込みや仮説は早期実証を促すためのエンジンである
  14. 14. 誤りの追求 どこまでが思い込みなのか? プロダクトやサービス開発の前提となる様々な前提 条件や情報に対する本質を追求する。 実証と未実証の理解促進 実証されているファクト(事実)はどれか? 前述の思い込みに加えてファクトやアイディアの内、 実証 / 未実証の仮説を導く。 image courtesy of imore.com
  15. 15. get out of the building (goob) ユーザーを知ったつもりでいる状態を早期に打開及び実証するための方法論
  16. 16. – eric ries “WE just want you to get out of the building, and start finding out whether your dream is a vision or a delusion ” image courtesy of the movie door daisosa sen
  17. 17. Getting started with goob 議論や設計に費やす時間を最小限に抑え、CPS の軸に従って MVP で実験をする。 定期的に顧客と直接接する機会を半強制的に設ける。 特定の顧客セグメントに限定せず、複数のセグメントを対象に顧客発見・顧客検証を行う。 正しいものをつくるために顧客が必要だと思うプロダクトやサービスを早期に発見する。 GOOB を実践するにあたって
  18. 18. learning is what drives the team forward CPS 仮説検証サイクルはプロダクトやサービスの改善を促す学びのエンジン
  19. 19. プロダクトやサービスが改善されることは成果であり、
 目的はどんなプロダクトやサービスをつくればいいのかを
 学ぶためである。
  20. 20. identify context require- ments solution evaluate satisfac- tion traditional ux design cycle既存の人間中心設計 / UXデザインのサイクル
  21. 21. lean ux design cycle measure buildlearn measure learn build measure learn build 仮説の実証から得られる学びによって発展する LEAN UX サイクル check makethink think make think make
  22. 22. wrap up, 2 myths of lean ux まとめ:LEAN UX における2つの誤解
  23. 23. MYTH #1: just build it誤解①:先ずは早くつくってリリースすればいい。 つくって「おしまい」ではない。続きは Phase 2 で、という話ではない。 そもそも必要ないかもしれない。構想の構造化・意味性の付与が求められる。
  24. 24. MYTH #2: research first誤解②:先ずは(とりあえず)リサーチからはじめればいい。 CPS の軸に従って思い込みや仮説が整理されていれば、ものありきでも不確実性が
 高い状況下にて効果的かつ迅速な実証が可能になる。 アウトサイドイン、インサイドアウト双方のアプローチと相互作用を理解する。
  25. 25. LEAN UX はやり方ではなく、在り方である。 lean ux as a way of being, not as way of doing. image courtesy of Kosuke kato
  26. 26. THANK YOU Concent, inc. kazumichi sakata http://sprmario.hatenablog.jp/ @mariosakata @leanuxcircle

×