データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介

on

  • 38,951 views

pLuckyはデータドリブン経営をサポートするための ツール『SLASH-7』を開発しています。 ...

pLuckyはデータドリブン経営をサポートするための ツール『SLASH-7』を開発しています。
今後『SLASH-7』をより多くの方に活用していただ くためにも、データドリブン経営のサポートとなる考 え方やTIPSを皆様にご紹介していきたいと考えていま す。この資料はその一環です。
AARRRはデータ分析の全体像を考える時に便利で分 かりやすいモデルですので、是非一度ご覧ください!

Statistics

Views

Total Views
38,951
Views on SlideShare
22,783
Embed Views
16,168

Actions

Likes
186
Downloads
486
Comments
1

49 Embeds 16,168

http://growthhack.sirok.co.jp 3850
http://blog.vingow.com 3768
http://techwave.jp 2191
http://thebridge.jp 2004
http://blog.p-lucky.net 1161
http://www.ajike.co.jp 856
http://blog.codecamp.jp 739
http://morizyun.github.io 547
http://bec.hateblo.jp 208
https://twitter.com 154
http://feedly.com 139
https://cybozulive.com 120
http://yakutatsu.com 82
http://cloud.feedly.com 55
http://kaji-seiroku.com 52
http://jxpress.sakura.ne.jp 52
http://feeds.feedburner.com 31
http://pinterest.com 23
http://s.deeeki.com 20
http://www.pinterest.com 16
http://0.0.0.0 13
https://www.chatwork.com 11
http://wiki.perzzle.net 9
http://www.google.com 7
http://www.newsblur.com 6
http://blog.hatena.ne.jp 4
http://www.google.co.jp 4
http://growthhack.vasily.jp 4
http://digg.com 4
http://docs.intra.mixi.co.jp 4
http://rss.ameba.jp 4
https://www.google.co.jp 4
http://www.feedspot.com 3
http://silverreader.com 2
http://twitter.com 2
http://translate.googleusercontent.com 2
http://www.bing.com 2
http://www.feedly.com 2
https://kcw.kddi.ne.jp 2
http://reader.aol.com 2
http://snp31.smartnews.be 1
http://snp34.smartnews.be 1
https://reader.aol.com 1
http://snp32.smartnews.be 1
https://www.commafeed.com 1
http://www.soso.com 1
http://yandex.ru 1
http://search.yahoo.com 1
http://webcache.googleusercontent.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介 データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介 Presentation Transcript

  • (c) 2012 pLucky, Inc 株式会社pLucky 2012-12-28 AARRR!モデルの紹介 データドリブン経営のためのスタートアップ用メトリクス
  • (c) 2012 pLucky, Inc まずはpLuckyチーム自己紹介 Netageグループ各社で開発・経営企画に携わった後、頓智ドットにて 経営指標管理を主導。自ら分析ツールを開発しつつ各種予測モデルを構 築し活用した。培ったノウハウを譲り受けて独立。京都大学 卒業 林 宜宏 CEO 河内 崇 開発チームマネージャ SRA、頓智ドットを経て現職。Playing Managerとしてチームを束 ねる。各種Low Layerの分散システムの開発経験を持ち、前職では iPhone開発チームをリードした。東京大学大学院 卒業 塚本 朗仁 テクニカルリード Netageから楽天、頓智ドットを経て現職。開発チームの柱としてチー ムに貢献。WEBの先端技術全般に明るく、ECからポータルサイトまで 様々なタイプのWEB開発経験が豊富。 田畑 直 コンサルタント 頓智ドットを経て現職。コンサルティングおよびマーケティング担当。 在学中に独立系コンサルを経て頓智ドットに。世界に向けてDoMoのプ レゼンを手掛け経営企画に携わった。東京大学 中退。米国帰国子女
  • (c) 2012 pLucky, Inc この資料の目的 pLuckyはデータドリブン経営をサポートするための ツール『SLASH-7』を開発しています。 ! 今後『SLASH-7』をより多くの方に活用していただ くためにも、データドリブン経営のサポートとなる考 え方やTIPSを皆様にご紹介していきたいと考えていま す。この資料はその一環です。 ! AARRRはデータ分析の全体像を考える時に便利で分 かりやすいモデルですので、是非一度ご覧ください!
  • (c) 2012 pLucky, Inc 1.AARRRモデルについての解説 2.このモデルを利用する上での注意点 この資料に含まれているもの
  • (c) 2012 pLucky, Inc この資料が意味を持ちそうな人 ・データドリブン経営に興味がある人 ・プロジェクトのKPI設計に迷っている人 ・サービスの課題を特定できずに困っている人 ・自分達のリソースを配分すべき場所を明確にしたい人 ・シリコンバレーのメトリクスに興味がある人
  • (c) 2012 pLucky, Inc 1. AARRRモデルの解説
  • (c) 2012 pLucky, Inc AARRR!はデータ分析のフレームワーク ・スタートアップがデータドリブン経営を行う上で参考  にするべく設計されたデータ分析のフレームワーク。 ! ・ユーザの状態を5つに分け、それぞれで取得するべき  メトリクスを指摘している。  (AARRRは各ステップの頭文字。AARRR!で海賊の叫び声を模している) ! ・2007年頃からDave McClure氏が提唱、今では  シリコンバレーの定番ともいうべき存在。 1. AARRRモデルについての解説 Dave Mclure ( @davemcclure ) Paypalなどを経て500startupsのベンチャーキャピタリスト&共同創業者。 500startupsはシリコンバレーのベンチャーキャピタル兼インキュベーター。
  • (c) 2012 pLucky, Inc ・Acquisition :   獲得。様々なチャネルからユーザが訪問。 ・Activation :   活性化。初利用のユーザが「良い」体験をする。 ・Retention :   継続。 ユーザが繰り返しサービスを利用する。 ・Referral :   紹介。ユーザがサービスを他ユーザへ紹介。 ・Revenue :    収益。ユーザが何かしらの課金行動を行う。 1. AARRRモデルについての解説 ユーザライフサイクルを5ステップに
  • (c) 2012 pLucky, Inc 各ステップを簡単に図式化してみた 1. AARRRモデルについての解説 次スライドから各ステップ説明⇒ Acquisition 獲得 Referral 紹介 Retention 継続 Activation 活性化 Revenue 収益
  • (c) 2012 pLucky, Inc ステップ1:ユーザの獲得 1. AARRRモデルについての解説 Acquisition 獲得 Retention 継続 Activation 活性化 Referral 紹介 Revenue 収益 施策例 測定ポイント よくある
 改善ポイント SEO 訪問者の絶対数 説明文章の修正 アフィリエイト かかったコスト 画像などの活用 施策⇒訪問
 のCVR 広告出稿先の
 変更
  • (c) 2012 pLucky, Inc 施策例 測定ポイント よくある
 改善ポイント ランディングペ ージ 活性化した絶対 数 ユーザの選択肢 を減らす チュートリアル 訪問⇒活性化
 のCVR その他UI/UXの 修正 ステップ2:ユーザの活性化 1. AARRRモデルについての解説 Acquisition 獲得 Retention 継続 Activation 活性化 Referral 紹介 Revenue 収益 活性化の定義が必要 一定時間以上利用、登録行動、主機能の利用など
  • (c) 2012 pLucky, Inc ステップ3:ユーザの継続 1. AARRRモデルについての解説 施策例 測定ポイント よくある
 改善ポイント 自動メール配信 継続率 UI/UXの修正 ウィジェット
 埋め込み 復帰要因 (メールなど) メール配信の頻 度 (3/7/30日毎) 要因ごとの 復帰者絶対数 メール件名/本 文の修正 要因⇒復帰
 のCVR Acquisition 獲得 Retention 継続 Activation 活性化 Referral 紹介 Revenue 収益
  • (c) 2012 pLucky, Inc ステップ4:ユーザの紹介 1. AARRRモデルについての解説 施策例 測定ポイント よくある
 改善ポイント メール招待機能 紹介機能利用ユ ーザ絶対数 紹介ユーザの
 インセンティブ アフィリエイト 紹介を利用した ユーザの割合 被紹介ユーザへ のメリット説明 紹介ユーザあた りの招待数平均 画像などの活用 紹介⇒獲得
 のCVR Acquisition 獲得 Retention 継続 Activation 活性化 Referral 紹介 Revenue 収益
  • (c) 2012 pLucky, Inc ステップ5:ユーザの収益化 1. AARRRモデルについての解説 施策例 測定ポイント よくある
 改善ポイント 月額課金 ユーザあたり平 均収入(ARPU) 課金対象の
 多様化 バーチャル
 アイテム 課金ユーザ率 (PU%) 課金金額の
 多様化 課金ユーザあたり 平均収入(ARPPU) 課金タイミング の変更 課金メリットの 明示化 Acquisition 獲得 Retention 継続 Activation 活性化 Referral 紹介 Revenue 収益
  • (c) 2012 pLucky, Inc 全体の流れを表にまとめたものの例 ステップ 達成目標 コンバージョン率 UUあたり価値 獲得 訪問後サービス内
 で1アクション 60% ここでの課金転換率 LTV相当 $0.05 活性化 主機能を利用して
 サービスに本登録 15% ここでの課金転換率 LTV相当 $0.25 継続 サービスの利用が
 1ヶ月に3回以上 5% ここでの課金転換率 LTV相当 $1 紹介 他のユーザを
 1人以上紹介 1% 獲得コスト+α $5 収益 目標課金額を課金 2% LTV相当 $50 1. AARRRモデルについての解説 このような形でまとめるとサービスの全体像が掴みやすい
  • (c) 2012 pLucky, Inc ・このフレームワークを適用するとサービスのどの部分  のどういった課題を分析するべきか、もしくはしてい  るのかを明確にできる。 ! ・データ分析を行う際、データ取得ポイントの設計時  や既存データの分析時にこのフレームワークを意識し  て、自分が今何を計測改善しようとしているのかを確  認すると迷子にならないので便利。 AARRR!はデータ分析のフレームワーク 1. AARRRモデルについての解説 おさらい
  • (c) 2012 pLucky, Inc 2.このモデルを利用する上での注意点
  • (c) 2012 pLucky, Inc Revenue 注目する課題を絞って対応すること 2.このモデルを利用する上での注意点 ・このモデルを通して発見できる課題はおそらく様々な ものがあるが、優先度をつけて対応していく必要があ る。同時にいくつも対応するのは不可能! ! ・まずは良いサービスをつくり、その後で周辺を固め ていくのがオススメ。(ビジネスモデルは後で良い、 という意味ではないので注意) Retention Activation Acquisition Referral
  • (c) 2012 pLucky, Inc 数字を見て満足しない、一喜一憂しない 2.このモデルを利用する上での注意点 ・このモデルで得られる数字はあくまでもサービス全体 としての概形だけ。大枠としての課題を発見したり傾 向を理解するために活用するのが正しい使い方。 ! ・つまりこのレベルの数字の上がり下がりで一喜一憂 するのではなく、それぞれの原因をしっかりと把握し ておくことがとても重要になる。施策単位でしっか りと改善のプロセスを回し、細かなユーザの動きを 正確に把握することこそがサービス成功への近道!
  • (c) 2012 pLucky, Inc FacebookへのLikeもお待ちしています https://www.facebook.com/logbook.japan AARRRを計測したいならコチラまで! http://strikingly.com/logbook