Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20141213 俺のインセプションデッキ #agilesamurai

14,605 views

Published on

2014年12月13日に開催されたAgile Samurai Basecamp 2014 InceptionDeck(Again)(http://agilesamurai-basecamp.doorkeeper.jp/events/17483)にて発表した資料。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

20141213 俺のインセプションデッキ #agilesamurai

  1. 1. I N C E P T I O N D E C K 俺のインセプションデッキ - インセプションデッキを現場に適応させる - 及部敬雄 @TAKAKING22 2014.12.13 Agile Samurai Basecamp 2014 InceptionDeck(Again)
  2. 2. 及部 敬雄 @TAKAKING22 ● WEBサービス開発 ● 唄って踊れるエンジニア ● 野生のアジャイラー ● 邪道スクラムマスター ● チェンジエージェント ● チームファシリテーター
  3. 3. 仲間と一緒にテンションが 上がる時ってどんな時ですか?
  4. 4. スポーツしている時?
  5. 5. イベントの準備をしている時?
  6. 6. モンスターを狩ってる時?
  7. 7. お酒飲みながらプロレスの話をしている時?
  8. 8. 共通点 目的が一致している
  9. 9. 現場で同じ状況が作れているか
  10. 10. A. けっこう難しい http://goo.gl/nL6uM7
  11. 11. http://goo.gl/1NmQst 役割が違う
  12. 12. インフラマーケティング エンジニアビジネス レポートラインが違う サービス
  13. 13. We are all in agreement then. 考えていることがずれてしまいがち
  14. 14. いつの間にか忘れてしまう
  15. 15. ここまでのまとめ ✓ 目的が一致するとテンションあがる ✓ 現場で目的を一致させるのは難しい - 役割が違うからレポートラインも違う - 役割が違うから考えていることがずれる - 時間が経つと言った言わないになりがち
  16. 16. Deck
  17. 17. インセプションデッキとは http://goo.gl/yfNZ7t http://goo.gl/QbuRTF 省略!!
  18. 18. インセプションデッキとは Why How What
  19. 19. インセプションデッキとは ✓ インセプションデッキはHowである How = ツール、方法、選択肢 ✓ Howの前にWhy,Whatがある 現場の問題・状況と たどりつきたい未来・目的に 合わせて適応させる必要がある
  20. 20. 現場に適応させた 2つのインセプション デッキの事例 http://goo.gl/KqQYzR
  21. 21. 私の現場
  22. 22. 役割 Product Owner Engineers
  23. 23. 開発の流れ 要求 分析計画開発テストリリース
  24. 24. 開発の流れ 要求 分析計画開発テストリリース 要求 分析計画開発テストリリース 要求 分析計画開発テストリリース 保守・運用
  25. 25. 私の現場まとめ ✓ サービス開発 ✓ 自社開発 ✓ 10人前後のチーム開発 ✓ 複数並行でPRJが走る
  26. 26. Why 問題解決の道 ✓ なぜ同じ目的に向かって進んでいる ハズなのにずれてしまうのか - 役割が違うからレポートラインも違う - 役割が違うから考えていることがずれる How What ✓ チームで同じ目的に向かって サービスづくりをする
  27. 27. Why 問題解決の道 ✓ なぜ同じ目的に向かって進んでいる ハズなのにずれてしまうのか - 役割が違うからレポートラインも違う - 役割が違うから考えていることがずれる Howの1つとしてインセプション デッキが使えるのでは? How What ✓ チームで同じ目的に向かって サービスづくりをする
  28. 28. PRJインセプションデッキ
  29. 29. まずは教科書通りやってみた http://goo.gl/yfNZ7t
  30. 30. なんか儀式っぽい・・・
  31. 31. やってみた結果 ✓ なんか気持ち悪い 自社開発なのでだいたい同じメンバー PRJが多くて毎回やってられない いきなり言われてもそうだよね ! ✓ 時間がかかる ! ✓ 話し合いでけっこうつまる
  32. 32. インセプションデッキを カスタマイズする http://goo.gl/qlD9Yx
  33. 33. カスタマイズ ✓ 事前にプロダクトオーナーと 埋められるところを埋めておく ✓ Kick Off MTGで仕上げる ✓ 30min~60minでおわり ✓ 必要なときに必要なものだけ ✓ PRJ Wikiのトップページ
  34. 34. タイトル&PV ✓ アイスブレイク ✓ 雰囲気づくり ✓ 呼び名 パッケージデザイン
  35. 35. 概要 ✓ どんなPRJ なのか ✓ このPRJの魅力 ✓ 誰が喜ぶのか エレベーターピッチ
  36. 36. Why ✓ なぜやるのか ✓ 一番の大事な事 ✓ PRJの目的 我々はなぜここにいるのか
  37. 37. さくせん ✓ ラベリング ✓ 攻め?守り? オリジナル
  38. 38. 優先順位 ✓ 何かあったとき の判断基準 ✓ 一列に並べる トレードオフスライダー
  39. 39. フォーメーション ✓ チームとサポーター ✓ どんな人が関わって いるのか ご近所さん
  40. 40. スケジュール ✓ どれくらいの 期間なのか ✓ マイルストーン スケジュール概要
  41. 41. やらないこと ✓ このPRJでは やらないこと ✓ ワークショップ形式 ✓ 全員で合意した内容 やらないことリスト
  42. 42. がくぶるリスト ✓ 今わかる不安なこと ✓ ワークショップ形式 ✓ 全員で出し合う 夜も眠れないこと
  43. 43. 4tate(帆立て) ✓ 個人の目標 ✓ ワークショップ形式 ✓ これにチャレンジ してみたい ✓ ふりかえりでチェック オリジナル
  44. 44. アジェンダ ✓ タイトル&PV ✓ 概要 ✓ Why ✓ さくせん ✓ 優先順位 ✓ フォーメーション ✓ スケジュール ✓ やらないこと ✓ がくぶるリスト ✓ 4tate(帆立て)
  45. 45. 大事にしたこと なるべく違和感なくす 必ず全員で集まる 代わりに短い時間で完成させる やるぞー!って空気をつくる PRJ終わったときに振り返る
  46. 46. チームインセプションデッキ
  47. 47. チームインセプションデッキ
  48. 48. チームインセプションデッキ Why ✓ チーム改善を繰り返した後に、 どこに向かっているかわからない - 点の改善になってしまう - マネジメント層に伝わらない How What ✓ サービス同様にチーム自体も同じ 目的に向かって継続的に改善される
  49. 49. チームインセプションデッキ Why ✓ チーム改善を繰り返した後に、 どこに向かっているかわからない - 点の改善になってしまう - マネジメント層に伝わらない How Howの1つとしてインセプション デッキが使えるのでは? What ✓ サービス同様にチーム自体も同じ 目的に向かって継続的に改善される
  50. 50. カスタマイズ ✓ 最初は各メンバー個別にヒアリング して内容をまとめて作成 ✓ 大きなPRJが終わった後や クォーターの区切りなど節目に更新 ✓ 評価面談の際にマネージャーと 擦り合わせ
  51. 51. チームインセプションデッキ ✓なぜここにいるのか ✓パッケージデザイン ✓夜も眠れない問題 ✓優先順位 ✓ステークホルダー
  52. 52. チームロードマップ
  53. 53. チームロードマップ
  54. 54. 大事にしたこと チーム全員で考えてつくる 振り返り迷子の時はここに戻る マネージャーに見(魅)せる 定期的に振り返る
  55. 55. 見えてきたもの http://goo.gl/Qf0v4E
  56. 56. 今のチームにJoinして丸2年間 ✓ PRJインセプションデッキ ! ! 20 2 year ! ✓ チームインセプションデッキ
  57. 57. ビジネス・サービス改善以外に・・ ! Unit Test導入 ! CIサーバー導入 ! ViewTemplate再編 ! 設計思想の見直し ! キャッシュ再設計 ! 継続的リファクタリング ! ペアプロ導入 ! デザインもGit管理 ! Grunt導入 ! Vagrant & Chef ! サーバーレポート ! 運用自動化
  58. 58. チームメンバーの感想
  59. 59. We are all in agreement then. こうなっていたものを
  60. 60. Ah! こうしただけ
  61. 61. インフラマーケティング エンジニアビジネス サービス
  62. 62. インフラマーケティング エンジニアビジネス 最後はマージされるハズ サービス
  63. 63. 同じ方向を見る = ベクトルを合わせる
  64. 64. やったらできちゃう
  65. 65. やるか やらないか
  66. 66. やるか やるか
  67. 67. これが俺のインセプションデッキだ!! 次回作にご期待ください!! @TAKAKING22

×