SlideShare a Scribd company logo
簡単ふりかえりフレームワーク
NECソリューションイノベータ
為安圭介
2024年5月12日
NECソリューションイノベータにて、ITサービスによる価値創造を軸に事業と組織のマネジメ
ントを担う。
入社後は東京で官公庁向けのセキュリティシステムの構築を行い、その後札幌へ。大企業向けの
システム開発のプロジェクトマネジメントをメインとし、+αでXR、AI等のデジタル技術を活用
したサービス開発に携わるなど、両利きの経営を意識した活動を実施し、事業を拡大してきた。
現在は組織長として経営に携わる。活動拠点は北海道。
2018年より、G検定の取得をきっかけに、参加者5万人を超えるAIコミュニティ「CDLE」の運
営を開始。コミュニティの初期設計やイベント企画を手掛け、CDLE DAYやAI EXPO等に登壇。
コミュニティ規模拡大に伴い、運営強化のためのCDLE2.0プロジェクトを立ち上げ。コミュニ
ティファウンダーの1人として活動を続ける。また、社内では組織力強化と事業成長を目指すコ
ミュニティ「SHiFT」を仲間と共に発足。経営力向上に取り組んでいる。
最近は自宅を改装し、ゲストを招いてコーヒーとお喋りを楽しむだけのクローズドコミュニティ
「ALLEGUBATO CAFE」を開設。仲間が集い、共に成長し、楽しめる環境づくりが好き。
た め や す け い す け
為安 圭介
趣味・好きなもの
いま取り組んでいること 参加コミュニティ
・良さげなカフェ巡り
・良さげな環境づくり
・十二国記
・なかねかな
・Vtuber
・自組織での理念の実現
楽×技×価×益 = 生きがい
・両利きの経営
・スキルアップの文化づくり
・札幌の新コミュニティ設立
https://note.com/allegrubato/
https://www.linkedin.com/in/kei
suke-tameyasu-4b0a62145/
https://twitter.com/miitame
3
ふりかえりとは
仕事や活動が一段落した時に、関係者が集まり、
仕事のやり方やチームワークを点検し、改善するための
特別なミーティング
プロジェクトの改善会(アイディア創出)
プロジェクトの反省会(失敗分析)
4
ふりかえりのステージ
場を設定する
1
データを収集する
2
アイディアを出す
3
ふりかえり、終了する
5
何をするか、決める
4
これから行う作業に集中するための準備作業。省略してはいけない。
目的を口に出して再確認し、タイムボックス、目標、進め方を決め、話し合え
る環境と心構えを作る。
様々な観点から情報を得る。イベント(ミーティング、マイルストーン、何ら
かの決定等)メトリクス(コード量、障害数、問題解決率、改善提案数)など、
客観的な事実と感情的な事実を集める。
収集した情報を基に、みんなで改善のアイディアを考えていく。成功へと繋
がる強み、状況、原因、相互作用、パターン、欠点やリスクなどをメンバで調
査し、改善のためのアイディアを出す
試みや改善リストから優先付けを行い、次の活動で実施するものを決める。
試みや改善リストから上位の項目を1~3程度選択する。何をすべきかを
計画する。(リーダは支援し、メンバが計画する)
ふりかえり自体を点検し、終了する。経験を文書化する方法を決め、フォ
ローアップを計画する。点検を改善を「ふりかえり」にも適用する。感謝で
終わる。
導
入
メ
イ
ン
締
め
5分
10分
30分
10分
5分
5
ふりかえりを1枚で実施できるフレームワーク
6
具体的な使い方
1.場を設定する
今回のふりかえりの概要や目的を
記載。声に出して参加者全員で確
認。
2.データを収集する~3.アイディ
アを出す
Keep・・・活動の中で継続したいこ
と。続けるべきこと。
Better・・・Keepのうち、強化す
べきこと。よりよいやり方のアイ
ディア。
2.データを収集する~3.アイディ
アを出す
Problem・・・活動の問題点や懸念
事項。改善したいこと。
Solution・・・Problemに対する
解決策。改善案。
4.何をするか、決める
Solution、Keep、Better、
Ideaから、次の活動で優先順位が
高い3つを決める。
(それ以外に継続することや取り組
むことは、 Solution、Keep、
Better、Ideaの行に◯を付ける)
3.アイディアを出す
成功へと繋がる強み、状況、原因
相互作用、パターン、欠点やリスク。
改善のためのアイディア。
5.ふりかえり、終了する
やるべきことのチェック、フォロー
アップの計画を明確化。
会を感謝で終わる。
1.場を設定する
ふりかえりの進め方のルールやガ
イドラインを明確化。発言、コメント、
意見の否定有無等。
1枚のフレームワークを左上から埋めていく
① ②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
7
サンプル
おわり
SPECIAL THANKS
A.K, M.F, T.S
Y.Y
フレームワーク
10
Problem Keep Idea
♢(新しいアイディア)
!(問題に対する対策)
Solution
⤴(継続したいことの中でよりよいやり方)
◎(フォローアップの計画など)
Action
Better
Check/Thanks
→(継続したいこと)
?(改善したいこと、問題、気になること)
◯◯ふりかえり
目的:~~すること
Title/Purpose
* (ふりかえりの進め方のルール)
Rule/Guideline
Action Contents Memo Priority
(活動概要) (活動概要の詳細、実施時期、主担当) (活動概要の補足)
1
2
3
サンプル拡大版
12
Problem Keep Idea
♢インタフェースデザインにユーザーエクスペリ
エンスの専門家を参加させる。
♢クラウドベースのデータ同期ツールを導入して
パフォーマンスを向上させる。
♢セキュリティワークショップを開催し、チームの
意識を高める。
♢要件定義ワークショップを拡大し、より多くの
ステークホルダーを巻き込む。
♢プロジェクトの初期段階でのリスク評価を強化
する。
♢フィードバック収集のためのデジタルツールを
利用する。
♢アジャイルコーチを定期的にプロジェクトに参
加させる。
!ユーザーインタフェースのデザインを見直し、ユーザビリティテストを増やす。
!データ同期のアルゴリズムを最適化する。
!セキュリティの専門家を招き、定期的なセキュリティ監査を実施する。
!要件定義のプロセスを見直し、初期段階での詳細なドキュメンテーションを強化
する。
!ステークホルダーとのコミュニケーション計画を策定し、フィードバックのタイミ
ングを早める。
Solution
⤴ ユーザーインタフェースのテストを定期的に行い、使いやすさを常に評価する。
⤴ パフォーマンステストの頻度を上げ、データ処理の効率を常に監視する。
⤴ セキュリティポリシーを見直し、最新の脅威に対応できるようにする。
⤴ プロジェクトのキックオフ時にすべてのステークホルダーを巻き込む。
⤴ ステークホルダーへの進捗報告の形式と頻度を改善する
◎アクションが完了した後、それがプロジェクトにどのような影響を与えたかを評価する。ユーザビリティの向上、データ同期速度の改善、セキュリティ問題の解決など、具体的な成果に基づいて評価を行う
◎全チームメンバーの努力と貢献に感謝します
◎プロジェクトの成功と振り返りの成果を経営陣に報告し、プロジェクトへのサポートとリソース提供に感謝する
Action
Better
Check/Thanks
→アジャイル開発手法を採用し、柔軟に対応できた。
→定期的なステータスミーティングを実施し、情報共有が活発だった。
→技術スタックの選定が適切で、開発速度が保たれた。
→リモートワークツールを効果的に使用し、チームのコミュニケーションが維
持された。
→クライアントとの週次レビューが有効で、期待管理ができた
?ユーザーインタフェースの操作性が低い。
?データの同期に時間がかかりすぎる。
?セキュリティテストで脆弱性が何点か見つかった。
?プロジェクトの初期段階での要件定義が不十分だっ
た。
?ステークホルダーからのフィードバックが遅れがち
であった。
顧客管理システム開発プロジェクトの成功要因を強化し、改善点を明確にして次
回のプロジェクトに活かす
Title/Purpose
* 問題の特定や改善策の評価には、可能な限
り客観的なデータを使用すること
* プロジェクトチーム全員が参加するものとし、
特定の個人やグループだけでなく全員が関
与すること
Rule/Guideline
Action Contents Memo Priority
UI改善 ユーザビリティテストの頻度と範囲を拡大し、インタフェースの改善を
図る
- 1
同期ツールの導入 クラウドベースのデータ同期ツールの導入と最適化 - 2
セキュリティ強化 セキュリティ監査の頻度を増やし、専門家によるレビューを定期的に実
施
- 3

More Related Content

What's hot

軽量Kubernetes環境 K3Sのご紹介
軽量Kubernetes環境 K3Sのご紹介軽量Kubernetes環境 K3Sのご紹介
軽量Kubernetes環境 K3Sのご紹介
Tetsurou Yano
 
DockerからKubernetesへのシフト
DockerからKubernetesへのシフトDockerからKubernetesへのシフト
DockerからKubernetesへのシフト
masaki nakayama
 
バックボーン運用から見るインターネットの実情
バックボーン運用から見るインターネットの実情バックボーン運用から見るインターネットの実情
バックボーン運用から見るインターネットの実情
IIJ
 
【Unite Tokyo 2019】SRPで一から描画フローを作ってみた! ~Unity描画フローからの脱却~
【Unite Tokyo 2019】SRPで一から描画フローを作ってみた! ~Unity描画フローからの脱却~【Unite Tokyo 2019】SRPで一から描画フローを作ってみた! ~Unity描画フローからの脱却~
【Unite Tokyo 2019】SRPで一から描画フローを作ってみた! ~Unity描画フローからの脱却~
UnityTechnologiesJapan002
 
Pokémon GOとGCP
Pokémon GOとGCPPokémon GOとGCP
超絶技巧 Ruby プログラミング - Esoteric, Obfuscated Ruby Programming
超絶技巧 Ruby プログラミング - Esoteric, Obfuscated Ruby Programming超絶技巧 Ruby プログラミング - Esoteric, Obfuscated Ruby Programming
超絶技巧 Ruby プログラミング - Esoteric, Obfuscated Ruby Programmingmametter
 
【AgileJapan2022】アジャイルで進めるSDGs実現への歩み_稲葉涼太20221115.pdf
【AgileJapan2022】アジャイルで進めるSDGs実現への歩み_稲葉涼太20221115.pdf【AgileJapan2022】アジャイルで進めるSDGs実現への歩み_稲葉涼太20221115.pdf
【AgileJapan2022】アジャイルで進めるSDGs実現への歩み_稲葉涼太20221115.pdf
Ryota Inaba
 
SORACOM UG 東京 #8 | eSIM オーバービュー
SORACOM UG 東京 #8 | eSIM オーバービューSORACOM UG 東京 #8 | eSIM オーバービュー
SORACOM UG 東京 #8 | eSIM オーバービュー
SORACOM,INC
 
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めたJJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
Koichi Sakata
 
SpringBootによるDB更新
SpringBootによるDB更新SpringBootによるDB更新
SpringBootによるDB更新
iPride Co., Ltd.
 
マスターデータの キャッシュシステムの改善の話
マスターデータの キャッシュシステムの改善の話マスターデータの キャッシュシステムの改善の話
マスターデータの キャッシュシステムの改善の話
natsumi_ishizaka
 
Topology Managerについて / Kubernetes Meetup Tokyo 50
Topology Managerについて / Kubernetes Meetup Tokyo 50Topology Managerについて / Kubernetes Meetup Tokyo 50
Topology Managerについて / Kubernetes Meetup Tokyo 50
Preferred Networks
 
DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜 [DeNA TechCon 2019]
DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜 [DeNA TechCon 2019]DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜 [DeNA TechCon 2019]
DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜 [DeNA TechCon 2019]
DeNA
 
OculusのPassthrough APIを使ってみた
OculusのPassthrough APIを使ってみたOculusのPassthrough APIを使ってみた
OculusのPassthrough APIを使ってみた
Takayuki Goto
 
Uiコンポーネントガイドライン基本編
Uiコンポーネントガイドライン基本編Uiコンポーネントガイドライン基本編
Uiコンポーネントガイドライン基本編
ShokoKitami
 
5G時代のMVNO
5G時代のMVNO5G時代のMVNO
5G時代のMVNO
IIJ
 
Fluentd, Digdag, Embulkを用いたデータ分析基盤の始め方
Fluentd, Digdag, Embulkを用いたデータ分析基盤の始め方Fluentd, Digdag, Embulkを用いたデータ分析基盤の始め方
Fluentd, Digdag, Embulkを用いたデータ分析基盤の始め方
Kentaro Yoshida
 
プログラムを自動生成する技術 ~ Programming by Example ~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
プログラムを自動生成する技術 ~ Programming by Example ~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)プログラムを自動生成する技術 ~ Programming by Example ~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
プログラムを自動生成する技術 ~ Programming by Example ~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
LXDのすすめ
LXDのすすめLXDのすすめ
LXDのすすめ
智之 大野
 
Self presentation summary-miho_morikazu
Self presentation summary-miho_morikazuSelf presentation summary-miho_morikazu
Self presentation summary-miho_morikazu
Morikazu Miho
 

What's hot (20)

軽量Kubernetes環境 K3Sのご紹介
軽量Kubernetes環境 K3Sのご紹介軽量Kubernetes環境 K3Sのご紹介
軽量Kubernetes環境 K3Sのご紹介
 
DockerからKubernetesへのシフト
DockerからKubernetesへのシフトDockerからKubernetesへのシフト
DockerからKubernetesへのシフト
 
バックボーン運用から見るインターネットの実情
バックボーン運用から見るインターネットの実情バックボーン運用から見るインターネットの実情
バックボーン運用から見るインターネットの実情
 
【Unite Tokyo 2019】SRPで一から描画フローを作ってみた! ~Unity描画フローからの脱却~
【Unite Tokyo 2019】SRPで一から描画フローを作ってみた! ~Unity描画フローからの脱却~【Unite Tokyo 2019】SRPで一から描画フローを作ってみた! ~Unity描画フローからの脱却~
【Unite Tokyo 2019】SRPで一から描画フローを作ってみた! ~Unity描画フローからの脱却~
 
Pokémon GOとGCP
Pokémon GOとGCPPokémon GOとGCP
Pokémon GOとGCP
 
超絶技巧 Ruby プログラミング - Esoteric, Obfuscated Ruby Programming
超絶技巧 Ruby プログラミング - Esoteric, Obfuscated Ruby Programming超絶技巧 Ruby プログラミング - Esoteric, Obfuscated Ruby Programming
超絶技巧 Ruby プログラミング - Esoteric, Obfuscated Ruby Programming
 
【AgileJapan2022】アジャイルで進めるSDGs実現への歩み_稲葉涼太20221115.pdf
【AgileJapan2022】アジャイルで進めるSDGs実現への歩み_稲葉涼太20221115.pdf【AgileJapan2022】アジャイルで進めるSDGs実現への歩み_稲葉涼太20221115.pdf
【AgileJapan2022】アジャイルで進めるSDGs実現への歩み_稲葉涼太20221115.pdf
 
SORACOM UG 東京 #8 | eSIM オーバービュー
SORACOM UG 東京 #8 | eSIM オーバービューSORACOM UG 東京 #8 | eSIM オーバービュー
SORACOM UG 東京 #8 | eSIM オーバービュー
 
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めたJJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
 
SpringBootによるDB更新
SpringBootによるDB更新SpringBootによるDB更新
SpringBootによるDB更新
 
マスターデータの キャッシュシステムの改善の話
マスターデータの キャッシュシステムの改善の話マスターデータの キャッシュシステムの改善の話
マスターデータの キャッシュシステムの改善の話
 
Topology Managerについて / Kubernetes Meetup Tokyo 50
Topology Managerについて / Kubernetes Meetup Tokyo 50Topology Managerについて / Kubernetes Meetup Tokyo 50
Topology Managerについて / Kubernetes Meetup Tokyo 50
 
DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜 [DeNA TechCon 2019]
DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜 [DeNA TechCon 2019]DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜 [DeNA TechCon 2019]
DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜 [DeNA TechCon 2019]
 
OculusのPassthrough APIを使ってみた
OculusのPassthrough APIを使ってみたOculusのPassthrough APIを使ってみた
OculusのPassthrough APIを使ってみた
 
Uiコンポーネントガイドライン基本編
Uiコンポーネントガイドライン基本編Uiコンポーネントガイドライン基本編
Uiコンポーネントガイドライン基本編
 
5G時代のMVNO
5G時代のMVNO5G時代のMVNO
5G時代のMVNO
 
Fluentd, Digdag, Embulkを用いたデータ分析基盤の始め方
Fluentd, Digdag, Embulkを用いたデータ分析基盤の始め方Fluentd, Digdag, Embulkを用いたデータ分析基盤の始め方
Fluentd, Digdag, Embulkを用いたデータ分析基盤の始め方
 
プログラムを自動生成する技術 ~ Programming by Example ~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
プログラムを自動生成する技術 ~ Programming by Example ~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)プログラムを自動生成する技術 ~ Programming by Example ~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
プログラムを自動生成する技術 ~ Programming by Example ~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
 
LXDのすすめ
LXDのすすめLXDのすすめ
LXDのすすめ
 
Self presentation summary-miho_morikazu
Self presentation summary-miho_morikazuSelf presentation summary-miho_morikazu
Self presentation summary-miho_morikazu
 

Similar to ふりかえりを1枚で実施できる新フレームワーク(アジャイルレトロスペクティブズ2)

第3回 北海道IoTビジネス共創ラボ 勉強会 養豚業における IoT/AI 活用の可能性
第3回 北海道IoTビジネス共創ラボ 勉強会 養豚業における IoT/AI 活用の可能性第3回 北海道IoTビジネス共創ラボ 勉強会 養豚業における IoT/AI 活用の可能性
第3回 北海道IoTビジネス共創ラボ 勉強会 養豚業における IoT/AI 活用の可能性
Uniadex Ltd.
 
20180921 Twilio Smart Communication Award 2018
20180921 Twilio Smart Communication Award 201820180921 Twilio Smart Communication Award 2018
20180921 Twilio Smart Communication Award 2018
Ukyo Satake
 
OpenID Connect Client Initiated Backchannel Authentication Flow (CIBA)のご紹介 ~ ...
OpenID Connect Client Initiated Backchannel Authentication Flow (CIBA)のご紹介 ~ ...OpenID Connect Client Initiated Backchannel Authentication Flow (CIBA)のご紹介 ~ ...
OpenID Connect Client Initiated Backchannel Authentication Flow (CIBA)のご紹介 ~ ...
OpenID Foundation Japan
 
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
ssuser023d4d1
 
クラウド x IoT実践事例のご紹介
クラウド x IoT実践事例のご紹介クラウド x IoT実践事例のご紹介
クラウド x IoT実践事例のご紹介
masaoki_ohashi
 
データ分析案件の上手な進め方~ディレクターの立場から~
データ分析案件の上手な進め方~ディレクターの立場から~データ分析案件の上手な進め方~ディレクターの立場から~
データ分析案件の上手な進め方~ディレクターの立場から~
Daiki Kato
 
成長する組織を支えるシロクの自動化
成長する組織を支えるシロクの自動化成長する組織を支えるシロクの自動化
成長する組織を支えるシロクの自動化
Naoyuki Kataoka
 
Tech-on MeetUp#09 hitachi資料
Tech-on MeetUp#09 hitachi資料Tech-on MeetUp#09 hitachi資料
Tech-on MeetUp#09 hitachi資料
Techon Organization
 
物体認識 IoT サービスを支える技術 〜クラウドアーキテクチャから組込み深層学習まで〜
物体認識 IoT サービスを支える技術 〜クラウドアーキテクチャから組込み深層学習まで〜物体認識 IoT サービスを支える技術 〜クラウドアーキテクチャから組込み深層学習まで〜
物体認識 IoT サービスを支える技術 〜クラウドアーキテクチャから組込み深層学習まで〜
Takashi Kaneda
 
ReactJS × Semantic UI で作るビジネスアプリケーションの高速開発
ReactJS × Semantic UI で作るビジネスアプリケーションの高速開発ReactJS × Semantic UI で作るビジネスアプリケーションの高速開発
ReactJS × Semantic UI で作るビジネスアプリケーションの高速開発
RevComm Inc
 
Conformity assessment of trust services
Conformity assessment of trust servicesConformity assessment of trust services
Conformity assessment of trust services
Toru Yamauchi
 
aniot202211.pdf
aniot202211.pdfaniot202211.pdf
aniot202211.pdf
TsuchitaniAyano
 
データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介
データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介
データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介
pLucky
 
法と制約のデザイン
法と制約のデザイン法と制約のデザイン
法と制約のデザイン
takashiinaba5
 
【採用サイト用】KDDIテクノロジー株式会社様会社説明資料20240223.pdf
【採用サイト用】KDDIテクノロジー株式会社様会社説明資料20240223.pdf【採用サイト用】KDDIテクノロジー株式会社様会社説明資料20240223.pdf
【採用サイト用】KDDIテクノロジー株式会社様会社説明資料20240223.pdf
erinatanaka3
 
【採用サイト用】KDDIテクノロジー様会社紹介資料20240304.、、、、pdf
【採用サイト用】KDDIテクノロジー様会社紹介資料20240304.、、、、pdf【採用サイト用】KDDIテクノロジー様会社紹介資料20240304.、、、、pdf
【採用サイト用】KDDIテクノロジー様会社紹介資料20240304.、、、、pdf
erinatanaka3
 
Data-centricなML開発
Data-centricなML開発Data-centricなML開発
Data-centricなML開発
Takeshi Suzuki
 
分析POCプロジェクト マネージメント奮闘記
分析POCプロジェクト マネージメント奮闘記分析POCプロジェクト マネージメント奮闘記
分析POCプロジェクト マネージメント奮闘記
ai-girls
 
IoTビジネス共創ラボ 第15回勉強会 オープニング
IoTビジネス共創ラボ 第15回勉強会 オープニングIoTビジネス共創ラボ 第15回勉強会 オープニング
IoTビジネス共創ラボ 第15回勉強会 オープニング
IoTビジネス共創ラボ
 
Dec cafe 20201105_vfin
Dec cafe 20201105_vfinDec cafe 20201105_vfin
Dec cafe 20201105_vfin
Daichi Fujii
 

Similar to ふりかえりを1枚で実施できる新フレームワーク(アジャイルレトロスペクティブズ2) (20)

第3回 北海道IoTビジネス共創ラボ 勉強会 養豚業における IoT/AI 活用の可能性
第3回 北海道IoTビジネス共創ラボ 勉強会 養豚業における IoT/AI 活用の可能性第3回 北海道IoTビジネス共創ラボ 勉強会 養豚業における IoT/AI 活用の可能性
第3回 北海道IoTビジネス共創ラボ 勉強会 養豚業における IoT/AI 活用の可能性
 
20180921 Twilio Smart Communication Award 2018
20180921 Twilio Smart Communication Award 201820180921 Twilio Smart Communication Award 2018
20180921 Twilio Smart Communication Award 2018
 
OpenID Connect Client Initiated Backchannel Authentication Flow (CIBA)のご紹介 ~ ...
OpenID Connect Client Initiated Backchannel Authentication Flow (CIBA)のご紹介 ~ ...OpenID Connect Client Initiated Backchannel Authentication Flow (CIBA)のご紹介 ~ ...
OpenID Connect Client Initiated Backchannel Authentication Flow (CIBA)のご紹介 ~ ...
 
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
 
クラウド x IoT実践事例のご紹介
クラウド x IoT実践事例のご紹介クラウド x IoT実践事例のご紹介
クラウド x IoT実践事例のご紹介
 
データ分析案件の上手な進め方~ディレクターの立場から~
データ分析案件の上手な進め方~ディレクターの立場から~データ分析案件の上手な進め方~ディレクターの立場から~
データ分析案件の上手な進め方~ディレクターの立場から~
 
成長する組織を支えるシロクの自動化
成長する組織を支えるシロクの自動化成長する組織を支えるシロクの自動化
成長する組織を支えるシロクの自動化
 
Tech-on MeetUp#09 hitachi資料
Tech-on MeetUp#09 hitachi資料Tech-on MeetUp#09 hitachi資料
Tech-on MeetUp#09 hitachi資料
 
物体認識 IoT サービスを支える技術 〜クラウドアーキテクチャから組込み深層学習まで〜
物体認識 IoT サービスを支える技術 〜クラウドアーキテクチャから組込み深層学習まで〜物体認識 IoT サービスを支える技術 〜クラウドアーキテクチャから組込み深層学習まで〜
物体認識 IoT サービスを支える技術 〜クラウドアーキテクチャから組込み深層学習まで〜
 
ReactJS × Semantic UI で作るビジネスアプリケーションの高速開発
ReactJS × Semantic UI で作るビジネスアプリケーションの高速開発ReactJS × Semantic UI で作るビジネスアプリケーションの高速開発
ReactJS × Semantic UI で作るビジネスアプリケーションの高速開発
 
Conformity assessment of trust services
Conformity assessment of trust servicesConformity assessment of trust services
Conformity assessment of trust services
 
aniot202211.pdf
aniot202211.pdfaniot202211.pdf
aniot202211.pdf
 
データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介
データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介
データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介
 
法と制約のデザイン
法と制約のデザイン法と制約のデザイン
法と制約のデザイン
 
【採用サイト用】KDDIテクノロジー株式会社様会社説明資料20240223.pdf
【採用サイト用】KDDIテクノロジー株式会社様会社説明資料20240223.pdf【採用サイト用】KDDIテクノロジー株式会社様会社説明資料20240223.pdf
【採用サイト用】KDDIテクノロジー株式会社様会社説明資料20240223.pdf
 
【採用サイト用】KDDIテクノロジー様会社紹介資料20240304.、、、、pdf
【採用サイト用】KDDIテクノロジー様会社紹介資料20240304.、、、、pdf【採用サイト用】KDDIテクノロジー様会社紹介資料20240304.、、、、pdf
【採用サイト用】KDDIテクノロジー様会社紹介資料20240304.、、、、pdf
 
Data-centricなML開発
Data-centricなML開発Data-centricなML開発
Data-centricなML開発
 
分析POCプロジェクト マネージメント奮闘記
分析POCプロジェクト マネージメント奮闘記分析POCプロジェクト マネージメント奮闘記
分析POCプロジェクト マネージメント奮闘記
 
IoTビジネス共創ラボ 第15回勉強会 オープニング
IoTビジネス共創ラボ 第15回勉強会 オープニングIoTビジネス共創ラボ 第15回勉強会 オープニング
IoTビジネス共創ラボ 第15回勉強会 オープニング
 
Dec cafe 20201105_vfin
Dec cafe 20201105_vfinDec cafe 20201105_vfin
Dec cafe 20201105_vfin
 

More from Keisuke Tameyasu

CDLE コミュニティ活動紹介(CDLE DAY 2022秋)
CDLE コミュニティ活動紹介(CDLE DAY 2022秋)CDLE コミュニティ活動紹介(CDLE DAY 2022秋)
CDLE コミュニティ活動紹介(CDLE DAY 2022秋)
Keisuke Tameyasu
 
人材版伊藤レポートサマリ.pptx
人材版伊藤レポートサマリ.pptx人材版伊藤レポートサマリ.pptx
人材版伊藤レポートサマリ.pptx
Keisuke Tameyasu
 
ITエンジニアの情報キャッチアップ法
ITエンジニアの情報キャッチアップ法ITエンジニアの情報キャッチアップ法
ITエンジニアの情報キャッチアップ法
Keisuke Tameyasu
 
インプットとアウトプットのサイクルを回すプライベートシステム
インプットとアウトプットのサイクルを回すプライベートシステムインプットとアウトプットのサイクルを回すプライベートシステム
インプットとアウトプットのサイクルを回すプライベートシステム
Keisuke Tameyasu
 
Deta-Centric AI
Deta-Centric AIDeta-Centric AI
Deta-Centric AI
Keisuke Tameyasu
 
3rdCOMMUNITYを創る
3rdCOMMUNITYを創る3rdCOMMUNITYを創る
3rdCOMMUNITYを創る
Keisuke Tameyasu
 
気になるAI需要予測発注サービスとサービス提供企業
気になるAI需要予測発注サービスとサービス提供企業気になるAI需要予測発注サービスとサービス提供企業
気になるAI需要予測発注サービスとサービス提供企業
Keisuke Tameyasu
 
CDLE VIEW(2022.3.26 CDLE DAY2022春)
CDLE VIEW(2022.3.26 CDLE DAY2022春)CDLE VIEW(2022.3.26 CDLE DAY2022春)
CDLE VIEW(2022.3.26 CDLE DAY2022春)
Keisuke Tameyasu
 
CDLE VIEW(2021.11.27 CDLE DAY2021秋)
CDLE VIEW(2021.11.27 CDLE DAY2021秋)CDLE VIEW(2021.11.27 CDLE DAY2021秋)
CDLE VIEW(2021.11.27 CDLE DAY2021秋)
Keisuke Tameyasu
 
CDLE VIEW(2020.11.28 CDLE DAY2020)
CDLE VIEW(2020.11.28 CDLE DAY2020)CDLE VIEW(2020.11.28 CDLE DAY2020)
CDLE VIEW(2020.11.28 CDLE DAY2020)
Keisuke Tameyasu
 
ITエンジニアのためのAI基礎2020
ITエンジニアのためのAI基礎2020ITエンジニアのためのAI基礎2020
ITエンジニアのためのAI基礎2020
Keisuke Tameyasu
 
GRIT TEAMS -執着心をもってやり抜くチームの作り方
GRIT TEAMS -執着心をもってやり抜くチームの作り方GRIT TEAMS -執着心をもってやり抜くチームの作り方
GRIT TEAMS -執着心をもってやり抜くチームの作り方
Keisuke Tameyasu
 
今さら聞けないITエンジニアのためのドラッカー
今さら聞けないITエンジニアのためのドラッカー今さら聞けないITエンジニアのためのドラッカー
今さら聞けないITエンジニアのためのドラッカー
Keisuke Tameyasu
 
今さら聞けないITエンジニアのための7つの習慣
今さら聞けないITエンジニアのための7つの習慣今さら聞けないITエンジニアのための7つの習慣
今さら聞けないITエンジニアのための7つの習慣
Keisuke Tameyasu
 
今さら聞けないITエンジニアのための管理会計
今さら聞けないITエンジニアのための管理会計今さら聞けないITエンジニアのための管理会計
今さら聞けないITエンジニアのための管理会計
Keisuke Tameyasu
 
私のチームのリーダブルコード
私のチームのリーダブルコード私のチームのリーダブルコード
私のチームのリーダブルコード
Keisuke Tameyasu
 
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
Keisuke Tameyasu
 
十二国記に学ぶ自分の心づくり
十二国記に学ぶ自分の心づくり十二国記に学ぶ自分の心づくり
十二国記に学ぶ自分の心づくり
Keisuke Tameyasu
 
チーム内で100%発生する問題に真正面から取り組む方法
チーム内で100%発生する問題に真正面から取り組む方法チーム内で100%発生する問題に真正面から取り組む方法
チーム内で100%発生する問題に真正面から取り組む方法
Keisuke Tameyasu
 
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
Keisuke Tameyasu
 

More from Keisuke Tameyasu (20)

CDLE コミュニティ活動紹介(CDLE DAY 2022秋)
CDLE コミュニティ活動紹介(CDLE DAY 2022秋)CDLE コミュニティ活動紹介(CDLE DAY 2022秋)
CDLE コミュニティ活動紹介(CDLE DAY 2022秋)
 
人材版伊藤レポートサマリ.pptx
人材版伊藤レポートサマリ.pptx人材版伊藤レポートサマリ.pptx
人材版伊藤レポートサマリ.pptx
 
ITエンジニアの情報キャッチアップ法
ITエンジニアの情報キャッチアップ法ITエンジニアの情報キャッチアップ法
ITエンジニアの情報キャッチアップ法
 
インプットとアウトプットのサイクルを回すプライベートシステム
インプットとアウトプットのサイクルを回すプライベートシステムインプットとアウトプットのサイクルを回すプライベートシステム
インプットとアウトプットのサイクルを回すプライベートシステム
 
Deta-Centric AI
Deta-Centric AIDeta-Centric AI
Deta-Centric AI
 
3rdCOMMUNITYを創る
3rdCOMMUNITYを創る3rdCOMMUNITYを創る
3rdCOMMUNITYを創る
 
気になるAI需要予測発注サービスとサービス提供企業
気になるAI需要予測発注サービスとサービス提供企業気になるAI需要予測発注サービスとサービス提供企業
気になるAI需要予測発注サービスとサービス提供企業
 
CDLE VIEW(2022.3.26 CDLE DAY2022春)
CDLE VIEW(2022.3.26 CDLE DAY2022春)CDLE VIEW(2022.3.26 CDLE DAY2022春)
CDLE VIEW(2022.3.26 CDLE DAY2022春)
 
CDLE VIEW(2021.11.27 CDLE DAY2021秋)
CDLE VIEW(2021.11.27 CDLE DAY2021秋)CDLE VIEW(2021.11.27 CDLE DAY2021秋)
CDLE VIEW(2021.11.27 CDLE DAY2021秋)
 
CDLE VIEW(2020.11.28 CDLE DAY2020)
CDLE VIEW(2020.11.28 CDLE DAY2020)CDLE VIEW(2020.11.28 CDLE DAY2020)
CDLE VIEW(2020.11.28 CDLE DAY2020)
 
ITエンジニアのためのAI基礎2020
ITエンジニアのためのAI基礎2020ITエンジニアのためのAI基礎2020
ITエンジニアのためのAI基礎2020
 
GRIT TEAMS -執着心をもってやり抜くチームの作り方
GRIT TEAMS -執着心をもってやり抜くチームの作り方GRIT TEAMS -執着心をもってやり抜くチームの作り方
GRIT TEAMS -執着心をもってやり抜くチームの作り方
 
今さら聞けないITエンジニアのためのドラッカー
今さら聞けないITエンジニアのためのドラッカー今さら聞けないITエンジニアのためのドラッカー
今さら聞けないITエンジニアのためのドラッカー
 
今さら聞けないITエンジニアのための7つの習慣
今さら聞けないITエンジニアのための7つの習慣今さら聞けないITエンジニアのための7つの習慣
今さら聞けないITエンジニアのための7つの習慣
 
今さら聞けないITエンジニアのための管理会計
今さら聞けないITエンジニアのための管理会計今さら聞けないITエンジニアのための管理会計
今さら聞けないITエンジニアのための管理会計
 
私のチームのリーダブルコード
私のチームのリーダブルコード私のチームのリーダブルコード
私のチームのリーダブルコード
 
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
今さら聞けないITエンジニアのための人工知能
 
十二国記に学ぶ自分の心づくり
十二国記に学ぶ自分の心づくり十二国記に学ぶ自分の心づくり
十二国記に学ぶ自分の心づくり
 
チーム内で100%発生する問題に真正面から取り組む方法
チーム内で100%発生する問題に真正面から取り組む方法チーム内で100%発生する問題に真正面から取り組む方法
チーム内で100%発生する問題に真正面から取り組む方法
 
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
 

Recently uploaded

Sales Hub_Kuzen_Our Service Introduction
Sales Hub_Kuzen_Our Service IntroductionSales Hub_Kuzen_Our Service Introduction
Sales Hub_Kuzen_Our Service Introduction
nomofuruse1
 
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.2).pdf
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.2).pdf株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.2).pdf
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.2).pdf
recruit9
 
20240606_Service Design Exercise_Visual Report_vol.1.pdf
20240606_Service Design Exercise_Visual Report_vol.1.pdf20240606_Service Design Exercise_Visual Report_vol.1.pdf
20240606_Service Design Exercise_Visual Report_vol.1.pdf
jun_suto
 
画像生成AIのビジネス活用術をご紹介! 5つの活用シーンと具体的事例も併せて紹介します
画像生成AIのビジネス活用術をご紹介! 5つの活用シーンと具体的事例も併せて紹介します画像生成AIのビジネス活用術をご紹介! 5つの活用シーンと具体的事例も併せて紹介します
画像生成AIのビジネス活用術をご紹介! 5つの活用シーンと具体的事例も併せて紹介します
otakai1201
 
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
Management Soluions co.,ltd.
 
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
Eiichi Mano
 
ドコモgaccoサービス紹介資料(リベラルアーツ思考ビジネスプログラム、AIプロンプト思考ビジネスプログラム、DX人材育成プログラム)
ドコモgaccoサービス紹介資料(リベラルアーツ思考ビジネスプログラム、AIプロンプト思考ビジネスプログラム、DX人材育成プログラム)ドコモgaccoサービス紹介資料(リベラルアーツ思考ビジネスプログラム、AIプロンプト思考ビジネスプログラム、DX人材育成プログラム)
ドコモgaccoサービス紹介資料(リベラルアーツ思考ビジネスプログラム、AIプロンプト思考ビジネスプログラム、DX人材育成プログラム)
ryooya0127
 
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx (1).pdf
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx (1).pdf【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx (1).pdf
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx (1).pdf
chiakiota2
 
smartcamp_RECRUIT_deck 2024060606 dddddd
smartcamp_RECRUIT_deck 2024060606 ddddddsmartcamp_RECRUIT_deck 2024060606 dddddd
smartcamp_RECRUIT_deck 2024060606 dddddd
design777859
 
【簡易版】DMMチャットブーストCV サービス該当の紹介資料.pptx.pdf
【簡易版】DMMチャットブーストCV サービス該当の紹介資料.pptx.pdf【簡易版】DMMチャットブーストCV サービス該当の紹介資料.pptx.pdf
【簡易版】DMMチャットブーストCV サービス該当の紹介資料.pptx.pdf
ssuser8de8212
 
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx.pdf
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx.pdf【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx.pdf
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx.pdf
chiakiota2
 
Business Strategy - ITIL Case Studies by Using ITIL 2011 (Japanese)
Business Strategy -  ITIL Case Studies by Using ITIL 2011 (Japanese)Business Strategy -  ITIL Case Studies by Using ITIL 2011 (Japanese)
Business Strategy - ITIL Case Studies by Using ITIL 2011 (Japanese)
Jerimi Soma
 
クイズでレクリエーション!企業向けクイズワークショップ「みんなのクイズ」の説明資料
クイズでレクリエーション!企業向けクイズワークショップ「みんなのクイズ」の説明資料クイズでレクリエーション!企業向けクイズワークショップ「みんなのクイズ」の説明資料
クイズでレクリエーション!企業向けクイズワークショップ「みんなのクイズ」の説明資料
Jun Chiba
 
うりぼーギルドの歩き方
うりぼーギルドの歩き方うりぼーギルドの歩き方
うりぼーギルドの歩き方
Kota
 
orderbusters_servicedocument_batton_saleshub.pdf
orderbusters_servicedocument_batton_saleshub.pdforderbusters_servicedocument_batton_saleshub.pdf
orderbusters_servicedocument_batton_saleshub.pdf
sano54
 

Recently uploaded (15)

Sales Hub_Kuzen_Our Service Introduction
Sales Hub_Kuzen_Our Service IntroductionSales Hub_Kuzen_Our Service Introduction
Sales Hub_Kuzen_Our Service Introduction
 
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.2).pdf
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.2).pdf株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.2).pdf
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.2).pdf
 
20240606_Service Design Exercise_Visual Report_vol.1.pdf
20240606_Service Design Exercise_Visual Report_vol.1.pdf20240606_Service Design Exercise_Visual Report_vol.1.pdf
20240606_Service Design Exercise_Visual Report_vol.1.pdf
 
画像生成AIのビジネス活用術をご紹介! 5つの活用シーンと具体的事例も併せて紹介します
画像生成AIのビジネス活用術をご紹介! 5つの活用シーンと具体的事例も併せて紹介します画像生成AIのビジネス活用術をご紹介! 5つの活用シーンと具体的事例も併せて紹介します
画像生成AIのビジネス活用術をご紹介! 5つの活用シーンと具体的事例も併せて紹介します
 
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
 
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
 
ドコモgaccoサービス紹介資料(リベラルアーツ思考ビジネスプログラム、AIプロンプト思考ビジネスプログラム、DX人材育成プログラム)
ドコモgaccoサービス紹介資料(リベラルアーツ思考ビジネスプログラム、AIプロンプト思考ビジネスプログラム、DX人材育成プログラム)ドコモgaccoサービス紹介資料(リベラルアーツ思考ビジネスプログラム、AIプロンプト思考ビジネスプログラム、DX人材育成プログラム)
ドコモgaccoサービス紹介資料(リベラルアーツ思考ビジネスプログラム、AIプロンプト思考ビジネスプログラム、DX人材育成プログラム)
 
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx (1).pdf
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx (1).pdf【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx (1).pdf
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx (1).pdf
 
smartcamp_RECRUIT_deck 2024060606 dddddd
smartcamp_RECRUIT_deck 2024060606 ddddddsmartcamp_RECRUIT_deck 2024060606 dddddd
smartcamp_RECRUIT_deck 2024060606 dddddd
 
【簡易版】DMMチャットブーストCV サービス該当の紹介資料.pptx.pdf
【簡易版】DMMチャットブーストCV サービス該当の紹介資料.pptx.pdf【簡易版】DMMチャットブーストCV サービス該当の紹介資料.pptx.pdf
【簡易版】DMMチャットブーストCV サービス該当の紹介資料.pptx.pdf
 
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx.pdf
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx.pdf【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx.pdf
【slideshare】オンライン二次健診サービス_20240607.pptx.pdf
 
Business Strategy - ITIL Case Studies by Using ITIL 2011 (Japanese)
Business Strategy -  ITIL Case Studies by Using ITIL 2011 (Japanese)Business Strategy -  ITIL Case Studies by Using ITIL 2011 (Japanese)
Business Strategy - ITIL Case Studies by Using ITIL 2011 (Japanese)
 
クイズでレクリエーション!企業向けクイズワークショップ「みんなのクイズ」の説明資料
クイズでレクリエーション!企業向けクイズワークショップ「みんなのクイズ」の説明資料クイズでレクリエーション!企業向けクイズワークショップ「みんなのクイズ」の説明資料
クイズでレクリエーション!企業向けクイズワークショップ「みんなのクイズ」の説明資料
 
うりぼーギルドの歩き方
うりぼーギルドの歩き方うりぼーギルドの歩き方
うりぼーギルドの歩き方
 
orderbusters_servicedocument_batton_saleshub.pdf
orderbusters_servicedocument_batton_saleshub.pdforderbusters_servicedocument_batton_saleshub.pdf
orderbusters_servicedocument_batton_saleshub.pdf
 

ふりかえりを1枚で実施できる新フレームワーク(アジャイルレトロスペクティブズ2)