『「Product Discovery Team」に学ぶ成功する為のProduct Ownership』第27回 POStudy ~プロダクトオーナーシップ勉強会~
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

『「Product Discovery Team」に学ぶ成功する為のProduct Ownership』第27回 POStudy ~プロダクトオーナーシップ勉強会~

on

  • 646 views

 

Statistics

Views

Total Views
646
Views on SlideShare
607
Embed Views
39

Actions

Likes
1
Downloads
8
Comments
0

2 Embeds 39

http://mj89sp3sau2k7lj1eg3k40hkeppguj6j-a-sites-opensocial.googleusercontent.com 38
http://wordpress.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

CC Attribution-NonCommercial-ShareAlike LicenseCC Attribution-NonCommercial-ShareAlike LicenseCC Attribution-NonCommercial-ShareAlike License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

『「Product Discovery Team」に学ぶ成功する為のProduct Ownership』第27回 POStudy ~プロダクトオーナーシップ勉強会~ Presentation Transcript

  • 1. 「Product Discovery Team」に学ぶ成功するためのProduct Ownership2013年06月12日(水)第27回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  • 2. POStudyのご紹介(1/5)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮していくかについて、普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを提供していきます。– 【オフライン】» 東京・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を通じて「参加者同士で議論」を行い「情報交換」をすることで互いに有益な場を作っていきます。– 【オンライン】» ワークショップを中心とした動画・静止画コンテンツを配信していきます。2Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  • 3. POStudyのご紹介(2/5)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLツイートする時のハッシュタグは?以下のハッシュタグをお使いください!#postudyイベント情報のメール通知を受け取りたいときは?POStudy用のDoorKeeperへメンバー登録してください!次回以降の告知やお知らせがメールで届きます。http://postudy.doorkeeper.jp/過去の資料を閲覧したり、参加レポートを参照したいときは?以下のPOStudy公式サイトにて公開しています。https://sites.google.com/site/spostudy/Twitterによるお知らせを購読したいときは?POStudyのTwitterアカウントをフォローしてください!https://twitter.com/POStudySmile/POStudyの最新情報が欲しい、or 参加者と議論をしたいときは?POStudyのFacebookグループへご参加ください!https://www.facebook.com/groups/postudy/
  • 4. POStudyのご紹介(3/5)過去に実施してきたテーマ(1/3)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) アジャイルとスクラム 9名第2回 2011/09/30(金) ユーザーストーリーマッピング ~前編~ 18名第3回 2011/10/14(金) ユーザーストーリーマッピング ~後編~ 19名第4回 2011/10/28(金) ユーザーストーリーマッピング ~再演~ 31名第5回 2011/11/11(金) プラグマティック・ペルソナ 26名第6回 2011/11/25(金) プラグマティック・ペルソナ ~再演~ 22名第7回 2012/01/27(金) ストーリーテリング ~概要~ 16名第8回 2012/02/10(金) 体験!The Specification Exerciseで仕様伝達 18名特別回 2012/02/13(月) 体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング 17名第9回 2012/02/24(金) ストーリーテリング ~ストーリーを生み出す~ 9名第10回 2012/03/09(金) ストーリーテリング ~ストーリーを共有する~ 11名第11回 2012/03/23(金) ストーリーテリング ~ストーリーを作る~ 10名第12回 2012/04/27(金) ストーリーテリング ~よい聞き手になるための学習~ 12名
  • 5. POStudyのご紹介(4/5)過去に実施してきたテーマ(2/3)5Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第13回 2012/05/18(金) 体験!Fearless Journeyでパターンによる改善 20名第14回 2012/07/06(金) Business Model Canvas 24名第15回 2012/08/03(金) Business Model Canvas ~再演~ 17名第16回 2012/09/07(金) 「Moving Motivators」に学ぶモチベーション 24名第17回 2012/09/28(金) 「BABOK」に学ぶ要求アナリシス 21名第18回 2012/10/25(木) 「RUNNING LEAN」に学ぶLean Canvas 12名第19回 2012/10/26(金) 「The Wallet Project」に学ぶデザイン思考 18名特別回 2012/11/04(日) POStudy Conference 2012 47名第20回 2012/11/16(金) 「ゲーミフィケーション」に学ぶWebサービスの価値観 23名第21回 2012/11/30(金) 「ゲームビジネスメソッド」に学ぶ購買意思決定理論 7名特別回 2012/12/01(土) POStudy Day 2012 in Okinawa 22名第22回 2012/12/27(木) 「ペーパープロトタイピング」に学ぶユーザー中心設計(UCD) 49名第23回 2013/01/11(金) 「Lean Diagram」に学ぶProblem/Solution Fit 18名
  • 6. POStudyのご紹介(5/5)過去に実施してきたテーマ(3/3)6Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者特別回 2012/02/15(金) Developers Summit 2013 アンカンファレンス 20名「ゲーミフィケーション」に学ぶWebサービスの価値観第24回 2012/02/19(火) 体験!マシュマロチャレンジでチームビルディング 14名第25回 2013/03/01(金) 「システム思考」に学ぶ真の解決策 31名第26回 2013/03/14(木) 体験!The Beer Gameで学ぶシステム思考 19名特別回 2013/04/07(日) POStudy Day 2013 Spring in Tokyo 51名第27回 2013/06/12(水) 「Product Discovery Team」に学ぶ成功するためのProduct Ownership -特別回 2013/06/29(土) POStudy Day 2013 Spring in Okinawa -
  • 7. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日のアジェンダ(1/1)第26回の復習第26回各チーム振り返り結果ご紹介Product Discovery Team とはワークショップ#1ワークショップ#2ワークショップ#3ワークショップ#4振り返り&ディスカッションまとめ7
  • 8. おことわり(1/1)今回の資料について(1/1) 今回の資料は、以下の資料を参考にしています。私自身のオリジナルはほとんどありませんので、ご了承ください。– A Powerful Partnership – Product Owners, Designers, andArchitects» http://illustratedagile.com/2012/07/10/powerful-partnership-product-owner-designer-architects/– 6 Steps for Successful Product Ownership, Management, andDiscovery» http://labs.openviewpartners.com/successful-product-ownership-management-and-discovery/Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 8
  • 9. 第26回の復習いきなり本題に入る前に、前回の復習をしましょう9Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  • 10. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.第26回の復習(1/1)第26回の復習(1/1) 資料公開先https://sites.google.com/site/spostudy/list/No26_2013031410システム思考の重要性を学習できることで世界的に有名な「The Beer Game」を、準備から実施まで一緒に行いました。
  • 11. 第26回各チーム振り返り結果ご紹介前回振り返りを行わなかった為、結果のご紹介はありません。11Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  • 12. PRODUCT DISCOVERY TEAMとはProduct Discovery Teamについて簡単に解説しますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12
  • 13. Product Discovery Team とは(1/3)Product Discovery Team プロダクトを通して価値を提供することに特化したチーム プロダクトのビジョンを決めるための3つの質問1. Who are our users?2. What are their needs?3. What features will satisfy those needs?Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 13
  • 14. Product Discovery Team とは(2/3)数年前まで語られていた範囲Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 1420XX/N月 N+1月 N+2月 N+3月 N+4月 N+5月 N+6月 N+7月 N+8月 N+9月Ver1.0.0の開発 Ver1.1.0の開発 Ver1.2.0の開発・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・Ver1.0.0 Ver1.1.0(Ver1.0.1)※バグフィックス版(Ver1.1.1)※バグフィックス版優先順位に基づく着手範囲の確定作業一覧による見える化作業が問題無く進んでいるかを日々確認タイムボックス計画からレビューまですぐにリリースできるくらいになっている成果物(動くソフトウェア)ちゃんとできたかとちゃんと進められたかを確認直近の実施内容を決める次の着手内容や優先順位は都度見直しを実施できなかった分については積み残しリリース実施・ ・・ ・・
  • 15. ビジョン策定Product Discovery Team とは(3/3)最近語られている範囲Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 1520XX/N月 N+1月 N+2月 N+3月 N+4月 N+5月 N+6月 N+7月 N+8月 N+9月要件検討Ver1.0.0の開発 Ver1.1.0の開発 Ver1.2.0の開発・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・MVPVer1.0.0 Ver1.1.0(Ver1.0.1)※バグフィックス版(Ver1.1.1)※バグフィックス版優先順位に基づく着手範囲の確定作業一覧による見える化作業が問題無く進んでいるかを日々確認タイムボックス計画からレビューまですぐにリリースできるくらいになっている成果物(動くソフトウェア)要件検討ちゃんとできたかとちゃんと進められたかを確認直近の実施内容を決める次の着手内容や優先順位は都度見直しを実施できなかった分については積み残しリリース実施MVP優先順位1優先順位2優先順位3・・・・ ・・ ・・ビジョン策定
  • 16. ワークショップ#1各テーブルごとに、自己紹介を行ってください(チームワークショップ)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 16
  • 17. ワークショップ#2テーブル内で「人の人生を変えるほど影響の大きい課題」を、1人1分でピッチ(発表)してください全員がピッチを行ってくださいテーブル内全員のピッチの中から、人気投票で1位を決めてください(チームワークショップ)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 17
  • 18. ワークショップ#3テーブル毎に以下の役割を決めてください。・Product Owner 役(1名~2名)・Designer 役 (1名~2名)・Architect 役 (1名~2名)テーブル毎にワークショップ#2で決めたテーマをもとに、・VISION・Road Map・Business Caseを書き出してください(チームワークショップ)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 18
  • 19. ワークショップ#4各テーブル毎にワークショップ#3の成果を発表してください。(グループワークショップ)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 19
  • 20. 振り返り&ディスカッション今日気づいたことをテーブルごとに共有してください各チームでの振り返り結果を、配布したA3用紙に記載してください次回、全チームの振り返り結果をまとめたものをご連絡しますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 20
  • 21. まとめ今日お話したことを振り返ってみましょうCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 21
  • 22. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日お話したこと(1/1)第26回の復習第26回各チーム振り返り結果ご紹介Product Discovery Team とはワークショップ#1ワークショップ#2ワークショップ#3ワークショップ#4振り返り&ディスカッションまとめ22
  • 23. お知らせ皆様にお知らせがありますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 23
  • 24. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 24ご静聴ありがとうございました。