Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

『プラグマティック・ペルソナ』第5回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜

3,158 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

『プラグマティック・ペルソナ』第5回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜

  1. 1. プラグマティック・ペルソナ2011年11月11日(金)第5回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  2. 2. POStudyのご紹介(1/3)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮していくかについて、普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを提供していきます。– 【オフライン】» 東京・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を通じて「参加者同士で議論」を行い「情報交換」をすることで互いに有益な場を作っていきます。– 【オンライン】» ワークショップを中心とした動画・静止画コンテンツを配信していきます。2Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  3. 3. POStudyのご紹介(2/3)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLイベント情報のメール通知を受け取りたいときは?POStudy用のDoorKeeperへメンバー登録してください!次回以降の告知やお知らせがメールで届きます。http://postudy.doorkeeper.jp/過去の資料を閲覧したり、参加レポートを参照したいときは?以下のPOStudy公式サイトにて過去の資料や今後の予定等を公開しています。https://sites.google.com/site/spostudy/ツイートする時のハッシュタグは?以下のハッシュタグをお使いください!#postudyPOStudyの最新情報が欲しい、or 参加者と議論をしたいときは?POStudyのFacebookグループへご参加ください!https://www.facebook.com/groups/postudy/Twitterによるお知らせを購読したいときは?POStudyのTwitterアカウントをフォローしてください!https://twitter.com/POStudySmile/
  4. 4. POStudyのご紹介(3/3)過去に実施してきたテーマ(1/1)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) アジャイルとスクラム 9名第2回 2011/09/30(金) ユーザーストーリーマッピング ~前編~ 18名第3回 2011/10/14(金) ユーザーストーリーマッピング ~後編~ 19名第4回 2011/10/28(金) ユーザーストーリーマッピング ~再演~ 31名第5回 2011/11/11(金) プラグマティック・ペルソナ -第6回 2011/11/25(金) プラグマティック・ペルソナ ~再演~ -
  5. 5. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日のアジェンダ(1/1)第4回の復習第4回各チーム振り返り結果ご紹介ワークショップ #1ワークショップ #2プラグマティック・ペルソナ 解説ワークショップ #3ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6振り返り&ディスカッション5
  6. 6. おことわり(1/1)今回の資料について(1/1) 今回の資料は、以下の資料を参考にしています。私自身のオリジナルはほとんどありませんので、ご了承ください。 前半のプロダクトバックログの説明部分と後半のワークショップは、@kawaguti さんがScrum Boot Campで使用した資料を参考にさせて頂いています。 前半のユーザーストーリーの説明部分については、@ryuzee さんの公開資料を参考にさせて頂いています。http://www.slideshare.net/Ryuzee/ss-8332120 ワークショップの内容は、Jeff Pattonさんが作成した資料および @kawaguti さんが翻訳した資料に加えて、構成について @kawaguti さんの協力を頂きました。Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 6
  7. 7. 第4回の復習いきなり本題に入る前に、前回までの復習をしましょう7
  8. 8. 第4回で行った進め方の紹介第4回は、第2回・第3回で実施したワークショップ#1~#6のユーザーストーリーの作成を、 30分間で実施しましたその後、残り30分を使って、プランニングポーカーを使いながら、ユーザーストーリーの見積をしました8
  9. 9. 第4回の復習(1/14)スクラムの進め方(1/2)• 出典:MOUNTAIN GOAT SOFTWAREhttp://www.mountaingoatsoftware.com/scrum/figures9PO SMプロダクトオーナー スクラムフィーチャーチームマスター +スクラムCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  10. 10. 第4回の復習(2/14)ユーザーストーリーとは(1/2) 要求仕様を自然言語で簡潔に記述したもの [役割]として [結果]が欲しい それは [理由]のためだ [役割]として [機能や性能]が欲しい それは [ビジネス価値]のためだCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 10
  11. 11. 第4回の復習(3/14)ユーザーストーリーとは(2/2) 顧客との会話に役立つ 計画づくりに役立つ 無駄な詳細化から解放されるCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 11
  12. 12. 第4回の復習(4/14)なぜユーザーストーリーが必要なのか(1/1) 要件(機能)のスケジュールが可能なユニット– スケジュールは他に依存していない ユーザーがどう使うかという目線に立って表現– 他に依存せずにスケジュール可能な特徴を実現Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 12
  13. 13. 第4回の復習(5/14)Ron Jeffries の 3C / 3Cs(1/1) Card– ストーリーはカードに書き、見積もりやメモ等も一緒に書く Conversation– ストーリーの背後にある詳細事項はPOとの会話から引き出される Confirmation– 受け入れテストによってストーリーが正しく実装されているか確認するCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 13
  14. 14. 第4回の復習(6/14)どちらの作り方を選びますか?(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 14
  15. 15. 第4回の復習(7/14)分割の方向(1/1) 技術的レイヤー単位で分割しない– このやり方だと、全てが揃わないとリリースできないリスクがある。 動作する機能単位で分割する– エンドツーエンドで動作する単位で分割する。– リリース可能な単位が小さくなる– 早くリリースできることはビジネス価値につながるCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 15
  16. 16. 第4回の復習(8/14)ユーザーストーリーのINVEST(1/1) INVESTとは Independent 独立 Negotiable 交渉可能 Valuable 価値 Estimable 見積可能 Sized right (Small ) 適切な大きさ Testable テスト可能Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 16
  17. 17. 第4回の復習(9/14)PBI優先順位決定の原則(1/1) 高い価値のものから 市場投入への時間を短く リスクを最小化 将来の無駄を避ける– PBI:Product Backlog ItemCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 17
  18. 18. 第4回の復習(10/14)スプリントとリリース(1/2)18【参考:@kawaguti - 20110118 scrum 10 mins】http://www.slideshare.net/kawaguti/20110118-scrum-10-mins
  19. 19. 第4回の復習(11/14)スプリントとリリース(2/2)19【参考:@kawaguti - 20110118 scrum 10 mins】http://www.slideshare.net/kawaguti/20110118-scrum-10-mins
  20. 20. 第4回の復習(12/14)プランニングポーカー(1/2)20【参考:@ryuzee – Scrum概論】http://www.slideshare.net/Ryuzee/scrum-8048905
  21. 21. 第4回の復習(13/14)プランニングポーカー(2/2) プランニングポーカーの進め方1. 基準となるストーリーを決めます。(早めに着手するであろう)基本的なストーリーで、全員が内容を想像でき、規模の小さいものを選びます。基準のストーリーのポイントを2とします。2. 次のストーリーを選び、その規模を相対的に考え、カードで一斉に示します。3. 数が食い違っている場合は、一番大きい数を出した人、一番小さい数を出した人に理由を言ってもらい、その情報を共有します。2に戻ります。4. 数が一致した場合はその数で確定です。5. 2~3回行って僅差なら、大きい数字を採用します。21【参考:@kawaguti - 20110118 scrum 10 mins】http://www.slideshare.net/kawaguti/20110118-scrum-10-mins
  22. 22. 第4回の復習(14/14)相対的な見積もり(1/1)22【参考:@ryuzee – Scrum概論】http://www.slideshare.net/Ryuzee/scrum-8048905
  23. 23. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介前回の振り返り結果をご紹介します23
  24. 24. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(1/10)Aチーム(1/2) Keep– 最低限の機能に絞る– ファーストリリースを検討する際に、足りないユーザーストーリーをアジャイルに追加したのが良かった– ユーザーストーリーマッピングに触れてよかった– ワークショップ参加は楽しい– 笑って楽しかった– いろいろな意見に触れられて勉強になった– 多様な意見– 新しい人とご挨拶24
  25. 25. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(2/10)Aチーム(2/2) problem– 立ち位置が混乱した– セカンドストーリーが決まらなかった– 見積もれなかった– 価値の話が出てくるとわかりにくい– 話さないと皆が何を思っているのかがわからない→前提を合わせていないから?– 認識合わせに時間がかかった– 言葉の認識の違いがあったなぁ– 思ったほどスピードが出ない– 細かい仕様に話が行ってしまう Try– ペルソナは初めての人も読む– 優先順位を話し合って情報共有したい– さらにチーム内のコミュニケーションアップを図って、効率よくストーリー作業する♪– 笑いまくる– 運用でカバー– 誰をターゲットにして価値を出すか決めてからストーリーの優先順位を決めたい– リリースの線を引きたい– 価値の認識を合わせることを先に行う– 価値・優先度を考える意識をする25
  26. 26. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(3/10)Bチーム(1/1) Keep– ストーリーのそぎ落とし– 役割を分担してストーリーを作ったのが成功した– 納得いくまで話した(ポーカー)– 使うカードを絞ったのが良かった(ポーカー)– 楽しかった problem– doneを書く時間がなかった– ポーカーの軸ストーリーが後半ゆらいだ Try– doneをきちんと裏に書こう– 話し合うこと– ふりかえること– ポーカーの基本ストーリーは小さいストーリーでやってみる26
  27. 27. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(4/10)Cチーム(1/2) Keep– アーキテクチャまで掘り下げて議論したので、見積が揃いやすかった– 各テーブルに経験者とはじめての方がいて、スムーズでした– スクラム経験者をまんべんなく入れるのは良いと思いました– スクラムの進め方がどういうものかよく分かった– ポーカーを始めての人に説明することで、自分も再認識– システム化範囲を考えて、最優先事項を導き出した– 画面イメージがあると話しやすい27
  28. 28. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(5/10)Cチーム(2/2) problem– 作らねばならないもののレギュレーションについては、もう少し細かく説明した方がよいと思う– 青でまとめたものをアクティビティと呼んでしまってもよかったのでは?– フローをみて書いたのでまとまった– 知識が足りない– 実際のユーザーがいないので、不明点が仮説の積み重ねになってしまう– 行動の洗い出しとソフトウェアでサポートするものをどう議論するか Try– 時間があれば予定をきめるところから– ユーザーの規模とか決定をもっと明確にしてあたれば良いモノを考えられたかな– プラグマティックペルソナを作る系のワークもやりたい28
  29. 29. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(6/10)Dチーム(1/2) Keep– 前回よりストーリーの深掘りが出来てよかった– 人間系と機械系の切り分けがはっきりしていた「人がやればいいでしょ」– 各ストーリーのストーリーポイントが収束している– 早く完成させることの目的を共有出来た– 小さい単位にストーリーを落とすことが出来た– 自己紹介の2週目は良かった problem– プロダクトオーナーなのにタスク(作業)レベルの見積になってしまった– ストーリーが小さすぎた– 技術面を洗い出しすぎる– フローをちゃんと理解してなかった– 勝手な要求をしてしまった– 受入条件がきちんと書けなかった– 見積の基準数字が小さいので場合によってはブレが大きくなるかも– どれくらい価値があるかもっと議論してもよかった機がする– 有効性をアピールする機能についてフォーカスをしてもよかった– 基準としたポイントが小さすぎて1~3にすべておさまってしまった29
  30. 30. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(7/10)Dチーム(2/2) problem– 見積時、幹事観点ばかりで出資者、参加者の観点がなかった– タイムボックスを意識してなかったので、見積が終わらなかった Try– タイムボックスを意識して、各ワークショップを確実に完了させる– プロダクトの題材を商用レベルのものにする– フローとペルソナの読み合わせをしたい– 受入条件を書く時間を取る– 中くらいのストーリーを5ストーリーポイントくらいで基準にすべき– どう展開出来るか考える– 参加者がすごく多い場合のユーザーストーリーの見積をしたい– 対象とするストーリーを絞ってでも完了基準を書くべき30
  31. 31. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(8/10)Eチーム(1/1) Keep– この場に来たことそのもの– 以前やったときの復習になった– ユーザーストーリーに対する認識を合わせることに気づいたこと– 時間配分(チーム内)が良かった→余裕あった– コンパクトなリリースに向けての方向性が合ってたこと problem– ユーザーストーリーの認識が合ってなかったこと→どうやって合わせる?– 受入条件を見てなかった– 受入条件を短い時間で書くのが難しい– 利用者の行動順に考えていたので後ろの方のユーザーストーリーが充実しなかった Try– 実際の仕事で使いたい→ヒアリングの時→ブレストの一環として– 継続的に復習していきたい– 自社で勉強会! →POもメンバーも– ストーリー出しの2週目(イテレーション)の後にやってみる– 受入条件をきちんと書く– ペルソナをおいてみる→よりユーザーストーリーマッピングらしく 疑問– 実際のお客様とどうやってこの手法を使うか– ユーザーストーリーマッピングの前後左右の知識がないので、応用方法がわからない31
  32. 32. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(9/10)Fチーム(1/2) Keep– 見積でいろいろな話を聞けた– 見積の細かい擦り合わせ– リリース物件のイメージができた– ストーリーに分解する前に全体感を共有できて話がスムーズだった– スコープを決めるのが早くできた– プロダクトへの要求をシンプルにまとめることができた– ワークショップの時間が長くなった– ストーリーポイントを相対的に出すことで、一つ一つの大きさが把握出来てよかった– ストーリー作成に参加出来た32
  33. 33. 第4回各チーム振り返り結果ご紹介(10/10)Fチーム(2/2) problem– 最後まで見積もれなかった– 確認方法が書けなかった– 机の線の使い方、付箋のまとめ方は、先に共有したかった Try– 時間足りなかった– 時間配分間違えた– ストップウォッチを活用する– (チーム内で)時間を先にアナウンスする→タイムボックスを意識する– タイムキーパーを決める– 時計をテーブルに置く– タイムキープできるようにマイルストンを設定する (ex ~分までに決める) Try– プロダクトの機能を固めるまえに見積を始めてしまった– ストーリーの内容をすりあわせたかった– 見積前に前提条件を共有する– 見積前にストーリーのDoneの定義を裏書きする– 最初にプロダクトの共有を詳しくやっておくべき– PJの前提の共有をする→どんなプロダクト?33
  34. 34. ワークショップ#1今日仕事が終わってからこの勉強会の会場に来るまでに使った交通手段を利用中のあなたの様子を、絵に描いて表現してください(個人ワークショップ)34
  35. 35. ワークショップ#2各チームごとに改めて自己紹介を行ってください先ほど描いた絵も同時に見せて反応を伺ってください(チームワークショップ)35
  36. 36. プラグマティック・ペルソナ解説Jeff Patton氏が作成したプラグマティック・ペルソナの説明資料、および @kawaguti 氏が翻訳した日本語版を元に、プラグマティック・ペルソナについて解説します36
  37. 37. ワークショップ#32人1組で、語り手と聞き手の役割を決めてください語り手は、プロダクトオーナー勉強会に参加した理由を話し、聞き手はそれをA4用紙に記載してください終わったら、役割を交代して、同じ事を行ってください(ペアワークショップ)37
  38. 38. ワークショップ#42人1組でディスカッションしながら、プロダクトオーナー勉強会に参加する人のタイプについて、思いつく限り列挙していってください列挙する際は、配付資料の1ページ目右下にあるサンプルの形式で、A4用紙1枚に1ユーザータイプを描いてください(ペアワークショップ)38
  39. 39. ワークショップ#5A4用紙とペンを持ってすべてのテーブルをまわり、自分のテーブルのペルソナに足りなかった観点や、新たに気づいた観点があれば、A4用紙に追記してくださいまたその時に見ていたペルソナに「★」をつけてください(個人ワークショップ)39
  40. 40. ワークショップ#6「★」を一番多く描いて貰えたペルソナを発表して頂きましょう(全員)40
  41. 41. 振り返り&ディスカッション今日気づいたことをテーブルごとに共有してください各チームでの振り返り結果を、配布したA3用紙に記載してください次回、全チームの振り返り結果をまとめたものをご連絡します41
  42. 42. まとめ今日お話したことを振り返ってみましょう42
  43. 43. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日お話したこと(1/1)第4回の復習第4回各チーム振り返り結果ご紹介ワークショップ #1ワークショップ #2プラグマティック・ペルソナ 解説ワークショップ #3ワークショップ #4ワークショップ #5ワークショップ #6振り返り&ディスカッション43
  44. 44. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 44ご静聴ありがとうございました。

×