Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
「システム思考」に学ぶ真の解決策2013年03月01日(金)第25回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
POStudyのご紹介(1/6)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を...
POStudyのご紹介(2/6)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLツイートす...
POStudyのご紹介(3/6)過去に実施してきたテーマ(1/3)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) ...
POStudyのご紹介(4/6)過去に実施してきたテーマ(2/3)5Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第13回 2012/05/18(金)...
POStudyのご紹介(5/6)過去に実施してきたテーマ(3/3)6Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者特別回 2012/02/15(金) ...
POStudyのご紹介(6/6)IT勉強会スタンプラリーのご紹介(1/1)7・IT勉強会に参加してスタンプを集める参加無料のイベントです・詳しくは http://it-stamp.jp/© 2012 IT勉強会スタンプラリー運営委員会ロゴ・イラ...
Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日のアジェンダ(1/1)第24回の復習第24回各チーム振り返り結果ご紹介システム思考とはワークショップ#1ワークショップ#2...
おことわり(1/1)今回の資料について(1/1) 今回の資料は、以下の資料を参考にしています。私自身のオリジナルはほとんどありませんので、ご了承ください。– なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?» http://www.amazon.c...
第24回の復習いきなり本題に入る前に、前回の復習をしましょう10Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.第24回の復習(1/1)第24回の復習(1/1) 資料公開先https://sites.google.com/site/sp...
第24回各チーム振り返り結果ご紹介前回の振り返り結果をご紹介します12Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
第24回各チーム振り返り結果ご紹介(1/3)気づき(1/1)– ファシリテーターが場を和ませることも重要– 自己組織化のためにはゴールの共有が重要– 司会の励まし風な言葉も下手すると無理にがんばる結果となる– みんなで作るのは大変 作業分担が必...
第24回各チーム振り返り結果ご紹介(2/3)感想(2/2)– 1回目は折れてもリカバリできた– マシュマロは意外と重い– 案外行き当たりばったりの方が上手く行く– 欲を出すとダメ– 18分は1回目の方が長く感じた– 計画しない方がよい?– 目的...
第24回各チーム振り返り結果ご紹介(3/3)Problem(1/1)– 役割分担があまりできなかった– もっと話し合う時間が欲しかった– 1回目と2回目の間の振り返りにもう少し時間が欲しいTry(1/1)– 次は90cmを目指す– 会社でワーク...
システム思考とはシステム思考について簡単に説明しますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 16
システム思考とは(1/1)システム思考とは(1/1) 根本原因を分析するツールではなく、現状を正しく把握するためのツール 組織でも個人でも、システム思考を身につけることで、以下の力を強めることが可能– 全体像を見る力– 問題構造のツボを見抜...
ワークショップ#1各テーブルごとに、自己紹介を行ってください(チームワークショップ)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 18
ワークショップ#2まずは簡単なお題を使って「システム思考」のウォーミングアップをしましょう(チームワークショップ)※お題は参考書籍の内容を参考にしています著作権は参考書籍にありますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシッ...
ワークショップ#2(1/1)なぜこうなったのでしょうか?どう解決しますか? ある研究所の悩み この研究所の管理者は、どうすれば、この研究所でもっと革新的な研究が進められるかを考えていました。その結果、研究者同士の学術的なブレーンストーミング...
ワークショップ#2 解説参考書籍に記載の例をご紹介しますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 21
ワークショップ#2 解説(1/1)好循環と悪循環(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 22自分が出すアイディアの数自分への刺激他の研究者への刺激他の研究...
問題を切り分けて分析する方法(1/1)ロジカルだけでは不十分な例(1/1) 「会社の利益を上げる」という課題を分析Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 23「な...
ワークショップ#3続いて、別の簡単なお題を使って「システム思考」のウォーミングアップをしましょう(チームワークショップ)※お題は参考書籍の内容を参考にしています著作権は参考書籍にありますCopyright © POStudy (プロダクトオーナ...
ワークショップ#3(1/1)なぜこうなったのでしょうか?どう解決しますか? ある道路当局の悩み道路が渋滞していると、近隣住民や車の利用者から「何とかしろ!」という苦情が殺到します。「渋滞を解消しなくてはならない圧力」が出てくるのです。この...
ワークショップ#3 解説参考書籍に記載の例をご紹介しますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 26
ワークショップ#3 解説(1/2)さまざまな要素のつながり(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 27道路の渋滞自動車保有台数・利用頻度道路の交通量自動車...
ワークショップ#3 解説(2/2)さまざまな介入点(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 28道路の渋滞自動車保有台数・利用頻度道路の交通量自動車利用の相...
振り返り&ディスカッション今日気づいたことをテーブルごとに共有してください各チームでの振り返り結果を、配布したA3用紙に記載してください次回、全チームの振り返り結果をまとめたものをご連絡しますCopyright © POStudy (プロダクト...
まとめ今日お話したことを振り返ってみましょうCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 30
Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日お話したこと(1/1)第24回の復習第24回各チーム振り返り結果ご紹介システム思考とはワークショップ#1ワークショップ#2...
お知らせ皆様にお知らせがありますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 32
~POStudy 主催イベントのご案内(1/2)~Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 33日時 2013年04月07日(日) 09:00~20:00開催場所 株...
~POStudy 主催イベントのご案内(2/2)~[予定]当日のタイムスケジュール(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 34時刻 概要08:50- 受付...
Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 35ご静聴ありがとうございました。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

『「システム思考」に学ぶ真の解決策』第25回 POStudy ~プロダクトオーナーシップ勉強会~

1,099 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

『「システム思考」に学ぶ真の解決策』第25回 POStudy ~プロダクトオーナーシップ勉強会~

  1. 1. 「システム思考」に学ぶ真の解決策2013年03月01日(金)第25回 POStudy@fullvirtue1Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  2. 2. POStudyのご紹介(1/6)POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)とは(1/1) 日本のITサービス業界において「プロダクトマネジメント」という分野が欠落していると言われています。そんな中で、いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮していくかについて、普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを提供していきます。– 【オフライン】» 東京・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を通じて「参加者同士で議論」を行い「情報交換」をすることで互いに有益な場を作っていきます。– 【オンライン】» ワークショップを中心とした動画・静止画コンテンツを配信していきます。2Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  3. 3. POStudyのご紹介(2/6)POStudyの情報を得るには(1/1)3Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.Question Answer / URLツイートする時のハッシュタグは?以下のハッシュタグをお使いください!#postudyイベント情報のメール通知を受け取りたいときは?POStudy用のDoorKeeperへメンバー登録してください!次回以降の告知やお知らせがメールで届きます。http://postudy.doorkeeper.jp/過去の資料を閲覧したり、参加レポートを参照したいときは?以下のPOStudy公式サイトにて公開しています。https://sites.google.com/site/spostudy/Twitterによるお知らせを購読したいときは?POStudyのTwitterアカウントをフォローしてください!https://twitter.com/POStudySmile/POStudyの最新情報が欲しい、or 参加者と議論をしたいときは?POStudyのFacebookグループへご参加ください!https://www.facebook.com/groups/postudy/
  4. 4. POStudyのご紹介(3/6)過去に実施してきたテーマ(1/3)4Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第1回 2011/09/16(金) アジャイルとスクラム 9名第2回 2011/09/30(金) ユーザーストーリーマッピング ~前編~ 18名第3回 2011/10/14(金) ユーザーストーリーマッピング ~後編~ 19名第4回 2011/10/28(金) ユーザーストーリーマッピング ~再演~ 31名第5回 2011/11/11(金) プラグマティック・ペルソナ 26名第6回 2011/11/25(金) プラグマティック・ペルソナ ~再演~ 22名第7回 2012/01/27(金) ストーリーテリング ~概要~ 16名第8回 2012/02/10(金) 体験!The Specification Exerciseで仕様伝達 18名特別回 2012/02/13(月) 体験!マシュマロ・チャレンジでチームビルディング 17名第9回 2012/02/24(金) ストーリーテリング ~ストーリーを生み出す~ 9名第10回 2012/03/09(金) ストーリーテリング ~ストーリーを共有する~ 11名第11回 2012/03/23(金) ストーリーテリング ~ストーリーを作る~ 10名第12回 2012/04/27(金) ストーリーテリング ~よい聞き手になるための学習~ 12名
  5. 5. POStudyのご紹介(4/6)過去に実施してきたテーマ(2/3)5Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者第13回 2012/05/18(金) 体験!Fearless Journeyでパターンによる改善 20名第14回 2012/07/06(金) Business Model Canvas 24名第15回 2012/08/03(金) Business Model Canvas ~再演~ 17名第16回 2012/09/07(金) 「Moving Motivators」に学ぶモチベーション 24名第17回 2012/09/28(金) 「BABOK」に学ぶ要求アナリシス 21名第18回 2012/10/25(木) 「RUNNING LEAN」に学ぶLean Canvas 12名第19回 2012/10/26(金) 「The Wallet Project」に学ぶデザイン思考 18名特別回 2012/11/04(日) POStudy Conference 2012 47名第20回 2012/11/16(金) 「ゲーミフィケーション」に学ぶWebサービスの価値観 23名第21回 2012/11/30(金) 「ゲームビジネスメソッド」に学ぶ購買意思決定理論 7名特別回 2012/12/01(土) POStudy Day 2012 in Okinawa 22名第22回 2012/12/27(木) 「ペーパープロトタイピング」に学ぶユーザー中心設計(UCD) 49名第23回 2013/01/11(金) 「Lean Diagram」に学ぶProblem/Solution Fit 18名
  6. 6. POStudyのご紹介(5/6)過去に実施してきたテーマ(3/3)6Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.実施日 テーマ 参加者特別回 2012/02/15(金) Developers Summit 2013 アンカンファレンス 20名「ゲーミフィケーション」に学ぶWebサービスの価値観第24回 2012/02/19(火) 体験!マシュマロチャレンジでチームビルディング 14名第25回 2013/03/01(金) 「システム思考」に学ぶ真の解決策 -第26回 2013/03/14(木) 体験!The Beer Gameで学ぶシステム思考 -
  7. 7. POStudyのご紹介(6/6)IT勉強会スタンプラリーのご紹介(1/1)7・IT勉強会に参加してスタンプを集める参加無料のイベントです・詳しくは http://it-stamp.jp/© 2012 IT勉強会スタンプラリー運営委員会ロゴ・イラストについて: この作品はピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです。 (イラスト: @Ixy)IT勉強会スタンプラリーのスポンサー各社のロゴの所有権・著作権は、スポンサー各社に帰属します。Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  8. 8. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日のアジェンダ(1/1)第24回の復習第24回各チーム振り返り結果ご紹介システム思考とはワークショップ#1ワークショップ#2ワークショップ#2 解説ワークショップ#3ワークショップ#3 解説振り返り&ディスカッションまとめ8
  9. 9. おことわり(1/1)今回の資料について(1/1) 今回の資料は、以下の資料を参考にしています。私自身のオリジナルはほとんどありませんので、ご了承ください。– なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?» http://www.amazon.co.jp/dp/4492555757/– ビールゲーム» http://www.j-s-d.jp/Beer/index.html– 「変える」メソッドを経営へ Change Agent システム思考とは?» http://change-agent.jp/systemsthinking/Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 9
  10. 10. 第24回の復習いきなり本題に入る前に、前回の復習をしましょう10Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  11. 11. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.第24回の復習(1/1)第24回の復習(1/1) 資料公開先https://sites.google.com/site/spostudy/list/No24_2014021911マシュマロ・チャレンジを2回実施しました
  12. 12. 第24回各チーム振り返り結果ご紹介前回の振り返り結果をご紹介します12Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  13. 13. 第24回各チーム振り返り結果ご紹介(1/3)気づき(1/1)– ファシリテーターが場を和ませることも重要– 自己組織化のためにはゴールの共有が重要– 司会の励まし風な言葉も下手すると無理にがんばる結果となる– みんなで作るのは大変 作業分担が必要かも– 初めてのことは何であれ難しい– チームのまとめ役(管理責任者)の働きが重要であることがわかった– 試して振り返る、繰り返しの重要性を再認識– はげましがプレッシャーになることもある– プロトタイプが大事– チームビルディングはやらないと損をする– アジャイルに限らず使えると思った– 役割分担が結構重要感想(1/2)– ゴールを共有しておくと、指示しなくても自分に何が出来るか勝手に考え出した– 2回目は材料を使い切った(失敗したけど)– 初めて会う人々だから聞けたけど、社内で気をつかえるか不安– 設計したらうまくいかなかった– 思ったより難しかった– 終わったらビール飲みたい– 欲張ると失敗する– 2回目の方が失敗したが、もう1回やったらきっとうまくいくかも?– 2回目の方が考えすぎて失敗したかも?– 今、自分のチームでこれがどう活かせるのか悩みどころ– パスタが簡単に折れる– 振り返り自体も次やるときはもう少しうまくできるかも?13Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  14. 14. 第24回各チーム振り返り結果ご紹介(2/3)感想(2/2)– 1回目は折れてもリカバリできた– マシュマロは意外と重い– 案外行き当たりばったりの方が上手く行く– 欲を出すとダメ– 18分は1回目の方が長く感じた– 計画しない方がよい?– 目的が1つなのがいい– バッファ大事 時間も材料も– 軌道修正の時間を計算に入れるべき– 無茶なチャレンジはダメ– 2回目はやり直しの時間がなかった– 最初の計画を変えたのは良かった– スパゲティを折ってから臆病になった– やっている中で成功のポイントが見えた– 自分と違う実現方法がいろいろあった– ひもはどうやって使うのか?– 2回目は失敗する気がうすうすしていた– 一発勝負は危ない– 失敗するより低い方がいい– 2回目の方がパスタを折る回数は圧倒的に減った– ダイソーで材料が揃う– 1回目と2回目で下から作る、上から作る、の視点変更ができた14Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  15. 15. 第24回各チーム振り返り結果ご紹介(3/3)Problem(1/1)– 役割分担があまりできなかった– もっと話し合う時間が欲しかった– 1回目と2回目の間の振り返りにもう少し時間が欲しいTry(1/1)– 次は90cmを目指す– 会社でワークショップを開く– ファシリテーションを使いたい– 知り合い同士ならうまくいくか?15Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.
  16. 16. システム思考とはシステム思考について簡単に説明しますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 16
  17. 17. システム思考とは(1/1)システム思考とは(1/1) 根本原因を分析するツールではなく、現状を正しく把握するためのツール 組織でも個人でも、システム思考を身につけることで、以下の力を強めることが可能– 全体像を見る力– 問題構造のツボを見抜く力– 効果的な働きかけを考える力– 組織内外で問題認識を共有する力Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 17http://change-agent.jp/systemsthinking/「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」 P19
  18. 18. ワークショップ#1各テーブルごとに、自己紹介を行ってください(チームワークショップ)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 18
  19. 19. ワークショップ#2まずは簡単なお題を使って「システム思考」のウォーミングアップをしましょう(チームワークショップ)※お題は参考書籍の内容を参考にしています著作権は参考書籍にありますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 19
  20. 20. ワークショップ#2(1/1)なぜこうなったのでしょうか?どう解決しますか? ある研究所の悩み この研究所の管理者は、どうすれば、この研究所でもっと革新的な研究が進められるかを考えていました。その結果、研究者同士の学術的なブレーンストーミングの時間を設けることにしました。みんなでアイディアを出し合い、お互いのアイディアを刺激やヒントとして、新しい研究アイディアを創り出していこうというものです。 この「ブレーンストーミング・タイム」は、期待通りの効果を生み出しました。アイディア交換の場を得た研究者たちは、おたがいにどんどんとアイディアを出し合い、それぞれのアイディアから刺激や情報を得て、これまでの自分の研究分野の粋にとらわれない革新的な研究が活発に進められるようになってきました。期待通り、イノベーションを生み出す場となったのです。 ところが、あるときからしだいに、ブレーンストーミングの場で出てくるアイディアが減ってきました。みなそれぞれ研究アイディアを持っていても、ブレーンストーミングの場であまり発表しなくなってきたのです。アイディアや情報交換が低調になると、自分の研究への刺激が減ってきます。すると、以前のように革新的な研究のアイディアや提案が出てこなくなってきます。「おかしいなぁ。途中まではうまくいっていたのに・・・」管理者は頭を抱えました。Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 20「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」 P2~P3
  21. 21. ワークショップ#2 解説参考書籍に記載の例をご紹介しますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 21
  22. 22. ワークショップ#2 解説(1/1)好循環と悪循環(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 22自分が出すアイディアの数自分への刺激他の研究者への刺激他の研究者が出すアイディアの数他の研究者に取られるアイディアの数自分の成果への悪影響他の研究者に聞かれるアイディアの数「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」 P9
  23. 23. 問題を切り分けて分析する方法(1/1)ロジカルだけでは不十分な例(1/1) 「会社の利益を上げる」という課題を分析Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 23「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」 P27利益売上コスト価格数量固定費変動費価格戦略、新製品・付加価値サービス広告宣伝、販売促進、顧客開拓歩留まり、効率化、低賃金、原材料見直し、物流コスト低減自動化、アウトソーシング、リストラアウトソーシングやリストラは、従業員の動機付けやモラルに影響し、歩留まりや効率化に影響を与える価格を上げると数量が下がる
  24. 24. ワークショップ#3続いて、別の簡単なお題を使って「システム思考」のウォーミングアップをしましょう(チームワークショップ)※お題は参考書籍の内容を参考にしています著作権は参考書籍にありますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 24
  25. 25. ワークショップ#3(1/1)なぜこうなったのでしょうか?どう解決しますか? ある道路当局の悩み道路が渋滞していると、近隣住民や車の利用者から「何とかしろ!」という苦情が殺到します。「渋滞を解消しなくてはならない圧力」が出てくるのです。この圧力に対して、道路と迂曲の担当者はなんとか対応をしなくてはなりません。Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 25「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」 P28~P35
  26. 26. ワークショップ#3 解説参考書籍に記載の例をご紹介しますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 26
  27. 27. ワークショップ#3 解説(1/2)さまざまな要素のつながり(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 27道路の渋滞自動車保有台数・利用頻度道路の交通量自動車利用の相対的魅力「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」 P9郊外の住宅開発通勤圏の拡大 圏内の人口増加道路解消の圧力道路の容量道路建設公共交通機関の魅力公共交通機関の利用者数公共交通機関の価格道路建設ループ交通量増大ループ公共交通機関ばなれループ都市圏拡大ループ
  28. 28. ワークショップ#3 解説(2/2)さまざまな介入点(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 28道路の渋滞自動車保有台数・利用頻度道路の交通量自動車利用の相対的魅力「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」 P9郊外の住宅開発通勤圏の拡大 圏内の人口増加道路解消の圧力道路の容量道路建設公共交通機関の魅力公共交通機関の利用者数公共交通機関の価格道路建設ループ交通量増大ループ公共交通機関ばなれループ都市圏拡大ループ道路の障害物高速公共交通システム混雑税
  29. 29. 振り返り&ディスカッション今日気づいたことをテーブルごとに共有してください各チームでの振り返り結果を、配布したA3用紙に記載してください次回、全チームの振り返り結果をまとめたものをご連絡しますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 29
  30. 30. まとめ今日お話したことを振り返ってみましょうCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 30
  31. 31. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved.今日お話したこと(1/1)第24回の復習第24回各チーム振り返り結果ご紹介システム思考とはワークショップ#1ワークショップ#2ワークショップ#2 解説ワークショップ#3ワークショップ#3 解説振り返り&ディスカッションまとめ31
  32. 32. お知らせ皆様にお知らせがありますCopyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 32
  33. 33. ~POStudy 主催イベントのご案内(1/2)~Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 33日時 2013年04月07日(日) 09:00~20:00開催場所 株式会社ミクシィ 7F住所 東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー 7FJR線 渋谷駅より8分詳細・お申込はこちら: http://postudy.doorkeeper.jp/events/2810
  34. 34. ~POStudy 主催イベントのご案内(2/2)~[予定]当日のタイムスケジュール(1/1)Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 34時刻 概要08:50- 受付開始09:00- Arrive, simple breakfast and drink09:30- Opening09:45- 体験!Fearless Journeyでパターンによる改善11:45- ストーリーテリング ~概要~13:30- Lunch Special Talk Event - 課題検証インタビュー14:45- ストーリーテリング ~ストーリーを作る~17:45- ストーリーテリング ~よい聞き手になるための学習~19:15- 振り返り&ディスカッション19:45- クロージング詳細・お申込はこちら: http://postudy.doorkeeper.jp/events/2810
  35. 35. Copyright © POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会). All rights reserved. 35ご静聴ありがとうございました。

×