SlideShare a Scribd company logo
「第7回シリアスゲームジャム」
開催およびゲーミファイ関係者
コミュニティ活動
10:20~11:20
予稿集 10-17p
岸本 好弘(東京工科大学)
古市 昌一,粟飯原 萌(日本大学)
藤原 正仁(専修大学)
小野 憲史(ゲームジャーナリスト),後藤 誠(Game for IT)
1
企画セッション ゲーム教育SIG 活動報告
「ゲーム教育」を研究テーマとして自主的な調査研
究活動を担い,研究成果の発信と共有をはかる研究
グループ.
2
ゲーム教育SIG (Special Interest Group)
の目的
FB いいね!ください
ゲーム教育SIG コアメンバー
岸本好弘(東京工科大学 メディア学部)
古市昌一(日本大学大学院 生産工学研究科)
粟飯原 萌(日本大学大学院 生産工学研究科)
藤原正仁(専修大学 ネットワーク情報学部)
3
■ 2014年度 年次大会
「第2回シリアスゲームジャム」プロジェクトの教育・研究成果とゲーム教
育の未来
■2015年度 年次大会
古いビデオゲームのオーラルヒストリー収集・公開の試み
オランダにおけるシリアスゲーム教育状況
■2016年 夏季研究発表大会
インキュベーションとIPから考える学生のキャリア形成:GDC Education
Summitからの示唆
■2016年度 年次大会
「第5回シリアスゲームジャム ~ みんなのバリアフリー ~ 」開催報告
「第1回シリアス&アプライドゲームサミット」開催報告
■2017年度 年次大会
「第6回シリアスゲームジャム」開催
4
過去のゲーム教育SIGの活動報告
「第7回シリアスゲームジャム」
開催およびゲーミファイ関係者
コミュニティ活動
10:20~11:20
予稿集 10-17p
岸本 好弘(東京工科大学)
古市 昌一,粟飯原 萌(日本大学)
藤原 正仁(専修大学)
小野 憲史(ゲームジャーナリスト),後藤 誠(Game for IT)
5
企画セッション ゲーム教育SIG 活動報告
セッションの流れ
1) ゲーム教育SIGの紹介(岸本) 5分
2) ゲーミファイ関係者コミュニティ「ゲーミファイ・ネット
ワーク」の活動報告(岸本,小野,後藤) 15分
3) 「第7回シリアスゲームジャム ~みんなのバリアフリー(2)
~」の実施報告(粟飯原,古市,岸本,藤原) 20分
※インタラクティブセッション発表もあり
4)会場も含めてディスカッション シリアスゲームとゲーミ
フィケーションの未来 (岸本,古市,粟飯原,藤原,小野,
後藤) 20分
合計60分
6
ゲーミファイ関係者コミュニティ活動報告
予稿集 15-17p
岸本 好弘(遊びと学び研究所),小野 憲史(ゲームジャーナリスト)
後藤 誠(株式会社ゲーム・フォー・イット)
7
1. 背景
2004年以降,日本のシリアスゲーム・アプライドゲーム・ゲーミ
フィケーションの情報発信やコミュニティの場が作られ,成果を上
げている.
・シリアスゲームジャパンSerious Games Japan
・Ludix Lab
・日本教育工学会SIG-05 ゲーム学習・オープンエデュケーション
海外の拠点の事例リストをまとめたサイト
・JSET SIG-05 ナレッジフォーラム
8
2. 本コミュニティの結成
岸本,小野,後藤は,2018年のオランダのシリアスゲーム産
業・研究拠点の視察
→さらなる、日本のシリアスゲーム・アプライドゲーム・ゲー
ミフィケーションのコミュニティが必要(もっと産業寄り)
9
「ゲーミファイ・ネットワーク」(Gamify
Network)
● 結成 2018年8月
● 活動:
・定期的な勉強会の実施(リアル)
・情報交換(SNS)
●目的:
・必要としている人と創れる人を繋げる
・もっと勉強したい人をサポートする
・シリアスゲーム・アプライドゲーム・ ゲーミフィケーション
をもっと社会に広める
・近い将来に,ゲーミファイ・カンファレンスの開催を実現する
10
3. 現在まで活動実績
・結成から6ヶ月
・Facebookグループメンバー数 60名※
・4回の勉強会開催※ 毎回30名前後参加
・SNSでの情報交換 月20トピックス程度
11
4-1. 第1回勉強会(2018年8月)
「オランダ シリアスゲーム 視察報告会」
登壇者: 後藤誠,岸本好弘,小野憲史,古市昌一
内容:
・4名の登壇者が本年訪問した,シリアスゲーム先進国であるオ
ランダのシリアスゲームの会社・団体・大学などで目にした最
新事例を紹介
・後半のビアバッシュ形式での交流会
12
4-2. 第2回勉強会(2018年11月)
「MRとゲーミフィケーションをウリに,大手
企業から仕事を依頼される秘訣」を聞く
登壇者:佐々木 宣彦氏(株式会社ポケット・クエリーズ 代表取締役社長)
内容:
・MRとゲーミフィケーションをウリに,大手企業から仕事を
依頼されるために必要な技術や,先方企業へのゲームの伝え方
などを聞いた
・後半はビアバッシュ形式の交流の場とした
13
4-3. 第3回勉強会(2018年12月)
「バリアフリー」をテーマにしたシリアス
ゲームジャムの最終発表&試遊会に参加する
内容:
・「バリアフリー」をテーマにしたシリアスゲームジャム
の最終発表&試遊会に参加する
• ハードモードとして,シリアスゲームジャムのフル参加す
る
14
4-4. 第4回勉強会(2019年2月)
「ゲームで問題解決を!研修に活用できるオ
リジナルアナログゲームの作り方」
ゲスト:石神康秀氏(ゲーミフィ・ジャパン 枢機卿)
内容:
・最近流行っている?!アナログゲームとは,デジタルゲームとアナ
ログゲームの違い,研修×アナログゲーム,ゲーミフィジャパンの
ゲーム作りの仕組み,弊社作品事例における「メッセージ」と活用事
例
• 後半はビアバッシュ形式の交流会
15
4-3.勉強会の工夫
• 参加者に便利なように平日夜,都心での開催
• 前半1時間をゲスト講演,後半1時間をビアバッシュ形式の
交流会
→参加者がゲストに気軽に質問できる時間,参加者同士が交
流できる時間を長めに確保
• 学生参加無料,将来のゲーミファイの人材の育成のため
• 馴染みやすく感じてもらうためのイラストポスターを制作
16
5. 今後の展望
• 「勉強会の実施」「会員限定SNSでのニュース紹介・情報
交換」の継続
• オープンな場へのシリアスゲーム・アプライドゲーム・
ゲーミフィケーション関係ニュースの定期的な発信
• 年内にゲーミファイ・カンファレンスの開催
→最終ゴール「ゲーミファイ大国・日本」と呼ばれる様な未
来の実現
17
ゲーミファイ関係者コミュニティ活動報告
予稿集 15-17p
岸本 好弘(遊びと学び研究所),小野 憲史(ゲームジャーナリスト)
後藤 誠(株式会社ゲーム・フォー・イット)
18
ディスカッション
・必要としている人と創れる人を繋げる
→「ネットワークで繋がった仲間での、プロジェクト成果物」を
実現するための方策は?
セッションの流れ
1) ゲーム教育SIGの紹介(岸本) 5分
2) ゲーミファイ関係者コミュニティ「ゲーミファイ・ネットワーク」の活動
報告(岸本,小野,後藤) 15分
以下別スライドへ
3) 「第7回シリアスゲームジャム ~みんなのバリアフリー(2)
~」の実施報告(粟飯原,古市,岸本,藤原) 20分
※インタラクティブセッション発表もあり
4)会場も含めてディスカッション シリアスゲームとゲーミ
フィケーションの未来 (古市,岸本,粟飯原,藤原,小野,
後藤) 20分
合計60分20
ご参加ありがとうございました
日本デジタルゲーム学会 ゲーム教育sig
21
QRコード
FB いいね!ください

More Related Content

What's hot

ソーシャルメディア活用術20111218
ソーシャルメディア活用術20111218ソーシャルメディア活用術20111218
ソーシャルメディア活用術20111218
義広 河野
 
高大連携授業20140730
高大連携授業20140730高大連携授業20140730
高大連携授業20140730
義広 河野
 
教員免許状更新講習20140807
教員免許状更新講習20140807教員免許状更新講習20140807
教員免許状更新講習20140807
義広 河野
 
第1回ソーシャルメディア講義20111129
第1回ソーシャルメディア講義20111129第1回ソーシャルメディア講義20111129
第1回ソーシャルメディア講義20111129
義広 河野
 
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(前編)
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(前編)ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(前編)
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(前編)
義広 河野
 
教員免許状更新講習20150730
教員免許状更新講習20150730教員免許状更新講習20150730
教員免許状更新講習20150730
義広 河野
 
アカデミックブートキャンプ20120906
アカデミックブートキャンプ20120906アカデミックブートキャンプ20120906
アカデミックブートキャンプ20120906
義広 河野
 
国際学術出版のプロセス――CFPから出版まで The Process of International Academic Publishing: From...
国際学術出版のプロセス――CFPから出版まで The Process of International Academic Publishing: From...国際学術出版のプロセス――CFPから出版まで The Process of International Academic Publishing: From...
国際学術出版のプロセス――CFPから出版まで The Process of International Academic Publishing: From...
Nobushige Kobayashi (Hichibe)
 
第5回SNS講座20111213
第5回SNS講座20111213第5回SNS講座20111213
第5回SNS講座20111213
義広 河野
 
Facebookグループ活用講座
Facebookグループ活用講座Facebookグループ活用講座
Facebookグループ活用講座
Takeo Noda
 
東京情報大学キャンパス体験会20130921
東京情報大学キャンパス体験会20130921東京情報大学キャンパス体験会20130921
東京情報大学キャンパス体験会20130921
義広 河野
 
河野ゼミ紹介20201118
河野ゼミ紹介20201118河野ゼミ紹介20201118
河野ゼミ紹介20201118
義広 河野
 
河野ゼミ研究紹介20211020
河野ゼミ研究紹介20211020河野ゼミ研究紹介20211020
河野ゼミ研究紹介20211020
義広 河野
 
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
義広 河野
 
僕が勉強会でやりたいこと
僕が勉強会でやりたいこと僕が勉強会でやりたいこと
僕が勉強会でやりたいこと
rip jyr
 
Twitter入門編20110724
Twitter入門編20110724Twitter入門編20110724
Twitter入門編20110724
義広 河野
 
高大連携授業20150728
高大連携授業20150728高大連携授業20150728
高大連携授業20150728
義広 河野
 
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
義広 河野
 

What's hot (18)

ソーシャルメディア活用術20111218
ソーシャルメディア活用術20111218ソーシャルメディア活用術20111218
ソーシャルメディア活用術20111218
 
高大連携授業20140730
高大連携授業20140730高大連携授業20140730
高大連携授業20140730
 
教員免許状更新講習20140807
教員免許状更新講習20140807教員免許状更新講習20140807
教員免許状更新講習20140807
 
第1回ソーシャルメディア講義20111129
第1回ソーシャルメディア講義20111129第1回ソーシャルメディア講義20111129
第1回ソーシャルメディア講義20111129
 
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(前編)
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(前編)ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(前編)
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(前編)
 
教員免許状更新講習20150730
教員免許状更新講習20150730教員免許状更新講習20150730
教員免許状更新講習20150730
 
アカデミックブートキャンプ20120906
アカデミックブートキャンプ20120906アカデミックブートキャンプ20120906
アカデミックブートキャンプ20120906
 
国際学術出版のプロセス――CFPから出版まで The Process of International Academic Publishing: From...
国際学術出版のプロセス――CFPから出版まで The Process of International Academic Publishing: From...国際学術出版のプロセス――CFPから出版まで The Process of International Academic Publishing: From...
国際学術出版のプロセス――CFPから出版まで The Process of International Academic Publishing: From...
 
第5回SNS講座20111213
第5回SNS講座20111213第5回SNS講座20111213
第5回SNS講座20111213
 
Facebookグループ活用講座
Facebookグループ活用講座Facebookグループ活用講座
Facebookグループ活用講座
 
東京情報大学キャンパス体験会20130921
東京情報大学キャンパス体験会20130921東京情報大学キャンパス体験会20130921
東京情報大学キャンパス体験会20130921
 
河野ゼミ紹介20201118
河野ゼミ紹介20201118河野ゼミ紹介20201118
河野ゼミ紹介20201118
 
河野ゼミ研究紹介20211020
河野ゼミ研究紹介20211020河野ゼミ研究紹介20211020
河野ゼミ研究紹介20211020
 
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
 
僕が勉強会でやりたいこと
僕が勉強会でやりたいこと僕が勉強会でやりたいこと
僕が勉強会でやりたいこと
 
Twitter入門編20110724
Twitter入門編20110724Twitter入門編20110724
Twitter入門編20110724
 
高大連携授業20150728
高大連携授業20150728高大連携授業20150728
高大連携授業20150728
 
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
 

Similar to 日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)第9回年次大会

企画セッションPpt 160806終了
企画セッションPpt 160806終了企画セッションPpt 160806終了
企画セッションPpt 160806終了
Yoshihiro Kishimoto
 
自主制作による生計維持と自己実現の条件――日本の同人・インディーゲーム制作者への質的調査から
自主制作による生計維持と自己実現の条件――日本の同人・インディーゲーム制作者への質的調査から自主制作による生計維持と自己実現の条件――日本の同人・インディーゲーム制作者への質的調査から
自主制作による生計維持と自己実現の条件――日本の同人・インディーゲーム制作者への質的調査から
Nobushige Kobayashi (Hichibe)
 
110122 sig indie8趣旨説明・ディスカッション
110122 sig indie8趣旨説明・ディスカッション110122 sig indie8趣旨説明・ディスカッション
110122 sig indie8趣旨説明・ディスカッション
IGDA Japan
 
日本のゲーム開発,海外のゲーム開発
日本のゲーム開発,海外のゲーム開発日本のゲーム開発,海外のゲーム開発
日本のゲーム開発,海外のゲーム開発
syamane
 
なぜIT企業はエスノグラファーを雇ったのか?
なぜIT企業はエスノグラファーを雇ったのか?なぜIT企業はエスノグラファーを雇ったのか?
なぜIT企業はエスノグラファーを雇ったのか?
Kohei Sugiyama
 
180728_東北学院大学_オープンキャンパス_ゲームの社会学 (Tohoku Gakuin University_Open Campus_Sociolo...
180728_東北学院大学_オープンキャンパス_ゲームの社会学 (Tohoku Gakuin University_Open Campus_Sociolo...180728_東北学院大学_オープンキャンパス_ゲームの社会学 (Tohoku Gakuin University_Open Campus_Sociolo...
180728_東北学院大学_オープンキャンパス_ゲームの社会学 (Tohoku Gakuin University_Open Campus_Sociolo...
Nobushige Kobayashi (Hichibe)
 
日本・英国・中国のデジタルゲーム 文化の特徴――国際比較調査の結果から (Characteristics of Digital Game Culture ...
日本・英国・中国のデジタルゲーム文化の特徴――国際比較調査の結果から (Characteristics of Digital Game Culture ...日本・英国・中国のデジタルゲーム文化の特徴――国際比較調査の結果から (Characteristics of Digital Game Culture ...
日本・英国・中国のデジタルゲーム 文化の特徴――国際比較調査の結果から (Characteristics of Digital Game Culture ...
Nobushige Kobayashi (Hichibe)
 
持続的な小規模ゲーム開発の可能性――同人・インディーズゲーム制作の質的データ分析
持続的な小規模ゲーム開発の可能性――同人・インディーズゲーム制作の質的データ分析持続的な小規模ゲーム開発の可能性――同人・インディーズゲーム制作の質的データ分析
持続的な小規模ゲーム開発の可能性――同人・インディーズゲーム制作の質的データ分析
Nobushige Kobayashi (Hichibe)
 
SIG4ng2019
SIG4ng2019SIG4ng2019
SIG4ng2019
IGDA JAPAN
 
『人工知能のための哲学塾』刊行記念イベント〜「人工知能×ビジネス」〜
『人工知能のための哲学塾』刊行記念イベント〜「人工知能×ビジネス」〜『人工知能のための哲学塾』刊行記念イベント〜「人工知能×ビジネス」〜
『人工知能のための哲学塾』刊行記念イベント〜「人工知能×ビジネス」〜
Youichiro Miyake
 
ゲーム研究における海外連携とその課題
ゲーム研究における海外連携とその課題ゲーム研究における海外連携とその課題
ゲーム研究における海外連携とその課題
Nobushige Kobayashi (Hichibe)
 
ゲームAIとマルチエージェント(上)
ゲームAIとマルチエージェント(上)ゲームAIとマルチエージェント(上)
ゲームAIとマルチエージェント(上)
Youichiro Miyake
 
三宅 陽一郎 プロフィール(2017_11_11 作成)
三宅 陽一郎 プロフィール(2017_11_11 作成)三宅 陽一郎 プロフィール(2017_11_11 作成)
三宅 陽一郎 プロフィール(2017_11_11 作成)
Youichiro Miyake
 
Digraj ppt 130831koukai
Digraj ppt 130831koukaiDigraj ppt 130831koukai
Digraj ppt 130831koukai
Yoshihiro Kishimoto
 
Replaying Japan Keynote 2021
Replaying Japan Keynote 2021 Replaying Japan Keynote 2021
Replaying Japan Keynote 2021
Youichiro Miyake
 
About IGDA Japan 0906
About IGDA Japan 0906About IGDA Japan 0906
About IGDA Japan 0906
IGDA Japan
 
ゲーム学習分野の研究動向と今後の研究課題 / A Survey on the Status of Game-­‐Based Learning Research
ゲーム学習分野の研究動向と今後の研究課題 / A Survey on the Status of Game-­‐Based Learning Researchゲーム学習分野の研究動向と今後の研究課題 / A Survey on the Status of Game-­‐Based Learning Research
ゲーム学習分野の研究動向と今後の研究課題 / A Survey on the Status of Game-­‐Based Learning Research
Toru Fujimoto
 
120915 sig indie9
120915 sig indie9120915 sig indie9
120915 sig indie9
IGDA Japan
 
ゲーム開発に必要なゲームアーカイブ(日本語版)
ゲーム開発に必要なゲームアーカイブ(日本語版)ゲーム開発に必要なゲームアーカイブ(日本語版)
ゲーム開発に必要なゲームアーカイブ(日本語版)
Youichiro Miyake
 
日本のゲーム研究の集積所 (GameCommunitySummit2014)
日本のゲーム研究の集積所 (GameCommunitySummit2014)日本のゲーム研究の集積所 (GameCommunitySummit2014)
日本のゲーム研究の集積所 (GameCommunitySummit2014)
DiGRA_JAPAN
 

Similar to 日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)第9回年次大会 (20)

企画セッションPpt 160806終了
企画セッションPpt 160806終了企画セッションPpt 160806終了
企画セッションPpt 160806終了
 
自主制作による生計維持と自己実現の条件――日本の同人・インディーゲーム制作者への質的調査から
自主制作による生計維持と自己実現の条件――日本の同人・インディーゲーム制作者への質的調査から自主制作による生計維持と自己実現の条件――日本の同人・インディーゲーム制作者への質的調査から
自主制作による生計維持と自己実現の条件――日本の同人・インディーゲーム制作者への質的調査から
 
110122 sig indie8趣旨説明・ディスカッション
110122 sig indie8趣旨説明・ディスカッション110122 sig indie8趣旨説明・ディスカッション
110122 sig indie8趣旨説明・ディスカッション
 
日本のゲーム開発,海外のゲーム開発
日本のゲーム開発,海外のゲーム開発日本のゲーム開発,海外のゲーム開発
日本のゲーム開発,海外のゲーム開発
 
なぜIT企業はエスノグラファーを雇ったのか?
なぜIT企業はエスノグラファーを雇ったのか?なぜIT企業はエスノグラファーを雇ったのか?
なぜIT企業はエスノグラファーを雇ったのか?
 
180728_東北学院大学_オープンキャンパス_ゲームの社会学 (Tohoku Gakuin University_Open Campus_Sociolo...
180728_東北学院大学_オープンキャンパス_ゲームの社会学 (Tohoku Gakuin University_Open Campus_Sociolo...180728_東北学院大学_オープンキャンパス_ゲームの社会学 (Tohoku Gakuin University_Open Campus_Sociolo...
180728_東北学院大学_オープンキャンパス_ゲームの社会学 (Tohoku Gakuin University_Open Campus_Sociolo...
 
日本・英国・中国のデジタルゲーム 文化の特徴――国際比較調査の結果から (Characteristics of Digital Game Culture ...
日本・英国・中国のデジタルゲーム文化の特徴――国際比較調査の結果から (Characteristics of Digital Game Culture ...日本・英国・中国のデジタルゲーム文化の特徴――国際比較調査の結果から (Characteristics of Digital Game Culture ...
日本・英国・中国のデジタルゲーム 文化の特徴――国際比較調査の結果から (Characteristics of Digital Game Culture ...
 
持続的な小規模ゲーム開発の可能性――同人・インディーズゲーム制作の質的データ分析
持続的な小規模ゲーム開発の可能性――同人・インディーズゲーム制作の質的データ分析持続的な小規模ゲーム開発の可能性――同人・インディーズゲーム制作の質的データ分析
持続的な小規模ゲーム開発の可能性――同人・インディーズゲーム制作の質的データ分析
 
SIG4ng2019
SIG4ng2019SIG4ng2019
SIG4ng2019
 
『人工知能のための哲学塾』刊行記念イベント〜「人工知能×ビジネス」〜
『人工知能のための哲学塾』刊行記念イベント〜「人工知能×ビジネス」〜『人工知能のための哲学塾』刊行記念イベント〜「人工知能×ビジネス」〜
『人工知能のための哲学塾』刊行記念イベント〜「人工知能×ビジネス」〜
 
ゲーム研究における海外連携とその課題
ゲーム研究における海外連携とその課題ゲーム研究における海外連携とその課題
ゲーム研究における海外連携とその課題
 
ゲームAIとマルチエージェント(上)
ゲームAIとマルチエージェント(上)ゲームAIとマルチエージェント(上)
ゲームAIとマルチエージェント(上)
 
三宅 陽一郎 プロフィール(2017_11_11 作成)
三宅 陽一郎 プロフィール(2017_11_11 作成)三宅 陽一郎 プロフィール(2017_11_11 作成)
三宅 陽一郎 プロフィール(2017_11_11 作成)
 
Digraj ppt 130831koukai
Digraj ppt 130831koukaiDigraj ppt 130831koukai
Digraj ppt 130831koukai
 
Replaying Japan Keynote 2021
Replaying Japan Keynote 2021 Replaying Japan Keynote 2021
Replaying Japan Keynote 2021
 
About IGDA Japan 0906
About IGDA Japan 0906About IGDA Japan 0906
About IGDA Japan 0906
 
ゲーム学習分野の研究動向と今後の研究課題 / A Survey on the Status of Game-­‐Based Learning Research
ゲーム学習分野の研究動向と今後の研究課題 / A Survey on the Status of Game-­‐Based Learning Researchゲーム学習分野の研究動向と今後の研究課題 / A Survey on the Status of Game-­‐Based Learning Research
ゲーム学習分野の研究動向と今後の研究課題 / A Survey on the Status of Game-­‐Based Learning Research
 
120915 sig indie9
120915 sig indie9120915 sig indie9
120915 sig indie9
 
ゲーム開発に必要なゲームアーカイブ(日本語版)
ゲーム開発に必要なゲームアーカイブ(日本語版)ゲーム開発に必要なゲームアーカイブ(日本語版)
ゲーム開発に必要なゲームアーカイブ(日本語版)
 
日本のゲーム研究の集積所 (GameCommunitySummit2014)
日本のゲーム研究の集積所 (GameCommunitySummit2014)日本のゲーム研究の集積所 (GameCommunitySummit2014)
日本のゲーム研究の集積所 (GameCommunitySummit2014)
 

More from Yoshihiro Kishimoto

ゲーミフィケーション デザインの考え方と J ゲーミフィケーションの現状 ~なぜゲーム大国日本は、現実にゲーム要素をもっと取り入れないのか?
ゲーミフィケーション デザインの考え方と  J ゲーミフィケーションの現状 ~なぜゲーム大国日本は、現実にゲーム要素をもっと取り入れないのか?ゲーミフィケーション デザインの考え方と  J ゲーミフィケーションの現状 ~なぜゲーム大国日本は、現実にゲーム要素をもっと取り入れないのか?
ゲーミフィケーション デザインの考え方と J ゲーミフィケーションの現状 ~なぜゲーム大国日本は、現実にゲーム要素をもっと取り入れないのか?
Yoshihiro Kishimoto
 
削除! ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用(2)
削除! ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用(2)削除! ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用(2)
削除! ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用(2)
Yoshihiro Kishimoto
 
Paper GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTW...
Paper GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTW...Paper GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTW...
Paper GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTW...
Yoshihiro Kishimoto
 
FF GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE...
FF GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE...FF GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE...
FF GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE...
Yoshihiro Kishimoto
 
GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE PR...
GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE PR...GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE PR...
GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE PR...
Yoshihiro Kishimoto
 
“ゲームの力”で 教育・社会を変える試み
“ゲームの力”で教育・社会を変える試み“ゲームの力”で教育・社会を変える試み
“ゲームの力”で 教育・社会を変える試み
Yoshihiro Kishimoto
 
夢中にさせる授業「ゲーミフィケーション×授業」2016最新事例
夢中にさせる授業「ゲーミフィケーション×授業」2016最新事例夢中にさせる授業「ゲーミフィケーション×授業」2016最新事例
夢中にさせる授業「ゲーミフィケーション×授業」2016最新事例
Yoshihiro Kishimoto
 
Di gra夏ppt 160807終了
Di gra夏ppt 160807終了Di gra夏ppt 160807終了
Di gra夏ppt 160807終了
Yoshihiro Kishimoto
 
エコからサステイナブル社会へ
エコからサステイナブル社会へエコからサステイナブル社会へ
エコからサステイナブル社会へ
Yoshihiro Kishimoto
 
Di gra2015夏 日本の80年代ゲーム_公開版
Di gra2015夏 日本の80年代ゲーム_公開版Di gra2015夏 日本の80年代ゲーム_公開版
Di gra2015夏 日本の80年代ゲーム_公開版
Yoshihiro Kishimoto
 
Cedec2015発表 global math公開版
Cedec2015発表 global math公開版Cedec2015発表 global math公開版
Cedec2015発表 global math公開版
Yoshihiro Kishimoto
 
Ggc2015 japanesegames150526final
Ggc2015 japanesegames150526finalGgc2015 japanesegames150526final
Ggc2015 japanesegames150526final
Yoshihiro Kishimoto
 
数学的思考力ゲーム制作を通した低学年生の開発力向上の事例
数学的思考力ゲーム制作を通した低学年生の開発力向上の事例数学的思考力ゲーム制作を通した低学年生の開発力向上の事例
数学的思考力ゲーム制作を通した低学年生の開発力向上の事例
Yoshihiro Kishimoto
 
Digraj ppt 130304koukai
Digraj ppt 130304koukaiDigraj ppt 130304koukai
Digraj ppt 130304koukai
Yoshihiro Kishimoto
 
E l aforumppt14112koukai
E l aforumppt14112koukaiE l aforumppt14112koukai
E l aforumppt14112koukai
Yoshihiro Kishimoto
 
Seriousgamejam ppt140822koukai
Seriousgamejam ppt140822koukaiSeriousgamejam ppt140822koukai
Seriousgamejam ppt140822koukai
Yoshihiro Kishimoto
 

More from Yoshihiro Kishimoto (18)

ゲーミフィケーション デザインの考え方と J ゲーミフィケーションの現状 ~なぜゲーム大国日本は、現実にゲーム要素をもっと取り入れないのか?
ゲーミフィケーション デザインの考え方と  J ゲーミフィケーションの現状 ~なぜゲーム大国日本は、現実にゲーム要素をもっと取り入れないのか?ゲーミフィケーション デザインの考え方と  J ゲーミフィケーションの現状 ~なぜゲーム大国日本は、現実にゲーム要素をもっと取り入れないのか?
ゲーミフィケーション デザインの考え方と J ゲーミフィケーションの現状 ~なぜゲーム大国日本は、現実にゲーム要素をもっと取り入れないのか?
 
削除! ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用(2)
削除! ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用(2)削除! ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用(2)
削除! ナムコ開発資料のアーカイビングとその活用(2)
 
Paper GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTW...
Paper GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTW...Paper GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTW...
Paper GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTW...
 
FF GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE...
FF GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE...FF GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE...
FF GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE...
 
GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE PR...
GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE PR...GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE PR...
GAME DESIGN WORKSHOPS FOR CHILDREN USING AN EXPERIMENTAL LEARNING SOFTWARE PR...
 
“ゲームの力”で 教育・社会を変える試み
“ゲームの力”で教育・社会を変える試み“ゲームの力”で教育・社会を変える試み
“ゲームの力”で 教育・社会を変える試み
 
夢中にさせる授業「ゲーミフィケーション×授業」2016最新事例
夢中にさせる授業「ゲーミフィケーション×授業」2016最新事例夢中にさせる授業「ゲーミフィケーション×授業」2016最新事例
夢中にさせる授業「ゲーミフィケーション×授業」2016最新事例
 
Di gra夏ppt 160807終了
Di gra夏ppt 160807終了Di gra夏ppt 160807終了
Di gra夏ppt 160807終了
 
エコからサステイナブル社会へ
エコからサステイナブル社会へエコからサステイナブル社会へ
エコからサステイナブル社会へ
 
Di gra2015夏 日本の80年代ゲーム_公開版
Di gra2015夏 日本の80年代ゲーム_公開版Di gra2015夏 日本の80年代ゲーム_公開版
Di gra2015夏 日本の80年代ゲーム_公開版
 
Cedec2015発表 global math公開版
Cedec2015発表 global math公開版Cedec2015発表 global math公開版
Cedec2015発表 global math公開版
 
Ggc2015 japanesegames150526final
Ggc2015 japanesegames150526finalGgc2015 japanesegames150526final
Ggc2015 japanesegames150526final
 
数学的思考力ゲーム制作を通した低学年生の開発力向上の事例
数学的思考力ゲーム制作を通した低学年生の開発力向上の事例数学的思考力ゲーム制作を通した低学年生の開発力向上の事例
数学的思考力ゲーム制作を通した低学年生の開発力向上の事例
 
Digraj ppt 130304koukai
Digraj ppt 130304koukaiDigraj ppt 130304koukai
Digraj ppt 130304koukai
 
E l aforumppt14112koukai
E l aforumppt14112koukaiE l aforumppt14112koukai
E l aforumppt14112koukai
 
Powerofgame140902koukai
Powerofgame140902koukaiPowerofgame140902koukai
Powerofgame140902koukai
 
Seriousgamejam ppt140822koukai
Seriousgamejam ppt140822koukaiSeriousgamejam ppt140822koukai
Seriousgamejam ppt140822koukai
 
Digraj2013 140310
Digraj2013 140310Digraj2013 140310
Digraj2013 140310
 

日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)第9回年次大会