Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2017年度 河野ゼミ
スタートアップ
2017年1月18日(水)
総合情報学科システム開発コース
助教 河野義広
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
メニュー
 プロジェクト研究
 サイバーセキュリティ対策技術研究プロジェクト
 地域活性化のためのWebシステム
...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
プロジェクト研究
1. サイバーセキュリティ対策技術研究プロジェクト
 目的:サイバー攻撃に対する人材育成と技術開発
...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
プロジェクト研究の進め方
 今後の進め方
 プロジェクト研究を選択する
 1~3のうち、最大で2つまで
 ただし...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
ゼミで使うITツール
 Facebook:公式な連絡手段
 ゼミの連絡、卒論指導、イベント周知
 Dropbox:...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
河野ゼミ希望調査アンケート
 以下のアンケートに回答する
 期限:2017年1月末まで
6
https://goo....
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料

837 views

Published on

2017年度の河野ゼミに配属予定の学生に対するアナウンスです。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料

  1. 1. 2017年度 河野ゼミ スタートアップ 2017年1月18日(水) 総合情報学科システム開発コース 助教 河野義広
  2. 2. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES メニュー  プロジェクト研究  サイバーセキュリティ対策技術研究プロジェクト  地域活性化のためのWebシステム  なりたい自分でつながるソーシャルメディア開発  プロジェクト研究の進め方  ゼミで使うITツール  情報共有、日々の連絡  レポート、ソースコードの共有 2
  3. 3. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES プロジェクト研究 1. サイバーセキュリティ対策技術研究プロジェクト  目的:サイバー攻撃に対する人材育成と技術開発  方法:マルウェア検知・解析、仮想化分散システム 2. 地域活性化Webシステム  目的:ITを活用した地域活性化とまちづくり  方法:地域と情報大のヒト・モノ・コトを記憶するWeb 3. なりたい自分でつながるソーシャルメディア開発  目的:学生が主体的に行動し自己実現を果たすこと  方法:『7つの習慣』に基づく自己実現支援システムの開発 3
  4. 4. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES プロジェクト研究の進め方  今後の進め方  プロジェクト研究を選択する  1~3のうち、最大で2つまで  ただし、1を選択したらそれのみを担当  本決めは6月頃でもよい  ゼミ活動の準備(2月頃~)  社会人基礎力養成プログラム(2/15, 16)  Linux勉強会(2/17)  千葉市での地域活動(2/25 花見川、3/4, 5 稲毛)  Webシステムプログラミング:チームで開発する  連絡手段を整備する  ゼミで使うITツールの登録・練習 4
  5. 5. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミで使うITツール  Facebook:公式な連絡手段  ゼミの連絡、卒論指導、イベント周知  Dropbox:ファイル共有  卒論ファイル、プレゼン資料、開発関連メモ  GitHub:ソースコードのバージョン管理  システムのソースコード共有、変更履歴の確認  Slack:チャットツール  プロジェクト毎のチャット用  Gmail:各種アカウントのID  上記各サービスの登録用アカウント 5
  6. 6. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 河野ゼミ希望調査アンケート  以下のアンケートに回答する  期限:2017年1月末まで 6 https://goo.gl/a0ERV8

×