Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

140921_JSET30_口頭発表

1,445 views

Published on

医学部1年生に行っている「インストラクショナル・デザイン入門」授業の実践に関する報告

Published in: Education
  • Be the first to comment

140921_JSET30_口頭発表

  1. 1. 医学部 1 年生を対象とした インストラクショナル デザインの授業実践 淺田義和 自治医科大学 / 熊本大学大学院 JSET 30 @ 岐阜大学 Sep. 19 - 21, 2014
  2. 2. 発表の概要 • 医学部の学生(1年生)に対してインストラクショナル・ デザイン(ID)入門の授業を実践した報告 • 2年目の授業実践内容の紹介 • アンケートおよび試験結果の紹介 • 受講者は小人数ではあるが、満足度は高く、 提示した学習目標についても全員が達成 • その後の行動変容について、追調査の必要性 • moodleや動画講義を主体とした、 オンライン形式への変更の可能性
  3. 3. 背景 • 医学部生(将来の医師)に対するIDの必要性 • 患者や家族への説明、後輩の育成(教育者) → 教えるための方法論としてIDを利用 • 新しい知識を学び続ける(学習者) → 学習意欲(ARCSモデル)など、   学習者としてもIDは活用可能 • 医学教育(特にシミュレーション)でIDが活用 → IDに触れ、学習時の違和感を減らせるか?
  4. 4. 方法 • 2013年より、医学部1年生1学期(4~7月)の 選択授業として「インストラクショナル・デザイン 入門」を開講 • 授業は1回70分、全10回。人数は最大20人 • 2013年は14人、2014年は7人 • 毎回の授業において、出席代わりの感想シートを 提出、次回の授業開始時に内容を紹介 • 授業実践に際して、moodleを併用
  5. 5. 扱ったテーマ(2014) • IDの基本:教育目標・評価方法・学習内容の整合性 • ケラーのARCSモデル • ガニェによる学習成果の5分類 • ガニェの9教授事象 • 医療分野での事例(医学教育、シミュレーション)
  6. 6. 各回の授業構成 1. 導入 • (初回)簡易ガイダンスと自己紹介 • (以降)前回の質問の一部を紹介・回答 2. 授業のメインパート • スライドや配付資料を用いた講義 • 自由発言でのディスカッション • ワークシートを用いた演習(個別課題) 3. まとめ • 感想・振り返りシートの作成 • moodleでの学習課題
  7. 7. moodleの画面
  8. 8. 最終課題 • 昨年:自分の受けた講義に関する、ID的な分析 • 今年:自分の得意なテーマについて、90分程度で 簡単な講習をするにあたっての計画書作成 (テンプレートは提示) • 目標、評価、内容(含 ARCS)
  9. 9. 振り返りシート • 2013年度:今日の感想(A4用紙の1/3程度) • 2014年度(A4用紙1枚) • 今日の満足度(7段階) • 今日の理解度(7段階) • 今日学んだことを自分の言葉でまとめる • 今日の内容に関する質問・疑問 • その他、感想、講師に対する要望など
  10. 10. 振り返りシートの結果
  11. 11. アンケート(兼テスト) • 最終回の終了時、振り返りシートの代わりに利用 • アンケートとテスト(クイズ)を混ぜた形式 • 例:ARCS • ARCSの視点で授業を評価(アンケート) • 「この視点はA,R,C,Sのどれか?」(クイズ)
  12. 12. アンケート結果 • A:6.6 ± 0.5 • R:6.0 ± 0.8 • C:5.6 ± 1.4 • S:6.3 ± 0.8 Attention 0 1 2 3 4 5 6 7 Q1 Q2 Q3 Q4 Relevance 0 1 2 3 4 5 6 7 Q1 Q2 Q3 Q4 Confidence 0 1 2 3 4 5 6 7 Q1 Q2 Q3 Q4 Satisfaction 0 1 2 3 4 5 6 7 Q1 Q2 Q3 Q4
  13. 13. テスト(クイズ)結果 Relevance Q1 Q2 Q3 Q4 0 1 2 3 4 5 6 7 Attention Satisfaction Q1 Q2 Q3 Q4 0 1 2 3 4 5 6 7 Q1 Q2 Q3 Q4 0 1 2 3 4 5 6 7 Confidence Q1 Q2 Q3 Q4 0 1 2 3 4 5 6 7
  14. 14. 考察 • カークパトリックの4段階評価 • 授業の満足度は高め → レベル1は達成 ※自身・満足度は改善の余地あり • テストの成績は要改善(1/4は正答率半分以下) レポートは十分かけている → 言語情報の学習が不十分? 問題が悪い? ※授業中も資料を見ながらディスカッション • 「スタディスキル」的な部分をどうするか • ノートの取り方、etc.
  15. 15. 今後の運用 • 後期に課外セミナーの開講希望 (10時間1単位、正規の時間外で実施) → 学年が違うため、揃うのは困難 → 完全オンライン形式での運用テスト • 行動変容の調査 • 期間をあけてのアンケート • 他の授業などでの有用性を確認 • 学内FDへの取り入れ • 看護学部でのmoodle FDで、IDを紹介。医学部でも?
  16. 16. まとめ • 医学部の学生(1年生)に対してID入門の授業を実践 • 2年間の授業実践内容の紹介 • アンケートおよび試験結果の紹介 • 小人数ではあるが、満足度は高く、 提示した学習目標についても全員が達成 • その後の行動変容について、追調査の必要性 • moodleや動画講義を主体とした、 オンライン形式への変更の可能性

×