Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

150723 医学教育学会 プレコングレス_slideshare用

535 views

Published on

第47回日本医学教育学会大会
プレコングレス スライド(初版)

Published in: Education
  • Be the first to comment

150723 医学教育学会 プレコングレス_slideshare用

  1. 1. 自治医科大学メディカル
 シミュレーションセンター(JMSC)に おける管理・運営方法と今後の課題 淺田義和(自治医科大学) 第47回 日本医学教育学会大会 プレコングレス Jul. 23, 2015 発表に際し、開示すべきCOIはありません。
  2. 2. Take Home Message:
 「人」と「業務分担」が重要 • 医療の専門職
  教育内容の専門家がいないと教材が作れない。
  有効な教育実践には必要不可欠。 • シミュレーション教育の専門家
  教育手法の実践研究はまだまだ改善の余地あり。
  教育の質を高め、より効果的・効率的に行う。 • 管理運営の専属職員
  予約管理、物品管理は「常勤」でないと厳しい。
  いない間に配置が変わると確認だけでも一苦労。
  3. 3. 発表概要 (各2分) 現状 今後の課題(H27 - 28) スタッフ 準備・片付け・
 器材メンテナンス シミュレータ操作・
 教育内容の設計改善サポート 予約管理 紙ベースで実施 Web上での予約管理システム 機材管理 QRコードにて位置情報と
 貸し出し状況を管理 コースカタログと関連づけた
 準備・設置マニュアル作成 Webサイト 利用状況の更新のみ 予約管理、教育情報提示、
 eラーニング教材の提供 自主開催講習 救急医学会 ICLS/BLS のみ
 (大半が持ち込みのコース) 利用者講習、教育者講習、
 AHAコース 運営規約 なし 利用者条件、予約優先順位、
 利用可能時間などの明記 教育実践論文 国内のみ
 (口頭発表は海外でも実施) 英文投稿
  4. 4. 運営スタッフ • JMSCのスタッフ • 教員4名
  センター長(Non MD)、助教(淺田)、
  准教授・講師1名ずつ(MD) • 事務2名+アルバイト1名  (+1名)
  嘱託職員(スケジュール管理、器材管理)
  臨時職員(受付、事務経理等:Max 3年)
  ※eラーニング担当の事務職員も座席あり • シミュレータの操作やプログラミング、
 シミュレーション教育設計に関する教育・資格の検討
  5. 5. 予約管理 • シミュレーションセンターの利用は、
 大きく分けて2通り • シミュレーションセンター主催でのコース開催 • センターで全て企画運営 • 開催者側(教員、医師、看護師)主催での開催 • センターは場所と器材(時には器材のみ)の
 貸し出し • JMSCの現状は大半が後者
  6. 6. 予約管理 • 基本的には紙ベースで管理(嘱託1名による管理) • 横軸:日付、 縦軸:部屋および時間 • 突発の対応(予約変更、割り込み)が困難
  7. 7. 記念棟7F
  8. 8. 記念棟6F M" 0M " L" 0L " " EM "
  9. 9. 予約管理
  10. 10. (必要なら)
 詳細相談の
 日程調整 予約の
 承認
 ・
 棄却
 決定 予約状況
 確認 ・ 可否判断 予約管理 • Web上での予約・承認・相談システムの導入検討 • 優先順位の規定(後述) 申込み 
 フォーム 空き状況
 確認 予約管理
 システム 仮予約 予約アラート カレンダー 自動更新 承認の通知 ユーザ 管理者 Tel → Web
 ・
 受付時間延長 作業中断の削減
  11. 11. 機材管理 • QRコードを用いた器材の場所・貸出・在庫管理 • 薬剤の棚管理と同じようなイメージ • JMSCで実施されているコースのカタログと
 連動させた準備・設置マニュアル作成を検討 • そもそも「独自コース」が少ない(後述)ため、
 準備設置マニュアルを策定するのも困難
  12. 12. Webサイト • 現状は利用状況の報告が大半 • シミュレーション教育実践に関する情報発信
 ※内部向けにはニュースレターの方が効果的? • 論文や学会発表の紹介、新シミュレータ • 予約管理・機材管理との統合 • eラーニング教材の提供
 (後述するコース開催と関連)
  13. 13. この辺りの
 内容が皆無
  14. 14. 自主開催のコース • 現状はICLS・BLSコースが大半、
 それ以外は学部や医師・看護師の持ち込みコース • シミュレーションセンター主催のコース開催を検討 • 利用者向け安全講習(後述) • 教育者向けFD → Web上での通知も
  シミュレータの利用方法
  インストラクショナルデザイン
  デブリーフィング • AHAコース(BLS / ACLS / PEARS)
  15. 15. 運営規約 • 運営上、発生する問題に対する規約制定の必要性 • 外部団体の利用にともなう料金 • 予約が重なった際の優先順位
 (JMSCは医学部の予算) • 利用者の条件(安全講習の受講)
  学生だけで除細動・採血等の練習はOK?
   個人練習 / 大学告知の開放(OSCE前)
  学生インストだけでACLSコースはOK?
  淺田(Non MD)だけで除細動や採血はOK? etc. • 予約や利用の可能時間
  16. 16. 教育実践論文の増加 • 教育実践の報告 • 和文論文:年間2∼3本程度 • 国内口頭発表:年間5∼6件程度 • 海外口頭発表:年間2∼3件程度 • 和文論文の増加、英文論文の投稿の必要性 • 教育研究に加え、JMSC運営関連の論文投稿も検討
 (予約管理・教育サポートなど)
  17. 17. SSH(Society for Simulation
 in Healthcare)に学ぶ • スタッフのCertification • Certified Healthcare Simulation Educator • Certified Healthcare Simulation Operations
 Specialist • シミュレーションセンターのAccreditation • Core, Assessment, Research, 
 Teaching and Education, Systems Integration
  18. 18. 発表概要の再掲:まとめにかえて (各2分) 現状 今後の課題(H27 - 28) スタッフ 準備・片付け・
 器材メンテナンス シミュレータ操作・
 教育内容の設計改善サポート 予約管理 紙ベースで実施 Web上での予約管理システム 機材管理 QRコードにて位置情報と
 貸し出し状況を管理 コースカタログと関連づけた
 準備・設置マニュアル作成 Webサイト 利用状況の更新のみ 予約管理、教育情報提示、
 eラーニング教材の提供 自主開催講習 救急医学会 ICLS/BLS
 (大半が持ち込みのコース) 利用者講習、教育者講習、
 AHAコース 運営規約 なし 利用者条件、予約優先順位、
 利用可能時間などの明記 教育実践論文 国内のみ
 (口頭発表は海外でも実施) 英文投稿

×