Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
新人看護師を対象とした 
多重課題シミュレーションに関する 
事前学習eラーニング教材の開発計画 
淺田義和*1,*2、都竹茂樹*1、鈴木克明*1、中野裕司*1 
*1:熊本大学大学院 教授システム学専攻 
*2:自治医科大学 
第39回教育シ...
全体の概要 
• 新人看護師を対象とした集合研修としての多重課題シミュ 
レーションについて、学習の効果・効率を高めるために、 
問題解決能力(知的技能)について事前学習し入口を揃え 
る必要性がある。 
• 多重課題に必要な知識・スキルの全体...
多重課題シミュレーション 
• 臨床現場で患者の状態が変化する中、優先順位を判 
断し、適切な看護を行うためのシミュレーション 
• (例)4床部屋で点滴を交換しようとしたところ、 
他の患者がトイレ希望を希望。 
さらに、他の患者が様態急変。...
多重課題 
この部分を補完する 
eラーニング教材の開発 
シミュレーション 
医療知識 
看護知識 
病棟での 
多重課題対応 
運動技能を伴う 
知的技能の実践 
国家試験までの学習 
現場での学習 
基本的な 
看護実践 
入職時の集合研...
先行研究1:eラーニングを 
シミュレーションの事前学習として利用 
• 杉浦ら(2013)、Perkinsら(2011):前提知識 
の確認としてのeラーニングをシミュレーション前 
に実施した 
• 多重課題シミュレーションのように多数のシ...
GBS(Goal Based Scenario) 
• Roger Schankにより提唱 
• 現実的文脈・課題の中で「失敗からの 
学習」を擬似体験(=シミュレーショ 
ン)するためのストーリー構築を目的 
• 刻一刻と場面が変化するような...
先行研究2:医療分野におけるGBS利用 
• 岡崎(2012)による、手術室災害対策に関するe 
ラーニング(独学教材)の開発および検証研究 
→ シミュレーションの事前学習ではなく、独学教 
材といての位置づけ 
• Scottら(2013)...
多重課題 
シミュレーション 
*先行研究2 
医療知識 
看護知識 
病棟での 
多重課題対応 
運動技能を伴う 
知的技能の実践 
基本的な 
看護実践 
先行研究1 
言語情報・知的技能運動技能
研究目的 
• 新人看護師を対象とした、多重課題・時間切迫時の対 
応に関するシミュレーション研修の事前学習eラーニン 
グ教材に関する開発を検討 
• GBS(Goal Based Scenario)を用いた教材を作成 
することで、オンライ...
一連の学習過程における教材の位置づけ 
*実事例を 
元に改定 
病棟での実践運動技能を伴う 
多重課題 
シミュレーション 
繰り返し学習を 
基本とする設計eラーニング 
医療知識 
看護知識 
知的技能の実践 
現場での学習 
基本的な ...
基礎知識として必要な内容 
1. 各施設による特徴 
• 業務体制、手順、使用器具 
2. 優先順位の判断基準 
• 患者の危険度(生命の危険) 
• 自分の能力評価(能力限界の理解) 
3. 実場面における上記知識の応用力 
 *国家試験レベ...
教材の設計(with SME) 
• 【基礎編】多重課題のシナリオ(例年用いているシナリオ 
をサンプルとして取りあげる)をベースに、必要な知識を整 
理し、テスト問題(4択や計算問題、穴埋め問題)を作成 
• 言語情報 
• 知的技能(弁別、...
シナリオの流れ(例) 
 H+9U4QZV^
I50S 
 	 ZV^
	 
FIP2H T;;MC1 
7c 
1D ;S! 
1D1SID. 
N=+9UI 
H%7! 
 H! `+9Ua 
+9U5OJR.ZV^H%6 
1ID@5S ...
48:CACNQ1G 
5Q T#8C17 
 T': 
C+9UI 
K! 
 
+9UH
48 
C+9UIK 
 T:. 
+9UIH%7 
+9UI
H! 
+9UH
48: 
C T/ 
+9UH: 
+9UIH%7 
+9UH 
6?:YZ4Q( 
$b,* 
+9UH 
6?:(b-
作成中のプロトタイプ
教材の形成的評価 
• GBS教材としての評価 
• 7要素が正しく満たされているかのレビュー 
• カークパトリックに基づく評価 
• 学習者の満足度:アンケート 
• 学習達成度の評価:学習終了状況や 
終了後の自己省察 
• 行動変容:シ...
カバー 
ストーリー 
ある病院(病床数、看護師数などは中~大規模)において 
新人看護師として登場する 
役割勤務から半年が経過し、夜勤が開始した 
使命夜勤開始から1ヶ月の間(夜勤回数はおよそ4回)、勤務 
中は患者に安全な医療を提供し続け...
Kirkpatrick eラーニングシミュレーション 
Level 1 
・教材の満足度 
・繰り返し学習の回数 
・シミュレーション後の再学習 
・シミュレーションの満足度 
・シミュレーションの没入感 
Level 2 ・GBSの成績 
・...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

JSiSE39_多重課題シミュレーション事前学習eラーニング開発計画

2,499 views

Published on

新人看護師対象の多重課題シミュレーションについて、事前学習eラーニング教材の開発計画をプレゼン(発表15分質疑5分)

Published in: Education
  • Be the first to comment

JSiSE39_多重課題シミュレーション事前学習eラーニング開発計画

  1. 1. 新人看護師を対象とした 多重課題シミュレーションに関する 事前学習eラーニング教材の開発計画 淺田義和*1,*2、都竹茂樹*1、鈴木克明*1、中野裕司*1 *1:熊本大学大学院 教授システム学専攻 *2:自治医科大学 第39回教育システム情報学会 Sep. 11, 2014(和歌山)
  2. 2. 全体の概要 • 新人看護師を対象とした集合研修としての多重課題シミュ レーションについて、学習の効果・効率を高めるために、 問題解決能力(知的技能)について事前学習し入口を揃え る必要性がある。 • 多重課題に必要な知識・スキルの全体像、および実施され ている研修との関連性を整理した。また、GBS(Goal Based Scenario)に基づくeラーニング教材の設計計画を 整理した。 • SMEと協力のうえでプロトタイプとしてのeラーニング教 材設計を進めており、形成的評価の実施を検討している。
  3. 3. 多重課題シミュレーション • 臨床現場で患者の状態が変化する中、優先順位を判 断し、適切な看護を行うためのシミュレーション • (例)4床部屋で点滴を交換しようとしたところ、 他の患者がトイレ希望を希望。 さらに、他の患者が様態急変。 患者B • 誰を優先して対応するか? • いつ、応援を呼ぶか? 患者C 患者A 患者D トイレ ナースステーション 入口
  4. 4. 多重課題 この部分を補完する eラーニング教材の開発 シミュレーション 医療知識 看護知識 病棟での 多重課題対応 運動技能を伴う 知的技能の実践 国家試験までの学習 現場での学習 基本的な 看護実践 入職時の集合研修 病棟での指導や個別学習 言語情報・知的技能運動技能
  5. 5. 先行研究1:eラーニングを シミュレーションの事前学習として利用 • 杉浦ら(2013)、Perkinsら(2011):前提知識 の確認としてのeラーニングをシミュレーション前 に実施した • 多重課題シミュレーションのように多数のシナリオ を想定し、意志決定に関する事前学習を行ったうえ でシミュレーションを実施した教材はほとんど見つ からなかった
  6. 6. GBS(Goal Based Scenario) • Roger Schankにより提唱 • 現実的文脈・課題の中で「失敗からの 学習」を擬似体験(=シミュレーショ ン)するためのストーリー構築を目的 • 刻一刻と場面が変化するような多重課 題の状態を再現するには、学習者の選 択がシナリオに影響を与えるGBSの形 式が適する
  7. 7. 先行研究2:医療分野におけるGBS利用 • 岡崎(2012)による、手術室災害対策に関するe ラーニング(独学教材)の開発および検証研究 → シミュレーションの事前学習ではなく、独学教 材といての位置づけ • Scottら(2013)は臨床推論に関するシナリオ ベースの教材を開発 → 形成的評価や総括的評価 に関する記載は見られない ‘eSimulation’ Part 1: Development of an interactive multimedia mental health education program for generalist nurses. Scott Lamont, Scott Brunero, The Australian Journal of Nursing Practice, Scholarship and Research, in press
  8. 8. 多重課題 シミュレーション *先行研究2 医療知識 看護知識 病棟での 多重課題対応 運動技能を伴う 知的技能の実践 基本的な 看護実践 先行研究1 言語情報・知的技能運動技能
  9. 9. 研究目的 • 新人看護師を対象とした、多重課題・時間切迫時の対 応に関するシミュレーション研修の事前学習eラーニン グ教材に関する開発を検討 • GBS(Goal Based Scenario)を用いた教材を作成 することで、オンライン上で多重課題の場面を仮想 体験し、知識の定着度や応用力が確認可能 • シミュレーションの前提条件(主に知的技能レベル) を揃えることで、より効果的な教育を提供 • 多重課題のみならず、集合研修の形式を見直すための モデルケースとしての位置づけ(例:急変対応)
  10. 10. 一連の学習過程における教材の位置づけ *実事例を 元に改定 病棟での実践運動技能を伴う 多重課題 シミュレーション 繰り返し学習を 基本とする設計eラーニング 医療知識 看護知識 知的技能の実践 現場での学習 基本的な 看護実践 個別タスクの シミュレーション 言語情報 運動技能 知的技能 *多重課題の 事例集的側面 (研究対象) 国家試験 集合研修 病棟での指導
  11. 11. 基礎知識として必要な内容 1. 各施設による特徴 • 業務体制、手順、使用器具 2. 優先順位の判断基準 • 患者の危険度(生命の危険) • 自分の能力評価(能力限界の理解) 3. 実場面における上記知識の応用力  *国家試験レベル・・・今回の範囲外(前提条件)
  12. 12. 教材の設計(with SME) • 【基礎編】多重課題のシナリオ(例年用いているシナリオ をサンプルとして取りあげる)をベースに、必要な知識を整 理し、テスト問題(4択や計算問題、穴埋め問題)を作成 • 言語情報 • 知的技能(弁別、概念) • 知的技能(問題解決) • 【実践編】多重課題のシナリオを再現し、それぞれの場面 ごとで意志決定を行いながらシナリオを進められる教材 (GBS)を構築する
  13. 13. シナリオの流れ(例) H+9U4QZV^ I50S ZV^ FIP2H T;;MC1 7c 1D ;S! 1D1SID. N=+9UI H%7! H! `+9Ua +9U5OJR.ZV^H%6 1ID@5S ER03 T L=S! [_XW_]J! 1BDNOK FIP2HZV^ T)MC1 7c +9UH
  14. 14. 48:CACNQ1G 5Q T#8C17 T': C+9UI K! +9UH
  15. 15. 48 C+9UIK T:. +9UIH%7 +9UI H! +9UH
  16. 16. 48: C T/ +9UH: +9UIH%7 +9UH 6?:YZ4Q( $b,* +9UH 6?:(b-
  17. 17. 作成中のプロトタイプ
  18. 18. 教材の形成的評価 • GBS教材としての評価 • 7要素が正しく満たされているかのレビュー • カークパトリックに基づく評価 • 学習者の満足度:アンケート • 学習達成度の評価:学習終了状況や 終了後の自己省察 • 行動変容:シミュレーションと組み合わせた 研修の評価
  19. 19. カバー ストーリー ある病院(病床数、看護師数などは中~大規模)において 新人看護師として登場する 役割勤務から半年が経過し、夜勤が開始した 使命夜勤開始から1ヶ月の間(夜勤回数はおよそ4回)、勤務 中は患者に安全な医療を提供し続けることができる 情報源シナリオを一時停止し、ストーリーから抜けたうえで参照 できる(多重課題中に人に聞くのは非現実的) フィードバック正しい選択を行わないと、「患者の憤慨」「様態の悪化」 「急変(or 死亡)」などが発生する 学習目標能力限界を理解し、必要に応じて同僚や先輩の助けを借り ながら、病棟での様々な多重課題を切り抜けられる シナリオ操作・多重課題の場面で、「どちらの場面を選ぶか?」 ・状況によっては、時間切迫も再現
  20. 20. Kirkpatrick eラーニングシミュレーション Level 1 ・教材の満足度 ・繰り返し学習の回数 ・シミュレーション後の再学習 ・シミュレーションの満足度 ・シミュレーションの没入感 Level 2 ・GBSの成績 ・学習成果のリフレクション ・シミュレーションの評価表 ・学習成果のリフレクション Level 3 ・シミュレーションおよび  現場における学習成果の活用 ・職場での継続学習環境 ・学習成果の活用(行動変容)  およびそのリフレクション ・職場での継続学習環境 Level 4 ・より安全な医療の提供  (患者満足度)
  21. 21. 今後の計画 • プロトタイプの完成 • 形成的評価 • 作成したプロトタイプそのもの • シミュレーションとの組み合わせ • プロトタイプの改善
  22. 22. 改善の可能性 • eラーニングの内容・構成 • 時間切迫の再現 • eラーニング後のリフレクション or デブリーフィング • 掲示板等での非同期型 • 運動技能の再現・評価 • シナリオの選定 • 院内インシデントレポートを元に作成? • eラーニングのみでシミュレーションを置き換え可能か?
  23. 23. まとめ • 看護師を対象とした多重課題シミュレーションの学 習効果・効率向上のため、GBS(Goal Based Scenario)に基づくeラーニング教材の設計計画を 整理した。 • 現状:SMEと協力のうえでプロトタイプとしてのe ラーニング教材設計を進めており、形成的評価の実 施を検討している。 • 課題:時間切迫の再現、リフレクションの導入、シ ナリオの増加

×