Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)

1,754 views

Published on

2016-10-15(午前)
エンジニアリングデザインプロジェクトB

Published in: Education
  • Be the first to comment

データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)

  1. 1. データからインサイト そして、アイデアの発想へ 2016-10-15(午前) エンジニアリングデザインプロジェクトB 東京工業大学環境・社会理工学院特任講師 角征典<kado.m.aa@m.titech.ac.jp> 1
  2. 2. 10:25 2
  3. 3. 今日やること インタビューデータの分析 ターゲットユーザーの行動分析 POV(ニーズ+ インサイト)の発見 HMWQの設定 ひとまずココまで私が担当 アイデアの発想 プロトタイプの作成 発表(テスト) & フィードバック 3
  4. 4. d.school のツールキット 親和図法 共感マップ ジャーニーマップ 2x2マトリックス バリューグラフ(WHY-HOW) POVの穴埋め(インサイト)、HMWQ ブレインストーミング 出典:THE BOOTCAMP BOOTLEG 4
  5. 5. それより、KJ法やろうぜ! 5
  6. 6. KJ法- Wikipedia 出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/KJ法 文化人類学者の川喜田二郎(東京工業大学名誉教 授)がデータをまとめるために考案した手法であ る。KJは考案者のイニシャルに因む。 データをカードに記述し、カードをグループごと にまとめて、図解し、論文等にまとめていく。共 同での作業にもよく用いられ、「創造性開発」 (または創造的問題解決)に効果があるとされ る。 “ “ 6
  7. 7. KJ法のイメージ(Google) 7
  8. 8. KJ法のイメージ(いらすとや) ※いらすとや有能!! 便利!! 8
  9. 9. KJ法- Wikipedia(続き) 出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/KJ法 ……正しく学んだことがない人が教育・指導して いることも多いと言われる。 インターネット上にあるKJ法の解説にも不正確な ものが散見される。 “ “ 9
  10. 10. 今回のKJ法(使用上の注意) 正しく学んだことないけど、教育・指導するよ いい感じの成果が出れば、それでヨシとします! アレンジを加えるのもOKとしましょう できるだけ楽しくやりましょう とはいえ、あまり時間をかけずにやりましょう 10
  11. 11. KJ法の手順 0. データの収集・記録 1. ラベルづくり 2. グループ編成(ラベル拡げ→ ラベル集め→ 表札づ くり) 3. 図解化(空間配置→ 図解化)a.k.a. KJ法A型 4. 叙述化(文章化or 口頭発表)a.k.a. KJ法B型 参考:「KJ法クイックマニュアル」田中博晃(広島国際大学) 11
  12. 12. 心構え- おのれを空しく! 出典:『KJ法―渾沌をして語らしめる』(中央公論社) ▶要約:「お前の意見は聞いてない 」 「多分,こうであろう」とか「この考えや理論を 当てはめれば,このように解釈でき,まとまる」 といった具合に,ありあわせの理論や既成概念で データをまとめることは禁物である。また,「こ ういう結果がでてほしい」という希望的観測で無 理にまとめることも禁物である。それらとはあべ こべに,おのれを空しくして,データの語りかけ に最も自然に従ってまとめるのでなければならな い。 “ “ 12
  13. 13. 0. データの収集・記録 宿題でしたよね?(チームで共有してますか?) あとからデータに戻れるように、一段落または一 文ごとに一意の番号をつけておくと便利です これを「切片化」と呼ぶことも(ref. GTA) Googleスプレッドシートで共有すると便利かも 番号 データ 発話者 1 留学する前にはとても不安。 Aさん 2 英語なんか話すこともできないし。 Aさん 表の参考:『外国語教育研究ハンドブック』(松柏社) 13
  14. 14. 1. ラベルづくり(15分) 付箋紙1枚に、1つのデータを書きます 気になったものだけを抽出します(全部は不要) 省略してもOK(番号があると参照できて便利) ex.「留学前は不安(1)」「英語話せない(2)」 付箋の出典:『ソーシャルデザイン実践ガイド』(英治出版) 14
  15. 15. 2. グループ編成 15
  16. 16. 2-1. ラベル拡げ(10分) (ラベルづくりが終わってなければ継続) ↓ 作業が終わったら ラベルをランダムに並べて、拡げてください ラベルの意味が理解できなければ、執筆者に確認 しましょう(「内容の消化」と呼ぶ) 16
  17. 17. 2-2. ラベル集め(15分) 1枚ずつ読み上げましょう すでに似たラベルがあれば、近くに集めましょう 階層を作っても構いません(大・中・小) 出典:『発想法-創造性開発のために』(中公新書) 17
  18. 18. 2-3. 表札づくり 階層にもラベル(「表札」と呼ぶ)をつけたい! 出典:川喜田晶子KJ法blog ▶「いいね?」「……アッハイ」 KJ法における〈表札〉とは、複数のラベルの 〈志〉を聴き届けて発想し、新たな一つの〈志〉 をもつ表現に統合したもの “ “ 〈表札づくり〉において、川喜田二郎はよく、 「土の香りを残せ」と言いました。 “ “ 18
  19. 19. 2-3. 表札づくり(15分) 良い表札はわからないが、悪い表札はわかる まあ、まずは自分たちで作ってみましょう ここがいちばん大変なところだと思います! とはいえ「形容詞+ 名詞」の形式がよさそう 「名詞」は勝手に作らず、データから引用する 「形容詞」は自由に作って構いません (無理に「形容詞+名詞」にしなくてもOK) 19
  20. 20. 3. 図解化(A型)(10分) 表札だけを取り出して、関係性を線で結びます 対立、因果、相互などが「物語」になるように (必要であれば)線に関係性を示す説明文も [KJ法ではないがイメージ図] 出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Causal_loop_diagram 20
  21. 21. 4. 叙述化(B型)(10分) 図解化したものを自分たちでお互いに説明(口頭 発表)してみましょう(複数の物語があるはず) 集めたデータから何がわかりましたか? TCS(葛藤、矛盾、驚き)はありますか? データが足りないところはありますか? 21
  22. 22. おまけ: テキストマイニング 文章を定量的に分析する手法 定性的分析の補助として使ってみるとよさげ KH Coder(Windows)の場合: インタビューに見出しタグをつけて統合する 新規プロジェクトから↑のファイルを読み込む 前処理をしてから、分析を開始する ex. [ツール]から共起ネットワークを選択 22
  23. 23. KH Coder:共起ネットワーク EDP-A カチリズム「山口さんインタビュー」 23
  24. 24. KH Coder:対応分析 EDP-Aカチリズム「技術部大岡山設計工作部門インタビュー」 24
  25. 25. KH Coder チュートリアル http://www.slideshare.net/khcoder/kh-coder-28776074 25
  26. 26. 昼休み 11:45~12:45 26

×