TMS検定メモ
kdmsnr
変わらないもの
• 人間賛歌
• 人は働くことを通じて、やりがいを
感じる

• 逆に変わるもの:
• 技術、スキル、ノウハウ
自律的なチーム
• 考える
• 誰が顧客?
• チームの目的や目標は?
• 日々どんな行動をすればいいか?
• 研究する姿勢
6つのTMSコア
•
•
•
•
•
•

1. 活動の見える化
2. 職場づくり
3. 価値の創造
4. 改善マインド
5. 仕事の品質
6. 利益の創造
1. 活動の見える化
活動の見える化
• 見えないものは改善できない
• 暗黙知から形式知へ
• 異常や問題をすぐに検知できる
• 現実の情報を管理する(Fact Control)
大部屋
• 見える化を実現する部屋
• すべての職種が同じ部屋で仕事
• コミュニケーションの活性化
• アイデアの創造
方針展開
• 会社の方針を現場に展開する
• すり合わせで具体的行動につなげる
• 価値観や顧客の認識の統一とFGA
日常のマネジメント
• マネジメントとは、仕事をしやすい環
境を作ること

•進

管理ではない!

• 現場とのすり合わせが必須
• ビジュアルボードで「目で見る管理」
仕事の見える化
•

仕事とは

•
•

仕事は小さく(時間単位)

•
•

時間を使って価値を作るプロセス

それから平準化する

見える化

•

自分で考えて行動するようになる
2. 職場づくり
コミュニケーション
• 問題解決の手段である
• 教えるよりも、考えてもらう
リーダーシップ
3. 価値の創造
価値の創造
• 後工程はお客様
• 価値の流れの見える化
ふりかえり

• KPT
4. 改善マインド
ムダとり
• 仕事(正味時間+付帯時間+ムダ)
• 7つのムダ
5S
• 整理、整頓、清掃、清潔、躾
• 躾による定着化
問題解決
• FGA
• なぜなぜ5回
• 真因
5. 仕事の品質
統計的モノの見方

• 分析する楽しみ
自工程完結
• 自分の仕事が良かったか/悪かったか
わかる状態

• 発生防止と流出防止
6. 利益の創造
利益の創造
• 生産性:
• 成果物 /(時間 - 職場活性化活動時間)
• 価値の創造 → 売上増加
• 生産性の向上 → 原価の低減
• 利益の増大
導入方法
• 3か月∼6か月:やりがいを感じる
• プラクティス導入 → 生産性向上 → 組
織変革 → 従業員満足 → 顧客満足
評価
• 自己評価 → 職場活性化活動評価シート
• 第三者評価 → 経営・組織評価シート
• 金額に関わる改善活動は、チームが前
向きになって初めて継続できる
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

TMS検定4級を受けたときのメモ

2,096 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,096
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
16
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

TMS検定4級を受けたときのメモ

  1. 1. TMS検定メモ kdmsnr
  2. 2. 変わらないもの • 人間賛歌 • 人は働くことを通じて、やりがいを 感じる • 逆に変わるもの: • 技術、スキル、ノウハウ
  3. 3. 自律的なチーム • 考える • 誰が顧客? • チームの目的や目標は? • 日々どんな行動をすればいいか? • 研究する姿勢
  4. 4. 6つのTMSコア • • • • • • 1. 活動の見える化 2. 職場づくり 3. 価値の創造 4. 改善マインド 5. 仕事の品質 6. 利益の創造
  5. 5. 1. 活動の見える化
  6. 6. 活動の見える化 • 見えないものは改善できない • 暗黙知から形式知へ • 異常や問題をすぐに検知できる • 現実の情報を管理する(Fact Control)
  7. 7. 大部屋 • 見える化を実現する部屋 • すべての職種が同じ部屋で仕事 • コミュニケーションの活性化 • アイデアの創造
  8. 8. 方針展開 • 会社の方針を現場に展開する • すり合わせで具体的行動につなげる • 価値観や顧客の認識の統一とFGA
  9. 9. 日常のマネジメント • マネジメントとは、仕事をしやすい環 境を作ること •進 管理ではない! • 現場とのすり合わせが必須 • ビジュアルボードで「目で見る管理」
  10. 10. 仕事の見える化 • 仕事とは • • 仕事は小さく(時間単位) • • 時間を使って価値を作るプロセス それから平準化する 見える化 • 自分で考えて行動するようになる
  11. 11. 2. 職場づくり
  12. 12. コミュニケーション • 問題解決の手段である • 教えるよりも、考えてもらう
  13. 13. リーダーシップ
  14. 14. 3. 価値の創造
  15. 15. 価値の創造 • 後工程はお客様 • 価値の流れの見える化
  16. 16. ふりかえり • KPT
  17. 17. 4. 改善マインド
  18. 18. ムダとり • 仕事(正味時間+付帯時間+ムダ) • 7つのムダ
  19. 19. 5S • 整理、整頓、清掃、清潔、躾 • 躾による定着化
  20. 20. 問題解決 • FGA • なぜなぜ5回 • 真因
  21. 21. 5. 仕事の品質
  22. 22. 統計的モノの見方 • 分析する楽しみ
  23. 23. 自工程完結 • 自分の仕事が良かったか/悪かったか わかる状態 • 発生防止と流出防止
  24. 24. 6. 利益の創造
  25. 25. 利益の創造 • 生産性: • 成果物 /(時間 - 職場活性化活動時間) • 価値の創造 → 売上増加 • 生産性の向上 → 原価の低減 • 利益の増大
  26. 26. 導入方法 • 3か月∼6か月:やりがいを感じる • プラクティス導入 → 生産性向上 → 組 織変革 → 従業員満足 → 顧客満足
  27. 27. 評価 • 自己評価 → 職場活性化活動評価シート • 第三者評価 → 経営・組織評価シート • 金額に関わる改善活動は、チームが前 向きになって初めて継続できる

×