Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ナレッジグラフ推論チャレンジ2018ミートアップ@東京(2018/12/26)

527 views

Published on

2018年12月26日に開催されたナレッジグラフ推論チャレンジ2018ミートアップ@東京の公開資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ナレッジグラフ推論チャレンジ2018ミートアップ@東京(2018/12/26)

  1. 1. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 SWO研究会ワークショップ ナレッジグラフ推論チャレンジ2018 ミートアップ@東京 1 2018年12月26日(水)@JST東京本部
  2. 2. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 公式Webサイト 2 http://challenge.knowledge-graph.jp/
  3. 3. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 本日の予定 13:30 第1回ナレッジグラフ推論チャレンジの 開催報告・振り返り 14:00 応募作品紹介&ディスカッション -本部門:45-60分×3件 -アイデア部門:20-30分×2件 17:30 第2回ナレッジグラフ推論チャレンジに 向けた意見交換 18:00 閉会 18:30 懇親会(※事前申込者のみ) 3
  4. 4. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 第1回ナレッジグラフ推論チャレンジ の開催報告・振り返り 4
  5. 5. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 開催スケジュール 2017/02/26 推論チャレンジ(仮称)の構想開始 in 第41回SWO研究会@志賀島 2017/11/25 第1回公開WS:推論チャレンジ(仮称)開催予告 in 第43回SWO研究会@人工知能学会合同研究会2017 2017/12/19 第2回公開WS:スキーマ検討会 2018/02/28 第3回公開WS:スキーマ設計会 2018/03/18 第4回公開WS:ナレッジグラフの構築テスト in 第44回SWO研究会@五島市(合宿)併設ワークショップ 2018/04/23 第5回公開WS:「推論チャレンジ」ワークショップ 2018/06/05 ナレッジグラフ公開・チャレンジ開始 2018/08/07 応募に向けた技術勉強会 2018/10/18:応募に向けた技術勉強会(2回目) 2018/10/30: チャレンジ応募締切(11/11まで延長) 2018/11/25: 発表会&授賞式 in 第45回SWO研究会@淡路島(JIST2018併設イベント) 5 構想9カ月 開催準備 6カ月
  6. 6. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 開催趣旨 “何に”チャレンジするのか? シャーロック・ホームズのような “推理”(推論)ができるAI技術の開発 にチャレンジする! 具体的には, 与えられた事実(情報)に基づいて… 事件の犯人を,正しく突き止める その理由(証拠,トリック,etc.)を,適切に説明する →“説明能力(解釈可能性)”をもったAI技術の開発 6
  7. 7. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 タスク(課題)の概要 推理小説の内容をもとに,事件の背景,起こった出 来事,人物像などを知識化したナレッジグラフ(LOD) を用いて,“犯人を推理する” ただし,“その理由をきちんと説明できる”こと! 対象とする推理小説 「シャーロック・ホームズ」短編シリーズから人気No.1 の「まだらのひも」をナレッジグラフ(LOD)化 7 どのような“推理・推論・説明”に, どのような“知識”が,どの程度必要か? を考察するテストケースと位置づけられる. 2018/9/8 課題の概要
  8. 8. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 ナレッジグラフ化の考え方 ナレッジグラフの要求仕様 犯人を推論(推理)するのに必要な知識を提供する 「推理小説」で描かれる様々な状況を,できるだけ統一的 な形式で計算機処理(検索・推論・etc.)可能にする ナレッジグラフ化の基本方針 「推理小説」の内容を,最小単位の「場面(シーン)」に分割 →場面ごとにID(IRI)を付与 「各場面の記述内容」および「場面間の関係」をグラフ化 →グラフ化に必要なクラス・プロパティを定義 場面1 場面2 場面3 場面4 場面5 ・・・ ・・・ 8
  9. 9. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 スキーマ:「場面」 場面 原文 主語 述語 目的語 subject hasPredicate source その他 他の場面 場面間 主語 目的語 述語 の形でないことに注意 スキーマの基本構造 「場面」の記述に用いるプロパティ(赤字は必須)  subject:その場面の記述において主語となる人や物  hasPredicate:その場面の内容を表す述語  場面の詳細を表す目的語:whom(だれに), where(どこで), when (いつ), what(何を), how(どのように), …etc.  場面間の関係:then,if, because, …etc.  time:その場面が起こった絶対時間(xsd:DateTime)  source:その場面の原文(英語/日本語のリテラル) →場面に関わる複数の 情報をまとめるため 「場面」中心に記述 9
  10. 10. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 例:「場面」の記述 原文(英語/日本語) 各場面には 一意の ID(IRI) を与える 絶対時間※小説内に基準 日時を設定している 主語・述語・目的語は全て 「リソース」として定義 →他の場面で同じ目的語 を参照できる 述語 主語 他の場面 場面の種類(クラス)分け Scene:上位クラス -Situation:事実・状況の描写 -Statement:Aの発言 -Talk:AのBへの発言 -Thought:Aの考え 10
  11. 11. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 想定していた応募内容 推理?推論?推定?する手法は,情報技術であれば なんでもOK! 手法1 SPARQLで検索して探す 例) 特定の時間に特定の場所に居た人をUnionで探す,など 手法2 一階述語論理に基づくルールを加えて推論する 例) ナイフに個人の指紋がある ⇒ 犯人である,など 手法3 オントロジーに基づいて記述論理で推論する 例) 犯人クラスを定義し,犯人候補との包摂関係を推論する,など 手法4 機械学習を用いて分類,クラスタリングして推定する 例) 他の事件における犯人の特徴群から学習・推定する,など 提供されたナレッジグラフ以外の外部知識も利用可  適切な推理を進める上で必要な“捜査戦略”や“常識知識”の 導入も,キーポイントの1つ. 11
  12. 12. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 応募結果 応募数:8作品(本部門:5,アイデア部門:3) 本部門:プログラムで推論を実行して答えを出す 【最優秀賞】株式会社野村総合研究所 【優秀賞】上小田中411(株式会社富士通研究所) 【ベストリソース賞】FLL-ML(株式会社富士通研究所, 神戸常盤大学,神戸市立西神戸医療センター) teamOIF(立命館大学) 塚越雄登(電気通信大学) アイデア部門:どのような推論を行うかのアイデア 【ベストアイデア賞】白松研 feat. 59(名古屋工業大学) 生島高裕(株式会社数理先端技術研究所) 橋本一成,他(富士ゼロックス株式会社) 12
  13. 13. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 第1回開催の総括(私見) 構想~開催準備まで,WSおよび打ち合わせを重ねる ことで,ようやく “ひとつのカタチ” にまとまった (1回目としては,) 十分な数の応募があった  半数以上が企業からの応募  想定していた,すべてのアプローチからの応募 第2回目以降の継続に向けて, とても良いスタートを切れた! 13
  14. 14. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 本日のイベント 背景 11/25開催の発表会&授賞式では,発表時間が 限られていたため,「もっと,じっくり話が聞きたい」 という希望 (淡路島は遠くて行けなかった人) 第2回の開催に向けてのフィードバックが欲しい イベント開催の狙い 発表・質疑の時間を十分にとって,各応募作品の 内容について,しっかりと議論する 第2回をよりよいものとするための意見交換をする 14
  15. 15. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 本日の予定 13:30 第1回ナレッジグラフ推論チャレンジの 開催報告・振り返り 14:00 応募作品紹介&ディスカッション -本部門:45-60分×3件 -アイデア部門:20-30分×2件 17:30 第2回ナレッジグラフ推論チャレンジに 向けた意見交換 18:00 閉会 18:30 懇親会(※事前申込者のみ) 15
  16. 16. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 発表順番 本部門:40-60分/件 teamOIF(立命館大学)[欠席] 塚越雄登(電気通信大学)[欠席] 【ベストリソース賞】FLL-ML(株式会社富士通研究所, 神戸常盤大学,神戸市立西神戸医療センター) 【優秀賞】上小田中411(株式会社富士通研究所) 【最優秀賞】株式会社野村総合研究所 アイデア部門:20-30分/件 【ベストアイデア賞】白松研 feat. 59(名古屋工業大学)[欠席] 生島高裕(株式会社数理先端技術研究所) 橋本一成,他(富士ゼロックス株式会社) 16
  17. 17. CC-BY4.0:人工知能学会 セマンティクWebとオントロジー(SWO)研究会 本日の予定 13:30 第1回ナレッジグラフ推論チャレンジの 開催報告・振り返り 14:00 応募作品紹介&ディスカッション -本部門:45-60分×3件 -アイデア部門:20-30分×2件 17:30 第2回ナレッジグラフ推論チャレンジに 向けた意見交換 18:00 閉会 18:30 懇親会(※事前申込者のみ) 17
  18. 18. 第2回ナレッジグラフ推論チャレンジに向けた意見交換 来年度方針 ➢ 基本的なタスク(犯人当て)は変更なし ➢ 対象とする短編小説(ナレッジグラフ)を4編増やして, 計5編としたい ➢ 小説リクエストの募集(1月中) https://goo.gl/forms/rMH9DPTAny4ClzOm2 ナレッジグラフ作成方針 ➢ (文章を単純化SVOCした上で) NLP技術の活用を進めたい ➢ 文章単純化タスクに関してアルバイト募集(4~5名募集) 案: 1編約500文,1文20円の書き換えで実働8時間で1万円程度 ナレッジグラフスキーマの見直し ➢ 語彙の整理要望 (能動態/受動態,時間表現,物体の区別など) スケジュール案 ➢ 応募開始: JSAI2019 (2019年6月4日(火)~6月7日(金)@新潟) ➢ 募集締切: 10-11月? 1
  19. 19. 公表スケジュール 2019/12/?: 人工知能学会誌2019年1月号 JIST開催報告にて付記 ↓ 2019/1/18: 受賞者原稿〆(各1~2頁) ↓ (4頁版) 2019/2/8: JSAI2019原稿〆 ↓ (8頁版) 2019/2/E: 人工知能学会誌2019年5月号 解説論文原稿〆 ↓ 2019/3/10: SWO研究会@石垣島 開催報告会(スライドのみ) ↓ (英語版) 2019/5/?: JIST2019@杭州 論文投稿〆 ↓ (第2回の結果と併せて) 2019/12/?: ESWC2020 論文投稿〆 メディア発表も検討 2

×