Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

イメージや情報を見える化しよう! グラフィックレコーディング・ワークショップ

3,372 views

Published on

イメージや情報を見える化しよう! グラフィックレコーディング・ワークショップ のスライドです。
https://eventon.jp/1665
アウトプットのイメージ・情報の認識をすり合わせられていないことで起こる、仕事での「コミュニケーション・ギャップ」。今回のワークショップは、この「コミュニケーション・ギャップ」の解決に役立てるためのグラフィックレコーディングを学びあいます。

Published in: Design
  • Be the first to comment

イメージや情報を見える化しよう! グラフィックレコーディング・ワークショップ

  1. 1. イメージや情報を見える化しよう! グラフィックレコーディング・ワークショップ グラフィックレコーディング勉強会, Naoka Misawa, Azumi Wada http://thebridge.jp/2015/09/1st-kashiwa-no-hackathonより画像引用 【お願い】 このワークショップでは、座席を移動しますので 貴重品以外は、荷物置き場へお持ちください。
  2. 2. 本日は、よろしくお願いします! ファシリテーター:和田 あずみ 株式会社DeNAトラベル ディレクター オンライン旅行サイト『DeNAトラベル』のユーザー調査・サービス開 発・UIデザイン・アクセスログ等の定量調査に従事している。 デザインの現場やカンファレンス、NPO等でファシリテーショングラ フィック、グラフィックレコーディングの活動も行っている。 産業技術大学院大学 履修証明プログラム 人間中心デザイン 修了。 グラフィックレコーディング:小野 奈津美 株式会社マックグラフィックアーツ ディレクター 運用案件をメインに、新規案件・改善提案などのサポート業務を担当。 2015年3月に開催されたグラフィックレコーディング勉強会に参加したことが きっかけで同3月のCIVIC TECH FORUMにてグラフィックレコーダーとして活動 を開始した初心者。 グラレコは描くこと、可視化することで理解しやすくなる面白さがあるので続け ていける。
  3. 3. 本日は、よろしくお願いします! アシスタント:西田 武史 企業のヒューマンリソース系の業務に長年従事。これまで、就労支援やキャリア デザインを中心とした様々な「場づくり」の企画、運営に携わる。 産業技術大学院大学 人間中心デザイン 修了 青山学院大学 ワークショップデザイナー育成プログラム 修了 特定非営利活動法人日本キャリア開発協会CDA(キャリア・デベロップメン ト・アドバイザー) アシスタント:増山 和秀 ユーザー調査、サービス企画・開発、マーケティング業務に携わる。 ノートの再読し易さに興味を持ち、グラフィックレコーディング勉強会に参加。 MTGなどのみじかなところで実践し始め、課題はありつつも、少しずつ描く事に 慣れてきたところ。 産業技術大学院大学 履修証明プログラム 人間中心デザイン 修了 アドバイザー:三澤 直加 Code for Namie プロジェクトでUXデザインを担当 NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構理事 株式会社グラグリッド 取締役 グラフィック・レコーダー・ネットワーク代表
  4. 4. お願い事項 • ワーク中は細いペンではなく、配布している プロッキーを必ずご利用ください。 (細いペンで自分のノートを書いている方も、 ワークの時には必ず持ち替えてくださいね!) • 迅速なワークショップ進行のため、 メモをPCで取るのはお控えいただけるよう、 ご協力お願いいたします。 ワークの内容上、机の上でたくさん紙を使って 手を動かします。机の上は、紙とペンと手が最優先! • 資料は全て、後日slideshareにアップします!ご安心を。
  5. 5. ワークショップのねらい デザインやものづくりの現場でおきる、 コミュニケーションのギャップ。
  6. 6. ワークショップのねらい 基礎編 手法を知って 体験してみよう! グラフィック レコーディングを アイデア発想 に活用する ②アイデア発想のインス ピレーションを高める 実践編 プロの技を 学んでレベル アップ 活用編 ①イメージをすり合わせる 今日は ココ! コミュニケーションのギャップを解決するために。 『イメージをすりあわせるプロセス』を グラフィックレコーディングをやってみることで、考える! グラフィックレコーディングを 合意形成に活用する
  7. 7. ワークショップのポリシー “習うより慣れろ” ・グラフィックレコーディングはスポーツ! ・やればやるほどうまくなる!
  8. 8. ワークショップのポリシー “個性を活かそう” ・いいなと思った描き方はどんどん使っていこう! 紙もたくさん使ってOK! ・色、図形、絵。自分なりの工夫をしながら進めよう!
  9. 9. ワークショップのポリシー “身体感覚よ目を覚ませ!” ・手を動かすことで、発想のスピードは加速する ・身体全体をつかって絵を描こう!人が立ち上がる『スタンディング』は 空間をよりアクティブにし、ミーティングを活性化させる!
  10. 10. ワークショップのポリシー “皆が指をさせるものを描こう” ・「私がイメージしてたの、これ!」と『指をさせるもの』あるのが大事! ・太めのペン(プロッキー)で描いて、全員に見せられるように。
  11. 11. ウォーミング アップ1
  12. 12. さっそくですが質問です 今日は絵をよく描くワークショップなのですが… 『絵を描くのが楽しい』 『絵を描くことに苦手意識がある』 今の自分の感覚に近い場所に立ってください。 絵をかくことに 苦手意識がある 絵を描くのが 楽しい 部屋の中
  13. 13. さっそくですが質問です なぜこの場所にたったのか、 近くに立っている人(4人程度)で 話してみましょう。 絵をかくことに 苦手意識がある 絵を描くのが 楽しい 部屋の中
  14. 14. イメージや情報の認識、 すりあわせるためには どうすればいい?2
  15. 15. 本日寄せられたお悩みの一例 クライアントとの打ち合わせの時、 みんなが自分のイメージを持ってて すりあわせるのが難しい。 どうすればクライアントの イメージをうまくヒアリングできる? タスク管理や改善活動のような 打ち合わせの際に、 色々な意見が出て 結局まとめきれなかった。 言葉だけでの打ち合わせだと、 参加者同士でイメージがずれ ていることがある。 頭で思い描いても 絵が書けず伝えたいことが 全く伝わらない 新規プロジェクトのコンセプト詰めの際、 プロジェクトの全体像がつかみにくく、 詰めの漏れている部分になかなか 気づかないまま話が進んでしまった。 見えない ⇒イメージできない、認識あわない (⇒当然合意形成もうまくいかない・・・)
  16. 16. 『見える化』がもたらす効果 ②参加者が アイディア、 議論プロセスを 理解しやすくなる ③情報を俯瞰 することで、 新たな発想を生む ①頭の中にある アイディアを 形にできる 『見える化』することで、参加者の意欲が上がり、 認識のすりあわせ、アイディア創発、合意形成を促す
  17. 17. 『見える化』できる手法、グラフィックレコーディング 『グラフィックレコーディング』 会議での議論やカンファレンスの流れ、イメージ等、 情報を即座に、グラフィカルに視覚化し、共有する手法
  18. 18. グラフィックレコーディングの例 講演を記録⇒振り返り材料として使うために『見える化』 講演内容をグラフィックレコーディングして『見える化』 イベントをもりあげるしかけとして『見える化』 講演内容を楽しくシェアするため『見える化』 _人人人人人人人人人人_ > 日常業務じゃない <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
  19. 19. 日常業務、こんな時にグラレコは活かせるんです イメージ・情報を すり合わせたい時 アイデア発想の インスピレーションを高めたい時 今回のテーマ これ!
  20. 20. 顧客情報をチームで共有するために『見える化』 グラフィックレコーディング プロジェクトメンバー全員で 顧客の情報や関係、ニーズ、困りごとを把握 関係性を俯瞰 して、新たな 発見をした! クライアントが 把握してる顧客や その状況がわかった! © Naoka Misawa
  21. 21. イベントやワークショップの流れを『見える化』 グラフィックレコーディング 人の動き・環境・流れを俯瞰することで 状況を把握し、認識すりあわせや企画の議論を促す 文章だけだと 想像できない所も イメージできた 議論 しやすい
  22. 22. グラフィックレコーディングが役立つ場とは イメージや情報を、多様な参加者同士で理解が必要な場で 『グラフィックレコーディング』は力を発揮する 絵の持つ力『俯瞰できる、感覚的な構成で入りやすい、多様な解釈が可能』 「こう理解したよ! どうかな?」 「自分の話って、どんな イメージで伝わったかな?」 参加者同士の理解・会話が生まれる
  23. 23. グラフィック レコーディングって どうしたらできるの? 3
  24. 24. グラレコ課題分割 聴きとる 表現する 構造化する まずは情報を「聴く」 何を話しているのか、 意識して 聴きとっていく 聴いたものを「表現する」 聴きとったものを スピーディーに 伝わるイラストや 記号で表現する 表現を「構造化する」 描いた絵や情報の 関係性をとらえ 構造化する
  25. 25. グラレコ課題分割(今回のワーク) 聴きとる 表現する 構造化する まずは情報を「聴く」 何を話しているのか、 意識して 聴きとっていく 聴いたものを「表現する」 聴きとったものを スピーディーに 伝わるイラストや 記号で表現する 表現を「構造化する」 描いた絵や情報の 関係性をとらえ 構造化する 表現トレーニング イメージ・情報見える化トレーニング + グラフィックレコーディング演習
  26. 26. 準備運動4
  27. 27. 準備運動 お題: あなたが好きな食べ物を 絵で描いてください! ・「好きな食べ物のイラスト」と 「あなたのニックネーム」描こう! ・ A3の紙、めいっぱい大きく。 ・ 3分で(考えすぎずに、思い切って!)
  28. 28. 美しく描くための 基本を知ろう! トレーニングのその前に 5
  29. 29. グラレコでつかう道具(基本セット) 環境に合う 大きさの紙 裏写りしない 太いカラーペン はがしやすい テープ メモ&調べ物 スマホ メモ&構造検討 ポストイット 修正用 ラベルシール
  30. 30. 基本的なペンの持ち方 プロッキーの太いほうで、うまく描くための持ち方 尖った方を 親指側に持つ
  31. 31. 基本的なペンの使い方 ペン先全てを使って、 しっかり押しつける ペンを置くだけで こういう形ができる
  32. 32. 基本的なペンの使い方
  33. 33. 基本的なペンの使い方
  34. 34. 基本的なペンの使い方
  35. 35. 基本的なペンの使い方
  36. 36. まっすぐな線で、美しい文字がかける! ペンの向きが固定されていないと、不安定な文字に ペンの向きが固定されると、文字も安定して、 スピーディーに書けるように 名づけて:プロッキーフォント!
  37. 37. ペンに慣れるために描いてみよう 波線 長い線 ぐるぐる線 いろんな文字
  38. 38. 細かい文字を書きたい時のペンの持ち方 プロッキーの太いほうを、そのまま回転! ペンを回転させ 芯を縦向きにする 尖った部分を 下に向ける
  39. 39. 太い方でも細かい文字が書ける! ↓芯を縦向きにすると、細くて繊細な線がかける。
  40. 40. 表現トレーニング 6
  41. 41. タイトル文字を物体的に表現して目立たせる
  42. 42. キーワードさまざまな表現で目立たせる
  43. 43. 矢印をつかって紙面に動きを出す
  44. 44. 箇条書きでわかりやすさを意識する
  45. 45. ポイントにはアイコン、 ポンチ絵を入れて注目させる
  46. 46. 3秒アイコン 丁寧さ、上手さより何より、 一番大事なのは、伝わること。 伝わるものを、3秒で描いてみよう。
  47. 47. 3秒アイコン お題:「豆知識」「プロセス」 3秒アイコンを描いてみよう ? ? ? ?
  48. 48. 3秒アイコン 自分オリジナルでOK! 3秒で描けるアイコン、 どんどん貯めよう
  49. 49. 楽しく、見やすく見れるための工夫
  50. 50. 楽しく、見やすく見れるための工夫 ①タイトル文字を目立たせる
  51. 51. 楽しく、見やすく見れるための工夫 ②キーワード さまざまな表現で 目立たせる (議論の答え=強い囲み)
  52. 52. 楽しく、見やすく見れるための工夫 ②キーワード さまざまな表現で 目立たせる (大きく、太く強調)
  53. 53. 楽しく、見やすく見れるための工夫 ③矢印をつかって紙面に動きを出す (結論へ向かう議論テーマ 4つの流れ=矢印)
  54. 54. 楽しく、見やすく見れるための工夫 ④箇条書きで わかりやすさを意識する
  55. 55. 楽しく、見やすく見れるための工夫 ⑤ポイントにはアイコン、 ポンチ絵を入れて注目させる
  56. 56. 楽しく、見やすく見れるための工夫 ⑤ポイントにはアイコン、 ポンチ絵を入れて注目させる (AとB比較⇒天秤モチーフ)
  57. 57. 自分なりの簡単人間を描く パーツの配置を意識して顔を描こう!
  58. 58. 自分なりの簡単人間を描く
  59. 59. 自分なりの簡単人間を描く
  60. 60. 自分なりの簡単人間を描く
  61. 61. 自分なりの簡単人間を描く
  62. 62. 自分なりの簡単人間を描く 眉毛が、目のくぼみに 入ってしまう ☓ 眉毛を書く時には 目の周りと間隔をとろう。 なんか変・・・ 骸骨の形を想像・・・
  63. 63. 顔の表情を描いてみよう
  64. 64. 顔の表情を描いてみよう 嬉しい 口をあけ 口角を上げる
  65. 65. 顔の表情を描いてみよう 怒り への字口と 逆ハの字眉
  66. 66. 顔の表情を描いてみよう 悲しみ への字口と ハの字眉
  67. 67. 顔の表情を描いてみよう 驚き! 目と口が 開く
  68. 68. 顔の表情を描いてみよう わかった! 上向きで 口が少し上に
  69. 69. 顔の表情を描いてみよう 困った ハの字眉を しかめる
  70. 70. 顔に傾きをつけることで、意思がこもる 顔の表情+傾き
  71. 71. 身体の動きでさらに感情豊かに 体の動き
  72. 72. 質問タイム 「まずは描いてみる」をやってみて、 気になったところ、どこでした? グラフィックレコーダー兼 現役webディレクター! 描くのが苦手だったけど 少しずつ会議やワークショッ プで挑戦、練習しています
  73. 73. 休憩 休憩タイム
  74. 74. イメージ 情報見える化 トレーニング 7
  75. 75. イメージ・情報見える化トレーニング (1)イメージや情報を 自分なりに理解し、 手を動かして、描き出す (2)描いたイメージや情報を 相手とすり合わせる イメージ・情報のすりあわせに大事な2ステップ
  76. 76. イメージ・情報見える化トレーニング(1) (1)イメージや情報を 自分なりに理解し、 手を動かして、描き出す (2)描いたイメージや情報を 相手とすり合わせる まずは(1)から! ・聞きとる ・表現する ・構造化する ・聞きとる ・表現する ・構造化する
  77. 77. イメージ・情報見える化トレーニング(1) とはいっても、 何をかけば いいのかわからん! (1)イメージや情報を 自分なりに理解し、 手を動かして、描き出す どうしていいか わからず怖いよー 頭の中 真っ白になるよー 手がとまって フリーズ… 真っ白な紙に 何から書けば いいの~
  78. 78. イメージ・情報見える化トレーニング(1) (1)イメージや情報を 自分なりに理解し、 手を動かして、描き出す 3ステップで かくのがオススメ 人(もの) 状態・動作 だけ描く 感情を追加① ② 周囲の状況を追加 (3秒アイコンOK) ③
  79. 79. イメージ・情報見える化トレーニング(1) ①A3用紙とペンを用意 ②表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ③チーム内で見せあい
  80. 80. イメージ・情報見える化トレーニング(1) 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ▼例題1 自然公園の中で、 子供が一人、 楽しそうに歩いている
  81. 81. イメージ・情報見える化トレーニング(1) 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ▼例題1 自然公園の中で、 子供が一人、 楽しそうに歩いている
  82. 82. イメージ・情報見える化トレーニング(1) ▼例題1 自然公園の中で、 子供が一人、 楽しそうに歩いている 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK)
  83. 83. イメージ・情報見える化トレーニング(1) お題1いきます
  84. 84. イメージ・情報見える化トレーニング(1) ▼お題1 お父さんが「お母さんの料理は日本一」と 言った。 お母さんは、ほっぺたを赤くして、 照れながら料理をしている。 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK)
  85. 85. イメージ・情報見える化トレーニング(1) 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ▼お題1 お父さんが「お母さんの料理は日本一」と 言った。 お母さんは、ほっぺたを赤くして、 照れながら料理をしている。
  86. 86. イメージ・情報見える化トレーニング(1) 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ▼お題1 お父さんが「お母さんの料理は日本一」と 言った。 お母さんは、ほっぺたを赤くして、 照れながら料理をしている。
  87. 87. チーム内で振り返り 実際に描いてみて どうだった? 他の人がしていた 工夫は?
  88. 88. イメージ・情報見える化トレーニング(1) お題2 (ちょっと難しくなります)
  89. 89. イメージ・情報見える化トレーニング(1) 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ▼お題2: ご飯をたべて、温泉にはいった後、部屋で缶 ビールを開けた。 「ブラボー日本!ブラボー温泉!」と叫んだ。
  90. 90. イメージ・情報見える化トレーニング(1) 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ▼お題2: ご飯をたべて、温泉にはいった後、部屋で缶 ビールを開けた。 「ブラボー日本!ブラボー温泉!」と叫んだ。
  91. 91. イメージ・情報見える化トレーニング(1) 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ▼お題2: ご飯をたべて、温泉にはいった後、部屋で缶 ビールを開けた。 「ブラボー日本!ブラボー温泉!」と叫んだ。
  92. 92. イメージ・情報見える化トレーニング(1) 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ▼お題2: ご飯をたべて、温泉にはいった後、部屋で缶 ビールを開けた。 「ブラボー日本!ブラボー温泉!」と叫んだ。
  93. 93. イメージ・情報見える化トレーニング(1) 表示されている文章を読んで、 その文章の挿絵を描いてください。 ・STEP1:人(もの)状態・動作だけ描く ・STEP2:感情を追加 ・STEP3:周囲の状況を追加(3秒アイコンOK) ▼お題2: ご飯をたべて、温泉にはいった後、部屋で缶 ビールを開けた。 「ブラボー日本!ブラボー温泉!」と叫んだ。
  94. 94. チーム内で振り返り 実際に描いてみて どうだった? 他の人がしていた 工夫は?
  95. 95. 質問タイム 「イメージや情報を自分なりに理解し、 手を動かして、描き出す」をやってみて、 気になったところは? グラフィックレコーダー兼 現役webディレクター! 描くのが苦手だったけど 少しずつ会議やワークショッ プで挑戦、練習しています
  96. 96. 休憩 休憩タイム
  97. 97. グラフィック レコーディング 演習 8
  98. 98. グラフィックレコーディング演習 その前に・・・! シャッフルタイム! ・音楽のスピードにあわせて、部屋中を ゆっくり/速く歩いてください。 ・音楽がとまったとき、一番近い席に座ってください。 そのとき隣にいた人とペアになってください。 (軽く自己紹介)
  99. 99. グラフィックレコーディング演習 (1)イメージや情報を 自分なりに理解し、 手を動かして、描き出す (2)描いたイメージや情報を 相手とすり合わせる この2ステップをつなげて、イメージをすりあわせよう! ・聞きとる ・表現する ・構造化する ・聞きとる ・表現する ・構造化する
  100. 100. グラフィックレコーディング演習 お題:相手の 『理想のバカンス』の イメージを描いてください
  101. 101. グラフィックレコーディング演習 ①脳内マップで『理想のバカンス』 キーワードをかきだす ②相手の①を見て、 相手の理想のバカンスを絵にする ③②の絵を相手にみせながら ヒアリングし、 イメージをすりあわせ、新たな絵をかく といっても、まったくゼロからやると難しいので。 今回は、このイメージすりあわせのプロセスでいきます!
  102. 102. イメージ・情報見える化トレーニング(2) ①『脳内マップ』をかきます。 あなたの「理想のバカンス」を キーワードで記入してください。 ポイント: 重要なキーワードほど大きく!
  103. 103. イメージ・情報見える化トレーニング(2) ②ペアの相手と、 『脳内マップ』を交換してください。 相手の『脳内マップ』キーワード5~10個をみて、 「(相手の)理想のバカンス」イメージを 描いてください(簡単な絵)
  104. 104. イメージ・情報見える化トレーニング(2) ③-1:じゃんけんして、勝った人が負けた人へ、 ②の絵をみせながら、イメージすりあわせの ヒアリングをしてください。 •「○○ってワードってこういうイメージ?」 •「△△ってワード、こう認識してこう描いたんだけど あってる?」など イメージをどんどんすりあわせるために、 ヒアリングしつつ新しい紙にイメージをかきましょう!
  105. 105. イメージ・情報見える化トレーニング(2) ③-2:次は負けた人が勝った人へ、 ②の絵をみせながら、イメージすりあわせの ヒアリングをしてください。 •「○○ってワードってこういうイメージ?」 •「△△ってワード、こう認識してこう描いたんだけど あってる?」など イメージをどんどんすりあわせるために、 ヒアリングしつつ新しい紙にイメージをかきましょう!
  106. 106. ペアで振り返り イメージすりあわせのプロセス振り返り ふせんに一言描いて、プレゼント! ・相手が、自分のイメージを つかむ時難しそうに みえたところは? ※もしあればでOK 美女=民族音楽ダン サー。別々のキー ワードで描いてたけ ど質問の中できづい てくれた 同行者の存在。 脳内マップや1枚目に 描いてなかったけど、 途中できづいて描いて くれた 「バリのイ メージ」をつ かむのが大変 そうだった ・「あーーそれそれ!」「分かってくれた」と 感じたところは?なぜそう感じましたか? ※2~3点描きましょう
  107. 107. チーム内で振り返り 「どうやってイメージを すりあわせていきましたか?」 「イメージすりあわせのプロセスで、 絵はどう役にたった?」 ①②③の絵とふせんを見せあいながら
  108. 108. 復習! どんなことが、 イメージや情報のすりあわせ、 コミュニケーションギャップを うめることにつながった?
  109. 109. ダイアログ8
  110. 110. ダイアログ 今日、どんなことを 学びましたか? 模造紙の中央に↑の問いを描いて、 そのまわりにチーム内ででた意見を どんどん描いていきましょう
  111. 111. ダイアログ 見える化することで コミュニケーションは どうかわった? A3の紙に1つ、チーム内で得た学びを かいてください。
  112. 112. どうやるとコミュニケーションに役立つ 見える化ができるのか? byグラフィックレコーダー イメージや情報を 自分なりに理解し、 手を動かして、描き出すコツ 描いたイメージや 情報を相手と すり合わせるコツ
  113. 113. どうやるとコミュニケーションに役立つ 見える化ができるのか? byグラフィックレコーダー イメージや情報を自分なりに理解し、手を動かして、描き出すコツ ①イメージをすり あわせるべき 大事なシーンを きりとる。 切り口を きめてから描く。 全体を 俯瞰する目的 詳細を 把握する目的 イベント 終了後の ビジョン イベントの コンセプト イベントで利用する グラレコのフォーマット
  114. 114. どうやるとコミュニケーションに役立つ 見える化ができるのか? byグラフィックレコーダー イメージや情報を自分なりに理解し、手を動かして、描き出すコツ ②ものごとの 関係性を見つける
  115. 115. どうやるとコミュニケーションに役立つ 見える化ができるのか? byグラフィックレコーダー イメージや情報を自分なりに理解し、手を動かして、描き出すコツ ③視点を意識する 全体/詳細 全体を俯瞰する目的 詳細を把握する目的
  116. 116. どうやるとコミュニケーションに役立つ 見える化ができるのか? byグラフィックレコーダー イメージや情報を自分なりに理解し、手を動かして、描き出すコツ ④色遣い、具体的 モチーフ大事にする 赤:企業 青:地域
  117. 117. どうやるとコミュニケーションに役立つ 見える化ができるのか? byグラフィックレコーダー イメージや情報を自分なりに理解し、手を動かして、描き出すコツ ⑤たくさんの内容を もりこみすぎない (内容はシンプルに、 大事なディティールは詳細に)
  118. 118. どうやるとコミュニケーションに役立つ 見える化ができるのか? byグラフィックレコーダー イメージや情報を自分なりに理解し、手を動かして、描き出すコツ ⑥メタファを使う
  119. 119. どうやるとコミュニケーションに役立つ 見える化ができるのか? byグラフィックレコーダー グラフィックをつかって イメージをすり合わせるコツ キーワードを最初に聴き出す。 イメージが書きやすくなる。 対話をしながら、 合っているところ 違っているところ を明確にする。 (たたきとしてのイメージ をうまくつかう。) 描きながら、具体的な ポイントを聴き出す 「これでいい?」 「こういうことかな?」 「この位置?」「こんな鳥?」 新しく描きながら、 軌道修正していく 聴きながら関係性を 理解する
  120. 120. さいごに 筋肉は一日にして成らず
  121. 121. さいごに 今後ともぜひご期待ください! 基礎編 手法を知って 体験してみよう! ②アイデア発想のインス ピレーションを高める 実践編 プロの技を 学んでレベル アップ 活用編 ①イメージをすり合わせる 今日は ココ! 企画中 企画中 企画中 グラフィック レコーディングを アイデア発想 に活用する グラフィックレコーディングを 合意形成に活用する
  122. 122. さいごに 仲間と一緒にグラレコ筋トレ! グラフィックレコーディング勉強会 https://www.facebook.com/graphicrecord グラフィックレコーダーネットワーク これからグラフィックレコーディングを 勉強したい方むけ! 新しいワークショップのご案内や 勉強会メンバーのグラフィックレコーディング 活動をレポートします グラフィックレコーディングを 様々なカンファレンスやイベント等 現場でどんどん活かしたい方向け。
  123. 123. おすすめの本(そして参考文献) 会議を視覚化する・進行するぞ! 伝わる表現・構造って何だろう? グラフィックレコーダーの 力をつけたい 要約苦手、うまくなりたい

×