Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
手っ取り早くプロジェクトをなんとかしたい人のためのnanapi流ツール活用術~WebSig会議 vol.34「Webディレクター必見!プロジェクトを成功に導く、オンラインツール活用トラノマキ2014」
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

Prototype in Service Design

Download to read offline

LT資料 @ Prott User Meetup vol.6 TOKYO

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Prototype in Service Design

  1. 1. Prototype
 in Service Design 2015, Mar, 25 Prott User Meetup vol.6 TOKYO Hiiro Kato @ nanapi.inc
  2. 2. Introduction 株式会社nanapi デザイナー 加藤緋彩 - HiiroKato -
  3. 3. Prototype
 in Service Design サービスデザインをちょっとカジったデザイナーが、
 取り組んでいる事例や、そこから見たプロトタイピングの気づき
  4. 4. サービスデザイン
 - Service Design -
  5. 5. ? ! Service Design
  6. 6. 利用前 利用中 利用後 サービスの利用前後のユーザーストーリーを考慮 ? !
  7. 7. 利用前 利用後 サービスに関係する人達の接点全体をデザインの対象と捉える 開発チーム 運用チーム 利用中 ? !
  8. 8. なぜサービスデザイン?
 - The reason why I take interest -
  9. 9. 新規サービス
  10. 10. App?Web? Real? アプリなのか、Webなのか、リアルなのか、いろいろな可能性があった
  11. 11. これじゃ画面のデザインできない! Prott使えない!
  12. 12. 画面の外で起きていることに目を向けたい
  13. 13. Service Design サービスデザインからみたプロトタイピングをやってみたい!
  14. 14. 様々な手法 • エスノグラフィー • サービスプロポジション • カスタマージャーニーマップ • プロトタイピング • Tomorrow Headline    and more…!!
  15. 15. 可視化 - visualize -
  16. 16. こんな感じでやってます
  17. 17. 様々な手法 • エスノグラフィー • サービスプロポジション • カスタマージャーニーマップ • プロトタイピング • Tomorrow Headline    and more…!!
  18. 18. サービスを利用したりする際で、各段階に用意すべき施策、 そのれによるユーザーの感情の動きなどを時系列に沿って視覚的に表現するモデル 
 画像引用:”The Anatomy of an Experience Map - Adaptive Path”
 http://www.adaptivepath.com/ideas/the-anatomy-of-an-experience-map/
  19. 19. 利用前 利用中 利用後 サービスの周りにあるユーザーストーリー全体を
 書き出して視覚的に表現 ? !
  20. 20. ポストイットで超簡易的にカスタマージャーニーマップを描いて コンセプトメイキングに活かす
  21. 21. ボトル ネック 行動 思考 タッチ ポイント 価値 感情
  22. 22. イケてるところ • サービスの目的をスムーズに共有できる • 作るサービスの範囲が分かる • ユーザの段階ごとのメンタルが想定できる
  23. 23. 様々な手法 • エスノグラフィー • サービスプロポジション • カスタマージャーニーマップ • プロトタイピング • Tomorrow Headline
  24. 24. 早期に機能やアイデアを簡易的な形にし、
 設計を様々な観点から検証したり、サービスの検証や分析・改善を行う (ここでProttの出番!)
  25. 25. 利用前 利用中 利用後 サービス自体の形を表現 ? !
  26. 26. イケてるところ • UIの設計、チェック、改善がスピーディ • サービスの価値や設計の検証できる • プロジェクトメンバーの共通言語に
  27. 27. 可視化 - visualize - 全ては可視化がポイント!
 手を動かしながら考える、絵で考えることにつながります
  28. 28. サービス = 形のないもの
  29. 29. 無形なものを形にする = 見える化
  30. 30. 一方で、いっぱいあるものを整理、構造化、もしくは見せない
  31. 31. 3つメリット 共有 発見 整理 分析
  32. 32. 形のないもの   可視化
  33. 33. 良いサービスづくりへ!!
  34. 34. 最後に。。。
  35. 35. 新規サービス
  36. 36. ProttのAndroid版
 待ってます!
  37. 37. ありがとうございました!! - Thank you !! -
  • surfdog134

    Mar. 28, 2019
  • mihokomori23

    Jul. 18, 2018
  • ryouichisei

    Nov. 22, 2017
  • MaiYokoyama

    Jun. 13, 2017
  • SoumaKunihiko

    Apr. 12, 2017
  • shunkimura37

    Sep. 13, 2015
  • Hikaememappy

    Jun. 6, 2015
  • dainakamuraxx

    May. 28, 2015
  • ronaansi

    Mar. 31, 2015
  • kanakotakehara

    Mar. 27, 2015
  • future79

    Mar. 27, 2015
  • shunsukekawai94

    Mar. 26, 2015
  • uetanimasayuki

    Mar. 26, 2015

LT資料 @ Prott User Meetup vol.6 TOKYO

Views

Total views

1,620

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

33

Actions

Downloads

10

Shares

0

Comments

0

Likes

13

×