Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

対話を「見える化」する ファシリテーション・グラフィック

3,290 views

Published on

千葉県茂原市での「第2回協働事業提案サポート講座」で開催した、『対話を「見える化」する ファシリテーション・グラフィック』の資料です。

Published in: Government & Nonprofit
  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

対話を「見える化」する ファシリテーション・グラフィック

  1. 1. 1グラフィックレコーディング勉強会, Naoka Misawa, Azumi Wada グラフィックレコーディング勉強会 対話を「見える化」する ファシリテーション・グラフィック
  2. 2. 本日は、よろしくお願いします! グラフィックレコーダー:名古屋 友紀 ファシリテーター:和田あずみ Webサイトの大規模リニューアルからアプリ制作、音楽・映像制作をワンストップで行う受 託制作会社で、UX部門のディレクターに従事。 セミナー、カンファレンス、企業内研修などで描いたり、場作りをしています。 千葉県浦安市出身 日本デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業 産業技術大学院大学人間中心デザイン 修了 グラフィックファシリテーター/ワークショップデザイナー オンライン旅行サイト『DeNAトラベル』の定性・定量調査、サービス開発に従事。 グローバルなデザインの現場の現場をはじめ、カンファレンスやNPOの合意形成の場などで ファシリテーショングラフィック、グラフィックレコーディングの活動を行っています。 グラフィックレコーダーネットワーク運営メンバー 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業 産業技術大学院大学人間中心デザイン 修了 HCD-Net認定 人間中心設計専門家
  3. 3. お願い事項 • ワーク中は細いペンではなく、配布している プロッキーを必ずご利用ください。 (細いペンで自分のノートを書いている方も、 ワークの時には必ず持ち替えてくださいね!) • 迅速なワークショップ進行のため、 メモをPCで取るのはお控えいただけるよう、 ご協力お願いいたします。 ワークの内容上、机の上でたくさん紙を使って 手を動かします。机の上は、紙とペンと手が最優先! • 今回のワークショップは撮影を行っています。 撮影NGの方、スタッフまでお声がけください。 • 資料は全て共有します!ご安心を。
  4. 4. 描いてコミュニケーションを促す ファシリテーション・グラフィック!
  5. 5. ワークショップのポリシー “習うより慣れろ” ・コミュニケーションのためのグラフィックはスポーツと一緒! ・やればやるほどうまくなる! ・たくさん失敗しよう!
  6. 6. ワークショップのポリシー “個性を活かそう” ・いいなと思った描き方はどんどん使っていこう! 紙もたくさん使ってOK! ・色、図形、絵。自分なりの工夫をしながら進めよう!
  7. 7. ワークショップのポリシー “身体で描き、身体で理解せよ” ・身体全体をつかって、大きな線を書くことで習得が早くなる! ・紙の抵抗感を感じて書くと、線が活き活きしてくる!
  8. 8. ワークショップの進め方 • 視覚化の技法 • ウォーミングアップ • 表現する トレーニング • 聴く+表現する トレーニング • ファシリテーショングラフィック演習 (聴く+表現する+計画する) • グラフィックレコーディングで振り返り • リフレクション
  9. 9. ワークショップのねらい 議論、対話など コミュニケーションのための グラフィック イラスト、美しさを求める グラフィック グラフィッカー1人当たり 参加人数少ない グラフィッカー1人あたり 参加人数多い 挿絵 イラスト スケッチノート ファシリテーション グラフィック グラフィック レコーディング このへんから やってみよう!
  10. 10. いろんなところで役に立つ 視覚化の技法
  11. 11. 視点が変わる 例:ナポレオンのロシア遠征 大陸封鎖令を出した事で、イギリスの物産を受け取れなくなったヨーロッパ大陸諸国は経済的に困窮した。1810 年、ロシアは大陸封鎖令を破ってイギリスとの貿易を再開。ナポレオンはロシア攻撃を決意する。1812年6月23 日、27万のフランス軍を主体とし同盟国の軍隊を含む70万の大陸軍が国境のネマン川を渡った。ロシア遠征の始 まりであった。 ロシア軍の戦略は、退却によってフランス軍をロシア領の奥深く引きずり込み、焦土戦術によって食料の補給を断 つことであった。8月17日にはスモレンスクが陥落するが、町は焼失させられていた。9月7日、モスクワ西方のボ ロジノで、クトゥーゾフ率いるロシア軍はフランス軍との決戦を試みる。このボロジノの戦いはフランス軍の辛勝 に終わり、結局ロシア軍は焦土戦術を強化した。 ナポレオンのロシアからの撤退 9月14日、ナポレオンはモスクワに入城した。市民の大部分は町を脱出した後であった。14日の夜からモスクワの 大火が起き、モスクワの町は4日間にわたって燃え続け、4分の3が焼失した。これによって、フランス軍は住居も 食料も失ってしまう。ナポレオンはアレクサンドル1世との和平交渉を試みるが返事はなく、冬が近づいていた。 10月19日、ナポレオンはモスクワからの撤退を決意した。 撤退するフランス軍に対して、ロシア軍のコサック騎兵や農民のゲリラが襲い掛かり、さらには11月に入ると冬将 軍が到来し、飢えと寒さで死亡する者が続出した。10月23日にはパリでマレー(フランス語版)によるクーデ ター未遂事件が起きる始末であった。撤退の過程で、大陸軍では37万が死亡し、20万が捕虜となった。12月10日 にネマン川を越えて帰還したのはわずか5,000であった。だがこの戦いでロシア軍も40万を失ったのだった。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B 3%E6%88%A6%E4%BA%89
  12. 12. 視点がかわる(虫の目) https://ja.wikipedia.org/wiki/1812%E5%B9%B4%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E6% 88%A6%E5%BD%B9#/media/File:Napoleons_retreat_from_moscow.jpg より引用 「ナポレオンのモスクワからの退却」
  13. 13. 視点がかわる(虫の目) https://ja.wikipedia.org/wiki/1812%E5%B9%B4%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E6% 88%A6%E5%BD%B9#/media/File:Napoleons_retreat_from_moscow.jpg より引用 「ナポレオンのモスクワからの退却」 兵士が すっごい寒そう 辛そう・・・ ナポレオン 馬にのってて 偉そうだけど孤独 寒くて死んだ人 たくさんいそう
  14. 14. 視点がかわる(鳥の目) http://www006.upp.so- net.ne.jp/inamoto/Minard_zentai.png より引用 ミナールによる1812-1813年ロシア戦役地図 和訳版
  15. 15. 視点がかわる(鳥の目) http://www006.upp.so- net.ne.jp/inamoto/Minard_zentai.png より引用 ベレジナ渡河で 半分まで減ってる モスクワ撤退時、 人数減るような ことは おきてない モスクワ退却後 どんどん寒くなる気温 実は往路で 1/5まで兵士数が 減っている ミナールによる1812-1813年ロシア戦役地図 和訳版
  16. 16. さまざまなシーンでつかえる「視覚化の技法」 講演会で 対談の場で 会議で 座談会で アイデア出し の場で 戦略会議で
  17. 17. グラフィックレコーダーネットワーク(日本) 講演内容をみんなの前でグラフィカルに記録する
  18. 18. 講演内容をみんなの前でグラフィカルに記録する さっきの話 こういう 見方もあっ たのか! © Naoka Misawa 登壇したことの 全体像がすぐ見 える! グラフィックレコーディング そうそう、 こんなコト 言ってたな
  19. 19. 見解をぶつけあうためのきっけけに スピーカーの この言葉って 大事だったね あの部分、 自分はこう 思った! 今日のイベントに これなかった仲間へ すぐ共有しよう!
  20. 20. 対話の場で、思いや意見をかきだす ファシリテーショングラフィック 他の方向性でも 考えてみよう! どんどん 絵になるから 発想しやすい!
  21. 21. 会議の場でアイデアをスケッチする © Naoka Misawa どんどん 絵になるから 発想しやす い! 見てたら 閃いた! グラフィックレコーディング
  22. 22. 視覚化の効果 ②参加者が アイディア、 議論プロセスを 理解しやすくなる ③情報を俯瞰 することで、 新たな発想を生む ①頭の中にある アイディアを 形にできる 視覚化することで、参加者の意欲が上がる。 アイディア創発の場や会議では、合意形成を促す。
  23. 23. 対話の場をつくり、次に活かす計画をする 「地方創生とは市民の自立。行政でなく“市民”がまちのことを決 める自治の先進地、静岡県牧之原市に学ぶ、これからの地方自治 体のあり方」GREEN POWER プロジェクト より引用 http://www.greenpowerproject.jp/article/%E5%9C%B0%E 6%96%B9%E5%89%B5%E7%94%9F%E3%81%A8%E3% 81%AF%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E8%87 %AA%E7%AB%8B%E3%80%82%E8%A1%8C%E6%94%B F%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%8F%E5%B8%82% E6%B0%91%E3%81%8C/ 市民と市の職員 自分たちで 自治を行うよう に変わった! みんなの 意見を ひきだせる ファシリテーショングラフィック (グラフィックハーベスティング)
  24. 24. 牧之原市の取り組み https://seijiyama.jp/article/news/omn20161114.htmlより引用 公共施設のあり方を市民と考える対話の場
  25. 25. 牧之原市のとりくみ 「市民一人一人が、主体的に活躍できる場をつくる」 認定ファシリテーター制度 https://seijiyama.jp/article/columns/w_maniken/wmk03_ 58.htmlより引用
  26. 26. グラフィックの力をかりた、 協働のためのファシリテーション • 参加者への効果 – 描くことで、皆が情報を 客観化することを促す – 描くことで、 「誰がいった」ではなく、 場のものになる – AさんvsBさんではなく、 問題vs私たちになる • ファシリテーションへの効果 – まず描くことで 予測してなかった意見や できごとがおきても客観化できる – 脱「うまくいかなくなりそうで怖い」 「あいつが悪い、この場から いなくなればいいのに」 – 「場のために必要なことをする」 というミッションに集中しやすくなる
  27. 27. ところで・・・ ファシリテーショングラフィックって どうしたらできるの?
  28. 28. コミュニケーションのためのグラフィック 課題分割 話された情報 ノンバーバルな情報 両方を感じる コミュニケーションの 目的を考える 簡単で伝わる 表現をする 描く→促す 計画する 聴く 表現する
  29. 29. ウォーミング アップ!!
  30. 30. お題: あなたの今日の意気込みと 呼んでほしい名前を A3用紙に書いてください(5分間) 自分だけの噴き出しをデザインして その中に大きく描いてください。 条件:色を2色以上使う
  31. 31. 表現 トレーニング
  32. 32. コミュニケーションのためのグラフィック 課題分割 話された情報 ノンバーバルな情報 両方を感じる コミュニケーションの 目的を考える 簡単で伝わる 表現をする 描く→促す 計画する 聴く 表現する
  33. 33. 表現トレーニング トレーニングその前に 描くための 基本を知ろう!
  34. 34. グラレコでつかう道具(基本セット) 環境に合う 大きさの紙 裏写りしない 太いカラーペン はがしやすい テープ メモ&調べ物 スマホ メモ&構造検討 ポストイット 修正用 ラベルシール
  35. 35. 基本的なペンの持ち方 基本的なペンの持ち方!
  36. 36. 基本的なペンの持ち方 プロッキーの太いほうで、うまく描くための持ち方 尖った方を 親指側に持つ 親指 人差 し指
  37. 37. 基本的なペンの使い方 ペン先全てを使って、 しっかり押しつける ペンを置くだけで 長方形ができる
  38. 38. 基本的なペンの使い方
  39. 39. 基本的なペンの使い方
  40. 40. 基本的なペンの使い方
  41. 41. 基本的なペンの使い方
  42. 42. まっすぐな線で、美しい文字がかける! ペンの向きが固定されていないと、不安定な文字に ペンの向きが固定されると、文字も安定して、 スピーディーに書けるように 名づけて:プロッキーフォント!
  43. 43. ペンに慣れるために描いてみよう 波線 長い線 ぐるぐる線 いろんな文字
  44. 44. Photo: Toshiya Kondo 表現トレーニング
  45. 45. コミュニケーションのためのグラフィック 課題分割 話された情報 ノンバーバルな情報 両方を感じる コミュニケーションの 目的を考える 簡単で伝わる 表現をする 描く→促す 計画する 聴く 表現する
  46. 46. 自分なりの簡単人間を描く パーツの配置を意識して顔を描こう!
  47. 47. 自分なりの簡単人間を描く
  48. 48. 自分なりの簡単人間を描く
  49. 49. 自分なりの簡単人間を描く
  50. 50. 自分なりの簡単人間を描く
  51. 51. 自分なりの簡単人間を描く 眉毛が、目のくぼみに 入ってしまう ☓ 眉毛を書く時には 目の周りと間隔をとろう。 なんか変・・・ 骸骨の形を想像・・・
  52. 52. コミュニケーションにおけるグラフィックで よく使う表現 顔の表情を描いてみよう 嬉しい 怒り 悲しみ 驚き! 困ったわかった!
  53. 53. コミュニケーションにおけるグラフィックで よく使う表現5種 流れ・関係性の表現 まとまりの表現 強調表現 タイポグラフィ アイキャッチ(3秒アイコン)
  54. 54. タイトル文字を物体的に表現して目立たせる
  55. 55. キーワードさまざまな表現で目立たせる
  56. 56. 矢印をつかって紙面に動きを出す
  57. 57. 箇条書きでわかりやすさを意識する
  58. 58. グラフィックレコーディングでよく使う表現 アイキャッチになるアイコンをつかう
  59. 59. 3秒アイコンをマスターしよう • コミュニケーションで使うグラフィックでは、 3秒ほどで描ける3秒アイコンを多用します。 3秒アイコンマラソン!
  60. 60. 3秒アイコンをマスターしよう • A3用紙を縦と横におって、4分割! 3秒アイコンマラソン!(4コマの枠を作ろう) ① ➁ ③ ④
  61. 61. 3秒アイコンをマスターしよう • これから読み上げるアイコンを3秒程度で、 枠の中にどんどん描いていきましょう! シンプルに伝わりやすいものをガシガシ描 きます! • 合計4個、描きます! 3秒アイコンマラソン!
  62. 62. 3秒アイコンをマスターしよう お題はこちら 1.ひらめき 2.パソコン 3.チーム 4.茂原
  63. 63. 3秒アイコンをマスターしよう 隣近所のひとで どんなアイコンを描いたのか 見せあいっこしてみましょう 3秒アイコンマラソン!
  64. 64. 聴く+表現する トレーニング
  65. 65. コミュニケーションのためのグラフィック 課題分割 話された情報 ノンバーバルな情報 両方を感じる コミュニケーションの 目的を考える 簡単で伝わる 表現をする 描く→促す 計画する 聴く 表現する
  66. 66. 描きながら聴きだす 体験をしよう!
  67. 67. 多様な背景の人々と、 情報のすりあわせに有効なグラレコ
  68. 68. 情報のすりあわせでつかうには? 聴く 書いて見せる 実は、この順番だとうまくいかない!
  69. 69. 情報のすりあわせでつかうには? 聴く書いて見せる
  70. 70. 72 「書いて聴き出す」 試してみましょう!
  71. 71. 1. 太いペンで大きく書く 2. 文章は箇条書きに、分量は少なめに 3. 大事なことは単語で大きく書く 4. 関係は矢印と四角で表現 5. 大事なポイントを色や線で強調する 6. ポイントにポンチ絵をいれる うまく書くコツ 73
  72. 72. 太いペンで大きく書く 74
  73. 73. 太いペンで大きく書く(テーマを囲む) 75
  74. 74. 箇条書きで書く 76
  75. 75. 大事なことを単語で書く 77
  76. 76. 関係性を矢印と四角で書く 78
  77. 77. ポイントを、色や噴き出しで強調する 79
  78. 78. ポイントに3秒アイコンを入れる 80
  79. 79. 2人で対話(5分ずつ) メモを見せるようにとる! 会話のテーマ あなたにとって この1週間であった 3大ニュースは? 81
  80. 80. テーマとうまく描くコツ 82 あなたにとって、この1週間であった、 3大ニュースは? 1. 太いペンで大きく 2. 箇条書き 3. 単語で大きく 4. 関係は矢印と四角で 5. ポイントを色や線で強調 6. ポイントに3秒アイコン
  81. 81. 休憩
  82. 82. ファシリテーション グラフィック演習
  83. 83. コミュニケーションのためのグラフィック 課題分割 話された情報 ノンバーバルな情報 両方を感じる コミュニケーションの 目的を考える 簡単で伝わる 表現をする 描く→促す 計画する 聴く 表現する
  84. 84. 異なる価値観の人と話し『意味』を共有 ・相手の発言にはどんな意味(価値観・背景情報)がある? ・全体をみたとき、 全体からどんな意味がうかびあがって、見えてくる? ファシリテーショングラフィックの力を 活かす
  85. 85. そうはいってもただ描くとこうなる 言葉が散乱して よくわからない 無秩序に話したいこと 話しただけ? ※グラフィッカー同士でかいています・・・
  86. 86. 考えやすく、わかりやすくなる『構造』 みなで一緒に、何かを考えやすくなる 『構造』がある。 構造がなくわかりづらい例 構造をきめて描いて考えた例
  87. 87. 描くことは、考えること 「今、何を考えるために 描くんだろう?」目的を考える – 目的に応じて、むいている 描き方がある – 特に「目的」と「構造」に 着目するのがオススメ 描くことで、場にいるひとたちと 一緒の方向でものごとを 考えることができる
  88. 88. さまざまな、構造化パターン リスト ラディアル クラスター グリッド/テーブル ダイアグラム
  89. 89. 91 さまざまな、構造化パターン 例 内容でまとめずに、意見を、そのまま書き 出し並べる。箇条書きに書く。 たくさんとにかくだしたいときに! リスト
  90. 90. ラディアル さまざまな、構造化パターン 例 情報を矢印や枝でつなぎ、情報全体のつなが りとひろがりを示す。 色々な切り口からテーマを考えたいときに。
  91. 91. クラスター さまざまな、構造化パターン 情報の内容を意識し分類しながら、情報 の種類、関係性を見つけていく。 でてきた情報を整理していきたいときに。 ※Aさんの発言、Bさんの発言、という整理ではなく、 でてきた情報から近いものをまとめていく技法です 例
  92. 92. さまざまな、構造化パターン 目的に応じて整理する軸が見えており 思考のプロセスをチームであわせて 進めたいとき 例 グリッド/テーブル https://jp.pinterest.com/phenellal/graphic- facilitation/
  93. 93. ダイアグラム ダイアグラム 時間軸や、話の流れにそって順番に描き、 流れをつないで、全体を俯瞰したいとき 例
  94. 94. “行政”についてどう感じている? • 「協働を実施」という方針 は各地で言われている • 行政職員とか、市民活動団 体の立場はおいて。 ”地域で活動している自分”は どう感じている? • 「こうあるべき」ではなく、 いまの自分が「感じてい る」位置に立つ 身近な存在 とおい存在
  95. 95. 2~3人で対話(10分) 選んだ構造で、どんどん描いてみよう! 対話のテーマ1 どう感じて、その場所に立った? 必ず相手の背景も描いてみる 例:どんな思いを持ってる?感じてる?
  96. 96. 構造を決めて、タイトルを描く どう感じて、その場所に立った? まず半分を使おう! ※縦でもOK!描きたいように♪
  97. 97. 2~3人で対話(10分) 選んだ構造で、どんどん描いてみよう! 対話のテーマ2 ここから、どう動いてみたい? ここにいてみたい? 相手の持っているイメージは?
  98. 98. 構造を決めて、タイトルを描く ここから、どう動いてみたい?ここにいてみたい? あと半分を使おう!
  99. 99. グラフィックをみて、話し合いを俯瞰してみる • つながり、関係性ってどうなってるかをみて・・・ もっと話してみたいことを考える。 • 特定の意見にかたむいてないか? さらにきくべき立場の人はだれか? (賛成/反対、親/子、特定の人や属性だけの発言) • もっと深くみんなが話したそうにしてた話題ってどれだろう? • 描いてた時、みんながわくわくしてたとこってどこだろう? • ここに描かれていないものってなんだろう? • 描かれているものをみて、見てきてた新たな論点は? グラフィックを見ながら考えて、 1人3枚程度次に話したいことをかく
  100. 100. グループ内で発表 • 1人1分ずつ、描いた付せんを発表 • グループで次に話してみたい点を 2~3点決めましょう
  101. 101. • 今、心から話したいことを話しましょう
  102. 102. いいな!と思う作品 共感した!と思う作品 一言コメントをおくろう
  103. 103. リフレクション
  104. 104. ふりかえり 今日のワーク内容と ポイントをグラレコで 振り返ってみよう!

×