Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

グラフィックレコーディングワークを考える 150112

4,722 views

Published on

グラフィックレコーディングをやってみよう会~「グラレコの3大筋肉を鍛えよう その②~
構造化トレーニング① List / Radial / Cluster
構造化トレーニング② Diagram

Published in: Design

グラフィックレコーディングワークを考える 150112

  1. 1. グラフィックレコーディングを やってみよう会 ~グラレコの3大筋肉を鍛えよう その②~ 2015/1/11 (日) 和田あずみ
  2. 2. ねらいと本日の進行 今回のワーク「構造化」の狙いの説明 ・イラスト禁止 下書き禁止 ・構造を書ききろう、伝えきろう
  3. 3. 構造化トレーニング① List / Radial / Cluster
  4. 4. 構造化トレーニング② Diagram 「死の直前、人がとる行動は3つにわけられる」 あ る救急救命士が、生と死の狭間で見たもの http://logmi.jp/32787 プレゼン朗読をDiagram・イラストなしで構造化
  5. 5. 総括(1)リスト list 【特徴】 ○フレーズで書ける ○時系列の表現がしやすい ○文脈が残しやすい ×人のプレゼン先読みしにくい ×粒度そろえてまとめあげるのにはむいていない ×俯瞰して整理して書くのにはむいていない ×共通項を書くのにはむいていない ×関係性を見せられない 【用途:誰がみてもわかる!】 ・最後にサマリーとして書くのによい ・動詞で終わるなど文脈を書くのによい
  6. 6. 総括(2)ラディアル radial 【特徴】 ○時間に引きずられない、違うものが書ける ○解釈いれて共通項を見つけられる ○細かい分岐がわかりやすい ×関連づけにはむいていない ×ラディアルの図だけで解説なしで人に伝えるのは難しい 【用途:発想をする!】 ・アイディアをだす ・単語で書いて、数をだす
  7. 7. 総括(3)クラスター cluster 【特徴】 ○まとめる ○ラベルをつける ○関係に集中して理解する ○ボトムアップで話しやすい ○解釈が入りやすい ○大枠がみえる、見渡し感がある ×リストアップの時間はとれない ×まったく先がみえない話題において、 演繹であたりをつけていくと破たんすることも・・・ 【用途:帰納的に解釈を入れる】 ・解釈をいれ構造をまとめる ・複数のトピックの共通項を探す ・(話の背景知識がある場合は、 演繹であたりをつけてブラッシュアップ することもできる)
  8. 8. 総括(4)ダイアグラム Diagram 【事前の準備】 ・構造決めが大事 ・「3つの○○」というようなテーマがきたら、 必ず「3点」をおさえておく 【グラレコ中】 ・序論、本論、結論を意識。 ・大事な言葉は「発話者が言ったまま」 「具体的な体験」を書き出す ・大事なキーワード、トピックをぬきだす ・もし聴き逃してもすぐ切り替えて次をきく ・意味のある囲い方をする 【事後のまとめ】 ・「自分が説明するならここ」というポイントを背景、 色、枠、矢印、太い線等強調。 ・事前に決めた構造を、背景、色、枠、矢印、 太い線等で強調して書ききる、伝える
  9. 9. 総括(5)途中リカバリー策 Q:自分の知ってるテーマが話される時、演繹して構造化してみた。 けど新たな切り口がみえてくるかもしれなくて怖い、どうしよう・・・ A:いざという時に使える余白を残しておく。 もし使わない場合は装飾に利用するなどよい。 Q:『果物』=「りんご」「みかん」、『肉』=「豚肉」「牛肉」という ラベリングで構造化したけど、「皿」という要素が追加されて、 大きいラベリングが『食べ物(果物と肉を内包)』『食器』に なってしまった。どうしよう・・・ A:大きいラベリングの文字の下に線を引く、背景をひく、 太い枠で要素を囲う、別の色を用いるなど、既存の区分より目立つ 別のデザイン要素を追加する。 Q:ワードが聞き取れなくて、そこからどうしていいかわからなくなった!あわわ。 A:ワードの入る欄を空白にして、後から発話者にきく。 書けなくても後から書こう、と気持ちを切り替える。 Q:漢字を忘れた!英語のスペル怪しい! A:グラレコ中にスマホを常備して、すぐ検索。 Q:専門用語がでてきて困りました。 A:頻出する専門用語等、議論についての事前知識を 可能なら仕入れておく。描けるようにしておく。
  10. 10. 総括(6)感想 ・絵を禁止することで構造化集中できた ・list radial cluster diagramの使いどころが見えたので もう一回やりたい! ・伝わりやすいグラレコのためにはプロッキーの持ち方は大事 ・3人一組でlist radial clusterを書く際、 2人の会話をきいて書く、だから追いつけた。 3人以上だと会話展開はやく難しかったかも。 ・『誰が』で分類する必要があるとき、NGな時がある。 誰がで分類NGの場合明文化したほうがベター。 ・失敗リカバリノウハウおもしろかった ・色々な人の構造化が見れると面白い。 一人一人の意図がきけるのがよかった。 ・ワーク中、三澤先生と和田の分担がよかった。 ファシリテーションしている時、 裏でわかりやすいまとめをしていた。
  11. 11. おつかれさまでした♪

×