SlideShare a Scribd company logo
事業での実践としての
UXデザイン
2016.6.18 藤井幹大
1
#UXDtextbook
〜 UXデザインの理論と戦略をめぐって 〜
自己紹介
藤井 幹大
Mikihiro Fujii
夫
7歳の娘の父
デザイナー
Supership株式会社
Cyberagent → 絵本ナビ → VOYAGE GROUP → Goodpatch
Webデザイナー / ディレクター / UIデザイナー / UXデザイナー
「デザイン = 解決のためのコミュニケーション」
2
現在のテーマ
存続可能な価値提供を実現するデザインの仕組みづくり
デザイン×インターネットは
世界を平和にできる
信念
3
4
モノづくりのゴールのサイクル
現在のテーマ
存続可能な価値提供を実現するデザインの仕組みづくり
ユーザーの
体験
ユーザーの
行動
モノ 存続
}サービス / プロダクト
UI / 機能 / コンテンツ
品質 / 価格
}価値 / ストーリー
感覚 / 感情 / 意味
{収益目標
ユーザー数
問題解決
ランディング
インストール
閲覧 / 課金
登録 / 継続利用…{
デザインについて影響を受けた本
『Getting Real』
『About Face 3』
『リーンスタートアップ』
リアルなデザイン vs 議論によるデザイン
ユーザーのゴールに向かうデザイン vs 自己満足デザイン
成果に向けて学習するデザイン vs 無計画/無検証デザイン
5
エリック リース (著), 井口 耕二 (翻訳), 伊藤 穣一(MITメディアラボ所長) (解説) / 日経BP社
Alan Cooper (著), Robert Reimann (著), David Cronin (著), 長尾 高弘 (翻訳) / アスキー・メディアワークス
Jason Fried (著), David Heinemeier Hansson (著), Matthew Linderman (著), 37signals (著)
公式の日本語版が無料公開されています。
デザインについて影響を受けた本
『Getting Real』
『About Face 3』
『リーンスタートアップ』
リアルなデザイン vs 議論によるデザイン
ユーザーのゴールに向かうデザイン vs 自己満足デザイン
成果に向けて学習するデザイン vs 無計画/無検証デザイン
6
エリック リース (著), 井口 耕二 (翻訳), 伊藤 穣一(MITメディアラボ所長) (解説) / 日経BP社
Alan Cooper (著), Robert Reimann (著), David Cronin (著), 長尾 高弘 (翻訳) / アスキー・メディアワークス
Jason Fried (著), David Heinemeier Hansson (著), Matthew Linderman (著), 37signals (著)
公式の日本語版が無料公開されています。
テーマ
7
事業での実践としての
UXデザイン
#UXDtextbook
〜 UXデザインの理論と戦略をめぐって 〜
用語の定義
1. UXデザイン:”ユーザーがうれしいと感じる体験とな
るように、製品やサービスを企画の段階から理想のユ
ーザー体験(UX)を目標にしてデザインしていく取組
みとその方法論” 『UXデザインの教科書』
2. 事業会社:サービス事業を自社運営しているネット系
の会社
8
なぜ事業でUXデザインを
実践するのか
9
10
価値 ユーザーの
行動
モノ 事業存続
価値提供と事業存続、チームビルド
事業でUXデザインをする目的
事業でのUXデザインの現状は
どうなっているのか
11
背景
・積極的な導入から5年以上経っている。
認識・要件定義の一手法(交換可能)
・工数かかる
・採用やガス抜きなど人事的な方法
・業界内で定量的な検証結果が共有されておらず、事業成果との
因果関係が業界的に曖昧。
・経営側の課題意識が無い場合、本質的な導入が困難。
危機
・バズワードとして鎮火・消費されてしまう可能性がある。
事業視点でのUXデザイン認識の現状
12
事業でのUXデザイン実践には
どんな課題があるのか
13
1. 理論とプロセスと手法
2. 事業戦略での実践
3. 価値提供と事業成果の両立
課題の種類
14
Why:なんのためにUXデザインをするのか
How:どのようなプロセスでUXデザインするのか
What:実際にどんな手法をどうやって使うのか
典型的な課題
組織に「UXデザイン」についての明確な知識が無い
1. 理論とプロセスと手法
15
『UXデザインの教科書』
安藤 昌也 (著)
丸善出版
2. 事業戦略での実践
16
Why:なんのために事業戦略に組み込むのか
How:どうやって組み込むのか
What:実際にどんな手法を組み込むのか
典型的な課題
事業の計画時点で組み込まれてないので後づけになる
『UX戦略』
Jaime Levy (著), 安藤 幸央 (監修), 長尾 高弘 (翻訳)
オライリージャパン
?
3. 価値提供と事業成果の両立
17
Why:事業としてなんのためにUXデザインをしているのか
How:どうやって価値提供と事業成果をつなげるのか
What:何をすれば事業成果につながるのか
典型的な課題
価値提供と事業成果がバラバラにデザイン→検証される
課題の例
1. 事業KPIが設定されている。
2. UXデザインによる改善を実施。
3. リリース後に事業KPIで検証する。
4. 因果関係が不明確で、もやっと終わる。
例 1:UXデザインを事業KPIで検証
18
課題の例
1. 事業KPIが設定されている。
2. UXデザインによる改善を実施。
3. UXデザインの結果を検証するKPIを設定し、
リリース後に検証。
4. 事業のKPIとのつながりが不明確で、事業的
に意味があるのかわからない。
例2:UXデザインのKPIで検証
19
課題の例
1. サービス立ち上げ後にGrowthが課題に。
2. データドリブンなアプローチに対して、議論
で太刀打ち出来ない。
3. UXデザインは余裕ができたら。
例3:危機的状況では後回し
20
?
3. 価値提供と事業成果の両立
Why:なんのためにUXデザインをしているのか
How:どうやって価値提供と事業成果をつなげるのか
What:何をすれば事業成果につながるのか
典型的な課題
価値と事業成果がバラバラにデザイン・検証される
21
なぜ価値提供と事業成果
が両立されていないのか
22
前提:事業とUXデザインは目的が違う
23
事業目標の達成 価値体験の提供
例:収益、MAU、CVRなど
過程:メンバーがUXデザイン側に行く
事業のためにUXデザインを学ぶ
24
事業目標の達成 価値体験の提供
結果:事業とUXデザインで目的が乖離して悩む
事業への有効性が不確かなので「べき論」になりがち。
25
事業目標の達成 価値体験の提供
価値提供と事業成果
を両立させるための方法
26
予期的UXとユーザーの行動
予期的
UX
ユーザーの
行動
モノ 事業存続
27
ユーザーの行動を生む予期的UXにフォーカスして事業存続につなげる
行動を生むことにもUXデザインを利用すれば、
存続可能な価値提供をデザインする仕組みができるのではないか
28
https://medium.com/@mikihirocks
ユーザーの行動と予期的UX
行動の創出
29
事業目標の達成 価値体験の提供
定量化できるので歩み寄れる
ユーザー行動の創出への
UXデザイン利用法の例
30
クリエイティブ・コモンズ 表示—非営利—継承 3.0 非移植 ライセンス
ユーザーの行動の直前には必ず予期的UXがある
31
予期的
UX
瞬間的
UX
エピソード的
UX
累積的
UX
ユーザーの
行動
最適な予期的UXをデザインして行動を生む
32
予期的
UX
瞬間的
UX
エピソード的
UX
累積的
UX
ユーザーの
行動
最適な予期的UXをデザインして行動を生む
33
チュートリアルで
使いやすいと
感じた
例:タスク管理アプリかっこいい!
SNSで色んな人が
勧めてるのを見て
好感を持っていた
利用が楽しみ!
登録簡単そう
ユーザー登録
本来のUXデザインとの違い
本来のUXデザイン
行動創出へのUXデザインの利用
因果関係をずらしている
34
原因 結果
原因 結果
キー・インタラクション・キャンバス
35
事業会社での
UXデザインのこれから
36
事業の外で用意してもらえるものは揃った。
1. 理論とプロセスと手法の実践 2. 事業戦略での実践
?
3. 価値提供と事業成果の両立
UXデザインの実践方法
37
事業の中で実践し、フィードバックして共に発展させていく。
1. 理論とプロセスと手法の実践 2. 事業戦略での実践
?
3. 価値提供と事業成果の両立
UXデザインの実践方法
38
関わる人すべてにとって価値ある事業づくりへ
存続可能な価値提供
UXデザイン実践の未来
39
事業 価値
行動
Design your world!!
成功も失敗も数字もどんどん共有して
いっしょに価値ある世の中をつくっていきましょう!!
40
41
ご清聴ありがとうございました
※スライド中の使用画像などに問題がある場合はお知らせください。

More Related Content

What's hot

クックパッドデザイナーが実践するユーザーファースト
クックパッドデザイナーが実践するユーザーファーストクックパッドデザイナーが実践するユーザーファースト
クックパッドデザイナーが実践するユーザーファースト
Miwa Kuramitsu
 
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組みリクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
Recruit Lifestyle Co., Ltd.
 
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
Satoru MURAKOSHI
 
デザインプロセス重視の「組織づくり」「ものづくり」
デザインプロセス重視の「組織づくり」「ものづくり」デザインプロセス重視の「組織づくり」「ものづくり」
デザインプロセス重視の「組織づくり」「ものづくり」VOYAGE GROUP
 
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
Mikihiro Fujii
 
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケSketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
Asami Yamamoto
 
GREE Creators Meetup_Closing
GREE Creators Meetup_ClosingGREE Creators Meetup_Closing
GREE Creators Meetup_Closing
Satoru MURAKOSHI
 
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
Jiji Kim
 
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
Mari Takahashi
 
[Uxtokyojam]2014 final public
[Uxtokyojam]2014 final public[Uxtokyojam]2014 final public
[Uxtokyojam]2014 final public
Yuichi Inobori
 
インタラクションデザイン、その前に -UXなまトーク vol.2
インタラクションデザイン、その前に  -UXなまトーク vol.2インタラクションデザイン、その前に  -UXなまトーク vol.2
インタラクションデザイン、その前に -UXなまトーク vol.2
Toshiaki Otsuka
 
プロトタイピングの目的・範囲・ツール
プロトタイピングの目的・範囲・ツールプロトタイピングの目的・範囲・ツール
プロトタイピングの目的・範囲・ツール
theguild
 
そもそもディレクターにとって失敗とは何か
そもそもディレクターにとって失敗とは何かそもそもディレクターにとって失敗とは何か
そもそもディレクターにとって失敗とは何か
Satoru MURAKOSHI
 
風呂場で考えるUIデザイナーの未来
風呂場で考えるUIデザイナーの未来風呂場で考えるUIデザイナーの未来
風呂場で考えるUIデザイナーの未来
Masayuki Uetani
 
UXデザインの居場所:UXなまトーク資料
UXデザインの居場所:UXなまトーク資料UXデザインの居場所:UXなまトーク資料
UXデザインの居場所:UXなまトーク資料
Satoru MURAKOSHI
 
某外資系企業でデザインチームを作った話 〜デザイナーが組織の中での価値を最大化させるために〜
某外資系企業でデザインチームを作った話 〜デザイナーが組織の中での価値を最大化させるために〜某外資系企業でデザインチームを作った話 〜デザイナーが組織の中での価値を最大化させるために〜
某外資系企業でデザインチームを作った話 〜デザイナーが組織の中での価値を最大化させるために〜
Yu Uno
 
UX思考の組織づくりと、その課題
UX思考の組織づくりと、その課題UX思考の組織づくりと、その課題
UX思考の組織づくりと、その課題
Fumiya Yamamoto
 
【第二回】デザイン初心者でも出来る!企業ロゴの作り方【案出し~デザイン作成編】
【第二回】デザイン初心者でも出来る!企業ロゴの作り方【案出し~デザイン作成編】【第二回】デザイン初心者でも出来る!企業ロゴの作り方【案出し~デザイン作成編】
【第二回】デザイン初心者でも出来る!企業ロゴの作り方【案出し~デザイン作成編】
schoowebcampus
 
0から始めるUXデザイン(UXデザインを知る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインを知る)0から始めるUXデザイン(UXデザインを知る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインを知る)
Jiji Kim
 
趣味と仕事(ビジュアルシンキングとNewsPicks)
趣味と仕事(ビジュアルシンキングとNewsPicks)趣味と仕事(ビジュアルシンキングとNewsPicks)
趣味と仕事(ビジュアルシンキングとNewsPicks)
潤 櫻田
 

What's hot (20)

クックパッドデザイナーが実践するユーザーファースト
クックパッドデザイナーが実践するユーザーファーストクックパッドデザイナーが実践するユーザーファースト
クックパッドデザイナーが実践するユーザーファースト
 
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組みリクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
リクルートライフスタイルにおけるUX領域の取り組み
 
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
 
デザインプロセス重視の「組織づくり」「ものづくり」
デザインプロセス重視の「組織づくり」「ものづくり」デザインプロセス重視の「組織づくり」「ものづくり」
デザインプロセス重視の「組織づくり」「ものづくり」
 
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
"チーム"と"プロトタイプ"でつくる Goodpatchのコラボレーション
 
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケSketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
SketchがAndroidのUIデザインに向いているワケ
 
GREE Creators Meetup_Closing
GREE Creators Meetup_ClosingGREE Creators Meetup_Closing
GREE Creators Meetup_Closing
 
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
 
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
 
[Uxtokyojam]2014 final public
[Uxtokyojam]2014 final public[Uxtokyojam]2014 final public
[Uxtokyojam]2014 final public
 
インタラクションデザイン、その前に -UXなまトーク vol.2
インタラクションデザイン、その前に  -UXなまトーク vol.2インタラクションデザイン、その前に  -UXなまトーク vol.2
インタラクションデザイン、その前に -UXなまトーク vol.2
 
プロトタイピングの目的・範囲・ツール
プロトタイピングの目的・範囲・ツールプロトタイピングの目的・範囲・ツール
プロトタイピングの目的・範囲・ツール
 
そもそもディレクターにとって失敗とは何か
そもそもディレクターにとって失敗とは何かそもそもディレクターにとって失敗とは何か
そもそもディレクターにとって失敗とは何か
 
風呂場で考えるUIデザイナーの未来
風呂場で考えるUIデザイナーの未来風呂場で考えるUIデザイナーの未来
風呂場で考えるUIデザイナーの未来
 
UXデザインの居場所:UXなまトーク資料
UXデザインの居場所:UXなまトーク資料UXデザインの居場所:UXなまトーク資料
UXデザインの居場所:UXなまトーク資料
 
某外資系企業でデザインチームを作った話 〜デザイナーが組織の中での価値を最大化させるために〜
某外資系企業でデザインチームを作った話 〜デザイナーが組織の中での価値を最大化させるために〜某外資系企業でデザインチームを作った話 〜デザイナーが組織の中での価値を最大化させるために〜
某外資系企業でデザインチームを作った話 〜デザイナーが組織の中での価値を最大化させるために〜
 
UX思考の組織づくりと、その課題
UX思考の組織づくりと、その課題UX思考の組織づくりと、その課題
UX思考の組織づくりと、その課題
 
【第二回】デザイン初心者でも出来る!企業ロゴの作り方【案出し~デザイン作成編】
【第二回】デザイン初心者でも出来る!企業ロゴの作り方【案出し~デザイン作成編】【第二回】デザイン初心者でも出来る!企業ロゴの作り方【案出し~デザイン作成編】
【第二回】デザイン初心者でも出来る!企業ロゴの作り方【案出し~デザイン作成編】
 
0から始めるUXデザイン(UXデザインを知る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインを知る)0から始めるUXデザイン(UXデザインを知る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインを知る)
 
趣味と仕事(ビジュアルシンキングとNewsPicks)
趣味と仕事(ビジュアルシンキングとNewsPicks)趣味と仕事(ビジュアルシンキングとNewsPicks)
趣味と仕事(ビジュアルシンキングとNewsPicks)
 

Viewers also liked

UXデザインの理論・プロセス・手法の体系とポイント
UXデザインの理論・プロセス・手法の体系とポイントUXデザインの理論・プロセス・手法の体系とポイント
UXデザインの理論・プロセス・手法の体系とポイント
Masaya Ando
 
ゲームチャット導入に伴うUX構想とUI
ゲームチャット導入に伴うUX構想とUIゲームチャット導入に伴うUX構想とUI
ゲームチャット導入に伴うUX構想とUIatsdesign
 
本当は怖いUXデザイン~あなたはスマホにコントロールされている?
本当は怖いUXデザイン~あなたはスマホにコントロールされている?本当は怖いUXデザイン~あなたはスマホにコントロールされている?
本当は怖いUXデザイン~あなたはスマホにコントロールされている?
Akihiro Moriyama
 
UXデザイン×ヒューリスティック評価
UXデザイン×ヒューリスティック評価UXデザイン×ヒューリスティック評価
UXデザイン×ヒューリスティック評価
Naoyuki Matsumoto
 
ダイバーシティハッカソン Omamori glass
ダイバーシティハッカソン Omamori glassダイバーシティハッカソン Omamori glass
ダイバーシティハッカソン Omamori glass
Satomi Wanami
 
ゴールから始めよう! 公開版 - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
ゴールから始めよう! 公開版  - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法ゴールから始めよう! 公開版  - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
ゴールから始めよう! 公開版 - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
Mikihiro Fujii
 
企業向けUXデザイン導入のポイント
企業向けUXデザイン導入のポイント企業向けUXデザイン導入のポイント
企業向けUXデザイン導入のポイント
Roy Kim
 
失敗上等!世にも奇妙な「旅行会社でのUXデザイン 裏話」 #devlove #devlove創
失敗上等!世にも奇妙な「旅行会社でのUXデザイン 裏話」 #devlove #devlove創失敗上等!世にも奇妙な「旅行会社でのUXデザイン 裏話」 #devlove #devlove創
失敗上等!世にも奇妙な「旅行会社でのUXデザイン 裏話」 #devlove #devlove創
Azumi Wada
 
マクサス Sel live サービス概要
マクサス Sel live サービス概要マクサス Sel live サービス概要
マクサス Sel live サービス概要
makxas
 
チームを動かすデザイナー
チームを動かすデザイナーチームを動かすデザイナー
チームを動かすデザイナー
Keisuke Tsukayoshi
 
受託側UXデザインの分解と構築 | "RIDE" UX Sketch SUMMER 2016
受託側UXデザインの分解と構築 | "RIDE" UX Sketch SUMMER 2016受託側UXデザインの分解と構築 | "RIDE" UX Sketch SUMMER 2016
受託側UXデザインの分解と構築 | "RIDE" UX Sketch SUMMER 2016
Tomohiro Suzuki
 
Gitはじめの一歩
Gitはじめの一歩Gitはじめの一歩
Gitはじめの一歩
Ayana Yokota
 
ゲームから学ぶデザイン思考術
ゲームから学ぶデザイン思考術ゲームから学ぶデザイン思考術
ゲームから学ぶデザイン思考術
Yasuhisa Hasegawa
 
企業をデザインシフトさせる方法と今後のデザイン戦略
企業をデザインシフトさせる方法と今後のデザイン戦略企業をデザインシフトさせる方法と今後のデザイン戦略
企業をデザインシフトさせる方法と今後のデザイン戦略
tomo tsubota
 
Online Marketing and SEO Workshop
Online Marketing and SEO WorkshopOnline Marketing and SEO Workshop
Online Marketing and SEO Workshop
Stacie Porter Bilger
 
Thirstier
ThirstierThirstier
Thirstier
Vera Kovaleva
 
Universidad nacional de chimborazo
Universidad nacional de  chimborazoUniversidad nacional de  chimborazo
Universidad nacional de chimborazo
Byron Toapanta
 
Reference 2.0
Reference 2.0Reference 2.0
Reference 2.0
Michael Sauers
 
Advantages of native apps
Advantages of native appsAdvantages of native apps
Advantages of native apps
Jatin Dabas
 

Viewers also liked (20)

UXデザインの理論・プロセス・手法の体系とポイント
UXデザインの理論・プロセス・手法の体系とポイントUXデザインの理論・プロセス・手法の体系とポイント
UXデザインの理論・プロセス・手法の体系とポイント
 
ゲームチャット導入に伴うUX構想とUI
ゲームチャット導入に伴うUX構想とUIゲームチャット導入に伴うUX構想とUI
ゲームチャット導入に伴うUX構想とUI
 
本当は怖いUXデザイン~あなたはスマホにコントロールされている?
本当は怖いUXデザイン~あなたはスマホにコントロールされている?本当は怖いUXデザイン~あなたはスマホにコントロールされている?
本当は怖いUXデザイン~あなたはスマホにコントロールされている?
 
UXデザイン×ヒューリスティック評価
UXデザイン×ヒューリスティック評価UXデザイン×ヒューリスティック評価
UXデザイン×ヒューリスティック評価
 
ダイバーシティハッカソン Omamori glass
ダイバーシティハッカソン Omamori glassダイバーシティハッカソン Omamori glass
ダイバーシティハッカソン Omamori glass
 
ゴールから始めよう! 公開版 - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
ゴールから始めよう! 公開版  - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法ゴールから始めよう! 公開版  - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
ゴールから始めよう! 公開版 - リーンスタートアップの仮説を「デザイン」する方法
 
企業向けUXデザイン導入のポイント
企業向けUXデザイン導入のポイント企業向けUXデザイン導入のポイント
企業向けUXデザイン導入のポイント
 
失敗上等!世にも奇妙な「旅行会社でのUXデザイン 裏話」 #devlove #devlove創
失敗上等!世にも奇妙な「旅行会社でのUXデザイン 裏話」 #devlove #devlove創失敗上等!世にも奇妙な「旅行会社でのUXデザイン 裏話」 #devlove #devlove創
失敗上等!世にも奇妙な「旅行会社でのUXデザイン 裏話」 #devlove #devlove創
 
マクサス Sel live サービス概要
マクサス Sel live サービス概要マクサス Sel live サービス概要
マクサス Sel live サービス概要
 
チームを動かすデザイナー
チームを動かすデザイナーチームを動かすデザイナー
チームを動かすデザイナー
 
受託側UXデザインの分解と構築 | "RIDE" UX Sketch SUMMER 2016
受託側UXデザインの分解と構築 | "RIDE" UX Sketch SUMMER 2016受託側UXデザインの分解と構築 | "RIDE" UX Sketch SUMMER 2016
受託側UXデザインの分解と構築 | "RIDE" UX Sketch SUMMER 2016
 
Gitはじめの一歩
Gitはじめの一歩Gitはじめの一歩
Gitはじめの一歩
 
ゲームから学ぶデザイン思考術
ゲームから学ぶデザイン思考術ゲームから学ぶデザイン思考術
ゲームから学ぶデザイン思考術
 
企業をデザインシフトさせる方法と今後のデザイン戦略
企業をデザインシフトさせる方法と今後のデザイン戦略企業をデザインシフトさせる方法と今後のデザイン戦略
企業をデザインシフトさせる方法と今後のデザイン戦略
 
Online Marketing and SEO Workshop
Online Marketing and SEO WorkshopOnline Marketing and SEO Workshop
Online Marketing and SEO Workshop
 
Thirstier
ThirstierThirstier
Thirstier
 
Universidad nacional de chimborazo
Universidad nacional de  chimborazoUniversidad nacional de  chimborazo
Universidad nacional de chimborazo
 
класик фест
класик фесткласик фест
класик фест
 
Reference 2.0
Reference 2.0Reference 2.0
Reference 2.0
 
Advantages of native apps
Advantages of native appsAdvantages of native apps
Advantages of native apps
 

Similar to 事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー

[UX]は投げ捨てろ!
[UX]は投げ捨てろ![UX]は投げ捨てろ!
[UX]は投げ捨てろ!
c-mitsuba
 
第6回.NET中心会議パネルディスカッション 0923
第6回.NET中心会議パネルディスカッション 0923第6回.NET中心会議パネルディスカッション 0923
第6回.NET中心会議パネルディスカッション 0923Hub DotnetDeveloper
 
エクスペリエンスデザインによる価値創出- how to reframe the value by UX design-
エクスペリエンスデザインによる価値創出- how to reframe the value by UX design-エクスペリエンスデザインによる価値創出- how to reframe the value by UX design-
エクスペリエンスデザインによる価値創出- how to reframe the value by UX design-
Yuichi Inobori
 
Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409schoowebcampus
 
UXD教育の実態と課題
UXD教育の実態と課題UXD教育の実態と課題
UXD教育の実態と課題
Masaya Ando
 
新規サービス立ち上げ時のUX設計
新規サービス立ち上げ時のUX設計新規サービス立ち上げ時のUX設計
新規サービス立ち上げ時のUX設計
Naomi Hirota
 
息のながーいB2Bサービスで、デザイナーが価値を発揮するための取り組み
息のながーいB2Bサービスで、デザイナーが価値を発揮するための取り組み息のながーいB2Bサービスで、デザイナーが価値を発揮するための取り組み
息のながーいB2Bサービスで、デザイナーが価値を発揮するための取り組み
Yuya Toida
 
意味をデザインするを考える
意味をデザインするを考える意味をデザインするを考える
意味をデザインするを考える
Aya Tokuda
 
Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409schoowebcampus
 
はじめてのUXデザイン、はじめてのデザイン思考 〜現場で使えるように〜:ISE Technical Conference 2018
はじめてのUXデザイン、はじめてのデザイン思考 〜現場で使えるように〜:ISE Technical Conference 2018はじめてのUXデザイン、はじめてのデザイン思考 〜現場で使えるように〜:ISE Technical Conference 2018
はじめてのUXデザイン、はじめてのデザイン思考 〜現場で使えるように〜:ISE Technical Conference 2018
Yoshiki Hayama
 
#WDF18 エクスペリエンスを繋ぐために
#WDF18 エクスペリエンスを繋ぐために#WDF18 エクスペリエンスを繋ぐために
#WDF18 エクスペリエンスを繋ぐために
Takashi Sakamoto
 
UX Design とは何か?
UX Design とは何か?UX Design とは何か?
UX Design とは何か?
Hiroshi Obayashi
 
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本:DevLOVE関西
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本:DevLOVE関西UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本:DevLOVE関西
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本:DevLOVE関西
Yoshiki Hayama
 
UX Sketch vol.1 事業とUXデザイン
UX Sketch vol.1 事業とUXデザインUX Sketch vol.1 事業とUXデザイン
UX Sketch vol.1 事業とUXデザイン
Saori Baba
 
事業とUXデザイン
事業とUXデザイン事業とUXデザイン
事業とUXデザイン
Recruit Technologies
 
グローバルを目指すサイボウズ式UXリサーチ_UT事例発表170607
グローバルを目指すサイボウズ式UXリサーチ_UT事例発表170607グローバルを目指すサイボウズ式UXリサーチ_UT事例発表170607
グローバルを目指すサイボウズ式UXリサーチ_UT事例発表170607
Yuta Saito
 
UI/UXデザインでサイトを改善しよう
UI/UXデザインでサイトを改善しようUI/UXデザインでサイトを改善しよう
UI/UXデザインでサイトを改善しよう
Kentaro Ohkouchi
 
デザインの要件定義
デザインの要件定義デザインの要件定義
デザインの要件定義
Shin Iiboshi
 
ユーザエクスペリエンス・デザイン・ガイド(User Experience Design Guide)
ユーザエクスペリエンス・デザイン・ガイド(User Experience Design Guide)ユーザエクスペリエンス・デザイン・ガイド(User Experience Design Guide)
ユーザエクスペリエンス・デザイン・ガイド(User Experience Design Guide)
Kazumichi (Mario) Sakata
 

Similar to 事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー (20)

[UX]は投げ捨てろ!
[UX]は投げ捨てろ![UX]は投げ捨てろ!
[UX]は投げ捨てろ!
 
第6回.NET中心会議パネルディスカッション 0923
第6回.NET中心会議パネルディスカッション 0923第6回.NET中心会議パネルディスカッション 0923
第6回.NET中心会議パネルディスカッション 0923
 
エクスペリエンスデザインによる価値創出- how to reframe the value by UX design-
エクスペリエンスデザインによる価値創出- how to reframe the value by UX design-エクスペリエンスデザインによる価値創出- how to reframe the value by UX design-
エクスペリエンスデザインによる価値創出- how to reframe the value by UX design-
 
Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409
 
UXD教育の実態と課題
UXD教育の実態と課題UXD教育の実態と課題
UXD教育の実態と課題
 
新規サービス立ち上げ時のUX設計
新規サービス立ち上げ時のUX設計新規サービス立ち上げ時のUX設計
新規サービス立ち上げ時のUX設計
 
息のながーいB2Bサービスで、デザイナーが価値を発揮するための取り組み
息のながーいB2Bサービスで、デザイナーが価値を発揮するための取り組み息のながーいB2Bサービスで、デザイナーが価値を発揮するための取り組み
息のながーいB2Bサービスで、デザイナーが価値を発揮するための取り組み
 
意味をデザインするを考える
意味をデザインするを考える意味をデザインするを考える
意味をデザインするを考える
 
Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409
 
Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409Schoo講演資料130409
Schoo講演資料130409
 
はじめてのUXデザイン、はじめてのデザイン思考 〜現場で使えるように〜:ISE Technical Conference 2018
はじめてのUXデザイン、はじめてのデザイン思考 〜現場で使えるように〜:ISE Technical Conference 2018はじめてのUXデザイン、はじめてのデザイン思考 〜現場で使えるように〜:ISE Technical Conference 2018
はじめてのUXデザイン、はじめてのデザイン思考 〜現場で使えるように〜:ISE Technical Conference 2018
 
#WDF18 エクスペリエンスを繋ぐために
#WDF18 エクスペリエンスを繋ぐために#WDF18 エクスペリエンスを繋ぐために
#WDF18 エクスペリエンスを繋ぐために
 
UX Design とは何か?
UX Design とは何か?UX Design とは何か?
UX Design とは何か?
 
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本:DevLOVE関西
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本:DevLOVE関西UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本:DevLOVE関西
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本:DevLOVE関西
 
UX Sketch vol.1 事業とUXデザイン
UX Sketch vol.1 事業とUXデザインUX Sketch vol.1 事業とUXデザイン
UX Sketch vol.1 事業とUXデザイン
 
事業とUXデザイン
事業とUXデザイン事業とUXデザイン
事業とUXデザイン
 
グローバルを目指すサイボウズ式UXリサーチ_UT事例発表170607
グローバルを目指すサイボウズ式UXリサーチ_UT事例発表170607グローバルを目指すサイボウズ式UXリサーチ_UT事例発表170607
グローバルを目指すサイボウズ式UXリサーチ_UT事例発表170607
 
UI/UXデザインでサイトを改善しよう
UI/UXデザインでサイトを改善しようUI/UXデザインでサイトを改善しよう
UI/UXデザインでサイトを改善しよう
 
デザインの要件定義
デザインの要件定義デザインの要件定義
デザインの要件定義
 
ユーザエクスペリエンス・デザイン・ガイド(User Experience Design Guide)
ユーザエクスペリエンス・デザイン・ガイド(User Experience Design Guide)ユーザエクスペリエンス・デザイン・ガイド(User Experience Design Guide)
ユーザエクスペリエンス・デザイン・ガイド(User Experience Design Guide)
 

More from Mikihiro Fujii

Framework for Designing the Goals 「モノづくりのゴールを実現するフレームワーク」
Framework for Designing the Goals 「モノづくりのゴールを実現するフレームワーク」Framework for Designing the Goals 「モノづくりのゴールを実現するフレームワーク」
Framework for Designing the Goals 「モノづくりのゴールを実現するフレームワーク」
Mikihiro Fujii
 
How to achieve the Goals of Designing?
How to achieve the Goals of Designing?How to achieve the Goals of Designing?
How to achieve the Goals of Designing?
Mikihiro Fujii
 
AARRR for Creators
AARRR for CreatorsAARRR for Creators
AARRR for Creators
Mikihiro Fujii
 
[Template]uxデザイン定義書201312
[Template]uxデザイン定義書201312[Template]uxデザイン定義書201312
[Template]uxデザイン定義書201312
Mikihiro Fujii
 
事業内デザイナーのミッション(公開版)
事業内デザイナーのミッション(公開版)事業内デザイナーのミッション(公開版)
事業内デザイナーのミッション(公開版)
Mikihiro Fujii
 
つくるべきモノをつくる
つくるべきモノをつくるつくるべきモノをつくる
つくるべきモノをつくる
Mikihiro Fujii
 
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Mikihiro Fujii
 

More from Mikihiro Fujii (7)

Framework for Designing the Goals 「モノづくりのゴールを実現するフレームワーク」
Framework for Designing the Goals 「モノづくりのゴールを実現するフレームワーク」Framework for Designing the Goals 「モノづくりのゴールを実現するフレームワーク」
Framework for Designing the Goals 「モノづくりのゴールを実現するフレームワーク」
 
How to achieve the Goals of Designing?
How to achieve the Goals of Designing?How to achieve the Goals of Designing?
How to achieve the Goals of Designing?
 
AARRR for Creators
AARRR for CreatorsAARRR for Creators
AARRR for Creators
 
[Template]uxデザイン定義書201312
[Template]uxデザイン定義書201312[Template]uxデザイン定義書201312
[Template]uxデザイン定義書201312
 
事業内デザイナーのミッション(公開版)
事業内デザイナーのミッション(公開版)事業内デザイナーのミッション(公開版)
事業内デザイナーのミッション(公開版)
 
つくるべきモノをつくる
つくるべきモノをつくるつくるべきモノをつくる
つくるべきモノをつくる
 
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
Uxデザイン定義書ワークショップ 20120726 公開版
 

事業での実践としてのUXデザイン @ 『UXデザインの教科書』出版記念セミナー

Editor's Notes

  1. 現場からたたき上げのデザイナー UXデザインに対して意図的に距離をおいている
  2. ポジティブなイメージを持った新しいサービスが世の中に出てくるのを見ているとワクワクする 事業会社の中からつくっていきたい
  3. 仕組み デザイナー デザインはシステム 計画した体験を量産・再生産させる仕組み
  4. 安藤さん Basecamp Jason Fried UX戦略 長尾さん 現象学 それに私たちは、そもそもエクスペリエンスをデザインすることが可能かどうかに疑問を持っている
  5. 安藤さん Basecamp Jason Fried UX戦略 長尾さん 現象学 それに私たちは、そもそもエクスペリエンスをデザインすることが可能かどうかに疑問を持っている
  6. 事業会社の人どれくらい来てますか?
  7. 存続は成長も含めた意味 それを実現するためのチーム
  8. 実際に出ている会社もあると思いますが、業界内での認識の話。 UX戦略家たちの苦労がわかる
  9. 今までは体系的に学ぶのが困難だった。もう言い訳できない
  10. もう言い訳できない
  11. このスライドの内容はかなりGrowth的な話でもある。 さいわいSupershipではGrowth HackerがUX大事って言ってくれる。
  12. 事業会社の方で、どの課題も自分の会社には起きたことが無い という人いますか?
  13. ここからは仮説
  14. できるだけ学ばないようにしてきた
  15. 注目したのが
  16. 伝えたかったメッセージは・・・
  17. 価値はユーザーとサービスのインタラクションから生まれる こういったツールも共有していきます
  18. 恩返し 僕も可能な限り公表していきます
  19. 社会に価値を提供する こういうことができるチームをつくろうと思ってます
  20. UXデザインをもっと普通のものにするために 一人では実現できませんし、自分のチームだけでは成し得ないので、