Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

UX思考の組織づくりと、その課題

5,568 views

Published on

第45回HCD-Netサロン「UXと組織のデザイン」での発表資料です。

Published in: Business
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/2F7hN3u ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Sex in your area is here: ❶❶❶ http://bit.ly/2F7hN3u ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

UX思考の組織づくりと、その課題

  1. 1. 2014年9月4日(木) 第45回HCD-Netサロン「UXと組織のデザイン」 BEENOS 戦略ディレクター 山本郁也@fumya 1 UX思考の組織づくりと、その課題
  2. 2. 新規事業立ち上げ時の組織について 2
  3. 3. 基本的な活動内容 • Problem/Solution Fitの検証 • Team/Market Fitの検証 • Product/Market Fitのへのロードマップ設計 3
  4. 4. 4 “つくることができる”最小チーム構成 エンジニアCEO デザイナー
  5. 5. P/M Fの検証 20日30日60日 アイデアの検証MVPの開発と検証アルファ版の開発と検証 5 BEENOS Inception Program P/S F・T/M Fの検証
  6. 6. Phase1(約20日) • 市場調査 • ユーザーヒアリング • ペルソナ・シナリオ検討 • 事業計画 • ビジョンの共有 6
  7. 7. Phase2(約30日) • MVPの設計・制作・検証 • ペルソナ・シナリオ見直し • UXの期間ごとの企画検討 • KPI設定 • 事業計画見直し 7
  8. 8. Phase3(約60日) • アルファ版の設計・制作・検証 • ペルソナ・シナリオ確定 • UXの期間ごとの企画検討 • ユーザー獲得コスト計算、LTV計算 • KPI設定 • 事業計画見直し 8
  9. 9. 9
  10. 10. “スタートアップにおいて重要なのは、ただ一つ。プロダクト・マーケット・フィットに 到達することだけだ。” “プロダクトが素晴らしくある必要はない。基本的にプロダクトは機能さえすれば良 い。” - Marc Lowell Andreessen 10
  11. 11. 拡大時の組織について 11
  12. 12. 基本的な活動内容 • ブランド品質管理チームの創設と運用 • ブランド品質管理チーム自体のUX教育 • プロジェクト全体に対するUX思考の啓蒙活動 12
  13. 13. ブランド品質管理チームの創設と運用 • 「ブランド」というキーワードによる、すべてのクリエイティブの一元管理 • 説明書、メルマガ、パンフレット、グッズ、箱、ノベルティ、ウェブ、アプリUI・・・ • ペルソナ・シナリオ・CJMによるブランド品質管理チーム内の合意形成 • 少人数体制による迅速なレビュー • アンケート設計(チームのKPIとしてNPSを計測) 13
  14. 14. 14 ブランド品質管理 チーム ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ クリエイティブ チーム プロダクト開発 チームB プロダクト開発 チームA スクラム 1 スクラム 2 スクラム 3 スクラム 1 スクラム 2 スクラム 3 スクラム 1 スクラム 2 スクラム 3 CxO
  15. 15. ブランド品質管理チームのUXリテラシーアップ • 定期的なUX勉強会の開催による形式知の共有 • ユーザビリティガイドライン策定 15
  16. 16. プロジェクト全体のUXリテラシーアップ • 企画の立案に伴う一部の作業をアーキテクチャ化 • 企画立案時の5W1H検討の強制 • デザインガイドライン、文言ガイドライン策定によるルール化 • 各役職視点でのUXガイドブック制作 • 印刷して配布 • 全員が集まる場での定期的なセミナー・講演の開催 • UX思考の浸透具合をアンケートやインタビューによって調査 16
  17. 17. 課題1 • UXデザイナー不足 • 組織のスケールに合わせてUXデザイナーを増やす必要があるが人材が少ない • UXデザインにおいて重要なスキルであるコミュニケーション能力は属人性が高く、形式知化しづらい UX思考のミドル層をどう育てるか 17
  18. 18. 課題2 • UXデザイナーにビジネス感覚が足りない • デザインプロセスの導入がオーバースペックになる可能性がある • 理想主義的啓蒙になりがちでディスコミュニケーションが起こる これをUXデザイナーに求めるのは困難? →ビジネス目線での監視役が必要? 18
  19. 19. UXマネジメント 19
  20. 20. UXデザイン時代のミドルアップダウン 20 従来のミドルアップダウン現在のミドルアップダウン セマンティック・カタリスト ナレッジ・エンジニア エキスパート ビジネス・カタリスト セマンティック・カタリスト ナレッジ・エンジニア エキスパート
  21. 21. UXデザイン時代のミドルアップダウン 21 ビジネス・カタリスト セマンティック・カタリスト ナレッジ・エンジニア エキスパート 事業の触媒者としてのトップ 価値の触媒者・知識の伝播者 としてのミドル 知識の適用者としてロアー
  22. 22. 中間管理職としてのUXデザイナー1 • リーダーシップ • 形式知だけではうまく組織に適用できない • プロジェクトマネージャー兼UXデザイナー • ネゴシエーション • 施策の提案について理解を勝ち取るのは当然のこと • コミュニケーションはUXデザイナーにとって最重要な業務 • ミドルアップダウン・マネジメント • UXデザインの実践は、事実上ボトムアップでは難しく、現状トップダウンも難しい • ミドル層によるトップとボトムの双方に対する啓蒙と理解が必要 22
  23. 23. 中間管理職としてのUXデザイナー2 • 変化に抵抗する邪魔者から、より良い変化を提案する邪魔者へ • より強いリーダーシップ • パワーとしての知識 • UXDがオーバースペックにならないようにビジネスへの理解を持つ • UXと事業の双方にコミットする意識 • 共感してもらおうとするばかりではなく、相手を理解する意識を持つ • フレキシビリティとアジャイラビリティ • 先行者利益が事実としてある以上、スピードを削ることはしづらい • 柔軟な現場判断(実践知・暗黙知)が必要不可欠 23
  24. 24. 実践知リーダーシップの6能力 • 「善い」目的をつくる能力 • 場をタイムリーにつくる能力 • ありのままの現実を直観する能力 • 直観の本質を概念に変換する能力 • 実践知を組織化する能力 24 [2012 Ikujiro Nonaka, Ryoko Toyama and Noboru Konno]
  25. 25. 25 ブランド品質管理 チーム ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 啓蒙・理解 クリエイティブ チーム プロダクト開発 チームB プロダクト開発 チームA スクラム 1 スクラム 2 スクラム 3 スクラム 1 スクラム 2 スクラム 3 スクラム 1 スクラム 2 スクラム 3 CxO 啓蒙・理解
  26. 26. UXリーダーシップのために • HCD/UXDに関する知識(形式知) • ビジネスに関する知識(形式知) • 実践知による「Contextual Judgment, Timely Balancing」(暗黙知) リーダーシップを持ったミドル層のUXデザイナーが組織をつくる 26

×