UXデザインワークショップ資料 by ATOMOS DESIGN

4,653 views

Published on

ATOMOS DESIGNで行っている製品開発のキックオフのためのUXデザインワークショップの資料です。

製品のコンセプト設定には、「アジャイルサムライ」のインセプションデッキにおけるエレベーターピッチ、ターゲットユーザー設定には「LeanUX」で紹介されたペルソナ設計手法、カスタマージャーニーマップはAdaptive Path社の方法に多少味付けを加えて用いています。

Published in: Design
0 Comments
27 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,653
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,388
Actions
Shares
0
Downloads
55
Comments
0
Likes
27
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

UXデザインワークショップ資料 by ATOMOS DESIGN

  1. 1. 新規製品開発のためのUXデザインワークショップ
  2. 2. ゴール 2 コンセプト ターゲット カスタマー ジャーニー チーム(事業企画/エンジニア/デザイナー) 明確化する チームとして考える
  3. 3. ATOMOS DESIGNのご紹介 3 UXで地球をスマートにデザインする 児玉哲彦(代表/デザイナー) 慶應SFCでUX/UIを10年に渡り研究後、頓智ドット株式会社でO2O サービス「tab」の企画とUX、フリービット株式会社で第4のモバイル キャリア「freebit mobile」のCI/UX/クリエイティブ全般を担当。 博士(政策/メディア)
  4. 4. 内容 4 10m アイスブレイク 40m 製品仮説 (エレベーターピッチ)の作成 40m ターゲットユーザーの作成 120m カスタマージャーニーマップの作成 10m 全体のラップアップ
  5. 5. 他己紹介 参加者の中から知っている一人を紹介してください 5
  6. 6. 製品仮説:アジャイル開発用のインセプションデッ キにおけるエレベーターピッチ 6 [背景・解決したい問題]したい [対象顧客・利用者]向けの、 [サービス名・アプリ名]というプロダクトは、 [アプリのカテゴリ]です。 ! これは[重要な利点、   アピールポイント、主要機能]ことができ、 [現行アプリ・競合製品・代替手段]とは違って、 [差別化の決定的な特徴]が備わっています。
  7. 7. エレベーターピッチの例 7 [自分の持ち物を売ることを]したい [主として若い女性]向けの、 [メルカリ]というプロダクトは、 [フリマアプリ]です。 ! これは[持ち物の出品と販売をする]ことができ、 [ヤフオク]とは違って、 [モバイルアプリだけで簡単に出品をする機能]が 備わっています。
  8. 8. エレベーターピッチ     作成者[       ] 8 [          ]したい [          ]向けの、 [          ]というプロダクトは、 [          ]です。 ! これは[ [          ]ことができ、 [          ]とは違って、 [          ]が備わっています。
  9. 9. ターゲットユーザー:よくある誤り 年齢:27歳 職業:OL 性別:女性 居住地:学芸大学 趣味:ヨガ、展覧会鑑賞 彼氏:有り … 9 So what?
  10. 10. ターゲットユーザー:行動に結びつく情報 10 基礎情報 ニーズ/課題 行動に結びつく属性 ソリューションアイデア ! ! ! ! ! ! ! 氏名:遠藤由美子 年齢:27 性別:女性 給料はあまり高くなく お小遣いに回せるお金 がもっとあったらうれ しい ! 服などはシーズン毎に、 それほど単価が高くな い物を多く買うので、す ぐにクローゼットがい っぱいになってしまう ! オークションには興味が あるが、家の周りには リサイクルショップなど がなく、ネットにつな ぐのはスマホだけ 職業:事務職 年収:300万円 ITリテラシー:あまり高 くない 趣味:ショッピング 居住地:湘南台(家の 近くにリサイクルショッ プなどはあまりない) 家にはPCを持っていな い 自分の持ち物を売れる フリマアプリ ! 服などファッションアイ テムに特化 ! スマホだけで出品/購 入ができる
  11. 11. ターゲットユーザー     作成者[       ] 11 基礎情報 ニーズ/課題 行動に結びつく属性 ソリューションアイデア ! ! ! ! ! ! ! ! 氏名: 年齢: 性別:
  12. 12. カスタマージャーニーマップ: 顧客の体験をストーリーとして可視化する 12 Stage 認知 来店 閲覧 休憩 商品取得(小型) 商品取得(大型) 会計 運搬 組み立て Stage毎の ゴール IKEAの製品のデザイ ン、機能、価格の魅力 を伝える IKEAの世界観を印象 づける 製品の魅力や実際の利 用シーンでのイメージ を伝える ショッピングの疲労を 軽減する/休憩時もブ ランドの世界観を維持 商品棚からショッピン グカートやバッグに商 品を取得 ショッピングカート/ トロリーに商品を取得 スムーズに会計を済ま せる 自分の車で運搬/配送 の手配を行う 顧客に組み立てさせる ことでコスト削減と同 時に愛着を持たせる Touchpoint Action Thinking どんな製品を扱ってい るんだろう 価格はどれくらいだろ う どうすれば買えるんだ ろう どんな雰囲気の店なん だろう どんな製品があるんだ ろう どんな使い心地なんだ ろう 部屋に置いたらどんな 風に見えるだろう 疲れて、休憩したい お腹が空いた/喉が渇 いた 小型の製品を取得した い 大型の製品を取得した い スムーズに会計を済ま せたい スムーズに家まで運び たい 組み立てを行うのは面 倒 組み立てること自体が 楽しい うまく組み立てられる か不安 Feeling ! Feeling level 魅力的な製品だ 価格が安い 家具屋としてはお洒落 なイメージを得る 実際に近い場面の中で 製品を体験できる カフェテリアでも北欧 の文化を味わうことが できる 魅力的な製品が並んで いてつい色々買ってし まう ほしい製品がすぐに見 つけられた 大型製品の運搬は手間 スムーズに会計ができ た スムーズに運搬ができ た うまく組み立てられて いい家具が自らの手で できた Problem 商品を魅力的に感じる かどうか ブランドの世界観に好 印象を持つかどうか 製品の実際の使い心 地やデザイン、部屋 に置いた様子などが 伝わるかどうか 疲れたお客様が休憩で きる場所があるか カフェテリアでうまく ブランドの世界観を表 現できるか たくさんの魅力的な製 品が提示できるか 回遊性は十分高いか 迅速にほしい製品にた どり着けるか 運搬は行いやすいか 会計をスムーズに行う ことができるか 運搬をスムーズに行う ことができるか 組み立ては行いやすい か 出来上がった製品への 満足度は高いか 広告 ウェブサイト カタログ 駐車場 ショールーム カフェテリア 会計 駐車場 配送受付 自宅等マーケットホール セルフサービス 公共交通 機関 エントラ ンス 広告閲覧 カタログ ウェブ 移動 入店 回遊 閲覧 試用 休憩 飲食 取得 取得 会計 運搬運搬 配送 組み立て
  13. 13. カスタマージャーニーマップ:Actionの作成 サービスの中でお客様が何を行うか、 思いつくものをポストイットに書いてください ! 何のためにそうするのか(動機)も あわせて書いてください ! できれば絵も描いてください 13
  14. 14. カスタマージャーニーマップ:Actionの共有 みなさんの作成したActionについて説明して、 模造紙に貼っていきましょう 14
  15. 15. カスタマージャーニーマップ:Stageの作成 Actionを、お客様の体験の流れにそってグループ化して、 Stageに分けてみましょう 15
  16. 16. カスタマージャーニーマップ:Thinking/Feelingの作成 各ステージでお客様の考えていること =意図はなんでしょうか ! 各ステージでお客様の感じることはなんでしょうか それは良い経験でしょうか、悪い経験でしょうか 16
  17. 17. カスタマージャーニーマップ:Thinking/Feelingの共有 みなさんの作成したThinking/Feelingについて説明して、 模造紙に貼っていきます 17
  18. 18. カスタマージャーニーマップ:Problemの作成 各ステージでお客様がゴールを達成するうえで 何が問題になり得るか、 思いつくものをポストイットに書いてください 18
  19. 19. カスタマージャーニーマップ:Problemの共有 みなさんの作成したProblemについて説明して、 模造紙に貼っていきます 19
  20. 20. 参考資料 • アジャイルサムライ−達人開発者への道− • ジョナサン・ラスマセン 著、西村 直人 角谷 信太郎 近藤 修平 角掛 拓未  訳 ! • Lean UX―リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン • ジェフ・ゴーセルフ 著、ジョシュ・セイデン エリック・リース 編、坂田 一倫 児島 修 訳 ! • Adaptive Path:Our Guide to Experience Mapping • http://www.adaptivepath.com/ideas/our-guide-to-experience-mapping/ 20
  21. 21. お疲れさまでした 今日のワークショップの内容と成果についてご意見/ご感想などいただければ幸いです 21

×