Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門

131,181 views

Published on

最新版はこちらへ
https://www.slideshare.net/zembutsu/say-hello-to-your-presentation
ーーー
『IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門』

インフラエンジニアのためのプレゼン技術研究会 第0回
2015年2月21日(土) 14:00 ~ 17:00
さくらインターネット セミナールーム(東京都新宿区)
#infrapre
http://connpass.com/event/11739/

Published in: Technology

IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門

  1. 1. インフラエンジニアのためのプレゼン技術研究会:第0回 Masahito Zembutsu @zembutsu Shinjyuku, Tokyo, Feb 21 2015 #infrapre All We Need Is Give The Presentation IT系エンジニアのための プレゼンテーション入門 利用画像素材(Special Thanks) タイトル ブラックジャックによろしく 著作者名 佐藤秀峰 サイト名 漫画 on web
  2. 2. 自分の発表で 事前スライド作成方法や 発表時に気をつけること すべてを今日ここで共有します 必ずしも正しいとは限りません。 あくまで、私のスタイルの紹介。
  3. 3. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 3 / 59 @zembutsu とは←今回の首謀者 • 前佛 雅人と申します。本名です。 • 略歴 ➡ 2000年ホスティング・サービス事業者に就職 ➡ データセンタ視点での運用や監視、OSSの検証・活用 • 最近考えている事 ➡ 「すべての障害を生まれる前に消し去りたい」 ➡ 「もう何も恐くない」←まちがい • 生産地:富山県 ➡ IT的”終活” ➡ そろそろ農業に集中しようか悩む今日この頃。 OpenStackユーザ会で Serf/Consulの章を担当 ↓ステマ この顔見たら117番
  4. 4. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 4 / 59 *「まだインフラで消耗してるの?」 • 変わる世界 ➡絶え間ないサービスやシステムの開発と運用 ➡加速する現実世界レイヤーとインターネットの融合が始まった • 解決策 ➡Immutable infrastructure ➡Infrastructure as Code ➡Automation 全部追うのは無理!! 導き出される結論は… 人に何かを伝える技術 社内外・業界問わず多くの方と コミュニケーションの必要性。 現場で求められる伝える能力。
  5. 5. 発表者の視点…(恐い)
  6. 6. そして、毎回、反省続きです… 結 論 だ け 、書 く 。 失 敗 し た 。 失 敗 し た 失 敗 し た 失 敗 し た 失 敗 し た 失 敗 し た 失 敗 し た 失 敗 し た 失 敗 し た あ た し は 失 敗 し た 失 敗 し た 失 敗 し た
  7. 7. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 7 / 59 今日の内容 • ようこそ! ➡ 趣旨説明 ➡ プレゼンテーションとは? ➡ 発表で重要な、たった1つのこと • 実践編 ➡ 1. スライドの作成技術 ➡ 2. 発表の仕方 ➡ 3. 発表後のフォロー そんな自分の失敗や気付きを、 このスライドの中に込めました。 これから発表を考えている方の 参考になればと思っています。
  8. 8.  聴衆は誰かを考える。  事前シナリオ作成が重要。  発表会場では対話する。 エンジニア向けプレゼンテーションで気をつけている事 という訳で、これが今回の結論。
  9. 9. /3 ● ○ ○ ようこそ!All We Need Is a Presentation - Introduction
  10. 10. 趣旨説明 Motivation
  11. 11. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 11 / 59 エンジニアも発表ができるように • 知識の流動化により、個人での勉強の限界 ➡アウトプットする事で学ぶ • 働き方が変わりつつある ➡さまざまなチームとの情報共有、お客さまとの交渉を エンジニア自身が行わなければいけないケースが増えている • 場数を踏むために
  12. 12. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 12 / 59 既存の勉強会でいいんじゃね? • 敷居が高い ➡ちょっとした事を話す場が無くなりつつあるような ➡楽しくてもいいんじゃない? ここ学校じゃないし。 • 幅広く、技術話をしよう ➡スライドの作り方や、プレゼンテーションの仕方は本質ではない ➡表現方法や取り組み方を共有することで、技術に集中
  13. 13. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 13 / 59 みんなどうしてるんだろう? • お作法に対する共通理解を深めるには ➡会社や学校、学会とかでお作法ありそう・・・ ➡なぜそのようなお作法なのですか? • 発表って何なんだろう ➡発表する事が目的なのだろうか・・・? ➡なぜ? どうして?
  14. 14. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 14 / 59 だから始めたい • 全員参加型 ➡発表してフィードバックを受ける機会 ➡学びの機会 • 一生モノのスキルを高めよう ➡初心者上等 ➡失敗してもいいじゃない、経験値をためよう
  15. 15. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 15 / 59 こんな事を共有したい、たとえば • 最近気になっている技術や本 ➡ Docker 界隈のいろんな技術 • 勉強の仕方 ➡ 北米版アニメで学ぶ英語術 • 生活の知恵 ➡ 健康的な手抜き料理の作り方 • 農業とIoTと俺と ➡ インターネット商用開放当時と、同じ雰囲気を感じる
  16. 16. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 16 / 59 今回の発表課題について • 本当はオススメ技術書籍でも良かった ➡アプリ、インフラ、ネットワークで方向性異なる ➡共通基盤として適切ではないかと仮定 • 通常の発表と同じ手順を踏むことに ➡発表のためには、情報収集・整理のステップ ➡同じ手法を、色々な場所で適用できるように 次回以降も、何かテーマを決め それを発表するような場所に したいと思っています。
  17. 17. 人生は 『見たり』 『聞いたり』 『試したり』 の 3つの知恵でまとまっているが、 多くの人は『見たり』『聞いたり』ばかりで 一番重要な『試したり』をほとんどしない。 ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。 みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。 (本田宗一郎)
  18. 18. 戦場へ、 ようこそ 知 識 の 実 践 の 場
  19. 19. プレゼンテーションとは What is a presentation?
  20. 20. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 21 / 59 プレゼンテーションの分類 • 講義型(文章中心) ➡長時間 ➡セミナーや技術情報の紹介 • 印象型(イラスト中心) ➡短時間 ➡ライトニングトーク 発表は、どちらのタイプかな?
  21. 21. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 22 / 59 発表のトレードオフ • それぞれにメリットとデメリット • 要素は両立しない。どこにパラメータを振るか ➡文字量 ➡わかりやすさ ➡発表時間 発表の場所だったり参加者層で どのスタイルにするか選んで、 方向性を決めます。例えば、 講義型とライトニングトークは スタートから方向性が違います。
  22. 22. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 23 / 59 構成 • 起承転結型 ➡はじめに(課題提起) ➡本文 ➡まとめ • トピック・センテンス型 ➡結論 ➡内容 場合によって、丁寧に順を追う 説明型か、あるいは結論を先に 伝えるやりかたがあります。 どちらが正しいか否かではなく、 内容や場所や対象者によって、 使い分けるのが良いのではと。
  23. 23. 価値あるプレゼンの為に たった1つの重要なこと THE ONE
  24. 24. 聴衆は誰なのか? Are you there?
  25. 25. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 26 / 59 聴衆は『誰』ですか? • 発表前:どんな人が来るのか確認していますか? ➡聴衆の層は?(エンジニア、営業、若手、経営層) ➡テーマと内容があっているかどうか • 発表時:会場と対話していますか? ➡聴衆の貴重な時間をお借りしている、という意識が必要 ➡スライドと同じことを喋るなら、意味が無いのでは 自分が一番気をつけている事。
  26. 26. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 27 / 59 聴衆を意識したスライド作成 • スライドは物語 ➡ 自分の伝えたい考えをシナリオ(物語)にする • 適切な言葉・イラスト・写真を選ぶ ➡ 内容をわかりやすく伝えるための手段であり、主体ではない • 他者に行動を促すための道具 ➡ 発表者と聴衆との、直接『対話』を仲介する媒体 ➡ これがブログや書籍との違い
  27. 27. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 28 / 59 発表前にする事 • 1:テーマを決める ➡何を伝えるのか • 2:誰が対象なのか?を確認する ➡どのような方が聴きに来るのか ➡どのような方に伝えるのか?
  28. 28. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 29 / 59 聴衆を意識した発表 • 発表会場は舞台装置 ➡会場をみて話をしていますか? ➡あなたの声は届いていますか? ➡内容は理解されていますか? • 以降で、より具体的な内容を見ていきます。
  29. 29. /3 ● ● ○ 実践編All We Need Is a Presentation - Practical Guide
  30. 30. 1. スライド作成 Making Slides
  31. 31. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 32 / 59 大切なのは”シナリオ”検討 • シナリオ=物語、何を伝えるか? • 自分の考えを他人に伝えるための材料 • シナリオ検討時間>スライド作成 スライド作成は、後回しです。
  32. 32. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 33 / 59 方向性が決まったら粗筋を作る • テキストでシナリオを作成する ➡エディタで十分 • PowerPoint から始めないほうがよい ➡フォントや色など、見せ方に拘ってしまい 何を伝えたいかを見失いがち いきなりパワポは上級者向け。
  33. 33. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 34 / 59 シナリオ作成 • 誰に何を話すかをまとめる ➡エディタ、メモ帳、Evernote • 自分の場合は ➡思いついたらEvernote • いきなりスライド作成は上級者向け ➡頭の中で考えが整理されてるなら、こちらでもいいかも
  34. 34. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 35 / 59 話す順番を考える • 理解しやすいシナリオを検討 ➡論理展開が飛躍していないか ➡一晩寝かすと効果的 • 結論をはじめにもってくるか、後に持ってくるか ➡時と場合による
  35. 35. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 36 / 59 PowerPointには凝りすぎない • 文字は詰め込みすぎないように ➡文字が多いと聴衆は画面を追う・注意力がそれる • 行間や空白スペースを空けるように ➡圧迫感を回避 • テンプレートは必要に応じてホドホドに ➡デコレーション的な要素は、内容が完成してから
  36. 36. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 37 / 59 スライド作成時 • 色は少ないほうが気が散らない • アニメーション効果は程々に • 写真素材は上級者向け
  37. 37. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 38 / 59 会場確認 • 画面の大きさ ➡解像度、縦横比によってレイアウトやフォントを変更 • 会場の広さ • マイク有無
  38. 38. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 39 / 59 心構え • 楽しみましょう • 失敗してもいいじゃない ➡死ぬわけではない • 緊張します ➡素直に緊張してますと言ってもいいのでは?
  39. 39. 2. 発表当日 Presentation
  40. 40. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 41 / 59 今回の前提 • 対話型の勉強会を想定 ➡発表者・参加者の価値を高めるプレゼンテーションとは? • 時と場合による ➡ビジネスによる提案や、研究発表だと、 またやりかたは変わるかもしれません。
  41. 41. あなたはそこに いますか? Are you there?
  42. 42. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 43 / 59 聴衆を意識した発表 • 価値を高めるために ➡会場をみて話をしていますか? ➡あなたの声は届いていますか? ➡内容は理解されていますか? • 独り言にならないように ➡対話の場であるという意識
  43. 43. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 44 / 59 会場との対話で価値を高める • 聴衆の反応をみる ➡余所見していないか、眼があうか、体の姿勢 ➡興味ありそうか?、言葉は通じているか? • あわてない ➡ゆっくり喋ることで、聞く人の理解を深める
  44. 44. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 45 / 59 アイスブレイク • 会場の反応を見ながら話す ➡興味なさそうなら、話題を飛ばしても良い ➡強引に進めない • スライドや話す内容にネタを入れる ➡自分の場合は、口元が上がって、喋りやすくなる
  45. 45. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 46 / 59 スライド操作 • これも会場の様子を見ながら ➡会場の理解度をさぐるために • デバイスがあると便利 ➡PCに眼を落とすと、集中力が途切れがち ➡自分は 1,000 円程度の安いもの ➡マウスでもいいと思います
  46. 46. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 47 / 59 細かな事 • ネットはオフラインに ➡画面にポップアップするのを避ける ➡別画面に切り替わるのを避ける
  47. 47. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 48 / 59 緊張したらどうするか • 深呼吸 • 敢えて話題をそらす • 開き直る ➡死ぬわけではない
  48. 48. 3. 発表後のフォロー After Follows
  49. 49. 対話の代償 Are you there?
  50. 50. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 52 / 59 スライドの公開 • Slideshare等のサービスを使うと便利 ➡http://slideshare.net 等で、無料でアップロード・公開できる • そのまま公開しない ➡スライドを客観的に見て、伝わらない所は文字を捕捉 ➡会場で質問があったり、説明が足りない所も捕捉 これもケースバイケースです
  51. 51. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 53 / 59 blogなどに整理 • 最終的なアウトプットの場 ➡文章で整理する • スライドだけでなく文章で補強 ➡「わかったつもり」「話したつもり」を避ける ➡発表時に説明不足だった箇所や会場のフィードバック
  52. 52. 3/3 ● ● ● まとめ・質疑応答All We Need Is a Presentation – Let‘s discussion
  53. 53. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 55 / 59 今日の内容 • ようこそ! ➡ 趣旨説明 ➡ プレゼンテーションとは? ➡ 発表で重要な、たった1つのこと • 実践編 ➡ 1. スライドの作成技術 ➡ 2. 発表の仕方 ➡ 3. 発表後のフォロー 日々、技術の進化スピードが 加速していくなかで、私たち ITエンジニアが変化に対応す るには、勉強が必要。そこで 勉強成果のアウトプットの場 として、プレゼンテーション を通した発表・対話が、自分 だけじゃなく、聴いた方にも 理解や勉強なり、行動を促す ことができれば、それはとっ ても嬉しいなって思ってます。
  54. 54.  聴衆は誰かを考える。  事前シナリオ作成が重要。  発表会場では対話する。 ➡ わかりやすさ・価値へ エンジニア向けプレゼンテーションで気をつけている事
  55. 55. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 57 / 59 次回以降… • 「ITエンジニア」向けかな • ゆるく、出来るだけ全員参加型が理想 • アイディア募集・スタッフも募集 4月上旬頃に開催を考えてます。 なにかしらテーマを決めて、 エンジニアの立場で発表できる そんな場所として、定期開催 できればいいのかなと。
  56. 56. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 58 / 59 参考文献 • 理系のための口頭発表術 ロバート・R・H・アンホルト、鈴木 炎 著 2008年、講談社 • 研究発表のためのスライドデザイン 宮野公樹 著 2013年、講談社 この2冊で十分です。表現法や イラストについては別の本が 良いかもしれませんが、本質は すべてここに詰まっています。
  57. 57. IT 系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 59 / 59 発表者だけど、何か質問あります? • どうぞ 当日の会場では、「ネタ」を どのように入れ込みますか?と 質問をいただきました。 私はネタを思いつくと、すぐに evernote に記載して残してお きます。たとえば、気になる 台詞やアスキーアートがあれば ストックしておいて、スライド 作成時に、その引き出しから 引っ張り出してくるようにして 使っています。 / ̄\ | | \_/ | /  ̄  ̄ \ / \ / \ / ⌒ ⌒ \ よくぞ訊いてくれた | (__人__) | 褒美としてオプーナを買う権利をやる \ ` ⌒´ / ☆ /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/ / > ヽ▼●▼<\ ||ー、 / ヽ、 \ i |。| |/ ヽ (ニ、`ヽ .l ヽ l |。| | r-、y `ニ ノ \ l | |ー─ |  ̄ l `~ヽ_ノ____ / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'ヽ--' / オプーナ /| .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______ / ̄オプーナ/|  ̄|__」/_オプーナ /| ̄|__,」___ /| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ /| / .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ | / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  58. 58. おまけ OMAKE
  59. 59. “すべての障害を 生まれる前に消し去りたい” この願いを叶えるには?
  60. 60. もう人間が手で 運用や監視をするのは 限界かもしれない
  61. 61. もう人間が手で 運用や監視をするのは 限界かもしれない
  62. 62. インフラのコード化 Infrastructure as CODE
  63. 63. 運用・監視の自律化 VIVID OPERATION 今日よりも鮮やかに。APIは、その一歩。 この課題を共有・解決できれば、 それはとっても嬉しいなって思っています。
  64. 64. 空の彼方にあるものは…? To Be Continued … 終 @zembutsu 最近こういう事を考えていて、 どこかで共有できないかなぁと 考えています。それでは皆さん どこかでお目にかかりましょう。 ごきげんよう。

×