IGDA日本と
SIG-Glocalizationの展開について
    国際ゲーム開発者協会日本
       (IGDA日本)
        小野 憲史
        2009/10/17
そもそも、IGDAって何?
International Game Developers Association
国際ゲーム開発者協会

• ゲーム開発者“個人”を対象とした特定のプロ
  フェッショナルの特定職種を対象とした国際
  NPO
 ...
NPOとは?
• Non Profit Organaizationの略
  – 政府などの公的機関や企業などの民間組織で対
    応できないニーズを埋めるために活動する非営
    利目的の組織
  – IGDAは、アメリカのNPO法の元なの...
IGDAのミッション
• ゲーム開発者をお互いに繋げて、互いが力を付
  けられるような状況を作り、
  ゲーム開発者コミュニティにとっての課題を議論
  して主張していくことで、
  開発者の職業を発達させ、人生や生活をよりよ
  いものにし...
「ゲーム開発者」って、
      どこまでの範囲?
• 自分が「ゲーム開発者」だと思っている人は、す
  べて範疇に入る緩やかな解釈
 – プロの開発者から、アマチュア開発者、教育者、学生
   など区別は一切ない
 – IGDAというアイデ...
誤解して頂きたくないこと
• IGDAは、ゲーム開発者のコミュニティの独占
  を目標とした組織ではない
 – 開発者のコミュニティが、様々なミッションを持ち
   多数存在していくことは、”極めて望ましい”
 – むしろ、多くのコミュニティを...
IGDAの活動状況
• 全世界に約15000名のメンバー
  – 日本の正式メンバーは278名(世界第4位)
  – アメリカは10000人を越える
  – ボランティアコミュニティ 給与を得ている常勤スタッフは2名
• 全世界に30以上の支部...
IGDA モントリオール
「リトルビックプラネット」についての講演
09年2月
IGDA フィンランド パブミーティング 09年4月
IGDAの歴史
• 1988年にクリス・クロフォードの自宅でスタートし
  たGame Developers Conferenceが、ルーツ
 – 27人でスタート
• 1994年にアーネスト・アダムスにより、前身の組
  織が作られた
 – ...
IGDA日本の活動
• IGDA日本は、世界最大のチャプターの一つ
 – 活動規模の広範囲性から、チャプターの枠組みに収まら
   ない規模に発展しており、「スーパーチャプター」と呼ばれ
   ることもある

• IGDA日本の設立は、2002...
IGDA日本の構成
                          IGDA日本      代表: 新清士
                                      副代表: 高橋勝輝 他4名
              ...
昨年度の活動
• IGDA日本主催イベント 8
• IGDA関西主催イベント 5
• IGDA日本が企画・運営協力したイベント 8
 – 東京ゲームショウ「センスオブワンダーナイト2008」 CESA主催
 – CEDEC CESA主催
 – ...
SIG-Board Game 第4回ボードゲーム大会 09年2月
IGDA日本 GDC09 日本人飲み会 09年3月
IGDA日本 ゲーム開発者セミナー GDC09報告会 09年4月
IGDA日本 SIG-GameTech 「続・ゲームにおけるスクリプト言語の現状」 09年4月
IGDA日本の運用
• IGDA日本の事務局活動はすべてネット上で行われる。
 – 各イベントの用意、連絡もメーリングリストを使う
 – 運営活動に参加したいという希望者が出た場合、メーリングリ
   ストに参加してもらう
 – それぞれのメー...
IGDA日本とIGDAとの関係について
• 日本の正式メンバーの少なさは、成長に国際
  ルールの整備の遅れのため
  – ドル建てで、年会費は年間48ドル
  – 国際ルールができていないために積極的に加入を勧
    めていない
• Gam...
IGDA日本の現在
• IGDA日本も、(ボランティア活動なのに!!)
  巨大組織になりつつあり、
   運営自体がとても大変なことになってきてお
  り、組織改編の時期に入っています。
 – 運営者は、皆本業を抱えているため、できること
 ...
ただ、何かやりたいって、わめいてくだされば、積
 極的に協力を求めまし、協力します。
やりたいという人が出れば、それを止めるというこ
 とはやらず、支援をしたいと思います。

 – SIG-Glocは、まさにそうやって誕生しました

 – 特徴...
IGDA日本の活動の中心
• できるだけ、
  それぞれの人が抱えている問題意識や表現
  したいこと、情報として共有したいことを伝え
  る場として、
  IGDA日本を運営することを続けていきたいと
  思っています。
• ゲーム開発に携わ...
どうぞ、
はじめてIGDAの存在を知った方、
       今後とも、
   様々な形でのご協力
  よろしくお願いします!
で、前置きはともかく、
SIG- SIG-Glocalizationの話
SIG-Glocについて
• 個人(小野)としての問題意識
 – ゲーム批評という専門誌の編集(長)をやりなが
   ら、日本と海外のゲームの違いについて関心が
   あった(ゲームデザイン、グラフィック、etc)
 – E3やGDCの取材を通...
ネットワークの広がり
•   2003年 GDC 長谷川亮一/鶴見六百氏
•   稲葉治彦氏
•   トム・エドワード氏
•   2009年 GDC ローカリゼーションサミット
•   2009年 CEDEC ラウンドテーブル
    →ローカ...
日→海外か、海外→日か
• 欧米圏/米欧同時発売
   英語で作って欧州多言語に対応
• 日本/日→米欧発売
   日本語で作って英・欧多言語に対応
• 洋ゲーのスーパーニッチ化

  求められるのは
  日→海外だろう
ビジネスモデルの拡大
• コンソールの配信モデル
    Wiiウェア、Dsiウェア、Xbox Liveアーケード、
    PSネットワーク
• スマートフォン市場
    iPhone、Andoroido、NOKIA・・・
• SNSゲーム...
ディベロッパーの復活
• 海外に販売拠点を持たない国内ディベロッ
  パーでも、やり方次第で海外市場に向けて直
  接ゲームコンテンツを配信できる
• PS1時代に多くのディベロッパーがパブリッ
  シャーになったのと、同じ現象が起きている

...
ローカライズ技術の洗練
• パブリッシャーにおいては、さらにローカライ
  ズ技術の洗練度が求められる
   数十カ国語にもおよぶ多言語対応
   開発ラインへの組み込み
   文化・地理的問題の対応
• 海外担当者間のコミュニティの必要性
SIGの目的
• 海外配信時代/グローバリゼーション時代を
  見据えた知見の共有とコミュニティの育成
• 各社の機密事項に抵触しない範囲で
• 海外担当者/プロデューサーの人材育成・
  キャリア形成?
• 隔月ペースでテーマを変えながら開催...
世話人
• 稲葉治彦(ナニカ)
• エミリオ・ガジェコ(バースデーソング音楽出
  版 Windward Japan ローカライズ事業部)
• 小野憲史(ゲームジャーナリスト)
• 長谷川亮一(セガ) 50音順
     +
• 中村彰憲(立命...
運営に関して
• 普段の運営はメーリングリスト中心
• 参加したい方はぜひご連絡を!
   kono3478@gmail.com
• アイディア、ご意見も大募集
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

IgdaJ SIG-Glocalization  

1,704 views
1,611 views

Published on

SIG-Glocalization第1回研究会で用いられたSIGの概要説明向けスライドです(2009/10/17)

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,704
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

IgdaJ SIG-Glocalization  

  1. 1. IGDA日本と SIG-Glocalizationの展開について 国際ゲーム開発者協会日本 (IGDA日本) 小野 憲史 2009/10/17
  2. 2. そもそも、IGDAって何? International Game Developers Association 国際ゲーム開発者協会 • ゲーム開発者“個人”を対象とした特定のプロ フェッショナルの特定職種を対象とした国際 NPO – 「ゲーム開発者」というアイデンティティ – 「日本人」みたいなもの。ゲームを創っているとい うアイデンティティは国や企業を越える
  3. 3. NPOとは? • Non Profit Organaizationの略 – 政府などの公的機関や企業などの民間組織で対 応できないニーズを埋めるために活動する非営 利目的の組織 – IGDAは、アメリカのNPO法の元なので、厳密には アメリカのNPO法人 • IGDA日本は、日本の法律上では、厳密には 「任意団体」(サークルや学会組織と同じ) • ただし、活動実体は、NPOという趣旨に添っていると理 解。将来的な日本での法人格取得を検討中
  4. 4. IGDAのミッション • ゲーム開発者をお互いに繋げて、互いが力を付 けられるような状況を作り、 ゲーム開発者コミュニティにとっての課題を議論 して主張していくことで、 開発者の職業を発達させ、人生や生活をよりよ いものにしていくこと – もっと端的に意訳すると、 • ゲーム開発者コミュニティとして人と人を繋げ、 お互いが切磋琢磨できる環境を、楽しみながら 行い、ゲームを発展させていくこと
  5. 5. 「ゲーム開発者」って、 どこまでの範囲? • 自分が「ゲーム開発者」だと思っている人は、す べて範疇に入る緩やかな解釈 – プロの開発者から、アマチュア開発者、教育者、学生 など区別は一切ない – IGDAというアイデンティティに共感を持つだけで、広 義にIGDAに協力してくれているという理解 • 現在のIGDAの基本的な方針は、メンバーの活動 を行いたいというリクエストに応じる形で、 セミナーやSIG、飲み会を、企画・運営という形
  6. 6. 誤解して頂きたくないこと • IGDAは、ゲーム開発者のコミュニティの独占 を目標とした組織ではない – 開発者のコミュニティが、様々なミッションを持ち 多数存在していくことは、”極めて望ましい” – むしろ、多くのコミュニティを支援したい • IGDAは、ゲーム開発者のコミュニティの方向 性を決めたいわけではない – あくまで参加してくださる方や、アクティブに活動 してくださる方を通じて決めていくこと
  7. 7. IGDAの活動状況 • 全世界に約15000名のメンバー – 日本の正式メンバーは278名(世界第4位) – アメリカは10000人を越える – ボランティアコミュニティ 給与を得ている常勤スタッフは2名 • 全世界に30以上の支部(チャプター) – 有力な支部 サンフランシスコ、ボストン、ニュージャージー、シリコン バレー、モントリオール、フィンランド、デンマーク、シンガポールなど … – パブミーティングから、セミナースタイル、産業イベントへの協力など、 世界のどこかで毎週何らかの活動が行われている • IGDA本体には、26のSpecial Interest Group(専門部会、SIG) – 活発なのが、Education、Education、Localization、Writingなど • 白書や書籍を刊行しているSIGもある。 – インディゲームに関連 • Casual Games、Flash、Mobile Game Development、Indies
  8. 8. IGDA モントリオール 「リトルビックプラネット」についての講演 09年2月
  9. 9. IGDA フィンランド パブミーティング 09年4月
  10. 10. IGDAの歴史 • 1988年にクリス・クロフォードの自宅でスタートし たGame Developers Conferenceが、ルーツ – 27人でスタート • 1994年にアーネスト・アダムスにより、前身の組 織が作られた – 1000人規模 • 2000年に現在の体制と名称になり、急激な規模 拡大が進んだ – 国際組織になり、毎年人数が増加している – GDCの成長と大きく関係している
  11. 11. IGDA日本の活動 • IGDA日本は、世界最大のチャプターの一つ – 活動規模の広範囲性から、チャプターの枠組みに収まら ない規模に発展しており、「スーパーチャプター」と呼ばれ ることもある • IGDA日本の設立は、2002年4月 – 当初は、日本のゲーム会社の特徴であった秘密主義の 壁で、活動への理解を得ることは難しかった – 率直に言うと、ゲリラ活動だった – ただ、多くの現場の方の協力により、活動はだんだんと認 知されるようになり発達した。現在は、ゲーム会社の経営 層にも理解を得られる状態になりつつある
  12. 12. IGDA日本の構成 IGDA日本 代表: 新清士 副代表: 高橋勝輝 他4名 事務局 IGDA日本内のSIG SIG-Game SIG-Board IGDA関西 SIG-AI SIG-eSports Tech Game SIG-Student SIG-APP SIG-Indie SIG-Gloc 協力関係にある団体 コンピュータエンタ 日本デジタル ブロードバンド テインメント協会 ゲーム学会 推進協議会 (CESA) (Digra Japan) (BBA)
  13. 13. 昨年度の活動 • IGDA日本主催イベント 8 • IGDA関西主催イベント 5 • IGDA日本が企画・運営協力したイベント 8 – 東京ゲームショウ「センスオブワンダーナイト2008」 CESA主催 – CEDEC CESA主催 – OGC2009 (オンラインゲーム&コミュニティカンファレンス) BBA主催 • 日本デジタルゲーム学会「公開講座」等 9 – IGDA日本の学術機能がスピンアウトするような形で スタート。相互補完関係にある。 • 後援イベント 6
  14. 14. SIG-Board Game 第4回ボードゲーム大会 09年2月
  15. 15. IGDA日本 GDC09 日本人飲み会 09年3月
  16. 16. IGDA日本 ゲーム開発者セミナー GDC09報告会 09年4月
  17. 17. IGDA日本 SIG-GameTech 「続・ゲームにおけるスクリプト言語の現状」 09年4月
  18. 18. IGDA日本の運用 • IGDA日本の事務局活動はすべてネット上で行われる。 – 各イベントの用意、連絡もメーリングリストを使う – 運営活動に参加したいという希望者が出た場合、メーリングリ ストに参加してもらう – それぞれのメーリングリストは、各世話人の運営に任せている。 • セミナー等の企画は、誰かがやりたいと言い出して、その 時に手が空いている人が手を挙げる形でサポートする形 で運営されている。 – 全体の参加者は100名以上 – 有名人:コーエーの松原健二社長、東大の馬場章教授等々… • もちろん、全部ボランティア(志願制)
  19. 19. IGDA日本とIGDAとの関係について • 日本の正式メンバーの少なさは、成長に国際 ルールの整備の遅れのため – ドル建てで、年会費は年間48ドル – 国際ルールができていないために積極的に加入を勧 めていない • Game Developers Conference参加者にはメリット が大きいために積極的に勧めます – IGDA日本独自のメンバーシップ制度を検討中 – 無理して正式メンバーになって頂かなくても構いませ ん • コミュニティとしての実を取っている
  20. 20. IGDA日本の現在 • IGDA日本も、(ボランティア活動なのに!!) 巨大組織になりつつあり、 運営自体がとても大変なことになってきてお り、組織改編の時期に入っています。 – 運営者は、皆本業を抱えているため、できること に限界がつきまといます。
  21. 21. ただ、何かやりたいって、わめいてくだされば、積 極的に協力を求めまし、協力します。 やりたいという人が出れば、それを止めるというこ とはやらず、支援をしたいと思います。 – SIG-Glocは、まさにそうやって誕生しました – 特徴と経験則として 忙しい人ほど、わざわざボランティアを名乗り出てく れる人が多く、参加くださる方も含めレベルが高い… そういう方の支えで、成長してきました…
  22. 22. IGDA日本の活動の中心 • できるだけ、 それぞれの人が抱えている問題意識や表現 したいこと、情報として共有したいことを伝え る場として、 IGDA日本を運営することを続けていきたいと 思っています。 • ゲーム開発に携わる人が 「人として成長できる場」を継続的に守り続け ることが、活動の中心となります。
  23. 23. どうぞ、 はじめてIGDAの存在を知った方、 今後とも、 様々な形でのご協力 よろしくお願いします!
  24. 24. で、前置きはともかく、 SIG- SIG-Glocalizationの話
  25. 25. SIG-Glocについて • 個人(小野)としての問題意識 – ゲーム批評という専門誌の編集(長)をやりなが ら、日本と海外のゲームの違いについて関心が あった(ゲームデザイン、グラフィック、etc) – E3やGDCの取材を通して、国内外のゲーム開発 者、研究者とのネットワークが広がっていった – サイトウアキヒロ氏「ゲームニクス」という概念 ~ゲームUIで文化の差を超える~
  26. 26. ネットワークの広がり • 2003年 GDC 長谷川亮一/鶴見六百氏 • 稲葉治彦氏 • トム・エドワード氏 • 2009年 GDC ローカリゼーションサミット • 2009年 CEDEC ラウンドテーブル →ローカライズに関するSIGの立ち上げ
  27. 27. 日→海外か、海外→日か • 欧米圏/米欧同時発売 英語で作って欧州多言語に対応 • 日本/日→米欧発売 日本語で作って英・欧多言語に対応 • 洋ゲーのスーパーニッチ化 求められるのは 日→海外だろう
  28. 28. ビジネスモデルの拡大 • コンソールの配信モデル Wiiウェア、Dsiウェア、Xbox Liveアーケード、 PSネットワーク • スマートフォン市場 iPhone、Andoroido、NOKIA・・・ • SNSゲーム Facebook、Myspace、Mixiアプリ・・・
  29. 29. ディベロッパーの復活 • 海外に販売拠点を持たない国内ディベロッ パーでも、やり方次第で海外市場に向けて直 接ゲームコンテンツを配信できる • PS1時代に多くのディベロッパーがパブリッ シャーになったのと、同じ現象が起きている ただし、これはコンソールのパッケージモデ ルの再来ではない/デジタル配信時代にお ける新しいゲームビジネスの確立
  30. 30. ローカライズ技術の洗練 • パブリッシャーにおいては、さらにローカライ ズ技術の洗練度が求められる 数十カ国語にもおよぶ多言語対応 開発ラインへの組み込み 文化・地理的問題の対応 • 海外担当者間のコミュニティの必要性
  31. 31. SIGの目的 • 海外配信時代/グローバリゼーション時代を 見据えた知見の共有とコミュニティの育成 • 各社の機密事項に抵触しない範囲で • 海外担当者/プロデューサーの人材育成・ キャリア形成? • 隔月ペースでテーマを変えながら開催 • グローカリゼーションハンドブック
  32. 32. 世話人 • 稲葉治彦(ナニカ) • エミリオ・ガジェコ(バースデーソング音楽出 版 Windward Japan ローカライズ事業部) • 小野憲史(ゲームジャーナリスト) • 長谷川亮一(セガ) 50音順 + • 中村彰憲(立命館大学) 「ローカリゼーションよりグローカリゼーション」
  33. 33. 運営に関して • 普段の運営はメーリングリスト中心 • 参加したい方はぜひご連絡を! kono3478@gmail.com • アイディア、ご意見も大募集

×