SlideShare a Scribd company logo
プラグインを書かなくても
ここまで出来る!
Unityサウンド
CC2 開発部 サウンド課 サウンド室 渡邉愉香

1
❖自己紹介
a) (+2)HHKB[US](使っている)
b) (+0)xyzzy(使っている)
c) (+0)VisualStudio(使っている)
d) (+1)LogicPro(使っている)
e) C#の巻き物
f) C++の巻き物
----------------------------------------------------------------g) Cの巻き物
|.@......D......................................................|
@
h) Perlの巻き物
|...M..........V......X......................!..?.....W.........|
i) イェンダーの魔除け
|.J....................................M.........J..........*.).|
=スペースを押してください=
|............. U....................U...........J.......X.......|
|....................../......U..G..............................|
名前
:渡邉 愉香
|............P.................D.................../............|
|..............U.......?..............G.......................G.|
職業
:サウンドプログラマ
|.....................P.....................P......V...!........|
|..............................!..................*.............|
基本スキル:サウンドプログラム
|..........................)............W............=........%.|
----------------------------------------------------------------BGM・SE制作とか色々
特殊スキル:Unity (使用歴1年半くらい)
UnrealEngine3 (忘れかけ)
階: 26 金塊: 2013

体力: 12(94)

強さ: 14(17) 守備: 8

経験:11/7640

2
❖目次
サウンド
デザイナ
寄り

Unityサウンド概要 for iOS/Android

2.

デフォルトで出来ること・出来ないこと

3.

サウンドシステムを作ろう

4.

傾
向

1.

Tips

プログラマ
5.
寄り

質疑応答

3
Unityサウンド概要 for iOS/Android

4
❖基本情報
ビルド環境

*.apk

*.ipa

*.apk

Mac

Windows

スクリプト言語
C#

JavaScript

85%

13%

Boo
2%

※facebook「Unityユーザー助け合い所」 言語使用率アンケートより

5
❖基本情報
サウンドライブラリ

 旧 FMOD Ex Programmer’s API 相当部分のみ
 旧 FMOD Designer は使用不可

 利用可能な圧縮形式は mp3 のみ

 Pro版のUnityでなくても(無償版でも)

エフェクト以外のサウンド機能は全て使用可能

6
❖オーディオデータとして認識される形式
インポート形式

無圧縮
オーディオ
圧縮
オーディオ

iOS/Android形式

WAV

WAV

AIFF

AIFF

Ogg Vorbis
MP3

ENCODE
MP3

無圧縮

DECODE

ENCODE

MOD

トラッカー
モジュール

MOD

XM

XM

S3M

S3M

IT

IT

7
❖オーディオデータとして認識される形式:補足
トラッカーモジュールとは?
 譜面と音源を1ファイルにしたもの ( ≒ SMF + 内蔵シンセ )
 MOD と総称される
 MOD作成ソフトは トラッカー と呼ばれる

Sound Tracker

Fast Tracker 2

Scream Tracker

Impulse Tracker

(.mod)

(.xm)

(.s3m)

(.it)

Unityのサポート形式 と トラッカー

8
❖エンコード後のデータ
保存場所
{UnityProject}Librarymetadata

2文字 の
フォルダ名

32文字 の
ファイル名

判読性のないフォルダ名、ファイル名で格納されている

9
❖エンコード後のデータ
エンコード後のファイル名
1. 波形と同階層にある同名の .meta をテキストエディタで開く
2. guidの行の32文字 がファイル名
3. 保存場所で guid の冒頭2文字 のフォルダ名を探す
4. 3. のフォルダの下で guid と同じファイル名 を探す

発見!!

10
❖エンコード後のデータ
mp3エンコードされたファイルの構造
 先頭にUnityのヘッダが付加されただけのmp3
 ヘッダを削除すればMedia Player等で再生可能


ヘッダの削除手順
2.

バイナリエディタでファイルを開く
拡張子なしファイル名 が格納されている場所を探す

3.

2. の近くに mp3フレームヘッダ (0xFFFB) があるので探す

4.

3. より前を削除、拡張子を .mp3 にして保存する

1.

実データ部

11
❖エンコード後のデータ:補足

.metaファイル
がない?

Editor Settings を確認
Edit -> Project Settings -> Editor

?
Version Control の
Mode を Meta Files に設定

12
❖エンコード設定
metaファイル経由でインポート設定を変更可能
Unity
Audio Format

metaファイル

Native (WAV)

Inspector

format

Native
Compressed

3D Sound

-1
0

Force to mono
Load type

Compressed in memory

Inspector

stream

Decompress on load
Compressed in memory

Gapless looping
Compression (kbps)

1

Stream from disc

Hardware decoding

0

2

128

quality

(Compression (kbps) – 56) / 200

※実際のエンコード処理を行うのはUnity

fileFormatVersion: 2
guid: abcdefghijklmn …
AudioImporter:
serializedVersion: 4
format: 0

quality: .360000014
stream: 1
3D: 0
forceToMono: 0
useHardware: 0

loopable: 0
userData:

13
❖Unityのサウンド要素
ReverbZone
AudioListener

リバーブ空間

波形以外の再生情報

人間の耳に相当
Camera

AudioSource

GameObject

AudioClip
波形本体

Audio*Filter

Audio*Filter

エフェクト

エフェクト
(1) Reverb Filter

(4) Distortion Filter

(2) Chorus Filter

(5) Low Pass Filter

(3) Echo Filter

(6) High Pass Filter

14
デフォルトで出来ること・出来ないこと

15
❖デフォルトで出来ること
以下はUnityの標準機能として存在する
 エフェクト
 プライオリティ
 ポーズ

OK

 ループ (部分ループ不可、全ループのみ)
 音量
 ピッチ
 LRパン
 3D再生設定

16
❖デフォルトで出来ること
Audio
Listener
エフェクト

Audio
Clip

プライオリティ
ポーズ

Reverb
Zone

パラメータ

パラメータ

パラメータ
全体

単体
GaplessLooping
エンコード

ループ
音量

Audio
*Filter

単体

全体

Audio
Source

全体

ON/OFF
単体

ピッチ

パラメータ

LRパン

パラメータ

3D再生

ON/OFF

距離減衰
ドップラー

17
❖デフォルトで出来ないこと
以下はUnityの標準機能としては存在しない
1.
2.

フェードアウト

3.

ダッキング

4.

同時発音数・再生挙動制御

5.

ランダムパラメータ

6.

ランダム再生

7.

グループ単位のパラメータ制御

8.

NG

ループ回数指定

イントロつきループBGM

サウンドとして最低限必要な機能
18
サウンドシステムを作ろう

19
❖はじめに
作るもの
 昔ながらのコンシューマ系サウンドシステム の簡易版


データ管理:バンク方式



出力管理:バス方式

必要なもの
 VBAの知識


ネットで拾える情報の組み合わせレベル

 Unityプログラムの知識


普通にUnityでスクリプトが書ければOK



iOS/Androidの深い知識は不要

20
❖システム概要:イメージ
こういうものを作ります
Enemy Data
SE0

Stage Data

SE1

SE

Bus[1]

SE2

Voice0

Voice0

Bus[2]

Common Data
BGM0

…

Voice1

……

Bus[0]

Bus[n-1]

Voice1

BGM1

BGM

Sub Bus

Bus[n]

Master Bus

21
❖システム概要:バス
実際の信号ルーティングは行わない
 下記のような一般的なバス機能を仮想実装


エフェクト情報




Chorus
0
Static

エフェクトID

サウンドオブジェクトタイプ




FX ID
Object Type

エフェクトタイプ



FX Type

Category

※後述

Pitch

動的生成 / 静的生成
Volume

カテゴリ


SE

Master / BGM / SE / Voice



ピッチ



音量



バス名
※画像はイメージです

Bus Name

UI

22
❖システム概要:階層
Application
Sound Manager
Unity

Android OS

iOS

23
❖システム概要:構成

生
成

パラメータ
シート

c# c#
解
釈

パラメータ
テーブル

サウンド
マネージャ

確
認

サウンド
テスト

Unity

24
❖サウンドマネージャ:処理概要
随時

毎フレーム

再生

フェード情報更新

・パラメータテーブル参照
・パラメータ設定
・同時発音数制御

停止
・通常停止
フェードアウト
・フェード設定

ループ終了
・ループフラグOFF

・フェードパラメータ計算
・目標値到達チェック

制御情報更新
・音源座標更新

・各種パラメータ更新
・停止済リソース破棄
・ループ制御
・ステータス管理
・ダッキングトリガチェック

25
❖デフォルトで出来ないこと
以下はUnityの標準機能としては存在しない
1.

ループ回数指定

これらの
実装方法を

2.

フェードアウト

3.

ダッキング

NG

4.

同時発音数・再生挙動制御

5.

ランダムパラメータ

この吹き出しで
示します!

6.

ランダム再生

7.

グループ単位のパラメータ制御

8.

イントロつきループBGM

サウンドとして最低限必要な機能
26
❖サウンドマネージャ:制御情報更新
随時

毎フレーム

再生

フェード情報更新

・パラメータテーブル参照
・パラメータ設定
・同時発音数制御

停止
・通常停止
フェードアウト
・フェード設定

ループ終了
・ループフラグOFF

・フェードパラメータ計算
・目標値到達チェック

制御情報更新
・音源座標更新

・各種パラメータ更新
・停止済リソース破棄
・ループ制御
・ステータス管理
・ダッキングトリガチェック

27
❖サウンドマネージャ:制御情報更新
全サウンドの状態を常に把握
 鳴らしっぱなしにしない
 全てのサウンドの再生状況を ステータス によって管理

サウンド
ラベル

再生中の波形

…

ステータス

音源

ループ
回数

再生
音量

再生
ピッチ

再生
パン

SE01

se_ene_atk01

…

PRESTOP

Enemy01

0

0.8

1.1

0.0

BGM00

bgm_btl00

…

PLAYING

-

5

0.6

1.0

0.0

…

:

:

:

:

:

:

:

28
❖サウンドマネージャ:制御情報更新
処理

ステータス

再生

再生待ち

音源座標更新

再生中

ル
ー
プ
再
生
終
了

1

ループ回数
指定

パラメータ更新
バス情報反映

停止

ダッキング解除
チェック
リソース破棄

停止待ち
停止中

ワ
ン
シ
ョ
ッ
ト
再
生
終
了

停止済

29
❖サウンドマネージャ:フェード情報更新
随時

毎フレーム

再生

フェード情報更新

・パラメータテーブル参照
・パラメータ設定
・同時発音数制御

停止
・通常停止
フェードアウト
・フェード設定

ループ終了
・ループフラグOFF

・フェードパラメータ計算
・目標値到達チェック

制御情報更新
・音源座標更新

・各種パラメータ更新
・停止済リソース破棄
・ループ制御
・ステータス管理
・ダッキングトリガチェック

30
❖サウンドマネージャ:フェード情報更新
基本計算式

現在値 += ( ( 目標値 - 開始値 ) / フェード時間 )

要素の組み合わせで機能が変化
処理
ターゲット

値の
タイプ

目標値到達時
の挙動

サウンド

音量
ピッチ

再生継続

フェードアウト

・ターゲット
= バス
・タイプ
= 音量
・目標値到達時 = 再生継続

ダッキング

停止

バス

パン

2
3

・ターゲット
= サウンド
・タイプ
= 音量
・目標値到達時 = 停止

31
❖サウンドマネージャ:再生
随時

毎フレーム

再生

フェード情報更新

・パラメータテーブル参照
・パラメータ設定
・同時発音数制御

停止
・通常停止
フェードアウト
・フェード設定

ループ終了
・ループフラグOFF

・フェードパラメータ計算
・目標値到達チェック

制御情報更新
・音源座標更新

・各種パラメータ更新
・停止済リソース破棄
・ループ制御
・ステータス管理
・ダッキングトリガチェック

32
❖サウンドマネージャ:再生
サウンドオブジェクト
 AudioSource をアタッチするための GameObject


音源オブジェクトには直接アタッチせず、座標のみを参照



定期的に音源座標をサウンドオブジェクトに反映

33
❖サウンドマネージャ:再生
滝の横を走り抜ける

滝SEの減衰が完了する前に
滝オブジェクトが
破棄されてしまうことがある

画面外のマップを破棄
音も破棄されてしまう!

©2013 CyberConnect2

34
❖サウンドマネージャ:再生
サウンドオブジェクト
 動的生成・静的生成の2種類を用意


通常は再生時に動的に生成



レイテンシが重要なSEやBGMなどは静的オブジェクトを使用




初期化時に一定数の GameObject を予め作成しておく

動的生成だとUIなどのタップSEの反応が良くないため
 GameObject の new は結構重い

35
❖サウンドマネージャ:再生
パラメータ取得
制御情報検索
再生制御

4

6

ランダム
再生

同時発音数・
再生挙動制御

後着優先

先着優先
今回の再生を
キャンセル

ランダム

ランダムに
1つのクリップを選択

BGM

再生中の
最古のものを停止

再生クリップ選択

フェード停止
&
停止完了待ち

レイヤ

全クリップ選択

バス情報の反映

パラメータ計算

5

ランダム
パラメータ

クリップ再生
ランダム

レイヤ

全クリップを
同一の遅延設定で再生

7
8

グループ単位の
パラメータ制御

バス音量・ピッチ設定
エフェクト設定

サウンドオブジェクト選
択

分割BGM

イントロつき
ループBGM

分割BGM

イントロ部は遅延なし、
ループ部はイントロ部分の
遅延設定で再生

36
❖サウンドマネージャ:再生
イントロつきループBGMの実装
 イントロ部分とループ部分に波形を分割
 イントロ波形の尺だけ待ってからループ波形を再生


AudioSource.PlayDelayed(イントロ尺); でOK

これじゃ継ぎ目が
目立っちゃう!

再生開始
イントロ部分
delay

ループ部分

再生開始

37
❖サウンドマネージャ:再生
繋ぎ目を目立たせないための対策
 イントロ波形の作り方を一工夫


ループに入ってからの余韻まで含んだ状態をイントロとする



イントロとループが重なる部分 を設ける
再生開始
イントロ部分
delay

ループ部分
再生開始

38
❖サウンドマネージャ:再生

mp3ループ再生時 (GaplessLoopingエンコード時) は
再生開始位置を 1,152サンプル ずらして再生する

39
❖サウンドマネージャ:再生
MP3のデコード処理概要
1,152サンプル の フレーム 単位で処理
0

1

frame

frame

n-1

…

frame

frame

最後

n

…

波形先頭

n 番目のフレーム
n-1 番目のフレーム

frame
波形末尾

をデコードするためには
が必要

ループ再生で頭に戻るとき

最初のフレーム
最後のフレーム

をデコードするためには
が必要

40
❖サウンドマネージャ:再生
エンコード時 波形先頭にループ処理用の1フレーム を付加

約 0.026 秒
(44.1kHzの場合)

ごく短いため、ほとんどのケースでは気にならない が、
波形内容によってはノイズのように聴こえる場合がある。

再生開始を1,152サンプルずらすのは

最初のループ処理用フレームをスキップする ため

41
❖サウンドマネージャ:停止
随時

毎フレーム

再生

フェード情報更新

・パラメータテーブル参照
・パラメータ設定
・同時発音数制御

停止
・通常停止
フェードアウト
・フェード設定

ループ終了
・ループフラグOFF

・フェードパラメータ計算
・目標値到達チェック

制御情報更新
・音源座標更新

・各種パラメータ更新
・停止済リソース破棄
・ループ制御
・ステータス管理
・ダッキングトリガチェック

42
❖サウンドマネージャ:停止
3種類の停止系処理
即停止

フェード停止

ループ終了

通常の停止処理

フェードアウト後、
音量0になったら即停止

波形の最後まで再生したら
繰り返さず再生を終了

いきなり AudioSource.Stop() を呼ばない
停止ノイズが発生することがあるため、段階的に処理する
1.

サウンドの音量を 0 にする

2.

音量が反映されてから AudioSource.Stop() を呼ぶ


ステータスを「停止準備中」にして更新処理で制御

43
❖最後に
プラグインを書かなければ対応できないこと
 波形の部分ループ
 mp3以外の圧縮フォーマットの使用
 オリジナルエフェクトの使用

こういったことに対応したい場合、
またはもっと精密な制御が必要な場合は
CRI・ミドルウェア様に御相談すると
幸せになれると思います!

44
Tips

45
❖Tips
AudioFiler は単一の AudioSource にしか適用できない
 複数の AudioSouce を単一の GameObject に付加した場合、

AudioSource に対する AudioFilter の効果が不安定になる
GameObject

GameObject

AudioSource

AudioSource

AudioSource

Audio*Filter

…
Audio*Filter

46
❖Tips
Android端末でオンメモリ再生時に音飛びが発生する
 Unity 4.1 以前


GCでオーディオスレッドが止められていたため、
GCが原因の場合は 4.2 へのアップデートで改善される可能性あり

 Unity 4.2 以降


「特定端末における既知の不具合」の可能性あり


REGZA Phone, Galaxy Nexus など



頻度は 5~15分 に 1回 程度 (体感的にはそれほど高くない)

Android端末でのBGMのオーバーライド
 iOSの「Override iPod Music」のAndroid版は?


Unityの機能としては存在しない



プラグインを書けば実装可能

47
御清聴ありがとうございました

48

More Related Content

What's hot

CEDEC2012 sound workshop
CEDEC2012 sound workshopCEDEC2012 sound workshop
CEDEC2012 sound workshop
Takashi Tanaka
 
DTMF — DTMF と自作アプリの軌跡 #yidev
DTMF — DTMF と自作アプリの軌跡 #yidevDTMF — DTMF と自作アプリの軌跡 #yidev
DTMF — DTMF と自作アプリの軌跡 #yidev
Tomohiro Kumagai
 
日本Androidの会発表スライド androidのメディア機能の話
日本Androidの会発表スライド androidのメディア機能の話日本Androidの会発表スライド androidのメディア機能の話
日本Androidの会発表スライド androidのメディア機能の話
Tatsuya Matsumoto
 
VSTiつくるよゼミ
VSTiつくるよゼミVSTiつくるよゼミ
VSTiつくるよゼミ
y3eadgbe
 
ソフトシンセを作りながら学ぶPythonプログラミング
ソフトシンセを作りながら学ぶPythonプログラミングソフトシンセを作りながら学ぶPythonプログラミング
ソフトシンセを作りながら学ぶPythonプログラミング
Ransui Iso
 
Stagefright入門
Stagefright入門Stagefright入門
Stagefright入門
l_b__
 
Stagefright入門
Stagefright入門Stagefright入門
Stagefright入門
l_b__
 
「Pythonでやってみた」~広がるプログラミングの愉しみ~
「Pythonでやってみた」~広がるプログラミングの愉しみ~「Pythonでやってみた」~広がるプログラミングの愉しみ~
「Pythonでやってみた」~広がるプログラミングの愉しみ~
Ransui Iso
 
多目的な音声伝送システム MRATの開発
多目的な音声伝送システムMRATの開発多目的な音声伝送システムMRATの開発
多目的な音声伝送システム MRATの開発
Takashi Kishida
 
HoloLensの音声周りを整理する
HoloLensの音声周りを整理するHoloLensの音声周りを整理する
HoloLensの音声周りを整理する
Takahiro Miyaura
 
setParamを用いた原音設定の解説
setParamを用いた原音設定の解説setParamを用いた原音設定の解説
setParamを用いた原音設定の解説
Tatsumi
 
HoloLensで音声認識をする方法を色々試してみた
HoloLensで音声認識をする方法を色々試してみたHoloLensで音声認識をする方法を色々試してみた
HoloLensで音声認識をする方法を色々試してみた
Takahiro Miyaura
 
SIG-Audio準備会#2 オーディオツールの作り方 超入門編
SIG-Audio準備会#2 オーディオツールの作り方 超入門編SIG-Audio準備会#2 オーディオツールの作り方 超入門編
SIG-Audio準備会#2 オーディオツールの作り方 超入門編Takafumi Inamori
 
【出張ヒストリア2017】新しいUnreal AudioEngineでインタラクティブサウンドコンテンツはどこまでつくれるか!?
【出張ヒストリア2017】新しいUnreal AudioEngineでインタラクティブサウンドコンテンツはどこまでつくれるか!?【出張ヒストリア2017】新しいUnreal AudioEngineでインタラクティブサウンドコンテンツはどこまでつくれるか!?
【出張ヒストリア2017】新しいUnreal AudioEngineでインタラクティブサウンドコンテンツはどこまでつくれるか!?
historia_Inc
 
CEDEC2012 今すぐ導入できるボイスファイルマネージメント
CEDEC2012 今すぐ導入できるボイスファイルマネージメントCEDEC2012 今すぐ導入できるボイスファイルマネージメント
CEDEC2012 今すぐ導入できるボイスファイルマネージメントTakafumi Inamori
 
3Dオーディオについて(ロングバージョン)
3Dオーディオについて(ロングバージョン)3Dオーディオについて(ロングバージョン)
3Dオーディオについて(ロングバージョン)
Kojiro Yano
 
jus & USP友の会共催 シェルワンライナー勉強会@関西(第11回シェル芸勉強会)
jus & USP友の会共催 シェルワンライナー勉強会@関西(第11回シェル芸勉強会)jus & USP友の会共催 シェルワンライナー勉強会@関西(第11回シェル芸勉強会)
jus & USP友の会共催 シェルワンライナー勉強会@関西(第11回シェル芸勉強会)
Ryuichi Ueda
 

What's hot (18)

CEDEC2012 sound workshop
CEDEC2012 sound workshopCEDEC2012 sound workshop
CEDEC2012 sound workshop
 
DTMF — DTMF と自作アプリの軌跡 #yidev
DTMF — DTMF と自作アプリの軌跡 #yidevDTMF — DTMF と自作アプリの軌跡 #yidev
DTMF — DTMF と自作アプリの軌跡 #yidev
 
日本Androidの会発表スライド androidのメディア機能の話
日本Androidの会発表スライド androidのメディア機能の話日本Androidの会発表スライド androidのメディア機能の話
日本Androidの会発表スライド androidのメディア機能の話
 
VSTiつくるよゼミ
VSTiつくるよゼミVSTiつくるよゼミ
VSTiつくるよゼミ
 
ソフトシンセを作りながら学ぶPythonプログラミング
ソフトシンセを作りながら学ぶPythonプログラミングソフトシンセを作りながら学ぶPythonプログラミング
ソフトシンセを作りながら学ぶPythonプログラミング
 
真・聴力検査 HACKS
真・聴力検査 HACKS真・聴力検査 HACKS
真・聴力検査 HACKS
 
Stagefright入門
Stagefright入門Stagefright入門
Stagefright入門
 
Stagefright入門
Stagefright入門Stagefright入門
Stagefright入門
 
「Pythonでやってみた」~広がるプログラミングの愉しみ~
「Pythonでやってみた」~広がるプログラミングの愉しみ~「Pythonでやってみた」~広がるプログラミングの愉しみ~
「Pythonでやってみた」~広がるプログラミングの愉しみ~
 
多目的な音声伝送システム MRATの開発
多目的な音声伝送システムMRATの開発多目的な音声伝送システムMRATの開発
多目的な音声伝送システム MRATの開発
 
HoloLensの音声周りを整理する
HoloLensの音声周りを整理するHoloLensの音声周りを整理する
HoloLensの音声周りを整理する
 
setParamを用いた原音設定の解説
setParamを用いた原音設定の解説setParamを用いた原音設定の解説
setParamを用いた原音設定の解説
 
HoloLensで音声認識をする方法を色々試してみた
HoloLensで音声認識をする方法を色々試してみたHoloLensで音声認識をする方法を色々試してみた
HoloLensで音声認識をする方法を色々試してみた
 
SIG-Audio準備会#2 オーディオツールの作り方 超入門編
SIG-Audio準備会#2 オーディオツールの作り方 超入門編SIG-Audio準備会#2 オーディオツールの作り方 超入門編
SIG-Audio準備会#2 オーディオツールの作り方 超入門編
 
【出張ヒストリア2017】新しいUnreal AudioEngineでインタラクティブサウンドコンテンツはどこまでつくれるか!?
【出張ヒストリア2017】新しいUnreal AudioEngineでインタラクティブサウンドコンテンツはどこまでつくれるか!?【出張ヒストリア2017】新しいUnreal AudioEngineでインタラクティブサウンドコンテンツはどこまでつくれるか!?
【出張ヒストリア2017】新しいUnreal AudioEngineでインタラクティブサウンドコンテンツはどこまでつくれるか!?
 
CEDEC2012 今すぐ導入できるボイスファイルマネージメント
CEDEC2012 今すぐ導入できるボイスファイルマネージメントCEDEC2012 今すぐ導入できるボイスファイルマネージメント
CEDEC2012 今すぐ導入できるボイスファイルマネージメント
 
3Dオーディオについて(ロングバージョン)
3Dオーディオについて(ロングバージョン)3Dオーディオについて(ロングバージョン)
3Dオーディオについて(ロングバージョン)
 
jus & USP友の会共催 シェルワンライナー勉強会@関西(第11回シェル芸勉強会)
jus & USP友の会共催 シェルワンライナー勉強会@関西(第11回シェル芸勉強会)jus & USP友の会共催 シェルワンライナー勉強会@関西(第11回シェル芸勉強会)
jus & USP友の会共催 シェルワンライナー勉強会@関西(第11回シェル芸勉強会)
 

Viewers also liked

SIG-Audio#9 アンケート集計結果
SIG-Audio#9 アンケート集計結果SIG-Audio#9 アンケート集計結果
SIG-Audio#9 アンケート集計結果IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#8 明快!!ゲーム音楽 クリエイターへの道しるべ!(技術編)
SIG-Audio#8 明快!!ゲーム音楽 クリエイターへの道しるべ!(技術編)SIG-Audio#8 明快!!ゲーム音楽 クリエイターへの道しるべ!(技術編)
SIG-Audio#8 明快!!ゲーム音楽 クリエイターへの道しるべ!(技術編)IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#7 アンケート集計結果
SIG-Audio#7 アンケート集計結果SIG-Audio#7 アンケート集計結果
SIG-Audio#7 アンケート集計結果IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#6 アンケート集計結果
SIG-Audio#6 アンケート集計結果SIG-Audio#6 アンケート集計結果
SIG-Audio#6 アンケート集計結果IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#11 効果音サウンドデザイン制作の実践TIPS つまみ食い
SIG-Audio#11 効果音サウンドデザイン制作の実践TIPS つまみ食いSIG-Audio#11 効果音サウンドデザイン制作の実践TIPS つまみ食い
SIG-Audio#11 効果音サウンドデザイン制作の実践TIPS つまみ食い
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#3 スマートフォン/タブレットでの シンセアプリ制作のツボ
SIG-Audio#3 スマートフォン/タブレットでの シンセアプリ制作のツボSIG-Audio#3 スマートフォン/タブレットでの シンセアプリ制作のツボ
SIG-Audio#3 スマートフォン/タブレットでの シンセアプリ制作のツボIGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#6 ゲームオーディオの文化を考える ~足し算の美学~
SIG-Audio#6 ゲームオーディオの文化を考える ~足し算の美学~SIG-Audio#6 ゲームオーディオの文化を考える ~足し算の美学~
SIG-Audio#6 ゲームオーディオの文化を考える ~足し算の美学~IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#11 アンケート集計結果
SIG-Audio#11 アンケート集計結果SIG-Audio#11 アンケート集計結果
SIG-Audio#11 アンケート集計結果
IGDA Japan SIG-Audio
 
Game Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについて
Game Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについてGame Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについて
Game Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについてIGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#11 音響信号処理を応用した音のシンセサイズ方法および音の構築方法の解説と実演
SIG-Audio#11 音響信号処理を応用した音のシンセサイズ方法および音の構築方法の解説と実演SIG-Audio#11 音響信号処理を応用した音のシンセサイズ方法および音の構築方法の解説と実演
SIG-Audio#11 音響信号処理を応用した音のシンセサイズ方法および音の構築方法の解説と実演
IGDA Japan SIG-Audio
 
ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編
ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編
ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#8 アンケート集計結果
SIG-Audio#8 アンケート集計結果SIG-Audio#8 アンケート集計結果
SIG-Audio#8 アンケート集計結果IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#3 スマートフォンサウンド制作
SIG-Audio#3 スマートフォンサウンド制作SIG-Audio#3 スマートフォンサウンド制作
SIG-Audio#3 スマートフォンサウンド制作IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#10 アンケート集計結果
SIG-Audio#10 アンケート集計結果SIG-Audio#10 アンケート集計結果
SIG-Audio#10 アンケート集計結果IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#9 FINAL FANTASY XIII シリーズの音響制作から考える多様化ニーズへの対応
SIG-Audio#9 FINAL FANTASY XIII シリーズの音響制作から考える多様化ニーズへの対応SIG-Audio#9 FINAL FANTASY XIII シリーズの音響制作から考える多様化ニーズへの対応
SIG-Audio#9 FINAL FANTASY XIII シリーズの音響制作から考える多様化ニーズへの対応IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#1 CEDEC2012 ラウドネス関連セッション報告
SIG-Audio#1 CEDEC2012 ラウドネス関連セッション報告SIG-Audio#1 CEDEC2012 ラウドネス関連セッション報告
SIG-Audio#1 CEDEC2012 ラウドネス関連セッション報告
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#1 ラウドネス測定レポート
SIG-Audio#1 ラウドネス測定レポートSIG-Audio#1 ラウドネス測定レポート
SIG-Audio#1 ラウドネス測定レポートIGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#12 シューティングゲームサウンドの作り方
SIG-Audio#12 シューティングゲームサウンドの作り方SIG-Audio#12 シューティングゲームサウンドの作り方
SIG-Audio#12 シューティングゲームサウンドの作り方
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#4 GDC 2013 AUDIO REPORT ゲームオーディオ トピック
SIG-Audio#4 GDC 2013 AUDIO REPORT ゲームオーディオ トピックSIG-Audio#4 GDC 2013 AUDIO REPORT ゲームオーディオ トピック
SIG-Audio#4 GDC 2013 AUDIO REPORT ゲームオーディオ トピックIGDA Japan SIG-Audio
 

Viewers also liked (20)

SIG-Audio#9 アンケート集計結果
SIG-Audio#9 アンケート集計結果SIG-Audio#9 アンケート集計結果
SIG-Audio#9 アンケート集計結果
 
SIG-Audio#8 明快!!ゲーム音楽 クリエイターへの道しるべ!(技術編)
SIG-Audio#8 明快!!ゲーム音楽 クリエイターへの道しるべ!(技術編)SIG-Audio#8 明快!!ゲーム音楽 クリエイターへの道しるべ!(技術編)
SIG-Audio#8 明快!!ゲーム音楽 クリエイターへの道しるべ!(技術編)
 
SIG-Audio#7 アンケート集計結果
SIG-Audio#7 アンケート集計結果SIG-Audio#7 アンケート集計結果
SIG-Audio#7 アンケート集計結果
 
SIG-Audio#10 GDC Audio 報告会
SIG-Audio#10 GDC Audio 報告会SIG-Audio#10 GDC Audio 報告会
SIG-Audio#10 GDC Audio 報告会
 
SIG-Audio#6 アンケート集計結果
SIG-Audio#6 アンケート集計結果SIG-Audio#6 アンケート集計結果
SIG-Audio#6 アンケート集計結果
 
SIG-Audio#11 効果音サウンドデザイン制作の実践TIPS つまみ食い
SIG-Audio#11 効果音サウンドデザイン制作の実践TIPS つまみ食いSIG-Audio#11 効果音サウンドデザイン制作の実践TIPS つまみ食い
SIG-Audio#11 効果音サウンドデザイン制作の実践TIPS つまみ食い
 
SIG-Audio#3 スマートフォン/タブレットでの シンセアプリ制作のツボ
SIG-Audio#3 スマートフォン/タブレットでの シンセアプリ制作のツボSIG-Audio#3 スマートフォン/タブレットでの シンセアプリ制作のツボ
SIG-Audio#3 スマートフォン/タブレットでの シンセアプリ制作のツボ
 
SIG-Audio#6 ゲームオーディオの文化を考える ~足し算の美学~
SIG-Audio#6 ゲームオーディオの文化を考える ~足し算の美学~SIG-Audio#6 ゲームオーディオの文化を考える ~足し算の美学~
SIG-Audio#6 ゲームオーディオの文化を考える ~足し算の美学~
 
SIG-Audio#11 アンケート集計結果
SIG-Audio#11 アンケート集計結果SIG-Audio#11 アンケート集計結果
SIG-Audio#11 アンケート集計結果
 
Game Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについて
Game Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについてGame Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについて
Game Community Summit 2013 - CEDECサウンドセッションについて
 
SIG-Audio#11 音響信号処理を応用した音のシンセサイズ方法および音の構築方法の解説と実演
SIG-Audio#11 音響信号処理を応用した音のシンセサイズ方法および音の構築方法の解説と実演SIG-Audio#11 音響信号処理を応用した音のシンセサイズ方法および音の構築方法の解説と実演
SIG-Audio#11 音響信号処理を応用した音のシンセサイズ方法および音の構築方法の解説と実演
 
ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編
ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編
ゲーム開発の潮流とコミュニティ活動 SIG-Audio編
 
SIG-Audio#8 アンケート集計結果
SIG-Audio#8 アンケート集計結果SIG-Audio#8 アンケート集計結果
SIG-Audio#8 アンケート集計結果
 
SIG-Audio#3 スマートフォンサウンド制作
SIG-Audio#3 スマートフォンサウンド制作SIG-Audio#3 スマートフォンサウンド制作
SIG-Audio#3 スマートフォンサウンド制作
 
SIG-Audio#10 アンケート集計結果
SIG-Audio#10 アンケート集計結果SIG-Audio#10 アンケート集計結果
SIG-Audio#10 アンケート集計結果
 
SIG-Audio#9 FINAL FANTASY XIII シリーズの音響制作から考える多様化ニーズへの対応
SIG-Audio#9 FINAL FANTASY XIII シリーズの音響制作から考える多様化ニーズへの対応SIG-Audio#9 FINAL FANTASY XIII シリーズの音響制作から考える多様化ニーズへの対応
SIG-Audio#9 FINAL FANTASY XIII シリーズの音響制作から考える多様化ニーズへの対応
 
SIG-Audio#1 CEDEC2012 ラウドネス関連セッション報告
SIG-Audio#1 CEDEC2012 ラウドネス関連セッション報告SIG-Audio#1 CEDEC2012 ラウドネス関連セッション報告
SIG-Audio#1 CEDEC2012 ラウドネス関連セッション報告
 
SIG-Audio#1 ラウドネス測定レポート
SIG-Audio#1 ラウドネス測定レポートSIG-Audio#1 ラウドネス測定レポート
SIG-Audio#1 ラウドネス測定レポート
 
SIG-Audio#12 シューティングゲームサウンドの作り方
SIG-Audio#12 シューティングゲームサウンドの作り方SIG-Audio#12 シューティングゲームサウンドの作り方
SIG-Audio#12 シューティングゲームサウンドの作り方
 
SIG-Audio#4 GDC 2013 AUDIO REPORT ゲームオーディオ トピック
SIG-Audio#4 GDC 2013 AUDIO REPORT ゲームオーディオ トピックSIG-Audio#4 GDC 2013 AUDIO REPORT ゲームオーディオ トピック
SIG-Audio#4 GDC 2013 AUDIO REPORT ゲームオーディオ トピック
 

More from IGDA Japan SIG-Audio

SIG-AUDIO #22 オンラインセミナー「VRのサウンド演出」VRアドベンチャーゲーム 「ディスクロニア CA」サウンドデザイン.pdf
SIG-AUDIO #22 オンラインセミナー「VRのサウンド演出」VRアドベンチャーゲーム 「ディスクロニア CA」サウンドデザイン.pdfSIG-AUDIO #22 オンラインセミナー「VRのサウンド演出」VRアドベンチャーゲーム 「ディスクロニア CA」サウンドデザイン.pdf
SIG-AUDIO #22 オンラインセミナー「VRのサウンド演出」VRアドベンチャーゲーム 「ディスクロニア CA」サウンドデザイン.pdf
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-AUDIO 2024 Vol.02 オンラインセミナー 「必殺使音人(ひっさつしおとにん)カットシーンを成敗せよ」
SIG-AUDIO 2024 Vol.02 オンラインセミナー 「必殺使音人(ひっさつしおとにん)カットシーンを成敗せよ」SIG-AUDIO 2024 Vol.02 オンラインセミナー 「必殺使音人(ひっさつしおとにん)カットシーンを成敗せよ」
SIG-AUDIO 2024 Vol.02 オンラインセミナー 「必殺使音人(ひっさつしおとにん)カットシーンを成敗せよ」
IGDA Japan SIG-Audio
 
IGDA Japan SIG Audio #22 オンラインセミナー VRの知る.pdf
IGDA Japan SIG Audio #22 オンラインセミナー VRの知る.pdfIGDA Japan SIG Audio #22 オンラインセミナー VRの知る.pdf
IGDA Japan SIG Audio #22 オンラインセミナー VRの知る.pdf
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio #21 「サウンドプログラマーになろう」
SIG-Audio #21 「サウンドプログラマーになろう」SIG-Audio #21 「サウンドプログラマーになろう」
SIG-Audio #21 「サウンドプログラマーになろう」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio #21 「オーディオ表現を技術で深化させる仕事」
SIG-Audio #21 「オーディオ表現を技術で深化させる仕事」SIG-Audio #21 「オーディオ表現を技術で深化させる仕事」
SIG-Audio #21 「オーディオ表現を技術で深化させる仕事」
IGDA Japan SIG-Audio
 
IGDA Japan SIG Audio #20-1 室内・野外でのマイク収録と整音.pdf
IGDA Japan SIG Audio #20-1 室内・野外でのマイク収録と整音.pdfIGDA Japan SIG Audio #20-1 室内・野外でのマイク収録と整音.pdf
IGDA Japan SIG Audio #20-1 室内・野外でのマイク収録と整音.pdf
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-AUDIO #19 「GDC2023オーディオ報告会」
SIG-AUDIO #19 「GDC2023オーディオ報告会」SIG-AUDIO #19 「GDC2023オーディオ報告会」
SIG-AUDIO #19 「GDC2023オーディオ報告会」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio18セミナー1「さあ、マイクとレコーダーを手に外に飛び出してみよう!」
SIG-Audio18セミナー1「さあ、マイクとレコーダーを手に外に飛び出してみよう!」SIG-Audio18セミナー1「さあ、マイクとレコーダーを手に外に飛び出してみよう!」
SIG-Audio18セミナー1「さあ、マイクとレコーダーを手に外に飛び出してみよう!」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio18アンケート集計結果
SIG-Audio18アンケート集計結果SIG-Audio18アンケート集計結果
SIG-Audio18アンケート集計結果
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#17 アンケート集計結果
SIG-Audio#17 アンケート集計結果SIG-Audio#17 アンケート集計結果
SIG-Audio#17 アンケート集計結果
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発(from GDC2019)」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発(from GDC2019)」SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発(from GDC2019)」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発(from GDC2019)」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「より没入感のある音響ユーザー体験のために」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「より没入感のある音響ユーザー体験のために」SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「より没入感のある音響ユーザー体験のために」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「より没入感のある音響ユーザー体験のために」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「GDCの機会を最大限に活かすために行ったこと」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「GDCの機会を最大限に活かすために行ったこと」SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「GDCの機会を最大限に活かすために行ったこと」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「GDCの機会を最大限に活かすために行ったこと」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「サウンドプログラマー観点のGDC2018」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会  「サウンドプログラマー観点のGDC2018」SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会  「サウンドプログラマー観点のGDC2018」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「サウンドプログラマー観点のGDC2018」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発」 SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会「没入感あるサウンド制作への取り組み」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会「没入感あるサウンド制作への取り組み」SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会「没入感あるサウンド制作への取り組み」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会「没入感あるサウンド制作への取り組み」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#15 アンケート集計結果
SIG-Audio#15 アンケート集計結果 SIG-Audio#15 アンケート集計結果
SIG-Audio#15 アンケート集計結果
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#14 アンケート集計結果
SIG-Audio#14 アンケート集計結果 SIG-Audio#14 アンケート集計結果
SIG-Audio#14 アンケート集計結果
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「音響情報をベイクする」
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「音響情報をベイクする」 SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「音響情報をベイクする」
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「音響情報をベイクする」
IGDA Japan SIG-Audio
 
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「海外クリエーターから学んだサウンド開発レベルのスレッショルドライン~GDC2017をジャンル別...
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「海外クリエーターから学んだサウンド開発レベルのスレッショルドライン~GDC2017をジャンル別...SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「海外クリエーターから学んだサウンド開発レベルのスレッショルドライン~GDC2017をジャンル別...
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「海外クリエーターから学んだサウンド開発レベルのスレッショルドライン~GDC2017をジャンル別...
IGDA Japan SIG-Audio
 

More from IGDA Japan SIG-Audio (20)

SIG-AUDIO #22 オンラインセミナー「VRのサウンド演出」VRアドベンチャーゲーム 「ディスクロニア CA」サウンドデザイン.pdf
SIG-AUDIO #22 オンラインセミナー「VRのサウンド演出」VRアドベンチャーゲーム 「ディスクロニア CA」サウンドデザイン.pdfSIG-AUDIO #22 オンラインセミナー「VRのサウンド演出」VRアドベンチャーゲーム 「ディスクロニア CA」サウンドデザイン.pdf
SIG-AUDIO #22 オンラインセミナー「VRのサウンド演出」VRアドベンチャーゲーム 「ディスクロニア CA」サウンドデザイン.pdf
 
SIG-AUDIO 2024 Vol.02 オンラインセミナー 「必殺使音人(ひっさつしおとにん)カットシーンを成敗せよ」
SIG-AUDIO 2024 Vol.02 オンラインセミナー 「必殺使音人(ひっさつしおとにん)カットシーンを成敗せよ」SIG-AUDIO 2024 Vol.02 オンラインセミナー 「必殺使音人(ひっさつしおとにん)カットシーンを成敗せよ」
SIG-AUDIO 2024 Vol.02 オンラインセミナー 「必殺使音人(ひっさつしおとにん)カットシーンを成敗せよ」
 
IGDA Japan SIG Audio #22 オンラインセミナー VRの知る.pdf
IGDA Japan SIG Audio #22 オンラインセミナー VRの知る.pdfIGDA Japan SIG Audio #22 オンラインセミナー VRの知る.pdf
IGDA Japan SIG Audio #22 オンラインセミナー VRの知る.pdf
 
SIG-Audio #21 「サウンドプログラマーになろう」
SIG-Audio #21 「サウンドプログラマーになろう」SIG-Audio #21 「サウンドプログラマーになろう」
SIG-Audio #21 「サウンドプログラマーになろう」
 
SIG-Audio #21 「オーディオ表現を技術で深化させる仕事」
SIG-Audio #21 「オーディオ表現を技術で深化させる仕事」SIG-Audio #21 「オーディオ表現を技術で深化させる仕事」
SIG-Audio #21 「オーディオ表現を技術で深化させる仕事」
 
IGDA Japan SIG Audio #20-1 室内・野外でのマイク収録と整音.pdf
IGDA Japan SIG Audio #20-1 室内・野外でのマイク収録と整音.pdfIGDA Japan SIG Audio #20-1 室内・野外でのマイク収録と整音.pdf
IGDA Japan SIG Audio #20-1 室内・野外でのマイク収録と整音.pdf
 
SIG-AUDIO #19 「GDC2023オーディオ報告会」
SIG-AUDIO #19 「GDC2023オーディオ報告会」SIG-AUDIO #19 「GDC2023オーディオ報告会」
SIG-AUDIO #19 「GDC2023オーディオ報告会」
 
SIG-Audio18セミナー1「さあ、マイクとレコーダーを手に外に飛び出してみよう!」
SIG-Audio18セミナー1「さあ、マイクとレコーダーを手に外に飛び出してみよう!」SIG-Audio18セミナー1「さあ、マイクとレコーダーを手に外に飛び出してみよう!」
SIG-Audio18セミナー1「さあ、マイクとレコーダーを手に外に飛び出してみよう!」
 
SIG-Audio18アンケート集計結果
SIG-Audio18アンケート集計結果SIG-Audio18アンケート集計結果
SIG-Audio18アンケート集計結果
 
SIG-Audio#17 アンケート集計結果
SIG-Audio#17 アンケート集計結果SIG-Audio#17 アンケート集計結果
SIG-Audio#17 アンケート集計結果
 
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発(from GDC2019)」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発(from GDC2019)」SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発(from GDC2019)」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発(from GDC2019)」
 
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「より没入感のある音響ユーザー体験のために」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「より没入感のある音響ユーザー体験のために」SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「より没入感のある音響ユーザー体験のために」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「より没入感のある音響ユーザー体験のために」
 
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「GDCの機会を最大限に活かすために行ったこと」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「GDCの機会を最大限に活かすために行ったこと」SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「GDCの機会を最大限に活かすために行ったこと」
SIG-Audio#17 GDC2019オーディオ報告会 「GDCの機会を最大限に活かすために行ったこと」
 
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「サウンドプログラマー観点のGDC2018」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会  「サウンドプログラマー観点のGDC2018」SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会  「サウンドプログラマー観点のGDC2018」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「サウンドプログラマー観点のGDC2018」
 
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発」 SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会 「海外AAAタイトルにおけるサウンドデザイン開発」
 
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会「没入感あるサウンド制作への取り組み」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会「没入感あるサウンド制作への取り組み」SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会「没入感あるサウンド制作への取り組み」
SIG-Audio#15 GDC2018オーディオ報告会「没入感あるサウンド制作への取り組み」
 
SIG-Audio#15 アンケート集計結果
SIG-Audio#15 アンケート集計結果 SIG-Audio#15 アンケート集計結果
SIG-Audio#15 アンケート集計結果
 
SIG-Audio#14 アンケート集計結果
SIG-Audio#14 アンケート集計結果 SIG-Audio#14 アンケート集計結果
SIG-Audio#14 アンケート集計結果
 
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「音響情報をベイクする」
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「音響情報をベイクする」 SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「音響情報をベイクする」
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「音響情報をベイクする」
 
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「海外クリエーターから学んだサウンド開発レベルのスレッショルドライン~GDC2017をジャンル別...
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「海外クリエーターから学んだサウンド開発レベルのスレッショルドライン~GDC2017をジャンル別...SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「海外クリエーターから学んだサウンド開発レベルのスレッショルドライン~GDC2017をジャンル別...
SIG-Audio#14 GDC2017オーディオ報告会 「海外クリエーターから学んだサウンド開発レベルのスレッショルドライン~GDC2017をジャンル別...
 

SIG-Audio#6 プラグインを書かなくてもここまで出来る!Unityサウンド