SlideShare a Scribd company logo
1 of 4
Download to read offline
SNSを活用した授業のコミュニケーション活性化と子どもの主体性
曺 圭福*
韓国教育学術情報院*
SNSを授業に取り入れると話しやすく議論などが積極的になりえることが期待できる。このよ
うな背景を踏まえ韓国の公立の小学校で5年生15人の子供とSNSを活用した授業を日常的に行
うA教師の授業を参観しまたその授業中のSNS記録を分析した。学習目的と生活指導目的そし
て保護者への案内と広報のためにもSNSが有効的に使われることが示された。また,SNSを上
手く授業で取り入れるには教室の対人関係を円満にする努力が必要であり,対人関係の配慮
がSNSなどを通して教室のコミュニケーションに肯定的な影響を及ぼし,子どもが授業でより
主体的に課題を取り組くことが促されたことが推察された。そしてSNSのコミュニケーション
によって今後教師の居場所と同線と視線などが既存の授業とは異なる可能性も示唆された。
キーワード:SNS,スマートフォン,コミュニケーション,主体性,韓国
1.はじめに
電子掲示板とメールなどのオンラインコミュニケ
ーションは,対面コミュニケーションより「話しやす
い」ことが知られている(原田,1990;杉谷,2007)。
その理由として対人不安が低減され(木村・都筑,
1998)自己開示が促進される(Tidwell & Walther,
2002)ことが指摘されている。オンラインコミュニケ
ーションを授業の中に取り入れることで子どもはよ
り積極的に自分の意見を話すようになることが予想
できる。例えば,長尾(2003)は高校生を対象にした
授業で電子掲示板を活用することで自分の意見の書
き込みと議論が活性化されたことをログ記録とイン
タービュー調査から示している。その活性される要
因の一つとして電子掲示板の「即時一覧性」が言及さ
れている。
インターネットコミュニケーションを授業の中に
取り入れるとその授業のコミュニケーションの質と
量は向上されやすく,子どもは自由で活発になり主
体的になることが期待できる。特に今は汎用性のあ
る無料で使い勝手もよい SNS が多数あり,1-2 つの
SNS を子どもから年寄りまで日常的に利用されてい
る。さらに常に持ち歩く小型の高性能の端末機であ
るスマートフォンとから 24 時間オンラン状態で利用
されている。
しかし,(韓国と日本などで)このような SNS が授
業に取り入れるのは非常にまれなことである。この
ような便利な機器が皮相的な知識の取得に留まるよ
うな写し学習(秋田 2002)の手段になりえることも
指摘されている。小学生を含めた児童生徒の SNS 利
用の依存と望ましくない使い方などを指摘する調査
と研究(例えば Lee, 2015)が少なくない上,(韓国
と日本の場合)多くの地域の教育委員会と校長は学
校で教師が SNS を活用することを行政的に制限して
いる。ほとんどの小中高等学校では無線インターネ
ットとスマートフォンの利用が閉ざされている。
そのため,授業中の SNS 活用の可能性とその様子
そしてメカニズムなどを検討し記述することが求め
らている中,その授業事例も関連研究も数多くない。
子どもが授業で学習内容について考え自分の意見
を持ちそれを他の子どもと共有する(発表する,説明
する,教えるなど)ことは必要不可欠である。教師は
より主体的で能動的で深い学びに導くために,コミ
ュニケーションを活性化させる属性を持つ SNS をど
のように取り入れ使いまた子どもに使ってもらうか
に関する工夫と実践が必要である。
そこで,本研究では SNS を介して自分の意見を話
す授業でのインターネットコミュニケーションを検
討し,その内容と特徴そして教師の工夫と子どもの
反応などを検討し,SNS 活用教育の可能性を具体的に
示し議論の材料にすることを目的とする。
2.方法
2.1. 対象
本研究で検討するのはSNS活用授業のインターネ
ットコミュニケーションであり,その授業は韓国大
邱市のM公立小学校5年のA教師とそのクラスの15
人の子どもによって構成される。筆者は韓国で学校
教育情報化に関する国立機関の研究員として2015年
8月ごろ公開したA教師のSNS活用授業を参観した。子
どもの生き生きさと活発さとそして自分の意見など
をスマートフォンとSNSを使って発表し共有する活
動を瞬時でアクティブに担うことで新鮮さと学問的
な興味を抱いた。
2017 年に A 教師の所属学校は変更されたが,授業
中にスマートフォンと SNS を日常的に活用して意見
を交わしていた。このようにスマートフォンと SNS を
活用するようになったのは,課題を与えその過程あ
るいは成果物を SNS にアップロードするように学習
内容を工夫すると子どもは積極的で楽しく学習でき
たのが背景にある。しかし,なぜ子どもは積極的にな
り,自分の意見をデジタルで表現しそれを SNS で共
有するかについて A 教師は具体的な説明はなかった。
2.2. 調査方法
以上の研究目的(SNSを利用した授業の活性化と子
どもの主体性の検討)のために,SNS記録を収集しそ
の内容を分析するが,実際授業を7回(12コマ授業)
参観した。授業は録画した。特に授業で初めてスマー
トフォンとSNSを活用して意見をデジタルとオンラ
インで交わす最初の時期を中心にデータを分析した。
なぜなら初期のSNSコミュニケーションの様子が今
後SNS活用授業を検討する教師に参考になるような
知見がより多く含まれていると判断されるためであ
る。
2.3. 分析方法
授業中のスマートフォンとSNSのオンラインコミ
ュニケーションはA教師のオンライン発言記録を中
心に分析した。子どもが何かのものことについて考
え,自分の意見などを交わすあるいはまとめるなど
の活動はほとんど教師の促しや指示によるものであ
ることがSNS記録から読み取れたためである。それで
教師の子どもに指示あるいは勧誘するなどの書き込
みをを中心に次の2段階に分けて分析した。
(1)2017 年 3 月から 10 月までの教師の SNS での
全記録の外観
(2)2017 年 3 月の教師の SNS での子どもに提示す
る記録の内容検討
また,合わせて SNS を活用する授業の参観した際
に録画した映像と SNS 活用授業への子供と保護者の
認識を把握するために行った質問紙調査記録も検討
した。
3.結果
3.1. SNS活用授業の概要
A 教師はすべての授業で SNS を活用していないが,
ほぼ毎日活用していた。A 教師は 3 月から 10 月まで
の約8か月間 SNS 上で 366 件の書き込みをしており,
内容別に見ると「学習課題提示」(175 件, 47.8%)
が最も多かった。「日程案内」(72 件, 19.7%),「生
活指導」(27 件, 7.4%),「クラスと学校の広報」(22
件,6.0%),「授業導入の動画提示」(16 件, 4.4%),
「学校内外の調査」(15 件, 4.1%), 「教科書・教
材の提示」(14 件, 3.8%),「子どもの作品提示」(9
件, 2.5%),「子どもの自己評価案内」(8 件,2.2%)
「その他」(8 件,2.2%)の順になる。また,授業関
連の書き込みが 60.7%で授業と直接関係のないのが
39.3%であった。教師にとって SNS は学習と生活指
導そして保護者への案内・説明するチャンネルにな
りえることが示唆された。
〈表1〉8 か月間の教師の SNS 書き込みの内容概観
内容分類 件数 %
授業関連
書き込み
(60.7)
学習課題提示 175 47.8
授業導入の動画提示 16 4.4
教科書・教材の提示 14 3.8
子どもの作品提示 9 2.5
子どもの自己評価案内 8 2.2
小計 222 60.7
授業以外の
書き込み
(39.3)
日程案内 72 19.7
生活指導 27 7.4
クラス(学校)の広報 22 6.0
学校内外の調査 15 4.1
その他 8 2.2
小計 144 39.3
3.2. SNS活用授業の課題の分類
以上の A 教師の SNS 内容の概観から A 教師は SNS
を 授 業 で 主 に 課 題 解 決 学 習 ( Project Based
Learning)のツールとして活用していることがいえ
る。言い換えると SNS を活用することで課題ベース
の学習が効果的・効率的に進められる可能性も伺え
る。子どもに与えた課題をその内容から分類すると
〈表 2〉のようになる。まず印象的なのは「学習」
と「対人関係」の課題が同じく 37.8%である。
〈表 2〉3 月,1 か月間の教師の SNS 書き込み
内容分類 件数 % カテゴリー別課題の内容
本 本 6 11.3
本の紹介,本の内容要約,本の貸出,本の内容要約に対す
る褒め合い
学習
(37.8%)
学習方略 3 6.7 教科マインドマップ,学習帳筆記コンテスト
数学 5 11.1 ドリル学習,課題解決活動,説明(概念,関係)
社会 3 6.7 国土(先行知識確認,概念説明,形説明,位度など)
国語 2 4.4 主人公に対するエッセイ,主人公の言動に対する意見
科学 2 4.4 環境の特性説明,仮説,仮説検証
実科 2 4.4 自己紹介年表,感謝のコンテンツ
対人関係
(37.8%)
関係 13 28.9
自己紹介,グループ紹介,グループ作り,グループ出か
け,グループ省察
クラス
管理
4 8.9 教室環境,掃除計画・分担,遊び方
SNS SNS 5 11.1
加入要請,スマートフォン利用実態調査,クラスでの利用
ルール,App 管理方法
合計 45 100.0
SNS を活用してコミュニケーションを向上しより
よい学習と学校生活を導くために円満な対人関係
形成が重要であることが考えられる。特に A 教師は
グループを作ることや座る場所そしてグループ分
けも最大限に子どもが判断して子どもが自ら構成
するように委ねた。また,教室の掲示板の飾りと掲
示メニューなども子どもが提案しそれを共有しそ
のアイデアを生かして教室の環境を整えていたが,
それぞれの段階に時間を十分かけて議論しお互い
の意見を聞きあうことを練習する材料にしている
ようにみえた。
そして「本」の場合,種類(絵本,漫画など)と
関係なく自分が読みたい本を読むように促してい
ることが分かる。いずれも子どもが教室生活を主体
的で自由に営むことを促しているようにみえる。
3.3. SNSによる黒板と教師の同線と視線の変化
SNS によってインターネットコミュニケーション
が取り入れられることで,既存のコミュニケーショ
ンのツールと教師の場所取り及び同線と視線などが
変化する可能性があるといえる。例えば,教師が授業
で SNS に書き込んだのは既存の授業では黒板に版書,
掛図,実物投影機などで示するものである。実際 A 教
師の授業を参観すると黒板はほとんど使われてない
上,版書も全くしない授業も少なくなかった。それは
SNS が黒板に代わって教室で提示する重要なツール
になりえることそして黒板のあり方が変わることも
【図 1】座って SNS を使って提示する教師とそれを
見る子どもの視線
考えれる。A 教師の SNS 活用授業での黒板は子どもが
協同学習などでメモしながら活動する際に使われる
程度のツールになっていた。さらに教師は SNS を通
して子どもに提示するため,主に教室の教師の机に
座ったまま子どもと対面して発言することになる。
教師は子どもと教師用デスクトップパソコンのモニ
ターを同時に見ながら(【図1】参照),子どもは教師
の顔とモニタそして自分のスマートフォンを単一の
フレームで見ることができる。子どもにとって教師
が伝える情報と教師の顔及び声がまっすぐ伝わるた
めより伝達力があると考えられる。子どもからは自
分の手元にあるスマートフォンで教師の提示物を見
ることができまた自分も関連する情報や意見を発信
することができる。
4.考察
4.1. 主体性
A教師は「SNS」を授業で日常的にデジタルコン
テンツを作って意見などを発表・共有する課題解決
学習を進める一方,子どもと子どもとの関係そして
教室環境と雰囲気などを時間と関心を注いで配慮
していた。SNSを授業に取り入れるには教室の対人
関係造りが支えになっているようにみえた。月に1
度グループと席替えをするがそのプロセスが大き
な議論と表現そして出会いと別れの場でもあった。
教室の掲示板のデザインそして掃除分担などすべ
て子どもに裁量権を与えていた。同じようにSNSを
介してある課題に取り組む時,大まかで最低限の内
容を提示しそれをどこでどのような方向で成し遂
げてまたそれを動画あるいは手書きなどで表現す
ることが可能であった。さらに,生徒自らあるいは
生徒同士に成果物を見た感想を共有し評価も行っ
た。子ども中心の雰囲気に支えられ子どもは3月の
新学期で初めての授業でも円滑にSNSが取り入れ
られたと判断される。SNS活用した授業について最
初子どもの一部は戸惑いを示したが,1か月経つと
ほとんどが自由で楽しく授業で活用し学べること
を嬉しく思っていたことが感想文から読み取れた。
4.2. 螺旋形の課題
A 教師が与える課題に共通する要素がある。最初に
既存の知識を確認し注意を喚起し,その重要な概念
を説明してもらっていた。次にその概念間の関係あ
るいは自分の意見を求めるなどの学習活動を行うな
どの活動を通して学びを深めていた。1 コマの授業で
4-5 個の課題を次々と成し遂げ共有することも珍し
くなかった。
例えば「直方体」の単元ではまず教室の中で宅配で
用いられそうな箱を見つけ,その箱の特徴を説明し
てもらった後,最後に,教科書の概念(直方体,頂点,
面,線分など)を参照しそのボックスの特徴を説明す
る動画を制作し SNS で共有する課題を成し遂げた。
4.3. 積極的な関与
以上で SNS を授業とクラスに取り入れることで授
業のコミュニケーションが活性化され,子どもが主
体的に学ぶようになりえることを示す一事例を紹介
した。ではそのようになる理由がそもそもインター
ネットコミュニケーションがには話しやすさなどの
特徴があるからだけではそのメカニズムの説明がぬ
かれているようにみえる。筆者はその理由の一つと
して SNS とスマートフォンなどのデジタルとオンラ
インのコミュニケーションツールによってまた教師
の巧みな授業デザインなどによって子どもの教科内
容に対する「積極的な関与(Active engagement)」が
促進されたことに注目し今後さらに見極めることを
目指す。
参考文献
秋田喜代美(2002)『子どもをはぐくむ授業づくり』,
岩波書店,東京, 136-137
原田 悦子 (1997). 人の視点から見た人工物研究.
『認知科学モノグラフ』第6巻, 東京 : 共立出
版
長尾 尚, 小林 直行, 市川 隆司, 黒上 晴夫, 稲垣
忠(2003)授業における匿名電子掲示板の活用可
能性の検討 : コミュニケーションのチャネル
を増やすVBBを活用した授業設計とその評価
日本教育工学雑誌 27(0) 125-128
杉谷陽子 (2007) 「メールはなぜ話しやすいのか?:
CMC(Computer-Mediated Communication)におけ
る自己呈示効力感の上昇」 社会心理学研究,22,
234-244
Soojung Lee ( 2015 ) Analyzing negative SNS
behaviors of elementary and middle school
students in Korea. Computers in Human
Behavior 43: 15-27
Tidwell, L., & Walther, J. (2002). Computer-
mediated communication effects on disclosure,
impressions, and interpersonal evaluations:
getting to know one another a bit at a time.
Human Communication Research, 28, 317-348
吉崎静夫(1997) 子ども主体の授業をつくる 授業づ
くりの視点と方法 (学校変革実践シリ-ズ)ぎょ
うせいpp.64-90
Activation of communication and subjectivity of children
in class using SNS
CHO Kyubok(Korea Education & Research Information
Service)

More Related Content

Similar to SNSを活用した授業のコミュニケーション活性化と子どもの主体性

2011fall guidance12
2011fall guidance122011fall guidance12
2011fall guidance12
Eiji Tomida
 
2011教育社会心理学イラストg発表
2011教育社会心理学イラストg発表2011教育社会心理学イラストg発表
2011教育社会心理学イラストg発表
Eiji Tomida
 
140420ナラティヴと成人学習(報告資料)
140420ナラティヴと成人学習(報告資料)140420ナラティヴと成人学習(報告資料)
140420ナラティヴと成人学習(報告資料)
Ryogo Ogino
 
情報教育研究集会2010
情報教育研究集会2010情報教育研究集会2010
情報教育研究集会2010
Yoichi Tanaka
 
研究推進と人材育成のポジティブな関係を考えるフォーラム(岡本発表分)
研究推進と人材育成のポジティブな関係を考えるフォーラム(岡本発表分)研究推進と人材育成のポジティブな関係を考えるフォーラム(岡本発表分)
研究推進と人材育成のポジティブな関係を考えるフォーラム(岡本発表分)
ikiikilab
 
日本教育学会第71回全国大会 キャリア教育web発表資料(小池)
日本教育学会第71回全国大会 キャリア教育web発表資料(小池)日本教育学会第71回全国大会 キャリア教育web発表資料(小池)
日本教育学会第71回全国大会 キャリア教育web発表資料(小池)
Shota Koike
 

Similar to SNSを活用した授業のコミュニケーション活性化と子どもの主体性 (20)

2011fall guidance12
2011fall guidance122011fall guidance12
2011fall guidance12
 
デジタル化された全学情報リテラシー教育の現在
デジタル化された全学情報リテラシー教育の現在デジタル化された全学情報リテラシー教育の現在
デジタル化された全学情報リテラシー教育の現在
 
知識構成型ジグソー法を用いた協調学習 ― 21世紀に向けた学習スタイル ― (2015)
知識構成型ジグソー法を用いた協調学習 ― 21世紀に向けた学習スタイル ― (2015)知識構成型ジグソー法を用いた協調学習 ― 21世紀に向けた学習スタイル ― (2015)
知識構成型ジグソー法を用いた協調学習 ― 21世紀に向けた学習スタイル ― (2015)
 
Koushien univ
Koushien univKoushien univ
Koushien univ
 
2011教育社会心理学イラストg発表
2011教育社会心理学イラストg発表2011教育社会心理学イラストg発表
2011教育社会心理学イラストg発表
 
140420ナラティヴと成人学習(報告資料)
140420ナラティヴと成人学習(報告資料)140420ナラティヴと成人学習(報告資料)
140420ナラティヴと成人学習(報告資料)
 
情報教育研究集会2010
情報教育研究集会2010情報教育研究集会2010
情報教育研究集会2010
 
Rm20150617 7key
Rm20150617 7keyRm20150617 7key
Rm20150617 7key
 
Ib探究紹介100816バカ会
Ib探究紹介100816バカ会Ib探究紹介100816バカ会
Ib探究紹介100816バカ会
 
金沢大学図書館機能強化プログラムシンポジウム「大学図書館における学習支援のこれから」
金沢大学図書館機能強化プログラムシンポジウム「大学図書館における学習支援のこれから」金沢大学図書館機能強化プログラムシンポジウム「大学図書館における学習支援のこれから」
金沢大学図書館機能強化プログラムシンポジウム「大学図書館における学習支援のこれから」
 
Csis2009
Csis2009Csis2009
Csis2009
 
学習科学と英語教育
学習科学と英語教育学習科学と英語教育
学習科学と英語教育
 
ともしびプロジェクト概要説明
ともしびプロジェクト概要説明ともしびプロジェクト概要説明
ともしびプロジェクト概要説明
 
170610日本教育経営学会報告資料(妹尾)
170610日本教育経営学会報告資料(妹尾)170610日本教育経営学会報告資料(妹尾)
170610日本教育経営学会報告資料(妹尾)
 
研究推進と人材育成のポジティブな関係を考えるフォーラム(岡本発表分)
研究推進と人材育成のポジティブな関係を考えるフォーラム(岡本発表分)研究推進と人材育成のポジティブな関係を考えるフォーラム(岡本発表分)
研究推進と人材育成のポジティブな関係を考えるフォーラム(岡本発表分)
 
150706 教育評価論 第12講
150706 教育評価論 第12講150706 教育評価論 第12講
150706 教育評価論 第12講
 
150430 教育学特殊14 レクチャーパケットの表紙
150430 教育学特殊14 レクチャーパケットの表紙150430 教育学特殊14 レクチャーパケットの表紙
150430 教育学特殊14 レクチャーパケットの表紙
 
171218bukatsu shingikai
171218bukatsu shingikai171218bukatsu shingikai
171218bukatsu shingikai
 
日本教育学会第71回全国大会 キャリア教育web発表資料(小池)
日本教育学会第71回全国大会 キャリア教育web発表資料(小池)日本教育学会第71回全国大会 キャリア教育web発表資料(小池)
日本教育学会第71回全国大会 キャリア教育web発表資料(小池)
 
Competencies at Work and Japanese Universities
Competencies at Work and Japanese UniversitiesCompetencies at Work and Japanese Universities
Competencies at Work and Japanese Universities
 

More from Kyubok Cho

왜 학교에서의 스마트기기 활용이 학생의 대인관계에 영향을 미치는가? 조규복
왜 학교에서의 스마트기기 활용이 학생의 대인관계에 영향을 미치는가? 조규복왜 학교에서의 스마트기기 활용이 학생의 대인관계에 영향을 미치는가? 조규복
왜 학교에서의 스마트기기 활용이 학생의 대인관계에 영향을 미치는가? 조규복
Kyubok Cho
 
An analysis of teachers’ comments about digital textbook
An analysis of teachers’ comments about digital textbookAn analysis of teachers’ comments about digital textbook
An analysis of teachers’ comments about digital textbook
Kyubok Cho
 

More from Kyubok Cho (20)

왜 학교에서의 스마트기기 활용이 학생의 대인관계에 영향을 미치는가? 조규복
왜 학교에서의 스마트기기 활용이 학생의 대인관계에 영향을 미치는가? 조규복왜 학교에서의 스마트기기 활용이 학생의 대인관계에 영향을 미치는가? 조규복
왜 학교에서의 스마트기기 활용이 학생의 대인관계에 영향을 미치는가? 조규복
 
학교폭력예방 메타버스(사이버스) 수업 사례와 시사점 1. 메타버스 교육 2. 메타버스 수업 3. 사이버스 4. 사이버스 수업 ...
학교폭력예방 메타버스(사이버스) 수업 사례와 시사점     1. 메타버스 교육  2. 메타버스 수업  3. 사이버스  4. 사이버스 수업 ...학교폭력예방 메타버스(사이버스) 수업 사례와 시사점     1. 메타버스 교육  2. 메타버스 수업  3. 사이버스  4. 사이버스 수업 ...
학교폭력예방 메타버스(사이버스) 수업 사례와 시사점 1. 메타버스 교육 2. 메타버스 수업 3. 사이버스 4. 사이버스 수업 ...
 
학교현장에서의 생성형 AI 활용에 대한 법·윤리적 이슈와 대응 방안(20231208)
학교현장에서의 생성형 AI 활용에 대한 법·윤리적 이슈와 대응 방안(20231208)학교현장에서의 생성형 AI 활용에 대한 법·윤리적 이슈와 대응 방안(20231208)
학교현장에서의 생성형 AI 활용에 대한 법·윤리적 이슈와 대응 방안(20231208)
 
2023년 한국일본교육학회 연차학술대회 자료집
2023년 한국일본교육학회 연차학술대회 자료집2023년 한국일본교육학회 연차학술대회 자료집
2023년 한국일본교육학회 연차학술대회 자료집
 
일본문부과학성(2023) 생성AI 가이드라인
일본문부과학성(2023) 생성AI 가이드라인일본문부과학성(2023) 생성AI 가이드라인
일본문부과학성(2023) 생성AI 가이드라인
 
생성형 AI의 교육적 활용 방안(수업준비)
생성형 AI의 교육적 활용 방안(수업준비)생성형 AI의 교육적 활용 방안(수업준비)
생성형 AI의 교육적 활용 방안(수업준비)
 
조규복(2023)일본의 학교폭력예방 예방 및 대응체계와 프로그램.pdf
조규복(2023)일본의 학교폭력예방 예방 및 대응체계와 프로그램.pdf조규복(2023)일본의 학교폭력예방 예방 및 대응체계와 프로그램.pdf
조규복(2023)일본의 학교폭력예방 예방 및 대응체계와 프로그램.pdf
 
일본의 교원 업무 적정화 추진 정책 현황과 시사점(조규복 2021)
일본의 교원 업무 적정화 추진 정책 현황과 시사점(조규복 2021)일본의 교원 업무 적정화 추진 정책 현황과 시사점(조규복 2021)
일본의 교원 업무 적정화 추진 정책 현황과 시사점(조규복 2021)
 
문부과학성(2021)미래 학교를 위한 학교 시설 정비
문부과학성(2021)미래 학교를 위한 학교 시설 정비문부과학성(2021)미래 학교를 위한 학교 시설 정비
문부과학성(2021)미래 학교를 위한 학교 시설 정비
 
교사의 디지털 역량을 위한 20가지 개념과 관점
교사의 디지털 역량을 위한 20가지 개념과 관점교사의 디지털 역량을 위한 20가지 개념과 관점
교사의 디지털 역량을 위한 20가지 개념과 관점
 
조규복 연구실적(2021년11월)
조규복 연구실적(2021년11월)조규복 연구실적(2021년11월)
조규복 연구실적(2021년11월)
 
해외의 시니어 원격교육 현황과 시사점(조규복)
해외의 시니어 원격교육 현황과 시사점(조규복)해외의 시니어 원격교육 현황과 시사점(조규복)
해외의 시니어 원격교육 현황과 시사점(조규복)
 
Presentation 20201103(chokyubok)
Presentation 20201103(chokyubok)Presentation 20201103(chokyubok)
Presentation 20201103(chokyubok)
 
World class how to build a 21st century school system
World class how to build a 21st century school systemWorld class how to build a 21st century school system
World class how to build a 21st century school system
 
授業でのICT活用に関する政策支援とその意義
授業でのICT活用に関する政策支援とその意義授業でのICT活用に関する政策支援とその意義
授業でのICT活用に関する政策支援とその意義
 
2017osaka(chokyubok)
2017osaka(chokyubok)2017osaka(chokyubok)
2017osaka(chokyubok)
 
2017 nee tokyo(chokyubok)0603
2017 nee tokyo(chokyubok)06032017 nee tokyo(chokyubok)0603
2017 nee tokyo(chokyubok)0603
 
대구교육청강연(20170328 아키타교수님)
대구교육청강연(20170328 아키타교수님)대구교육청강연(20170328 아키타교수님)
대구교육청강연(20170328 아키타교수님)
 
2016kyoto(0821)open
2016kyoto(0821)open2016kyoto(0821)open
2016kyoto(0821)open
 
An analysis of teachers’ comments about digital textbook
An analysis of teachers’ comments about digital textbookAn analysis of teachers’ comments about digital textbook
An analysis of teachers’ comments about digital textbook
 

Recently uploaded

KOOR Australia 概要とご案内 Company Guide Book.
KOOR Australia 概要とご案内 Company Guide Book.KOOR Australia 概要とご案内 Company Guide Book.
KOOR Australia 概要とご案内 Company Guide Book.
j
 

Recently uploaded (6)

Inheritance of digital legacies when you die or when a family member dies.pptx
Inheritance of digital legacies when you die or when a family member dies.pptxInheritance of digital legacies when you die or when a family member dies.pptx
Inheritance of digital legacies when you die or when a family member dies.pptx
 
デジタルコミュニケーション研究会立ち上げの趣旨と活動内容(2024年5月19日開催)
デジタルコミュニケーション研究会立ち上げの趣旨と活動内容(2024年5月19日開催)デジタルコミュニケーション研究会立ち上げの趣旨と活動内容(2024年5月19日開催)
デジタルコミュニケーション研究会立ち上げの趣旨と活動内容(2024年5月19日開催)
 
To obtain the status of Foreigners' Immigration Residence Operations Specifie...
To obtain the status of Foreigners' Immigration Residence Operations Specifie...To obtain the status of Foreigners' Immigration Residence Operations Specifie...
To obtain the status of Foreigners' Immigration Residence Operations Specifie...
 
KOOR Australia 概要とご案内 Company Guide Book.
KOOR Australia 概要とご案内 Company Guide Book.KOOR Australia 概要とご案内 Company Guide Book.
KOOR Australia 概要とご案内 Company Guide Book.
 
Womencanfly 公開用_留学準備コース(BASIC) オンラインセルフペースご案内
Womencanfly 公開用_留学準備コース(BASIC) オンラインセルフペースご案内Womencanfly 公開用_留学準備コース(BASIC) オンラインセルフペースご案内
Womencanfly 公開用_留学準備コース(BASIC) オンラインセルフペースご案内
 
ゲーム理論 BASIC 演習107 -フリーライダー-#ゲーム理論 #gametheory #数学
ゲーム理論 BASIC 演習107 -フリーライダー-#ゲーム理論 #gametheory #数学ゲーム理論 BASIC 演習107 -フリーライダー-#ゲーム理論 #gametheory #数学
ゲーム理論 BASIC 演習107 -フリーライダー-#ゲーム理論 #gametheory #数学
 

SNSを活用した授業のコミュニケーション活性化と子どもの主体性