SlideShare a Scribd company logo
1 of 57
Download to read offline
30代プログラミング未経験者が
はじめてのエンジニア転職をして分かった
大切なこと
【特別企画】Webエンジニア就業成功者が語る!スクールと現場のハザマ 2018 ∼年齢の壁をぶっ壊せ!∼
2017年10月期オンラインコース卒業生 塩井 美咲
はじめに
このスライドの枚数
56枚
はじめに
わたしに与えられた時間
15分
はじめに
15 * 60 / 56 = 16.0714285714…
一枚あたり約16秒のペース
 大事なページには ➡
 このラベルがついているので
 チェックしてね😇
Tips
・Webエンジニア4ヶ月目
・DIVE INTO CODE 2017年10月期オンライン生
・プログラミング&Web開発歴1年ちょっと
・元福岡在住(転職のため7月に上京)
 
・前職はITとは無縁の建設会社の事務職
しおい @coe401_
 キャタルという子ども向け英語塾で
 学習管理システムの開発をしています
ところで
この会場に
30代以上の方は
いらっしゃいますか?
今手を挙げていただいている方の中で
プログラミング
完全未経験の方は
いらっしゃいますか?
わたしもそうでした😭
if 30代以上 && 未経験
end
不安
そんな不安と戦いながら
転職活動をしてみて
得ることができた知見を
皆さんと共有したいと
思います😊
DIC受講開始から就職まで
2017年10月
2017年12月
2018年3月
2018年5月
2018年6月
2018年8月
2018年4月
2018年7月
DIC受講開始
年末に退社、1月∼3月は勉強に集中
卒業期限の前日に卒業
翌日、ある受託開発企業でのインターンが決定
下旬から本格的に転職活動開始
第一志望企業から内定
上京
入社 ・そして4日後に33歳の誕生日を迎える 😇
現在に至る
    一番大切なこと
自分の軸を
明確にする
Tips①
なぜエンジニアになろうと思ったのか
➡
轟沈😇
➡
あるソーシャルベンチャー企業に応募😎
世の中、問題多すぎでは🤔
➡
社会課題を解決する仕事をしたい😀
なぜエンジニアになろうと思ったのか
➡
貢献できるスキルがない🤤
なぜ落ちたのか🤔
社会貢献性の
高い仕事をするために
手に職をつけたい
なぜエンジニアになろうと思ったのか
自分の軸とは
なぜ
エンジニアに
なろうと
思ったのか
==
社会貢献性の高い
仕事をしたい
手に職をつけたい
自分の軸とは
なぜ
エンジニアに
なろうと
思ったのか
== 自分の軸
    転職活動にあたって
自分の軸に合う
会社を選ぶ
Tips②
自分の軸に合う会社を選ぶ
どこでもいいから
雇ってください
は駄目
「どこでも良いから雇ってください」は駄目な理由
どこでもいいから
雇ってください
で幸せになってる人
見たことない
「どこでも良いから雇ってください」は駄目な理由
リスクとコストをかけて
転職するのだから
QOLは上がってほしい
ここからが
本題です
実際の転職活動
どうすれば
採用してもらえる?
自分の軸に合った会社を見つけた!
        
       ➡
➡
30代 && 実務未経験の時点で
マイナススタート
であると思い知る
試しに「未経験歓迎」で調べてみる
➡
20代が対象の求人ばかり…
実際の転職活動
どうすれば採用してもらえる?
マイナスを
上回る付加価値が
あれば良いのでは🤔
30代
実務未経験 <
何かの
付加価値
マイナスを上回る付加価値
自分ではどうしようもない 自分で何とかできる
30代
実務未経験 <
熱意
ポテンシャル
チームとの
マッチ度
採用の可能性が出てくる
マイナスを上回る付加価値
    どうすれば採用してもらえる?
マイナスを上回る
付加価値を作る
Tips③
    どうすれば採用してもらえる?
それを先方に
伝える
Tips④
      マイナスを上回る付加価値を伝える
熱意
 
 
ポテンシャル
 
チームとのマッチ度
 ↪︎なぜエンジニアになりたいか
  自分の軸の部分
 ↪︎最低限の技術力と学習意欲を示す
  ポートフォリオをGitHubで公開
 ↪︎志望動機
  自分の軸に合う会社であれば
  マッチする可能性は高い
Tips③④
どうやって伝える?🤔
どうすれば採用してもらえる?
①チャンスは二枚の書類と
 数十分の会話のみ
 (履歴書・職歴書・面接 * n回)
伝える機会、意外と少ない
      ➡
一つ一つの機会を大切にする
自分の見せ方は大事
    履歴書・職歴書・面接どうする?
野呂さんに相談に乗って
いただきましょう
Tips⑤
以上
    履歴書・職歴書・面接どうする?Tips⑤
②そもそもエントリーが
 通らない場合がある
 (「30代 && 実務未経験」で足切りされる)
伝える機会、意外と少ない
      ➡
先方と直接会ってお話する
自分のことを知ってもらう
どうやって
先方にお会いする?🤔
伝える機会、意外と少ない
     どうやって先方にお会いする?
① Wantedly
  https://www.wantedly.com/
Tips⑥
なぜWantedlyなのか
①選考に進む前に
 先方とお話しできる場合が割とある
 (条件が合わなくても会ってもらえることがある)
  ↪︎足切りされる可能性が減少
②企業スタンスが掲載されている場合が多い
  ↪︎自分の軸にあった会社か判断しやすい
③採用面接よりも
 くだけた雰囲気でお話しできることが多い
  ↪︎職場の雰囲気を掴みましょう
わたしの戦果
「話を聞きに行く」ボタンを押した企業数 ➡
そのうち返信があった企業数 ➡
そのうち実際に面接した企業数 ➡
面接を辞退した企業数 ➡
内定をいただいた企業数 ➡
20社
10社
4社
2社
2社
わたしの戦果
そこそこの打率🤔
     どうやって先方にお会いする?
② Twitter
  https://twitter.com
  (あるいは伝手)
Tips⑥
わたしの場合 インターンが決まった経緯
DIC受講中、あるWebサービスについてTwitterで投稿
➡
何と開発者の方からフォローしていただく
➡
卒業間際のある日、
開発者の方がイベント登壇のため来福
➡
「良かったらお会いしましょう」
➡
お会いしてその場の流れでインターン決定
奇跡😎
わたしの場合 インターンが決まった経緯
正直何が仕事につながるかわからないので
間口を広く
開けておくことと、
伝手はものすごく大事
※ただし怪しい話もあるので、
 情報の取捨選択が必要
 迷った時は周りの人に相談しましょう
わたしの場合 インターンが決まった経緯
     どうやって先方にお会いする?
③就業説明会
Tips⑥
※もはや説明するまでもない
なぜ就業説明会なのか
元オンライン生から見ると、
物理的にここに来ることが
できるだけで
すごいアドバンテージ
なぜ就業説明会なのか
地の利を活用してください😭
なぜ就業説明会なのか
①自分の軸
 (なぜエンジニアになりたいのか)
 を明確にする
②自分の軸に合う会社を見つける
③マイナスを上回る付加価値をつける
④それを伝える
⑤見せ方は大事(添削してもらう)
⑥直接お会いしてお話する
Tips    本日のまとめ
実際のところ…
色々ありましたが
転職できました
実際のところ…
幸せ😊
開発楽しい
😊ひらめいた時
😊欲しいものが手に入った時
😊クリーンだと思えるものが書けた時
😊テストが全部通った時
😊誰かのお役に立てた時
職場楽しい
😊「育成枠」採用
😊人間関係良好で平和
😊残業 << 自分の勉強 & 生活
😊企画から運用まで
😊フロントエンドからバックエンドまで
😊「手に職をつけることができる
  社会貢献性の高い仕事」
実際のところ…
どう考えても
幸せ😊
皆さんも転職で
幸せなエンジニア人生を😊
ご静聴
ありがとうございました

More Related Content

What's hot

メンバーのスキルアップ、どうしてる? − Java 100本ノックで新加入メンバーを鍛えてみた −
メンバーのスキルアップ、どうしてる? − Java 100本ノックで新加入メンバーを鍛えてみた −メンバーのスキルアップ、どうしてる? − Java 100本ノックで新加入メンバーを鍛えてみた −
メンバーのスキルアップ、どうしてる? − Java 100本ノックで新加入メンバーを鍛えてみた −JustSystems Corporation
 
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装までドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで増田 亨
 
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論Tokoroten Nakayama
 
WebSocketのキホン
WebSocketのキホンWebSocketのキホン
WebSocketのキホンYou_Kinjoh
 
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?Yoshitaka Kawashima
 
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)Tokoroten Nakayama
 
経営のアジリティを支えるDevOpsと組織
経営のアジリティを支えるDevOpsと組織経営のアジリティを支えるDevOpsと組織
経営のアジリティを支えるDevOpsと組織Recruit Technologies
 
やはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っているやはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っているKoichi Tanaka
 
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のりRecruit Lifestyle Co., Ltd.
 
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
ふつうのRailsアプリケーション開発
ふつうのRailsアプリケーション開発ふつうのRailsアプリケーション開発
ふつうのRailsアプリケーション開発Takafumi ONAKA
 
ドメイン駆動設計の捉え方 20150718
ドメイン駆動設計の捉え方 20150718ドメイン駆動設計の捉え方 20150718
ドメイン駆動設計の捉え方 20150718Mao Ohnishi
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてYuji Otani
 
エンジニアが成長のエンジンになる日 #devsumi #natsumiC7
エンジニアが成長のエンジンになる日 #devsumi  #natsumiC7エンジニアが成長のエンジンになる日 #devsumi  #natsumiC7
エンジニアが成長のエンジンになる日 #devsumi #natsumiC7Itsuki Kuroda
 
営業さんまで、社員全員がSQLを使う 「越境型組織」 ができるまでの3+1のポイント | リブセンス
営業さんまで、社員全員がSQLを使う 「越境型組織」 ができるまでの3+1のポイント | リブセンス営業さんまで、社員全員がSQLを使う 「越境型組織」 ができるまでの3+1のポイント | リブセンス
営業さんまで、社員全員がSQLを使う 「越境型組織」 ができるまでの3+1のポイント | リブセンスLivesense Inc.
 
グルーミングしながら進めるプロダクト開発
グルーミングしながら進めるプロダクト開発グルーミングしながら進めるプロダクト開発
グルーミングしながら進めるプロダクト開発Takafumi ONAKA
 
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチマイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチ増田 亨
 
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)Keisuke Tameyasu
 
DDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くか
DDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くかDDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くか
DDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くかKoichiro Matsuoka
 

What's hot (20)

メンバーのスキルアップ、どうしてる? − Java 100本ノックで新加入メンバーを鍛えてみた −
メンバーのスキルアップ、どうしてる? − Java 100本ノックで新加入メンバーを鍛えてみた −メンバーのスキルアップ、どうしてる? − Java 100本ノックで新加入メンバーを鍛えてみた −
メンバーのスキルアップ、どうしてる? − Java 100本ノックで新加入メンバーを鍛えてみた −
 
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装までドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
 
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
 
WebSocketのキホン
WebSocketのキホンWebSocketのキホン
WebSocketのキホン
 
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
 
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
 
経営のアジリティを支えるDevOpsと組織
経営のアジリティを支えるDevOpsと組織経営のアジリティを支えるDevOpsと組織
経営のアジリティを支えるDevOpsと組織
 
やはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っているやはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っている
 
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
 
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
どうする計画駆動型スクラム(スクラムフェス大阪2023 発表資料)
 
ふつうのRailsアプリケーション開発
ふつうのRailsアプリケーション開発ふつうのRailsアプリケーション開発
ふつうのRailsアプリケーション開発
 
ドメイン駆動設計の捉え方 20150718
ドメイン駆動設計の捉え方 20150718ドメイン駆動設計の捉え方 20150718
ドメイン駆動設計の捉え方 20150718
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
 
Tackling Complexity
Tackling ComplexityTackling Complexity
Tackling Complexity
 
エンジニアが成長のエンジンになる日 #devsumi #natsumiC7
エンジニアが成長のエンジンになる日 #devsumi  #natsumiC7エンジニアが成長のエンジンになる日 #devsumi  #natsumiC7
エンジニアが成長のエンジンになる日 #devsumi #natsumiC7
 
営業さんまで、社員全員がSQLを使う 「越境型組織」 ができるまでの3+1のポイント | リブセンス
営業さんまで、社員全員がSQLを使う 「越境型組織」 ができるまでの3+1のポイント | リブセンス営業さんまで、社員全員がSQLを使う 「越境型組織」 ができるまでの3+1のポイント | リブセンス
営業さんまで、社員全員がSQLを使う 「越境型組織」 ができるまでの3+1のポイント | リブセンス
 
グルーミングしながら進めるプロダクト開発
グルーミングしながら進めるプロダクト開発グルーミングしながら進めるプロダクト開発
グルーミングしながら進めるプロダクト開発
 
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチマイクロサービス 4つの分割アプローチ
マイクロサービス 4つの分割アプローチ
 
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
 
DDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くか
DDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くかDDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くか
DDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くか
 

Similar to スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 塩井 美咲さん

~みんなに知ってほしい~プログラミング教育基礎知識
~みんなに知ってほしい~プログラミング教育基礎知識~みんなに知ってほしい~プログラミング教育基礎知識
~みんなに知ってほしい~プログラミング教育基礎知識Asakura Megumi
 
フリーランスエンジニアを半年間やってみた
フリーランスエンジニアを半年間やってみたフリーランスエンジニアを半年間やってみた
フリーランスエンジニアを半年間やってみたOhira Yukito
 
Visual Studio 2017の一部を使ってみた
Visual Studio 2017の一部を使ってみたVisual Studio 2017の一部を使ってみた
Visual Studio 2017の一部を使ってみたYou&I
 
サラリーマンの節税塾
サラリーマンの節税塾サラリーマンの節税塾
サラリーマンの節税塾Yasuhiro Matsuda
 
Prottとsketchとzeplinのススメ
ProttとsketchとzeplinのススメProttとsketchとzeplinのススメ
ProttとsketchとzeplinのススメAsami Yamamoto
 
利根川講演@長野塩尻20170120
利根川講演@長野塩尻20170120利根川講演@長野塩尻20170120
利根川講演@長野塩尻20170120Yuta Tonegawa
 
Netadashi meetup #9 20190607
Netadashi meetup #9 20190607Netadashi meetup #9 20190607
Netadashi meetup #9 20190607Shigeki Morizane
 
Go言語のフレームワークRevelの紹介とサービスにおける活用事例
Go言語のフレームワークRevelの紹介とサービスにおける活用事例Go言語のフレームワークRevelの紹介とサービスにおける活用事例
Go言語のフレームワークRevelの紹介とサービスにおける活用事例Yuji Otani
 
月収150万エンジニアが語るフリーランスエンジニアの世界
月収150万エンジニアが語るフリーランスエンジニアの世界月収150万エンジニアが語るフリーランスエンジニアの世界
月収150万エンジニアが語るフリーランスエンジニアの世界Keigo Kamiyama
 
沖テクNight by sirobako
沖テクNight by sirobako沖テクNight by sirobako
沖テクNight by sirobako佐久本正太
 
Webベンチャーの採用のはなし
Webベンチャーの採用のはなしWebベンチャーの採用のはなし
Webベンチャーの採用のはなしSeongsoon Lim
 
エンジニアが人に言われることあるある(副題「LaravelとReactで開発したい!」)
エンジニアが人に言われることあるある(副題「LaravelとReactで開発したい!」)エンジニアが人に言われることあるある(副題「LaravelとReactで開発したい!」)
エンジニアが人に言われることあるある(副題「LaravelとReactで開発したい!」)プログラミングをする パンダ
 
プログルの現在とこれから プログルリリースイベント 2017/5/13
プログルの現在とこれから プログルリリースイベント 2017/5/13プログルの現在とこれから プログルリリースイベント 2017/5/13
プログルの現在とこれから プログルリリースイベント 2017/5/13Tanaka Takaaki
 
2018 programing
2018 programing2018 programing
2018 programingm_miyamoto
 
正解はどれ?『プログラミング教育』を取り巻くステークホルダーと議論
正解はどれ?『プログラミング教育』を取り巻くステークホルダーと議論正解はどれ?『プログラミング教育』を取り巻くステークホルダーと議論
正解はどれ?『プログラミング教育』を取り巻くステークホルダーと議論さくらインターネット株式会社
 
enPiT修了生は、大学卒業後の一歩をどう選んだか
enPiT修了生は、大学卒業後の一歩をどう選んだかenPiT修了生は、大学卒業後の一歩をどう選んだか
enPiT修了生は、大学卒業後の一歩をどう選んだかShizuru Kosuge
 
チームラボエンジニアリング_LT_岡本修平
チームラボエンジニアリング_LT_岡本修平チームラボエンジニアリング_LT_岡本修平
チームラボエンジニアリング_LT_岡本修平Shuhei Okamoto
 
XP祭り2019 A-3-1 突然アジャイル人材の育成を任されたエンジニアの奮闘記
XP祭り2019 A-3-1 突然アジャイル人材の育成を任されたエンジニアの奮闘記XP祭り2019 A-3-1 突然アジャイル人材の育成を任されたエンジニアの奮闘記
XP祭り2019 A-3-1 突然アジャイル人材の育成を任されたエンジニアの奮闘記Akira Otsuka
 
2018 帰り道もくもく会のはじまり
2018 帰り道もくもく会のはじまり2018 帰り道もくもく会のはじまり
2018 帰り道もくもく会のはじまりm_miyamoto
 

Similar to スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 塩井 美咲さん (20)

~みんなに知ってほしい~プログラミング教育基礎知識
~みんなに知ってほしい~プログラミング教育基礎知識~みんなに知ってほしい~プログラミング教育基礎知識
~みんなに知ってほしい~プログラミング教育基礎知識
 
フリーランスエンジニアを半年間やってみた
フリーランスエンジニアを半年間やってみたフリーランスエンジニアを半年間やってみた
フリーランスエンジニアを半年間やってみた
 
Visual Studio 2017の一部を使ってみた
Visual Studio 2017の一部を使ってみたVisual Studio 2017の一部を使ってみた
Visual Studio 2017の一部を使ってみた
 
サラリーマンの節税塾
サラリーマンの節税塾サラリーマンの節税塾
サラリーマンの節税塾
 
Prottとsketchとzeplinのススメ
ProttとsketchとzeplinのススメProttとsketchとzeplinのススメ
Prottとsketchとzeplinのススメ
 
利根川講演@長野塩尻20170120
利根川講演@長野塩尻20170120利根川講演@長野塩尻20170120
利根川講演@長野塩尻20170120
 
Netadashi meetup #9 20190607
Netadashi meetup #9 20190607Netadashi meetup #9 20190607
Netadashi meetup #9 20190607
 
Go言語のフレームワークRevelの紹介とサービスにおける活用事例
Go言語のフレームワークRevelの紹介とサービスにおける活用事例Go言語のフレームワークRevelの紹介とサービスにおける活用事例
Go言語のフレームワークRevelの紹介とサービスにおける活用事例
 
月収150万エンジニアが語るフリーランスエンジニアの世界
月収150万エンジニアが語るフリーランスエンジニアの世界月収150万エンジニアが語るフリーランスエンジニアの世界
月収150万エンジニアが語るフリーランスエンジニアの世界
 
沖テクNight by sirobako
沖テクNight by sirobako沖テクNight by sirobako
沖テクNight by sirobako
 
Webベンチャーの採用のはなし
Webベンチャーの採用のはなしWebベンチャーの採用のはなし
Webベンチャーの採用のはなし
 
石狩での プログラミング教育支援 ~2年目の成果~
石狩でのプログラミング教育支援~2年目の成果~石狩でのプログラミング教育支援~2年目の成果~
石狩での プログラミング教育支援 ~2年目の成果~
 
エンジニアが人に言われることあるある(副題「LaravelとReactで開発したい!」)
エンジニアが人に言われることあるある(副題「LaravelとReactで開発したい!」)エンジニアが人に言われることあるある(副題「LaravelとReactで開発したい!」)
エンジニアが人に言われることあるある(副題「LaravelとReactで開発したい!」)
 
プログルの現在とこれから プログルリリースイベント 2017/5/13
プログルの現在とこれから プログルリリースイベント 2017/5/13プログルの現在とこれから プログルリリースイベント 2017/5/13
プログルの現在とこれから プログルリリースイベント 2017/5/13
 
2018 programing
2018 programing2018 programing
2018 programing
 
正解はどれ?『プログラミング教育』を取り巻くステークホルダーと議論
正解はどれ?『プログラミング教育』を取り巻くステークホルダーと議論正解はどれ?『プログラミング教育』を取り巻くステークホルダーと議論
正解はどれ?『プログラミング教育』を取り巻くステークホルダーと議論
 
enPiT修了生は、大学卒業後の一歩をどう選んだか
enPiT修了生は、大学卒業後の一歩をどう選んだかenPiT修了生は、大学卒業後の一歩をどう選んだか
enPiT修了生は、大学卒業後の一歩をどう選んだか
 
チームラボエンジニアリング_LT_岡本修平
チームラボエンジニアリング_LT_岡本修平チームラボエンジニアリング_LT_岡本修平
チームラボエンジニアリング_LT_岡本修平
 
XP祭り2019 A-3-1 突然アジャイル人材の育成を任されたエンジニアの奮闘記
XP祭り2019 A-3-1 突然アジャイル人材の育成を任されたエンジニアの奮闘記XP祭り2019 A-3-1 突然アジャイル人材の育成を任されたエンジニアの奮闘記
XP祭り2019 A-3-1 突然アジャイル人材の育成を任されたエンジニアの奮闘記
 
2018 帰り道もくもく会のはじまり
2018 帰り道もくもく会のはじまり2018 帰り道もくもく会のはじまり
2018 帰り道もくもく会のはじまり
 

More from DIVE INTO CODE Corp.

DIVE INTO AFRICA Improving the value of human life
DIVE INTO AFRICA Improving the value of human lifeDIVE INTO AFRICA Improving the value of human life
DIVE INTO AFRICA Improving the value of human lifeDIVE INTO CODE Corp.
 
DIVE INTO AFRICA Améliorer la valeur de la vie humaine
DIVE INTO AFRICA Améliorer la valeur de la vie humaineDIVE INTO AFRICA Améliorer la valeur de la vie humaine
DIVE INTO AFRICA Améliorer la valeur de la vie humaineDIVE INTO CODE Corp.
 
Essential time management required for professional business person
Essential time management required for professional business personEssential time management required for professional business person
Essential time management required for professional business personDIVE INTO CODE Corp.
 
DIVE INTO Rwanda Improve the value of human life
DIVE INTO Rwanda Improve the value of human lifeDIVE INTO Rwanda Improve the value of human life
DIVE INTO Rwanda Improve the value of human lifeDIVE INTO CODE Corp.
 
ABE initiative summer internship final presentation Mr.Diop from Senegal
ABE initiative summer internship final presentation Mr.Diop from SenegalABE initiative summer internship final presentation Mr.Diop from Senegal
ABE initiative summer internship final presentation Mr.Diop from SenegalDIVE INTO CODE Corp.
 
【高知家 大交流会】なぜ、スクールを創ったのか?
【高知家 大交流会】なぜ、スクールを創ったのか?【高知家 大交流会】なぜ、スクールを創ったのか?
【高知家 大交流会】なぜ、スクールを創ったのか?DIVE INTO CODE Corp.
 
コードの世界にダイブ!なぜテクノロジーを学ぶ環境を創るのか
コードの世界にダイブ!なぜテクノロジーを学ぶ環境を創るのかコードの世界にダイブ!なぜテクノロジーを学ぶ環境を創るのか
コードの世界にダイブ!なぜテクノロジーを学ぶ環境を創るのかDIVE INTO CODE Corp.
 
DEMODAY 2019 Spring スポンサーシップ募集要項
DEMODAY 2019 Spring スポンサーシップ募集要項DEMODAY 2019 Spring スポンサーシップ募集要項
DEMODAY 2019 Spring スポンサーシップ募集要項DIVE INTO CODE Corp.
 
卒業発表 即戦力コース 1711期 木原 健児さん
卒業発表 即戦力コース 1711期 木原 健児さん卒業発表 即戦力コース 1711期 木原 健児さん
卒業発表 即戦力コース 1711期 木原 健児さんDIVE INTO CODE Corp.
 
卒業発表 即戦力コース 1806期 加瀬 徹さん
卒業発表 即戦力コース 1806期 加瀬 徹さん卒業発表 即戦力コース 1806期 加瀬 徹さん
卒業発表 即戦力コース 1806期 加瀬 徹さんDIVE INTO CODE Corp.
 
就職説明会 181215 株式会社mofmof
就職説明会 181215 株式会社mofmof就職説明会 181215 株式会社mofmof
就職説明会 181215 株式会社mofmofDIVE INTO CODE Corp.
 
卒業発表 即戦力コース 1805期 大須賀 善揮さん、中川 聡さん
卒業発表 即戦力コース 1805期 大須賀 善揮さん、中川 聡さん卒業発表 即戦力コース 1805期 大須賀 善揮さん、中川 聡さん
卒業発表 即戦力コース 1805期 大須賀 善揮さん、中川 聡さんDIVE INTO CODE Corp.
 
就職説明会 181127 株式会社トリプルアイズ.pdf
就職説明会 181127 株式会社トリプルアイズ.pdf就職説明会 181127 株式会社トリプルアイズ.pdf
就職説明会 181127 株式会社トリプルアイズ.pdfDIVE INTO CODE Corp.
 
スクールと現場のハザマ 2018 進行資料
スクールと現場のハザマ 2018 進行資料スクールと現場のハザマ 2018 進行資料
スクールと現場のハザマ 2018 進行資料DIVE INTO CODE Corp.
 
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 宮崎 雄介さん
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 宮崎 雄介さんスクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 宮崎 雄介さん
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 宮崎 雄介さんDIVE INTO CODE Corp.
 
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 片ノ坂 浩明さん
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 片ノ坂 浩明さんスクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 片ノ坂 浩明さん
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 片ノ坂 浩明さんDIVE INTO CODE Corp.
 
リクルーティングパートナーシップのご提案
リクルーティングパートナーシップのご提案リクルーティングパートナーシップのご提案
リクルーティングパートナーシップのご提案DIVE INTO CODE Corp.
 
リクルーティングパートナーシップのご提案 β版1.2
リクルーティングパートナーシップのご提案 β版1.2リクルーティングパートナーシップのご提案 β版1.2
リクルーティングパートナーシップのご提案 β版1.2DIVE INTO CODE Corp.
 

More from DIVE INTO CODE Corp. (20)

DIVE INTO AFRICA Improving the value of human life
DIVE INTO AFRICA Improving the value of human lifeDIVE INTO AFRICA Improving the value of human life
DIVE INTO AFRICA Improving the value of human life
 
DIVE INTO AFRICA Améliorer la valeur de la vie humaine
DIVE INTO AFRICA Améliorer la valeur de la vie humaineDIVE INTO AFRICA Améliorer la valeur de la vie humaine
DIVE INTO AFRICA Améliorer la valeur de la vie humaine
 
Essential time management required for professional business person
Essential time management required for professional business personEssential time management required for professional business person
Essential time management required for professional business person
 
DEMODAY 6th
DEMODAY 6thDEMODAY 6th
DEMODAY 6th
 
DIVE INTO Rwanda Improve the value of human life
DIVE INTO Rwanda Improve the value of human lifeDIVE INTO Rwanda Improve the value of human life
DIVE INTO Rwanda Improve the value of human life
 
ABE initiative summer internship final presentation Mr.Diop from Senegal
ABE initiative summer internship final presentation Mr.Diop from SenegalABE initiative summer internship final presentation Mr.Diop from Senegal
ABE initiative summer internship final presentation Mr.Diop from Senegal
 
【高知家 大交流会】なぜ、スクールを創ったのか?
【高知家 大交流会】なぜ、スクールを創ったのか?【高知家 大交流会】なぜ、スクールを創ったのか?
【高知家 大交流会】なぜ、スクールを創ったのか?
 
コードの世界にダイブ!なぜテクノロジーを学ぶ環境を創るのか
コードの世界にダイブ!なぜテクノロジーを学ぶ環境を創るのかコードの世界にダイブ!なぜテクノロジーを学ぶ環境を創るのか
コードの世界にダイブ!なぜテクノロジーを学ぶ環境を創るのか
 
DEMODAY 2019 Spring スポンサーシップ募集要項
DEMODAY 2019 Spring スポンサーシップ募集要項DEMODAY 2019 Spring スポンサーシップ募集要項
DEMODAY 2019 Spring スポンサーシップ募集要項
 
卒業発表 即戦力コース 1711期 木原 健児さん
卒業発表 即戦力コース 1711期 木原 健児さん卒業発表 即戦力コース 1711期 木原 健児さん
卒業発表 即戦力コース 1711期 木原 健児さん
 
卒業発表 即戦力コース 1806期 加瀬 徹さん
卒業発表 即戦力コース 1806期 加瀬 徹さん卒業発表 即戦力コース 1806期 加瀬 徹さん
卒業発表 即戦力コース 1806期 加瀬 徹さん
 
就職説明会 181215 株式会社mofmof
就職説明会 181215 株式会社mofmof就職説明会 181215 株式会社mofmof
就職説明会 181215 株式会社mofmof
 
卒業発表 即戦力コース 1805期 大須賀 善揮さん、中川 聡さん
卒業発表 即戦力コース 1805期 大須賀 善揮さん、中川 聡さん卒業発表 即戦力コース 1805期 大須賀 善揮さん、中川 聡さん
卒業発表 即戦力コース 1805期 大須賀 善揮さん、中川 聡さん
 
就職説明会 181127 株式会社トリプルアイズ.pdf
就職説明会 181127 株式会社トリプルアイズ.pdf就職説明会 181127 株式会社トリプルアイズ.pdf
就職説明会 181127 株式会社トリプルアイズ.pdf
 
スクールと現場のハザマ 2018 進行資料
スクールと現場のハザマ 2018 進行資料スクールと現場のハザマ 2018 進行資料
スクールと現場のハザマ 2018 進行資料
 
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 宮崎 雄介さん
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 宮崎 雄介さんスクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 宮崎 雄介さん
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 宮崎 雄介さん
 
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 片ノ坂 浩明さん
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 片ノ坂 浩明さんスクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 片ノ坂 浩明さん
スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 片ノ坂 浩明さん
 
リクルーティングパートナーシップのご提案
リクルーティングパートナーシップのご提案リクルーティングパートナーシップのご提案
リクルーティングパートナーシップのご提案
 
ゼロから学ぶAI
ゼロから学ぶAIゼロから学ぶAI
ゼロから学ぶAI
 
リクルーティングパートナーシップのご提案 β版1.2
リクルーティングパートナーシップのご提案 β版1.2リクルーティングパートナーシップのご提案 β版1.2
リクルーティングパートナーシップのご提案 β版1.2
 

スクールと現場のハザマ 2018 登壇資料 塩井 美咲さん