「It支援レスキュー隊」0401

594 views

Published on

次の災害に備えて、IT支援に駆けつけるボランティア、「情報団」について、陸前高田の大和田さんの提案をもとに、まとめてみました。まだ「タタキ台」です。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

「It支援レスキュー隊」0401

  1. 1. 災害派遣 IT支援レスキュー隊 (情報団)創設提案 2013年4月 岩手県陸前高田市 大和田智広情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP) www.ispp.jp office@ispp.jp 本提案は大和田氏の原案をもとに、iSPPが作成したものです
  2. 2. 1. IT支援レスキュー隊の必要 性ⅰ被災地支援の根幹を担うIT支援 次の大規模災害は、いつ発生するか分からない。その時のために実 行可能な用意はできているか?とくに、、、 現代社会は、情報ネットワークなくして生活が成り立たず、災害時 にはその負の影響は甚大となる 東日本大震災では「情報の空白地帯」が広範に発生し、緊急支援が 滞り、被災者はきわめて不自由な生活を余儀なくされた 発災直後こそ確かな情報が必要で、被災地からの自発的・主体的な 情報発信がとくに重要となる 各地で大地震・大津波が想定されている今、被災地での情報発信体 制の確保は喫緊の課題である 東日本大震災の教訓を生かすためにも、自発的な志願者を事前登録 し、体制を整え、緊急時に被災地からの情報発信・収集を最大限に 可能とする「IT支援レスキュー隊」(「情報団」)の備えは必要不 可欠と考える
  3. 3. IT支援レスキュー隊の使命ⅱ発災直後は情報伝達が命 「災害が発生したが、情報がない」。住民にとってこれほど不安な状 況はない。津波はいつ、どれくらいの高さで襲ってくるのか。正確な 情報がつかめなければ、的確に避難できない。安全な避難所はどこか。 水や食料はどうすれば確保できるのか。 平時から災害に強い情報網を確保することは当然だが、停電し情報 ネットワークが不通となった状態(だるま状態=手も足も出ない)で は、成す術がない。 情報ネットワークが利用できれば、被災地の状況・必要としている支 援・安否情報など、必要な情報が発信可能となり、被災地の実際の ニーズに即した支援が可能になる。外部ボランティアの受入もよりス ムースにできるIT支援レスキュー隊の使命:万一だるま状態になった場合に、被災地に急行し、情報 ネットワーク環境を構築、必要な情報伝達・発信活動を 展開・支援すること
  4. 4. 部隊の構成案 自発的な登録・志願制  個人を基本とする  組織(会社など)で動ける場合は、そちらを優先 スキル、専門分野、経験をデータベースに事前 登録 災害発生時を含め、随時アップデート 被災地の状況・ニーズに応じて最適の人員を派 遣スキル 災害発生!専門分野 状況把握 事前登録 災害 被災地 経験 人員派遣
  5. 5. 展開イメージ 災害の規模、種別、地域などに応じ出動 プランを事前策定 A 超広域大規模災害  地震、津波、火災など B 大規模災害  台風、火山噴火など C 中小規模災害  集中豪雨、突風、豪雪など
  6. 6. 出動計画 先遣隊、現地に急行  現場の状況、ニーズを把握、連絡 情報分析、連絡調整  ニーズとDBのマッチング解析  支援者の連絡・依頼
  7. 7. 「本番」こそ最大の訓練 中小規模の災害にも出動  経験を蓄積・共有・継承し、訓練を重 ね、修正・改善を重ねる 機動的に動ける仕組みを基本に  マニュアルよりポリシーを優先する
  8. 8. 呼びかけ対象 個人が基本  ICTのプロフェッショナル  自治体職員(情報部門)  ジャーナリスト  フリーランス  企業経営者 連携先  ICT企業・団体  災害支援NPO  自治体  政府省庁
  9. 9. 今後の展開について本提案は「叩き台」で、今後、皆さんのご意見を広く集め、実現に向けて修正します。多くのご意見をぜひお願いします。とくに、阪神・淡路大震災、中越地震、東日本大震災で、情報ボランティア活動に参加された皆さんの経験を踏まえてインプットをお願いします。その上で可及的速やかに「β版」を立上げ、実践しながら改善していきたいと考えます。たとえ不完全でも、すぐに始めましょう。「愚者は自分の経験から学んだことを疑わない。私は自らの誤りを避けるために、他人の経験から学ぶことを好む 」(ビスマルク)
  10. 10. 参考: 「IT支援ボランティア」組織 案 国 IT (総務省な ベンダー 機器設置 ど) 総合的 被災地 研究会開催 支援 震災体験 自治体有志 技術支援 研究 機関 NPO 人的支援 団体
  11. 11. 参考: システム構成案 クラウドサー <ITレスキュー隊の任務> バー ・衛星回線などを利用しネットワーク 構築 ・サーバーはクラウドで一元管理 ・被災地にはPC、Wi-Fi端末を提供 ※場合によっては、発電機と燃料も提 供被災地A 被災地B 被災地C 被災地D 被災地E官公庁・ 官公庁・ 官公庁・ 官公庁・ 官公庁・ 避難所 避難所 避難所 避難所 避難所

×