Makersを題材にソフトウェア開発を考える

1,468 views

Published on

クリスアンダーソンのMakersを題材にソフトウェア開発と未来の製造業の姿を語っています

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Makersを題材にソフトウェア開発を考える

  1. 1. Makers を題材にソフトウェア開発 を考える IPROS 勉強会 2012/11/6 株式会社イプロス 山口隼也 @junya100
  2. 2. Makers とは?
  3. 3. これから第3次産業革命 が起きる!
  4. 4. 第1次産業革命: 石炭、蒸気機関 による軽化学工業化第2次産業革命: 石油、電気による重化学工業化
  5. 5. 筆者のクリス・アンダーソン とは?
  6. 6. ロングテールや フリーの言葉を生み出した人
  7. 7. 話の展開の中心は これ
  8. 8. 3D プリンターMakerBot社製 Replicator2http://www.youtube.com/watch?v=AKTSdW7-H3Q
  9. 9. バイオの分野でも(生体組織や臓器とか) http://www.youtube.com/watch?v=- RgI_bcETkM&feature=related
  10. 10. ガートナーが発表している ハイプサイクル
  11. 11. 3D プリンターで世の中の何が変わるのか?
  12. 12. 1.AtomsとBitsの融合ITの力でBits(デジタル)から Atoms(リアルのモノ) が創り出せる!
  13. 13. 2.製造業の民主化 あなた自身でモノを 形にできる!Autodesk社の123D:http://www.123dapp.com/ TechShop:http://www.techshop.ws/
  14. 14. G-codeCADソフトで設計 G-codeデータ 3Dプリンターで出力 できあがり! に出力、転送 Autodesk 123D MakerBot ReplicatorGoogle SketchUp Ultimaker TinkerCAD RepRap Solidworks (Services) Shapeways Ponoko
  15. 15. 3.少品種大量生産 時代の終焉 多品種少量生産の時代!服のサイズがない?そんな時代は終わります。 Ponoko:http://www.ponoko.com/ Etsy:http://www.etsy.com/
  16. 16. 4. Hardwareの Software化HardwareがSoftwareに なる!はたして、その意味は...
  17. 17. Hardwareと比べて、Softwareの革新とは 本質的に 何なのか?
  18. 18. ハードウェアとソフトウェア の開発プロセスを比較してみる3つの ? に入るものは何でしょうか?
  19. 19. Softwareの革新とは 製造コストを 限りなく0(ゼロ)に近づけたことである
  20. 20. -- ちょっと寄り道 --プログラミング とは 設計 である という事実
  21. 21. Hardwareで 製造コストが限りなく0(ゼロ) にできるとどうなるのか?
  22. 22. 1. 必要なときに必要なだけ作る。 ことができる!
  23. 23. 2. まずは作って試す。 そして検証して、 また作る。 ができる!
  24. 24. 3. 安い労働力は 必要ない!
  25. 25. 使うユーザのそばで、必要な時に必要なだけ作り、フィードバックを受けながらカイゼンができるようになる 労働力の安いアジアで作り、海を越えて運ぶ必要は、、、もはやない
  26. 26. iPhoneが現在の産業構造を象徴している
  27. 27. Designed by Apple in CaliforniaAssembled in China
  28. 28. それがこう変わるのでは?
  29. 29. Designed by Apple in California Assembled here
  30. 30. 最後におまけ
  31. 31. HardwareがSoftwareになることで OpenHardware化 が進む! ・企業の特許戦略が変わる ・山塞革命に代表されるコピー文化を取り込める

×