ゴールド・エクスペリエンス(Gold Experience)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

ゴールド・エクスペリエンス(Gold Experience)

on

  • 3,086 views

#BooklapDesign 主催『無料webデザイン講座①』にて発表したスライド。

#BooklapDesign 主催『無料webデザイン講座①』にて発表したスライド。

Statistics

Views

Total Views
3,086
Views on SlideShare
2,085
Embed Views
1,001

Actions

Likes
13
Downloads
29
Comments
0

12 Embeds 1,001

http://d.hatena.ne.jp 524
http://sprmario.hatenablog.jp 328
http://sprmario.tumblr.com 56
http://flavors.me 42
http://www.enthuse.me 26
http://feeds.feedburner.com 14
http://www.linkedin.com 4
http://jp.flavors.me 3
https://si0.twimg.com 1
http://es.flavors.me 1
http://us-w1.rockmelt.com 1
http://webcache.googleusercontent.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    ゴールド・エクスペリエンス(Gold Experience) ゴールド・エクスペリエンス(Gold Experience) Presentation Transcript

    • ウェブデザイン講座#BooklapDesign ゴールド・エクスペリエンス 12012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • ©Rakuten, Inc. 2 坂田 一倫 sprmari0 UXデザイナー/楽天株式会社 UXアドバイザー/giftee kazumichisakata 人間中心設計専門家 ShibuyaUX 主宰 kazumichi.sakata[at]…2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 選考 ・3Dプログラミング ・プロダクトデザイン 3 すべての人にとって使いやすいプロダクトとはなんだろう?2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • ユニバーサル・ デザイン 高齢者や障害者に焦 点をあてることによって、 最大限可能な限りす べての人に使いやすい デザインを可能にする。 4 すべての人にとって使いやすいプロダクトとはなんだろう?2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 5 ユニバーサル・デザインのプロダクトは世の中に沢山ある。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 6 すべての人に、という考えは非合理的 誰にとっても使いやすいプロダクトを目指せば、 結果として誰にとっても使いにくいプロダクトになってしまう。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • ″よい概念モデルがあると、私たちは自分の行為の結果を予測できるようになる。良いモデルが無いときには、機械的にやみくもに操作しなくてはならなくなる。″ 誰のためのデザイン? 7 誰のために?そして何のために?2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 8 ©HCD-Net人間中心設計2012/05/26 HCD ©Kazumichi Sakata
    • 利用者の立場にたって製品を設計すべきである 利用に際してのわかりにくさを排除(ユーザビリティの強化) しようという点に中心が置かれている。 9 1986年にアメリカでドナルド・ノーマン博士が提唱。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • ″よい概念モデルがあると、私たちは自分の行為の結果を予測できるよ 10うになる。良いモデルが無いときには、 ISO 13407機械的にやみくもに操作しなくてはならなくなる。″ ソフトウェアやハードウェアのプロセス/設計規格を体系化。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 11 XPとは新しいユーザーエクスペリエンス。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 2010年 UXの用語が定義され、 HCDによる設計が達 成すべき目標として位 置づけられる。 12ISO 13407が見直され、ISO 92401-210に統合、制定。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 13ユーザーエクスペリエンス2012/05/26 UX ©Kazumichi Sakata
    • ユーザーエクスペリエンス (UX) ″ユーザーと「会社、会社のサービス、商品」の相互作用の全 ての側面を含む。第一の要件は、混乱や面倒なしで顧客の 的確なニーズを満たす事。第二の要件は、所有する楽しさ、 使用する楽しさを生み出す「簡潔さと優雅さ」である。″ 14 「モノ」のデザインから「コト」のデザインへ。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • リアルから学ぶ ・第一印象を大事にする。 ・顧客にフォーカスする。 ・細かいディテールにまで注意を払う。 ・顧客のニーズを超える。 ・世界に想像力がある限り、ディズ ニーランドは永遠に完成しない。 15©Disney Wiki 世界一のUXデザイナー。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 16 あなたはいま、スターバックスにいます。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • ユーザーエクスペリエンス・マップ無機質なユーザーにストーリーを加え、視覚化しマッピングしたもの。 17©Little Springs Design ユーザーの一連の体験をデザインすることができたなら?2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 18ウェブとユーザーエクスペリエンス WEBUX2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • デザインはグラフィックのみではない。 ビジュアル・デザイン ナビゲーションデザイン 画面設計 インタラクション・デザイン 情報構造 機能仕様 コンテンツ要件 ユーザのニーズ サイトの目的 19 ユーザーエクスペリエンスをデザインするための5つのレイヤー。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • ユーザビリティ は一部でしか ない。 役に立つ(Useful) 好ましい(Desirable) アクセスしやすい(Accessible) 信頼できる(Credible) 探しやすい(Findable) 使いやすい(Usable) 価値がある(Valuable) 20©Semantic Studios ユーザーエクスペリエンスのハニカム構造。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • プロダクト UI UX サーバー 21 インターフェースとユーザーエクスペリエンス。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 22人間中心設計(再び)2012/05/26 HCD ©Kazumichi Sakata
    • なぜHCD? ・チームメンバー全員を受け入 れてくれる。 ・優先順位の設定が可能にな る。 ・客観的な意思決定が可能に なる。 ・継続的な改善を促す。 ・ペルソナが共通言語になる。 23 ユーザーをチームの、サービスの中心に置いて考える。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 24これからのUX2012/05/26 Future ©Kazumichi Sakata
    • Cross Channel (クロスチャネル) チャネルを横断しながら自社サイトへとユーザーを集め、全体 のユーザーエクスペリエンスを提供する。 252012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • Touchpoint(タッチポイント分類)Channel(チャネル) Platform(プラットフォーム) Context(コンテキスト)ウェブ ウェブ 自宅ソーシャル・メディア iOS 仕事メール Android 散歩電話 Mac OS X ドライブプリント MS Windows ショッピングDevice(デバイス) Media(メディア)デスクトップ 本ラップトップ 新聞モバイル 雑誌タブレット ビデオテレビ オーディオ ポスター©Peter Morville 262012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 27 ©Boston Globe Responsive Design (レスポンシブ・デザイン) ウィンドウサイズに合わせて、自動的にページのデザインを最 適化する技術。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • 28 ユーザーエクスペリエンスは我々全員が考えるべきテーマ。2012/05/26 ©Kazumichi Sakata
    • ″似ている。君とぼくの「ゴールド・エクスペリエンス」とても似ている。何かを作るという点で。″-ジョルノ 292012/05/26 ©Kazumichi Sakata