菩薩でもわかる!Rで動かすExcelアドインの作り方

6,493 views

Published on

R.NETとExcel-DNAというものを使うとRで動かすExcelアドインが驚くほど簡単に作れるという内容の紹介

Published in: Technology

菩薩でもわかる!Rで動かすExcelアドインの作り方

  1. 1. 第21回R勉強会@東京(#TokyoR) 菩薩でもわかる!Rで動かすExcelアドインの作り方 @teramonagi
  2. 2. 皆さんご存知のように
  3. 3. LTの時間は10分
  4. 4. 全部話すの
  5. 5. なんで
  6. 6. 以下、ダイジェストでお送りします
  7. 7. でわ、スタート
  8. 8. 0:菩薩とは何か
  9. 9. 役職ピラミッド 社長 専務 常務 部長 次長
  10. 10. 仏像ランキング 如来ココ! 菩薩 明王 天 羅漢
  11. 11. 1:本日のお題
  12. 12. データマイニング エンジニアに なったものの
  13. 13. 来る日も来る日もアナリストのサ ポートばかり
  14. 14. あいつらExcelしか使えやしない
  15. 15. くっそ くっそ!!!!!
  16. 16. そんなことで
  17. 17. お悩みの貴方!
  18. 18. そんな貴方に送る
  19. 19. Rで動くExcelアドイン
  20. 20. 作り方教えます!
  21. 21. でも、なんか難しそう…
  22. 22. 意外と簡単に作れる
  23. 23. でわ、スタート
  24. 24. 2:使う道具
  25. 25. -R言語-Excel-.NET Framework
  26. 26. -R.NETProduced by-Excel-DNA
  27. 27. 完成図:こんな感じ
  28. 28. 俺、似たの知ってるよ?
  29. 29. 俺、似たの知ってるよ?インストール面倒
  30. 30. メリット•メリット –管理者権限なしでOK –作成物の配布が楽 –実装とAPIの分離
  31. 31. デメリット•デメリット –いずれかの.NET系言語 書けないと辛い–データフレームとか渡せ ない?
  32. 32. 3:やってみる
  33. 33. とりあえずDownload
  34. 34. とりあえずDownload開発者
  35. 35. そして解凍&コピー
  36. 36. 1つにまとめて・・・
  37. 37. ※ちなみにこれが配布物
  38. 38. .dnaのコードを修正<DnaLibrary RuntimeVersion="v4.0" Name="My First XLL" Language="CS"><ExternalLibrary Path="R.NET.dll" /><Reference Name="R.NET" /><![CDATA[using System;using System.Collections.Generic;using System.Linq;using System.Text;using RDotNet;namespace CSLib{ public class CSLib { static REngine rengine = null; static CSLib() { // Set the folder in which R.dll locates. REngine.SetDllDirectory(@"C:¥R¥R-2.14.1¥bin¥i386"); rengine = REngine.CreateInstance("RDotNet", new[] { "-q" }); } public static double [] MyRnorm(int number) { return (rengine.EagerEvaluate("rnorm(" + number + ")").AsNumeric().ToArray<double>()); } }}]]></DnaLibrary>
  39. 39. xll起動&使ってみる
  40. 40. 超簡単!!!!!
  41. 41. 詳しくは…

×