Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OpenFoamの混相流solver interFoamのパラメータによる解の変化

3,787 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

OpenFoamの混相流solver interFoamのパラメータによる解の変化

  1. 1. OpenFOAMの混相流流 solver  interFoamのパラ メータによる解の変化 ⼤大阪⼤大学⼤大学院基礎⼯工学研究科   修⼠士課程2年年   ⼭山本  卓也 第27回OpenCAE勉強会@関西   2014/01/18
  2. 2. interFoamとは? Dam Break (Tutorial) 混相流(水/気体等)のシミュ レーションを行うsolver
  3. 3. InterFoamを使う際に ⽤用いられているパラメータ InterFoam内で用いられているパラメータ System/fvSolu?on中 PISO { nCorrectors          3; nNonOrthogonalCorrectors  0; nAlphaCorr            1; nAlphaSubCycles  2; cAlpha                    1; } nAlphaCorr;     nAlphaSubCycles;   cAlpha;   Cαの値を設定   (値0~2) ⎥ ⎥ ⎦ ⎤ ⎢ ⎢ ⎣ ⎡ ⎟ ⎟ ⎠ ⎞ ⎜ ⎜ ⎝ ⎛ ⋅⋅ f ff f ff f S Su S Su Cn max,min α 0;  界面圧縮が無い   2;  界面圧縮が強い αの式を解く際に時間刻みΔtを変 更して解くことが出来る。   Δt/nAlphaSubCycles αの式を解く際の反復回数 (安定的に解くため) パラメータの設定は   どれが最も良いのか?
  4. 4. 検証1(Laplace圧の測定) •  A. Albadawi et al.(2013)で⾏行行われている⼀一つの検 証問題 Laplace圧 2種の流流体を分ける表⾯面を横切切るときに⽣生ずる静⽔水圧の ジャンプΔp  (表⾯面張⼒力力の物理理学(p.8)より  著  ドゥジェ ンヌ、ブロシャール­−ヴィアール、ケレ  訳  奥村剛) Δp =γ 1 R + 1 R' ! " # $ % & Δp = p0 in − p∞ out p0 in p∞ out 気泡中心部の圧力 壁境界での圧力 数値計算による圧力差と理論値の比較 M. M. Francois et al., J. Comput. Phys., 213, 141-173 (2006). 元々は の検証問題
  5. 5. 検証1(Laplace圧の測定) •  計算条件 Δpexact =γ 1 R + 1 R' ! " # $ % & = 2 Δp = p0 in − p∞ out p0 in p∞ out 気泡中心部の圧力 壁境界での圧力 等間隔格子   DX  =  0.001  m  (Fine)              =  0.0005  m  (Coarse) 0.05  m 0.05  m 0.01  m 理論値のラプラス圧 物性値   γ  0.01  N/m   計算によるラプラス圧 ρg  1  kg/m3   µg  10-­‐5  kg/(ms)   ρl  1000  kg/m3   µl  10-­‐3  kg/(ms)   gas liquid 無重力条件   (静置条件) 計算時間   0.1  sec.     (Δt  =  1x10-­‐5  sec.  (Coarse))   (Δt  =  5x10-­‐6  sec.  (Fine))   相対圧力誤差E0   E0 = Δp− Δpexact Δpexact OpenFOAM-­‐2.1.x
  6. 6. 検証1(Laplace圧の測定) •  計算結果  (VOF(Coarse)) 黒線(alpha  =  0.5)
  7. 7. 検証1(Laplace圧の測定) •  計算結果  (VOF(Fine)) 黒線(alpha  =  0.5)
  8. 8. 検証1(Laplace圧の測定) CAlpha 0 1 2 VOF  (Coarse) 25.17 25.23 25.38 VOF  (Fine) 19.34 19.29 19.05 Δpexact =γ 1 R + 1 R' ! " # $ % & = 2 Δp = p0 in − p∞ out p0 in p∞ out 気泡中心部の圧力 壁境界での圧力 理論値のラプラス圧 計算によるラプラス圧 相対圧力誤差E0   E0 = Δp− Δpexact Δpexact 各圧縮速度係数でのE0の値 あまり変化無し 別の検証問題   で行う必要有り
  9. 9. 検証1(Laplace圧の測定) •  計算結果  (SCLSVOF(Coarse)) 黒線(alpha  =  0.5)
  10. 10. 検証1(Laplace圧の測定) •  計算結果  (SCLSVOF(Fine)) 黒線(alpha  =  0.5)
  11. 11. 検証1(Laplace圧の測定) Δpexact =γ 1 R + 1 R' ! " # $ % & = 2 Δp = p0 in − p∞ out p0 in p∞ out 気泡中心部の圧力 壁境界での圧力 理論値のラプラス圧 計算によるラプラス圧 相対圧力誤差E0   E0 = Δp− Δpexact Δpexact 各圧縮速度係数でのE0の値 CAalpha 0 1 2 VOF  (Coarse) 25.17 25.23 25.38 VOF  (Fine) 19.34 19.29 19.05 SCLSVOF  (Coarse) 1.557 0.1749 1.752 SCLSVOF  (Fine) 1.496 1.210 0.9390
  12. 12. まとめ •  パラメータCαによって得られる解がど のくらい変化するか調査した。 •  あまり、無重⼒力力場の静置気泡のラプラ ス圧にはほとんど影響しなかった。 •  別の検証問題で⾏行行う必要有り。 •  他の改良良⼿手法の⽅方が精度度良良く解析でき るのでは?
  13. 13. 参考⽂文献 1.  M. M. Francois et al., J. Comput. Phys. 213 (2006) 141-173. 2.  A. Albadawi et al., Int. J. Multiphase Flow 53 (2013) 11-28. 3.  ドゥジェンヌ・ブロシャール-ヴィアール・ケレ共著   奥村剛訳, 表⾯面張⼒力力の物理理学  第2版,吉岡書店

×