SlideShare a Scribd company logo
サーバーレスの今とこれから
JAWS DAYS 2017
株式会社セクションナイン 吉田真吾
Serverless
吉田真吾
n バックグラウンド
証券システム基盤開発
p 基盤開発、Oracleチューニングなど
エバンジェリスト
p 講演年間113回(2013年実績)
p AWS設計・構築・移行(2014-2015)
n 現在のしごと
(株) セクションナイン 代表取締役社長
p AWSコンサルティング・設計・構築
p DevOps、Dockerize、Serverless 支援
(株) Cloud Payment
p 技術顧問
n 実績等
p AWSウルトラクイズ
初代チャンピオン (2012年)
p AWS Samurai 2014 / 2017
p AWSエキスパート養成読本 執筆
p AWS認定資格 全5種
p Oracle Database 11g (Gold, Performance
Tuning)
本日お伝えしたいこと
• サーバーレスってなに?
• サーバーレスアーキテクチャってなに?
• サーバーレスのエコシステム
• サーバーレスで実現すべきこと
• サーバーレスの運用の考えかた
• サーバーレスの活用事例
• サーバーレスでSPAを開発するときの流れ
AWS売上高
$0
$5,000
$10,000
2013 2014 2015 2016
百万
(x100万)
サービス数
l 2006 : 4
l 2007 : 5
l 2008 : 6
l 2009 : 11
l 2010 : 13
l 2011 : 20
l 2012 : 27
l 2013 : 35
l 2014 : 46
l 2015 : 61
l 2016:95
l 2017:>100
APNプレミアコンサルティングパートナー
2013 17
2014 22
2015 28
2016 46
2017 55
パラダイムシフト
• Why The Future Of Software And Apps Is Serverless
by Ken Fromm, VP of Business Development at Iron.io
• コンピューティングリソースの調達リードタイムの短縮
• スタンダローンアプリからの変化(現在のMicroservices)
• クラウドで柔軟にコンピューティングリソースをサービスとして
利用することができる
• サーバーが要らないということではなく、開発者はサーバーにつ
いて「考えなくてもよくなる」
http://readwrite.com/2012/10/15/why-the-future-of-software-and-apps-is-serverless/
AWS Lambda
• 2014年末 re:Invent にて発表
• サポート言語 2016.12.11現在
• Node.js – v0.10.36, v4.3.2
• Java – Java 8
• Python – Python 2.7
• C# - .NET Core 1.0.1
• ホスト
• Amazon Linux (時々バージョンアップ)
• 実行環境は再利用される
• 初回起動が遅いが再利用時は高速
• 一時ストレージとして /tmp 利用可能(スケールしたり破棄されたりするので
頼らないこと)
• 課金は使った分だけ
• 確保(指定)したメモリ(128MB〜1.5GB) x 実行時間(100ms単位) x 実行回数
• メモリに比例してCPUの割当ても多くなる
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/welcome.html
Functions as a Service の台頭
• 特徴
• 実行環境は隠蔽&プラットフォーム
管理で、必要なのはコードのみ
• コンテナベースで調達リードタイム
を短縮
• 分散実行環境による可用性の確保
• 実行時間のみ課金によるコスト低減
• アーキテクチャにおける責務
• Stateful >> Statelessへ
• 永続データ >> 揮発性
• モノリシック >> Microservices
• バッチ処理 >> イベントドリブン
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/reinvent-report-2014-pt2/
Lambda goes everywhere!!
Snowball Edge
Greengrass
AWS IoT
Greengrass
Core
IoT SDK
Gateway
edge
location
edge
location
Origin
Lambda@Edge
Step Functions
Inline processing for
Kinesis Firehose
なにがサーバーレス?
FaaS と Functional SaaS について
http://www.slideshare.net/acloudguru/ant-stanley-being-serverless
代表的な2つの
サーバーレスアーキテクチャ
UIドリブン、イベント(メッセージ)ドリブン
UIドリブンアプリケーション
• Backend For Frontendでサーバー
レス活用
1. 認証ロジックをBaaSで置換え
2. DynamoDBにクライアントから直
接アクセスするように
3. 大半のロジックをクライアントの
シングルページアプリケーション
に(UXに気をつける)してサーバー
側はAPI Gatewayで束ねる
4. 検索機能をFaaS上に
5. セキュリティの考慮で課金は別DB
に別FaaSでアクセスするように
http://martinfowler.com/articles/serverless.html
メッセージドリブンアプリケーション
• オンライン広告システム
• 素早い配信(と同時に)
アクティビティ記録
• 非同期にサーバーに送信してい
た部分をスケーラビリティを気
にしなくていいFaaSに送信
• コンテンツのサムネイル作成
• ログのストリームプロセッシン
グ
http://martinfowler.com/articles/serverless.html
サーバーレス
エコシステム
プラットフォーム
開発・運用フレームワーク
開発者
プラットフォーム事業者 フレームワークやツール
アプリケーション開発者
サーバーレスエコシステム
• サーバー構築不要
• スケーラブル
• 従量課金 etc…
• API定義と関数コード
の一体管理
• チーム開発(テスト、
デプロイ) etc…
• 企画→開発→デリバリーに
集中
• サービスマネジメント
• etc…
Serverlessでの開発にどんなツールを使ってますか?
# ツール名 ⽤途 ⼈数
1 Serverless Framework 開発フレームワーク・デプロイ(Node) 35
2 Apex 複数Lambda関数のデプロイ(Node) 12
3 Lamvery 複数Lambda関数のデプロイ(Python) 9
4 Swagger API定義・設計 8
5 AWS Serverless Application
Model(SAM)
開発フレームワーク・デプロイ
(CloudFormation)
7
6 Postman RESTのリクエスター・テストツール 7
7 Microsoft Visual Studio 統合開発環境(IDE) 5
8 AWS CLI コマンドラインツール 5
9 Eclipse 統合開発環境(IDE) 3
10 Python Serverless Microframework
for AWS (chalice)
開発フレームワーク・デプロイ(Python) 2
Serverless Community(JP) https://www.facebook.com/groups/813718382095265/
多彩なエコシステムフレームワーク
Chalice
(Python Serverless Microframework for AWS)
AWS Serverless Application Model (SAM)
• サーバーレスアプリケーション全体
を CloudFormation テンプレートで
管理できる
• 現在 Lambda、API Gateway、
DynamoDB がサポートされている
• 個人的には今後チーム開発はこれが
もっともやりやすく(Serverless
FrameworkやChaliceより)なるん
じゃないかと想定
https://github.com/awslabs/serverless-application-model
AWS Serverless Application Model (SAM)
functions
app-spec
(template)
functions.zip
Lambda
bucket
DynamoDB
stack
CloudFormation
API
Gateway
SAM
http://yoshidashingo.hatenablog.com/entry/2016/12/05/024120
サーバーレス
だからこそできることをやる
開発の高速化
運用の省力化
10X Product Development
• 製品がマーケットにフィットす
るかどうかが最も重要である
• ビジネスに関連するコードの開
発時間に極力時間を使うべきで
ある
• 顧客とまわすイテレーションを
最大化すべきである
• 依存性を最小化すべきである:
仕様確定待ちで開発者を待たせ
たり、運用やDBAやその他の開
発者の影響で待たせることを極
力避けるべきである
http://www.slideshare.net/ServerlessConf/joe-emison-10x-product-development
10X Product Development
Commercial Search
• 開発者2人x4ヶ月
• TypeScript 13,307行
• 開発者の稼働 95%以上(待ち時間なし)
構成
• Auth: Firebase
• Static Site Hosting: Netlify
• 画像管理: Cloudinary
• 検索: Algolia
ペインポイント
• Firebaseのダッシュボードでは大きなデータセッ
トが扱えない
• RDBMSからFirebaseに移行する開発者のラーニン
グカーブ
http://www.slideshare.net/ServerlessConf/joe-emison-10x-product-development
サーバーレス
まかせっきりでよい?
Serverlessness, NoOps and the Tooth Fairy
来たるサーバーレスな未来では、アプリケーショ
ン開発者がもっと運用品質に対する責任を担うこ
とになる
"In the glorious Future, we will be Serverless,
and there will be NoOps. - thought leaders"
http://www.slideshare.net/ServerlessConf/charity-hound-serverless-noops-the-tooth-fairy
Serverlessness, NoOps and the Tooth Fairy
ベストプラクティス
• 自分のプロダクトの問題はちゃん
と直せる人は自分しかいない
• クリティカルパスを理解する
• できるかぎり小さく維持する
• プロバイダの技術情報や、内部技
術が何に依存しているか理解する
• アウトソース先に問題が起きても、
自身のサービスにおけるそれによる
結果については依然としてあなたが
責任を持たなければいけない
http://www.slideshare.net/ServerlessConf/charity-hound-serverless-noops-the-tooth-fairy
https://aws.amazon.com/jp/message/41926/
Serverlessness, NoOps and the Tooth Fairy
トレードオフ
• 可視性が下がる
• 自分自身で問題をfixできない
し、新機能を実装することも
できない
• サービスはあなたの支払うお
金で維持されている
• 制限や制約は公開されること
もあるし、公開されないこと
もある
http://www.slideshare.net/ServerlessConf/charity-hound-serverless-noops-the-tooth-fairy
https://speakerdeck.com/ikait/serverless-architecture-supports-nikkeis-paper-viewer
https://speakerdeck.com/ikait/serverless-architecture-supports-nikkeis-paper-viewer
https://speakerdeck.com/ikait/serverless-architecture-supports-nikkeis-paper-viewer
Lambdaを活用するための心構え
システムをリアクティブに設計する
• イベントの発火やWebhookなどに対応している周
辺のマネージド・サービスとうまくつないでいく
• シンプルなマイクロサービスとして(複雑なシス
テムにしない)
やっていく気持ち
• 一度トライアルしておき、いざ活用する前にハマ
りどころなど判断
Serverlessのどんな話が聞きたい?
# ツール名 ⼈数
1 Serverless開発の⼿法・ツール・CI/CDパイプライン 32
2 どう選ぶ? VM vs コンテナ vs サーバーレス 2017 (事例/パネル) 25
3 Voice/Bot/Text Analytics/Cognitive in Serverless 11
4 Serverless API(REST/GraphQL) 10
5 Serverless Single Page Applications 7
6 Serverless ストリームデータプロセッシング 5
7 IoT分野でのサーバーレスの活⽤ 3
8 Serverless Machine Learning 3
Serverless Community(JP) https://www.facebook.com/groups/813718382095265/
Serverlessのどんな話が聞きたい?
# ツール名 ⼈数
1 Serverless開発の⼿法・ツール・CI/CDパイプライン 32
2 どう選ぶ? VM vs コンテナ vs サーバーレス 2017 (事例/パネル) 25
3 Voice/Bot/Text Analytics/Cognitive in Serverless 11
4 Serverless API(REST/GraphQL) 10
5 Serverless Single Page Applications 7
6 Serverless ストリームデータプロセッシング 5
7 IoT分野でのサーバーレスの活⽤ 3
8 Serverless Machine Learning 3
Serverless Community(JP) https://www.facebook.com/groups/813718382095265/
Serverless Single Page Apps
開発の流れ
Step by Step
www.example.com
Amazon
Route 53
Amazon S3
(Static Website)
Google+ profile
Cognito
Identity Pools
Lambda DynamoDB
SPA
流れ
• ビュー/アプリ開発
• ビューの作成
• テスト駆動でアプリコードを追加
• Cognitoを使った認証+フェデレーション
• DynamoDBを使ったデータの管理
• Lambdaでシステム強化
public
├──	index.html
├──	app.js
├──	tests
│ ├──	SpecHelper.js
│ ├──	app_spec.js
│ ├──	index.html
│ └──	lib
│ ├──	jasmine-2.3.4
│ │ ├──	boot.js
│ │ ├──	console.js
│ │ ├──	jasmine-html.js
│ │ ├──	jasmine.css
│ │ ├──	jasmine.js
│ │ └──	jasmine_favicon.png
│ └──	jquery-2.1.4.js
└──	vendor.js
• ライブラリ:jQuery (他のものでもよい)
• テストフレームワーク:Jasmine
ビュー/アプリ開発
ビュー/アプリ開発
• アプリ(js)開発
• ローカルで開発可能
• チーム開発がはじまっ
たらS3で
• 気をつけること
• テスト時のブラウザ
キャッシュ
[index.html]
イベント
ループ
Javascript
[app.js]
[app_spec.js]
イベントを
トリガする
リクエスト
コールバック
関数の起動
入力の取得 マークアップの変更
マークアップのテスト
ビュー/アプリ開発
• テスト駆動
describe('LearnJS', function() {
it('can show a problem view', function() {
learnjs.showView('#problem-1');
expect($('.view-container .problem-view').length).toEqual(1);
});
});
'use strict';
var learnjs = {};
learnjs.showView = function(hash) {
var problemView = $('<div class="problem-view">').text('Coming soon!');
$('.view-container').empty().append(problemView);
}
[app.js]
[tests/app_spec.js]
一行書いたら
一行テスト
ビュー/アプリ開発
• テスト駆動
[app.js]
[tests/app_spec.js]
'use strict';
var learnjs = {};
learnjs.problemView = function() {
return $('<div class="problem-view">').text('Coming soon!');
}
learnjs.showView = function(hash) {
var routes = {
'#problem-1': learnjs.problemView
};
var viewFn = routes[hash];
if (viewFn) {
$('.view-container').empty().append(viewFn());
}
}
describe('LearnJS', function() {
it('can show a problem view', function() {
learnjs.showView('#problem-1');
expect($('.view-container .problem-view').length).toEqual(1);
});
it('shows the landing page view when there is no hash', function() {
learnjs.showView('');
expect($('.view-container .landing-view').length).toEqual(1);
});
});
一行書いたら
一行テスト
CognitoをつかったID管理
ログイン
ID取得
検証
認証情報取得
検証
APIコール
CognitoをつかったIDフェデレーション
CognitoをつかったIDフェデレーション
CognitoをつかったIDフェデレーション
DynamoDB
• NoSQLデータベース
サービス
learnjs.saveAnswer = function(problemId, answer) {
return learnjs.identity.then(function(identity) {
var db = new AWS.DynamoDB.DocumentClient();
var item = {
TableName: 'learnjs',
Item: {
userId: identity.id,
problemId: problemId,
answer: answer
}
};
return learnjs.sendDbRequest(db.put(item), function() {
return learnjs.saveAnswer(problemId, answer);
})
});
};
ユーザーID, 問題番号, 解答をDynamoDBに保存
Lambda
• 今回のアプリでの利用目的
• DynamoDB直接読み書きでは「不正なクエリからの保護」
• DynamoDB直接読み書きできない「ユーザー全員分の集計」
などの情報提供のため
www.example.com
Amazon
Route 53
Amazon S3
(Static Website)
Google+
profile
Cognito
Identity Pools
Lambda DynamoDB
SPA
Serverless Single Page Apps
今日紹介したアプリが読み進
めていくだけで作成できる
Step by Step ガイド
• Author: Ben Rady
• Published: 2016-06-20
• ISBN: 978-1-68050-149-0
サーバーレスの今とこれから
4X PRE-CONFERENCE
WORKSHOPS
26 April
THE CONFERENCE
27-28 April
World class speakers, panels, lightning talks,
2 days. Serverless Apps, Data Pipelines, &
Configuration. Just real world experience
building things without harming servers.

More Related Content

What's hot

DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのことDevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
Terui Masashi
 
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべことAWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
Keisuke Nishitani
 
Application Lifecycle Management in a Serverless World
Application Lifecycle Management in a Serverless WorldApplication Lifecycle Management in a Serverless World
Application Lifecycle Management in a Serverless World
Keisuke Nishitani
 
AWSで始めるサーバレスな RESTful API システム
AWSで始めるサーバレスな RESTful API システムAWSで始めるサーバレスな RESTful API システム
AWSで始めるサーバレスな RESTful API システム
Masayuki Kato
 
JAWS DAYS 2017 Mafia Talk
JAWS DAYS 2017 Mafia TalkJAWS DAYS 2017 Mafia Talk
JAWS DAYS 2017 Mafia Talk
真吾 吉田
 
jawsdays 2017 新訳-とある設計士の雲設計定石目録_3
jawsdays 2017 新訳-とある設計士の雲設計定石目録_3jawsdays 2017 新訳-とある設計士の雲設計定石目録_3
jawsdays 2017 新訳-とある設計士の雲設計定石目録_3
a kyane
 
Single Command Deployのための gradle-aws-plugin講座
Single Command Deployのための gradle-aws-plugin講座Single Command Deployのための gradle-aws-plugin講座
Single Command Deployのための gradle-aws-plugin講座
都元ダイスケ Miyamoto
 
AWS Lambda + Python資料 ver0.94 20160825
AWS Lambda + Python資料 ver0.94 20160825AWS Lambda + Python資料 ver0.94 20160825
AWS Lambda + Python資料 ver0.94 20160825
Yasuharu Suzuki
 
実務で活かせる AWSアーキテクチャ設計 〜AWS re:Invent 2016アップデート最新版〜
実務で活かせる AWSアーキテクチャ設計 〜AWS re:Invent 2016アップデート最新版〜実務で活かせる AWSアーキテクチャ設計 〜AWS re:Invent 2016アップデート最新版〜
実務で活かせる AWSアーキテクチャ設計 〜AWS re:Invent 2016アップデート最新版〜
真吾 吉田
 
MySQL→Aurora移行セミナー
MySQL→Aurora移行セミナーMySQL→Aurora移行セミナー
MySQL→Aurora移行セミナー
真吾 吉田
 
JAWS DAYS 2017 LT 古きを捨て新しきに近づける
JAWS DAYS 2017 LT 古きを捨て新しきに近づけるJAWS DAYS 2017 LT 古きを捨て新しきに近づける
JAWS DAYS 2017 LT 古きを捨て新しきに近づける
Tetsuya Mase
 
VRディープ座談会 introduction ojima
VRディープ座談会 introduction ojimaVRディープ座談会 introduction ojima
VRディープ座談会 introduction ojima
Hideki Ojima
 
サーバーレスにおける開発プロセス戦略(パネルディスカッション用スライド)
サーバーレスにおける開発プロセス戦略(パネルディスカッション用スライド)サーバーレスにおける開発プロセス戦略(パネルディスカッション用スライド)
サーバーレスにおける開発プロセス戦略(パネルディスカッション用スライド)
真吾 吉田
 
Application Deployment on AWS
Application Deployment on AWSApplication Deployment on AWS
Application Deployment on AWS
Eiji Shinohara
 
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指すServerless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Masayuki Kato
 
Introduction to AWS X-Ray
Introduction to AWS X-RayIntroduction to AWS X-Ray
Introduction to AWS X-Ray
Keisuke Nishitani
 
May the FaaS be with us!!
May the FaaS be with us!!May the FaaS be with us!!
May the FaaS be with us!!
真吾 吉田
 
Raspberry Piを利用した顔の表情分析と感情を認識するシステム構築
Raspberry Piを利用した顔の表情分析と感情を認識するシステム構築Raspberry Piを利用した顔の表情分析と感情を認識するシステム構築
Raspberry Piを利用した顔の表情分析と感情を認識するシステム構築
Hyunmin Kim
 
サーバーレスでシステムを開発する時に⼤切な事
サーバーレスでシステムを開発する時に⼤切な事サーバーレスでシステムを開発する時に⼤切な事
サーバーレスでシステムを開発する時に⼤切な事
Hiroyuki Hiki
 
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
Daisuke Nagao
 

What's hot (20)

DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのことDevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
 
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべことAWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
 
Application Lifecycle Management in a Serverless World
Application Lifecycle Management in a Serverless WorldApplication Lifecycle Management in a Serverless World
Application Lifecycle Management in a Serverless World
 
AWSで始めるサーバレスな RESTful API システム
AWSで始めるサーバレスな RESTful API システムAWSで始めるサーバレスな RESTful API システム
AWSで始めるサーバレスな RESTful API システム
 
JAWS DAYS 2017 Mafia Talk
JAWS DAYS 2017 Mafia TalkJAWS DAYS 2017 Mafia Talk
JAWS DAYS 2017 Mafia Talk
 
jawsdays 2017 新訳-とある設計士の雲設計定石目録_3
jawsdays 2017 新訳-とある設計士の雲設計定石目録_3jawsdays 2017 新訳-とある設計士の雲設計定石目録_3
jawsdays 2017 新訳-とある設計士の雲設計定石目録_3
 
Single Command Deployのための gradle-aws-plugin講座
Single Command Deployのための gradle-aws-plugin講座Single Command Deployのための gradle-aws-plugin講座
Single Command Deployのための gradle-aws-plugin講座
 
AWS Lambda + Python資料 ver0.94 20160825
AWS Lambda + Python資料 ver0.94 20160825AWS Lambda + Python資料 ver0.94 20160825
AWS Lambda + Python資料 ver0.94 20160825
 
実務で活かせる AWSアーキテクチャ設計 〜AWS re:Invent 2016アップデート最新版〜
実務で活かせる AWSアーキテクチャ設計 〜AWS re:Invent 2016アップデート最新版〜実務で活かせる AWSアーキテクチャ設計 〜AWS re:Invent 2016アップデート最新版〜
実務で活かせる AWSアーキテクチャ設計 〜AWS re:Invent 2016アップデート最新版〜
 
MySQL→Aurora移行セミナー
MySQL→Aurora移行セミナーMySQL→Aurora移行セミナー
MySQL→Aurora移行セミナー
 
JAWS DAYS 2017 LT 古きを捨て新しきに近づける
JAWS DAYS 2017 LT 古きを捨て新しきに近づけるJAWS DAYS 2017 LT 古きを捨て新しきに近づける
JAWS DAYS 2017 LT 古きを捨て新しきに近づける
 
VRディープ座談会 introduction ojima
VRディープ座談会 introduction ojimaVRディープ座談会 introduction ojima
VRディープ座談会 introduction ojima
 
サーバーレスにおける開発プロセス戦略(パネルディスカッション用スライド)
サーバーレスにおける開発プロセス戦略(パネルディスカッション用スライド)サーバーレスにおける開発プロセス戦略(パネルディスカッション用スライド)
サーバーレスにおける開発プロセス戦略(パネルディスカッション用スライド)
 
Application Deployment on AWS
Application Deployment on AWSApplication Deployment on AWS
Application Deployment on AWS
 
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指すServerless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
 
Introduction to AWS X-Ray
Introduction to AWS X-RayIntroduction to AWS X-Ray
Introduction to AWS X-Ray
 
May the FaaS be with us!!
May the FaaS be with us!!May the FaaS be with us!!
May the FaaS be with us!!
 
Raspberry Piを利用した顔の表情分析と感情を認識するシステム構築
Raspberry Piを利用した顔の表情分析と感情を認識するシステム構築Raspberry Piを利用した顔の表情分析と感情を認識するシステム構築
Raspberry Piを利用した顔の表情分析と感情を認識するシステム構築
 
サーバーレスでシステムを開発する時に⼤切な事
サーバーレスでシステムを開発する時に⼤切な事サーバーレスでシステムを開発する時に⼤切な事
サーバーレスでシステムを開発する時に⼤切な事
 
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
 

Viewers also liked

20170210 jawsug横浜(AWSタグ)
20170210 jawsug横浜(AWSタグ)20170210 jawsug横浜(AWSタグ)
20170210 jawsug横浜(AWSタグ)
Toshihiro Setojima
 
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化するAWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
mizugokoro
 
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
Amazon Web Services Japan
 
モバイル開発を支えるAWS Mobile Services
モバイル開発を支えるAWS Mobile Servicesモバイル開発を支えるAWS Mobile Services
モバイル開発を支えるAWS Mobile Services
Keisuke Nishitani
 
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API GatewayAWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
Amazon Web Services Japan
 
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Amazon Web Services
 
今なぜサーバーレスなのか
今なぜサーバーレスなのか今なぜサーバーレスなのか
今なぜサーバーレスなのか
真吾 吉田
 
Developing better debug_components
Developing better debug_componentsDeveloping better debug_components
Developing better debug_components
Tomoaki Imai
 
Single-page application
Single-page applicationSingle-page application
Single-page application
Fumio SAGAWA
 
KDD2016勉強会 資料
KDD2016勉強会 資料KDD2016勉強会 資料
KDD2016勉強会 資料
Toshihiro Kamishima
 
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
貴大 平田
 
機械学習で泣かないためのコード設計
機械学習で泣かないためのコード設計機械学習で泣かないためのコード設計
機械学習で泣かないためのコード設計
Takahiro Kubo
 
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
Masahiro NAKAYAMA
 
主成分分析 (pca)
主成分分析 (pca)主成分分析 (pca)
主成分分析 (pca)
Ji Wang
 
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch LogsAWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
Amazon Web Services Japan
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
Yuji Otani
 
CloudWatchの使い方
CloudWatchの使い方CloudWatchの使い方
CloudWatchの使い方
ShinsukeYokota
 
SVM実践ガイド (A Practical Guide to Support Vector Classification)
SVM実践ガイド (A Practical Guide to Support Vector Classification)SVM実践ガイド (A Practical Guide to Support Vector Classification)
SVM実践ガイド (A Practical Guide to Support Vector Classification)
sleepy_yoshi
 
機械学習の理論と実践
機械学習の理論と実践機械学習の理論と実践
機械学習の理論と実践
Preferred Networks
 
機械学習によるデータ分析まわりのお話
機械学習によるデータ分析まわりのお話機械学習によるデータ分析まわりのお話
機械学習によるデータ分析まわりのお話
Ryota Kamoshida
 

Viewers also liked (20)

20170210 jawsug横浜(AWSタグ)
20170210 jawsug横浜(AWSタグ)20170210 jawsug横浜(AWSタグ)
20170210 jawsug横浜(AWSタグ)
 
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化するAWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
 
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
 
モバイル開発を支えるAWS Mobile Services
モバイル開発を支えるAWS Mobile Servicesモバイル開発を支えるAWS Mobile Services
モバイル開発を支えるAWS Mobile Services
 
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API GatewayAWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
 
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
 
今なぜサーバーレスなのか
今なぜサーバーレスなのか今なぜサーバーレスなのか
今なぜサーバーレスなのか
 
Developing better debug_components
Developing better debug_componentsDeveloping better debug_components
Developing better debug_components
 
Single-page application
Single-page applicationSingle-page application
Single-page application
 
KDD2016勉強会 資料
KDD2016勉強会 資料KDD2016勉強会 資料
KDD2016勉強会 資料
 
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
 
機械学習で泣かないためのコード設計
機械学習で泣かないためのコード設計機械学習で泣かないためのコード設計
機械学習で泣かないためのコード設計
 
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
 
主成分分析 (pca)
主成分分析 (pca)主成分分析 (pca)
主成分分析 (pca)
 
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch LogsAWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
 
CloudWatchの使い方
CloudWatchの使い方CloudWatchの使い方
CloudWatchの使い方
 
SVM実践ガイド (A Practical Guide to Support Vector Classification)
SVM実践ガイド (A Practical Guide to Support Vector Classification)SVM実践ガイド (A Practical Guide to Support Vector Classification)
SVM実践ガイド (A Practical Guide to Support Vector Classification)
 
機械学習の理論と実践
機械学習の理論と実践機械学習の理論と実践
機械学習の理論と実践
 
機械学習によるデータ分析まわりのお話
機械学習によるデータ分析まわりのお話機械学習によるデータ分析まわりのお話
機械学習によるデータ分析まわりのお話
 

Similar to サーバーレスの今とこれから

Serverless for VUI
Serverless for VUIServerless for VUI
Serverless for VUI
真吾 吉田
 
AWSによるサーバーレスアーキテクチャ
AWSによるサーバーレスアーキテクチャAWSによるサーバーレスアーキテクチャ
AWSによるサーバーレスアーキテクチャ
真吾 吉田
 
JAWS-UGアーキテクチャ専門支部 ServerlessConfレポート
JAWS-UGアーキテクチャ専門支部 ServerlessConfレポートJAWS-UGアーキテクチャ専門支部 ServerlessConfレポート
JAWS-UGアーキテクチャ専門支部 ServerlessConfレポート
真吾 吉田
 
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
真吾 吉田
 
[AC11] サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレスアーキテクチャの意義と実践
[AC11] サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレスアーキテクチャの意義と実践[AC11] サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレスアーキテクチャの意義と実践
[AC11] サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレスアーキテクチャの意義と実践
de:code 2017
 
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
真吾 吉田
 
Serverless Meetup Tokyo #2 オープニング
Serverless Meetup Tokyo #2 オープニングServerless Meetup Tokyo #2 オープニング
Serverless Meetup Tokyo #2 オープニング
真吾 吉田
 
Azureをフル活用したサーバーレスの潮流について
Azureをフル活用したサーバーレスの潮流についてAzureをフル活用したサーバーレスの潮流について
Azureをフル活用したサーバーレスの潮流について
真吾 吉田
 
VUXデザイナー
VUXデザイナーVUXデザイナー
VUXデザイナー
真吾 吉田
 
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
Takeshi Shinmura
 
OSS on Azure で構築するウェブアプリケーション
OSS on Azure で構築するウェブアプリケーションOSS on Azure で構築するウェブアプリケーション
OSS on Azure で構築するウェブアプリケーション
Daisuke Masubuchi
 
.NET の過去、現在、そして未来 ~ .NET 最新アップデート
.NET の過去、現在、そして未来 ~ .NET 最新アップデート.NET の過去、現在、そして未来 ~ .NET 最新アップデート
.NET の過去、現在、そして未来 ~ .NET 最新アップデート
Akira Inoue
 
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Yasuhiro Horiuchi
 
MicrosoftのOSSへの取り組み
MicrosoftのOSSへの取り組みMicrosoftのOSSへの取り組み
MicrosoftのOSSへの取り組み
Shinichiro Arai
 
現場開発者視点で答えるWindows Azure
現場開発者視点で答えるWindows Azure現場開発者視点で答えるWindows Azure
現場開発者視点で答えるWindows Azure
Keiichi Hashimoto
 
Gaming cicd-pipeline gaming-technight-2
Gaming cicd-pipeline gaming-technight-2Gaming cicd-pipeline gaming-technight-2
Gaming cicd-pipeline gaming-technight-2
Amazon Web Services Japan
 
Windows 開発者のための Dev&Ops on AWS
Windows 開発者のための Dev&Ops on AWSWindows 開発者のための Dev&Ops on AWS
Windows 開発者のための Dev&Ops on AWS
Amazon Web Services Japan
 
.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化
Takeshi Fukuhara
 
サーバーレスの話
サーバーレスの話サーバーレスの話
サーバーレスの話
真吾 吉田
 
ここが良かったDatadog
ここが良かったDatadogここが良かったDatadog
ここが良かったDatadog
tyamane
 

Similar to サーバーレスの今とこれから (20)

Serverless for VUI
Serverless for VUIServerless for VUI
Serverless for VUI
 
AWSによるサーバーレスアーキテクチャ
AWSによるサーバーレスアーキテクチャAWSによるサーバーレスアーキテクチャ
AWSによるサーバーレスアーキテクチャ
 
JAWS-UGアーキテクチャ専門支部 ServerlessConfレポート
JAWS-UGアーキテクチャ専門支部 ServerlessConfレポートJAWS-UGアーキテクチャ専門支部 ServerlessConfレポート
JAWS-UGアーキテクチャ専門支部 ServerlessConfレポート
 
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレス アーキテクチャの意義と実践
 
[AC11] サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレスアーキテクチャの意義と実践
[AC11] サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレスアーキテクチャの意義と実践[AC11] サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレスアーキテクチャの意義と実践
[AC11] サーバー管理よ、サヨウナラ。サーバーレスアーキテクチャの意義と実践
 
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
Anchors Aweigh!! - re:Invent報告@re:Port 2016 大阪
 
Serverless Meetup Tokyo #2 オープニング
Serverless Meetup Tokyo #2 オープニングServerless Meetup Tokyo #2 オープニング
Serverless Meetup Tokyo #2 オープニング
 
Azureをフル活用したサーバーレスの潮流について
Azureをフル活用したサーバーレスの潮流についてAzureをフル活用したサーバーレスの潮流について
Azureをフル活用したサーバーレスの潮流について
 
VUXデザイナー
VUXデザイナーVUXデザイナー
VUXデザイナー
 
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
 
OSS on Azure で構築するウェブアプリケーション
OSS on Azure で構築するウェブアプリケーションOSS on Azure で構築するウェブアプリケーション
OSS on Azure で構築するウェブアプリケーション
 
.NET の過去、現在、そして未来 ~ .NET 最新アップデート
.NET の過去、現在、そして未来 ~ .NET 最新アップデート.NET の過去、現在、そして未来 ~ .NET 最新アップデート
.NET の過去、現在、そして未来 ~ .NET 最新アップデート
 
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
 
MicrosoftのOSSへの取り組み
MicrosoftのOSSへの取り組みMicrosoftのOSSへの取り組み
MicrosoftのOSSへの取り組み
 
現場開発者視点で答えるWindows Azure
現場開発者視点で答えるWindows Azure現場開発者視点で答えるWindows Azure
現場開発者視点で答えるWindows Azure
 
Gaming cicd-pipeline gaming-technight-2
Gaming cicd-pipeline gaming-technight-2Gaming cicd-pipeline gaming-technight-2
Gaming cicd-pipeline gaming-technight-2
 
Windows 開発者のための Dev&Ops on AWS
Windows 開発者のための Dev&Ops on AWSWindows 開発者のための Dev&Ops on AWS
Windows 開発者のための Dev&Ops on AWS
 
.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化
 
サーバーレスの話
サーバーレスの話サーバーレスの話
サーバーレスの話
 
ここが良かったDatadog
ここが良かったDatadogここが良かったDatadog
ここが良かったDatadog
 

More from 真吾 吉田

SageMakerでもAUTOMATIC1111したい
SageMakerでもAUTOMATIC1111したいSageMakerでもAUTOMATIC1111したい
SageMakerでもAUTOMATIC1111したい
真吾 吉田
 
JAWSUG_yokohama_10yrs
JAWSUG_yokohama_10yrsJAWSUG_yokohama_10yrs
JAWSUG_yokohama_10yrs
真吾 吉田
 
アウトプットしよう これはあなたの成長の物語
アウトプットしよう これはあなたの成長の物語アウトプットしよう これはあなたの成長の物語
アウトプットしよう これはあなたの成長の物語
真吾 吉田
 
ServerlessとNoOps
ServerlessとNoOpsServerlessとNoOps
ServerlessとNoOps
真吾 吉田
 
コミュニティ型組織でヒーローを育てる
コミュニティ型組織でヒーローを育てるコミュニティ型組織でヒーローを育てる
コミュニティ型組織でヒーローを育てる
真吾 吉田
 
仮想サーバは、もう不要?!今からIoTやるなら 「サーバレス・コンピューティング」
仮想サーバは、もう不要?!今からIoTやるなら「サーバレス・コンピューティング」仮想サーバは、もう不要?!今からIoTやるなら「サーバレス・コンピューティング」
仮想サーバは、もう不要?!今からIoTやるなら 「サーバレス・コンピューティング」
真吾 吉田
 
アジャイルな開発組織のOKRベストプラクティス&アンチパターン
アジャイルな開発組織のOKRベストプラクティス&アンチパターンアジャイルな開発組織のOKRベストプラクティス&アンチパターン
アジャイルな開発組織のOKRベストプラクティス&アンチパターン
真吾 吉田
 
AWS re:Invent 2018 re:Cap
AWS re:Invent 2018 re:CapAWS re:Invent 2018 re:Cap
AWS re:Invent 2018 re:Cap
真吾 吉田
 
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
真吾 吉田
 
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしようこれからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
真吾 吉田
 
宇宙一早い AWS re:Invent 2018 re:cap
宇宙一早い AWS re:Invent 2018 re:cap宇宙一早い AWS re:Invent 2018 re:cap
宇宙一早い AWS re:Invent 2018 re:cap
真吾 吉田
 
Architecting on Alibaba Cloud - Fundamentals - 2018
Architecting on Alibaba Cloud - Fundamentals - 2018Architecting on Alibaba Cloud - Fundamentals - 2018
Architecting on Alibaba Cloud - Fundamentals - 2018
真吾 吉田
 
CYDASアジャイル開発状況報告LT
CYDASアジャイル開発状況報告LTCYDASアジャイル開発状況報告LT
CYDASアジャイル開発状況報告LT
真吾 吉田
 
Kubernetesのない世界 すべてがサーバーレスになる
Kubernetesのない世界 すべてがサーバーレスになるKubernetesのない世界 すべてがサーバーレスになる
Kubernetesのない世界 すべてがサーバーレスになる
真吾 吉田
 
Storylineでデザインする心地よい会話体験
Storylineでデザインする心地よい会話体験Storylineでデザインする心地よい会話体験
Storylineでデザインする心地よい会話体験
真吾 吉田
 
Kubernetes on Alibaba Cloud
Kubernetes on Alibaba CloudKubernetes on Alibaba Cloud
Kubernetes on Alibaba Cloud
真吾 吉田
 
Alexaスキルを作ろう
Alexaスキルを作ろうAlexaスキルを作ろう
Alexaスキルを作ろう
真吾 吉田
 
サーバーレス・アーキテクチャ概要
サーバーレス・アーキテクチャ概要サーバーレス・アーキテクチャ概要
サーバーレス・アーキテクチャ概要
真吾 吉田
 
Architecting on Alibaba Cloud - 超基礎編 -
Architecting on Alibaba Cloud - 超基礎編 -Architecting on Alibaba Cloud - 超基礎編 -
Architecting on Alibaba Cloud - 超基礎編 -
真吾 吉田
 
Alibaba Cloud Serverless
Alibaba Cloud ServerlessAlibaba Cloud Serverless
Alibaba Cloud Serverless
真吾 吉田
 

More from 真吾 吉田 (20)

SageMakerでもAUTOMATIC1111したい
SageMakerでもAUTOMATIC1111したいSageMakerでもAUTOMATIC1111したい
SageMakerでもAUTOMATIC1111したい
 
JAWSUG_yokohama_10yrs
JAWSUG_yokohama_10yrsJAWSUG_yokohama_10yrs
JAWSUG_yokohama_10yrs
 
アウトプットしよう これはあなたの成長の物語
アウトプットしよう これはあなたの成長の物語アウトプットしよう これはあなたの成長の物語
アウトプットしよう これはあなたの成長の物語
 
ServerlessとNoOps
ServerlessとNoOpsServerlessとNoOps
ServerlessとNoOps
 
コミュニティ型組織でヒーローを育てる
コミュニティ型組織でヒーローを育てるコミュニティ型組織でヒーローを育てる
コミュニティ型組織でヒーローを育てる
 
仮想サーバは、もう不要?!今からIoTやるなら 「サーバレス・コンピューティング」
仮想サーバは、もう不要?!今からIoTやるなら「サーバレス・コンピューティング」仮想サーバは、もう不要?!今からIoTやるなら「サーバレス・コンピューティング」
仮想サーバは、もう不要?!今からIoTやるなら 「サーバレス・コンピューティング」
 
アジャイルな開発組織のOKRベストプラクティス&アンチパターン
アジャイルな開発組織のOKRベストプラクティス&アンチパターンアジャイルな開発組織のOKRベストプラクティス&アンチパターン
アジャイルな開発組織のOKRベストプラクティス&アンチパターン
 
AWS re:Invent 2018 re:Cap
AWS re:Invent 2018 re:CapAWS re:Invent 2018 re:Cap
AWS re:Invent 2018 re:Cap
 
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
多様性・アジャイル・クラウドで変化に強いIT組織を作る
 
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしようこれからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
これからのクラウドネイティブアプリケーションの話をしよう
 
宇宙一早い AWS re:Invent 2018 re:cap
宇宙一早い AWS re:Invent 2018 re:cap宇宙一早い AWS re:Invent 2018 re:cap
宇宙一早い AWS re:Invent 2018 re:cap
 
Architecting on Alibaba Cloud - Fundamentals - 2018
Architecting on Alibaba Cloud - Fundamentals - 2018Architecting on Alibaba Cloud - Fundamentals - 2018
Architecting on Alibaba Cloud - Fundamentals - 2018
 
CYDASアジャイル開発状況報告LT
CYDASアジャイル開発状況報告LTCYDASアジャイル開発状況報告LT
CYDASアジャイル開発状況報告LT
 
Kubernetesのない世界 すべてがサーバーレスになる
Kubernetesのない世界 すべてがサーバーレスになるKubernetesのない世界 すべてがサーバーレスになる
Kubernetesのない世界 すべてがサーバーレスになる
 
Storylineでデザインする心地よい会話体験
Storylineでデザインする心地よい会話体験Storylineでデザインする心地よい会話体験
Storylineでデザインする心地よい会話体験
 
Kubernetes on Alibaba Cloud
Kubernetes on Alibaba CloudKubernetes on Alibaba Cloud
Kubernetes on Alibaba Cloud
 
Alexaスキルを作ろう
Alexaスキルを作ろうAlexaスキルを作ろう
Alexaスキルを作ろう
 
サーバーレス・アーキテクチャ概要
サーバーレス・アーキテクチャ概要サーバーレス・アーキテクチャ概要
サーバーレス・アーキテクチャ概要
 
Architecting on Alibaba Cloud - 超基礎編 -
Architecting on Alibaba Cloud - 超基礎編 -Architecting on Alibaba Cloud - 超基礎編 -
Architecting on Alibaba Cloud - 超基礎編 -
 
Alibaba Cloud Serverless
Alibaba Cloud ServerlessAlibaba Cloud Serverless
Alibaba Cloud Serverless
 

Recently uploaded

Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Shinichi Hirauchi
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
Ayachika Kitazaki
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
ARISE analytics
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 

Recently uploaded (15)

Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 

サーバーレスの今とこれから

Editor's Notes

  1. コミュニティやってます。フィードバックください
  2. セクションナインという会社で社長兼平社員をやってます クラウドの導入からDockerizeやServerless化の相談から実装まで幅広くやってます まずはサーバーレスについて簡単に紹介
  3. 大半のアプリがコンテナ+サーバーレスに VMの置換え⇒VMでは実現できないエッジコンピューティングや
  4. アップするときは抜く