Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Storylineでデザインする心地よい会話体験

1,865 views

Published on

2018.3.28@MasterCloud

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Storylineでデザインする心地よい会話体験

  1. 1. Storylineでデザインする 心地よい会話体験 吉田真吾 @yoshidashingo 2018.3.28 MasterCloud -Alexa makes the world a better place-
  2. 2. 吉田真吾 n バックグラウンド 証券システム基盤開発 p 基盤システム開発、Oracleチューニングなど エバンジェリスト p 講演113回(2013年実績) p AWS設計・構築・移行(2014-2015) n 現在のしごと (株) セクションナイン 代表取締役社長 p APN コンサルティングパートナー p DevOps Dockerize Serverless 支援など (株) 実績等 p AWSウルトラクイズ 初代チャンピオン (2012年) p AWS Samurai 2014 / 2016
  3. 3. AWSによるサーバーレスアーキテクチャ • サーバーレスアーキテクチャによ る動画シェアサイト構築 • オンライン教育動画サイト「A Cloud Guru」で実際に使われてい る技術やコードをベースにDeep Dive • AWS Lambda / API Gateway / S3 / CloudFront / Elastic Transcoder / Auth0 / Firebase Realtime Database
  4. 4. Alexa アプリ • カスタム対話モデル • スマートホームスキルAPI • フラッシュブリーフィング スキルAPI • ビデオスキルAPI
  5. 5. ・Amazon開発者ポータルアカウント ・AWS Lambda(AWSアカウント) ・alexaアプリ(+Amazon.co.jpアカウント)
  6. 6. How to DESIGN?
  7. 7. 音声デザインガイド 1. 目的とユーザー ストーリーの設定 2. 台本の作成 3. 対話フローの作成 4. スキル構築のための 準備 https://developer.amazon.com/ja/designing-for-voice/design-process/ ひとつのスキルで色々なこと をやろうとするとインテント の区別や発話→インテントの マッピング精度がいまいちに なりがち
  8. 8. 音声デザインガイド 1. 目的とユーザー ストーリーの設定 2. 台本の作成 3. 対話フローの作成 4. スキル構築のための 準備 https://developer.amazon.com/ja/designing-for-voice/design-process/ 実際に声に出し話してみる • 質問は適切か • 答えは冗長ではないか • 次の行動をどう促すか • 機能性として十分か
  9. 9. 音声デザインガイド 1. 目的とユーザー ストーリーの設定 2. 台本の作成 3. 対話フローの作成 4. スキル構築のための 準備
  10. 10. 音声デザインガイド:4. スキル構築のための準備 https://developer.amazon.com/ja/designing-for-voice/design-process/ スキルの「呼び出し名」 インテント (=Lambdaハンドラー) スロット (=Lambda: switch case / value)
  11. 11. 大事なこと • バックエンドを実装する以前に、対話モデルや会話 体験を設計して作り込む必要がある • 自然に話しかけてどの程度理解してもらえるか? • 期待する動作をしてくれるか? • 冗長なやりとりにならないか? • 言葉のゆらぎを吸収してくれるか? • ここで促すべき次の行動はなにか? → Voice User Interface eXperience Designer (VUXデザイナー)
  12. 12. われわれがつくりたいのは IVR(自動音声応答システム) ではない ・声による入力 ・ユーザーはコマンドラインのようには 話しかけてくれない
  13. 13. 言葉ではなく 意味・文脈を理解する アシスタント ・動詞が揺れる(聞かせて/教えて/調べて…) ・目的語が抜ける ・指示語(それ)のあつかい、などなど
  14. 14. Alexaスキル開発ツール 本家Alexaコンソール https://developer.amazon.com/ja/alexa Storyline https://getstoryline.com Actions on Google + Dialogflow https://console.actions.google.com/ https://console.dialogflow.com
  15. 15. Storyline the easiest way to create an Amazon Alexa skill without coding https://getstoryline.com
  16. 16. Storyline 1. [+ New Skill] -> [New custom skill] を選ぶ 2. スキル情報を入力 する
  17. 17. Storyline • Welcome Blockから • [help][stop]インテント は元からある • 起動後の発話 > 今日の調子はどうですか • インテント(リクエスト) の追加 > 最高にいいよ(シノニム※サンプル 発話)
  18. 18. Storyline • インテントごとの呼び出 し先の子ブロックを設定 > いいよ→greatブロック • 子ブロックも同様にレス ポンス(ランダムも可)を 定義 • 単にレスポンスするだけ でなく別のステップにつ なぐことも可能
  19. 19. Storyline • [else]でインテントに マッチしない発話に対す るアクションも定義可能 • ex. 調子はどうか聞き直 す
  20. 20. Upload to Alexa - Storyline
  21. 21. 対話のステート制御 特に困った部分
  22. 22. エコちっち • Alexaの中で妖精を育てる育 成ゲーム • インテント • リセット(たまごに戻す) • エコちっちの状態確認 • ごはん • ダンス • お勉強 • トイレ • 寝かせる • 起こす
  23. 23. エコちっち (デモ) • 「Alexa、エコちっちでリセットして」 • 「Alexa、エコちっちで元気か教えて」 • 「Alexa、エコちっちでごはんを食べさせて」
  24. 24. こまった!対話のフロー制御 • [発話]状態確認 →おなかがすいてます。ごはんを食べさせてあげますか? →はい →(インテント:状態確認※「ごはん」を呼びたいのに) • [発話]ダンスを踊らせて →ダンスを踊らせてあげますか? →はい →(インテント:ダンス)
  25. 25. ステート 1. ステートの定義 2. ステートに応じたハンドラー 群の定義 3. ハンドラー登録 →ステートに応じて追加した ハンドラーが呼ばれる
  26. 26. ステート制御について Storylineでエコちっちは実装できるか?
  27. 27. エコちっちのステート制御 • 状態確認→ステート制御 はLambdaでやっている • Storyline:APIで状態確 認(○) →ステートに応じた次の ステップ選択( )
  28. 28. Storyline Pros • 対話の流れの構築およ びプロトタイピングが まったくつまづかず構 築可能 • バックエンドでREST APIまで呼び出し可能 Cons • レスポンスの発話や、 対話の折り返しなどを Storylineが制御するこ とによる自由度のト レードオフ • ex. APIのパラメータ指 定/レスポンスによる 遷移先の制御、ボイス ロイドなど 総評としては かなり良い
  29. 29. ステートを制するものが 対話モデルを制す そして結論
  30. 30. まとめ • Storylineはデザイン・プロトタイピングの範囲で はかなり有用 • 対話フローのデザインの重要性に計画初期段階でフォー カスできる • プロトフェーズでも体験を意識したフロー制御になると 困ってくる可能性もある >ステートでの制御を考慮する 段階になったら早めにLambdaないし別のバックエンド に切り替える判断 • エンハンス開発の速度が速いのですぐに良くなっていく • 何より対話のデザインの重要性に気づき、心地よ い会話体験を作り上げることをつねに意識する必 要がある

×