SlideShare a Scribd company logo
0
タグ
瀬戸島敏宏
※本内容はすべて個人的な見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
1
about me
Toshihiro Setojima
瀬戸島 敏宏
Like
- Web
- バックエンド
- AWS全般
Like
- Ruby
- バスケ
- カメラ
Information
- 某SIer
- パブリッククラウド×金融
- 福岡生まれ福岡育ち
好きなAWSサービス:タグ
2
タグ
3
みなさん、タグ使ってますか?
4
タグかなり便利なので
是非つかってみてください
5
1. タグとは
2. 運用におけるタグ
3. Billingにおけるタグ
4. IAM権限におけるタグ(今日は割愛)
今日の内容
6
タグとは
EC2、EBS、VPC、RDS、VPC、、、様々なリソースに付与できるメタデータ
リソースあたりのタグの最大数 50
キーの最大長 127 文字 (Unicode) (UTF-8)
値の最大長 255 文字 (Unicode) (UTF-8)
利用可能文字
UTF-8 で表現できる文字、スペース、お
よび数字と、+、-、=、.、_、:、/、@ な
どの特殊文字
※タグのキーと値は大文字と小文字が区別される。
※タグの名前または値に aws: は利用できない。
7
実はほぼ全員がタグを利用している
1.タグとは
知らないうちに「Name」というキーのタグを利用している!!
Nameもタグの1つ
8
• 環境、用途、管理者などの整理
 EC2などの各リソースをラベリング
• リソースグループを利用した用途別EC2一覧
 「瀬戸島」が利用しているEC2のみ一覧
 本番環境/開発環境のEC2のみ一覧 など
• EC2の起動停止/AMIバックアップの制御
 タグで指定した時間に自動起動停止/バックアップを実現
利用用途例
2.運用におけるタグ
9
• デモを御覧ください
リソースグループを利用した用途別EC2一覧
2.運用におけるタグ
10
例えば瀬戸島が管理しているアカウントでは制御用に各EC2に下記のタグを採用
EC2の起動停止/AMIバックアップの制御
2.運用におけるタグ
キー バリュー例 用途 例
tool:START -,9,9,9,9,9,- 日,月,火,水,木,金,土で起動したい時間を指定 平日9時に起動する
tool:STOP -,19,19,19,19,19,- 日,月,火,水,木,金,土で停止したい時間を指定 平日19時に停止する
tool:BACKUP 3,-,-,-,-,-,- 日,月,火,水,木,金,土でバックアップしたい時間を指定 日曜早朝3時にAMIバックアップ
tool:BACKUPGEN 5 バックアップ世代数 バックアップは5世代
Lambdaを毎時間実行
tool:STARTタグが付与さ
れているインスタンス一覧を
取得
「,」でバリューを分解し、曜
日・時間が一致しているイン
スタンスをフィルタ
該当インスタンスを起動
tool:STARTタグを利用してEC2を起動する例
起動停止ジョブ定義を変更することなく、起動停止・バックアップ対象のEC2を設定可能
つまりインフラ担当ではなく、アプリ担当が基盤ジョブを簡単に設定できる!
11
「tool:START」タグキーをもつインスタンス一覧
aws ec2 describe-instances --filters "Name=tag-key,Values=tool:START“
「Owner」タグキーが「t-setojima」woというインスタンス一覧
aws ec2 describe-instances --output table --filters "Name=tag:Owner,Values=t-setojima“
「Owner」タグキーが「t-setojima」を含むインスタンス一覧
aws ec2 describe-instances --output table --filters "Name=tag:Owner,Values=*t-setojima*“
タグを利用したフィルタリグ例
2.運用におけるタグ
12
下記のような単位でAWS利用料を計算したいと思うことありませんか?
 部門やグループの組織単位
 個人単位
 本番/開発などの用途単位
 プロジェクト単位
 その他
3.Billingにおけるタグ
タグを使えば
全部実現できるよ!
13
コスト配分タグの設定
3.Billingにおけるタグ
14
詳細レポートの設定
3.Billingにおけるタグ
15
簡易レポートはコストエクスプローラーで
3.Billingにおけるタグ
16
コストエクスプローラーを利用したタグ別AWS利用料
3.Billingにおけるタグ
17
細かく分析したい場合はS3上に出力されるレポートを利用
3.Billingにおけるタグ
https://d0.awsstatic.com/webinars/jp/pdf/solution-casestudy/20140226_AWS-Meister-reGenerate-Billing-Public.pdf
18
環境別・システム別・サービス別に利用料金をグラフ化
3.Billingにおけるタグ
19
• EC2にタグ付けしてもEBSにはタグ付けされない
• スナップショット、AMI取得してもEC2のタグは引き継がれない
• タグに対応していないサービス多々あり(随時アップデートされる)
• ネットワーク通信料などの共通サービスは計算できない(=タグ付け不可)
• コンソリデーテッドビリングアカウント内にリザーブドインスタンスがあると
Blendedが適用されるため注意
タグを利用した料金レポート
3.Billingにおけるタグ
20
どうもありがとうございました

More Related Content

What's hot

DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのことDevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
Terui Masashi
 
サーバーレスで ガチ本番運用までやってるお話し
サーバーレスで ガチ本番運用までやってるお話しサーバーレスで ガチ本番運用までやってるお話し
サーバーレスで ガチ本番運用までやってるお話し
Akira Nagata
 
クラウド上のデータ活用デザインパターン
クラウド上のデータ活用デザインパターンクラウド上のデータ活用デザインパターン
クラウド上のデータ活用デザインパターン
Amazon Web Services Japan
 
それでもボクはMicrosoft Azure を使う
それでもボクはMicrosoft Azure を使うそれでもボクはMicrosoft Azure を使う
それでもボクはMicrosoft Azure を使う
Masaki Takeda
 
Serverless Ninja Warriors [panel]
Serverless Ninja Warriors [panel]Serverless Ninja Warriors [panel]
Serverless Ninja Warriors [panel]
真吾 吉田
 
Application Lifecycle Management in a Serverless World
Application Lifecycle Management in a Serverless WorldApplication Lifecycle Management in a Serverless World
Application Lifecycle Management in a Serverless World
Keisuke Nishitani
 
サーバーレスアーキテクチャのすすめ(公開版)
サーバーレスアーキテクチャのすすめ(公開版)サーバーレスアーキテクチャのすすめ(公開版)
サーバーレスアーキテクチャのすすめ(公開版)
Keisuke Kadoyama
 
Serverless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevcServerless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevc
Masahiro NAKAYAMA
 
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指すServerless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Masayuki Kato
 
サーバーレス・アーキテクチャ概要
サーバーレス・アーキテクチャ概要サーバーレス・アーキテクチャ概要
サーバーレス・アーキテクチャ概要
真吾 吉田
 
クラウド入門(AWS編)
クラウド入門(AWS編)クラウド入門(AWS編)
[MW07] OSS on Azure で構築するモバイルバックエンド
[MW07] OSS on Azure で構築するモバイルバックエンド[MW07] OSS on Azure で構築するモバイルバックエンド
[MW07] OSS on Azure で構築するモバイルバックエンド
de:code 2017
 
Androidを中心に紐解くIoT
Androidを中心に紐解くIoTAndroidを中心に紐解くIoT
Androidを中心に紐解くIoT
Keisuke Nishitani
 
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべことAWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
Keisuke Nishitani
 
ログ管理のベストプラクティス
ログ管理のベストプラクティスログ管理のベストプラクティス
ログ管理のベストプラクティス
Akihiro Kuwano
 
20161027 hadoop summit Generating Recommendations at Amazon Scale with Apach...
20161027 hadoop summit  Generating Recommendations at Amazon Scale with Apach...20161027 hadoop summit  Generating Recommendations at Amazon Scale with Apach...
20161027 hadoop summit Generating Recommendations at Amazon Scale with Apach...
Amazon Web Services Japan
 
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
Keisuke Kadoyama
 
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
Daisuke Nagao
 
20131210 CM re:Growth - Infrastructure as Code から Full Reproducible Infrastru...
20131210 CM re:Growth - Infrastructure as Code から Full Reproducible Infrastru...20131210 CM re:Growth - Infrastructure as Code から Full Reproducible Infrastru...
20131210 CM re:Growth - Infrastructure as Code から Full Reproducible Infrastru...
都元ダイスケ Miyamoto
 
AWS Black Belt - AWS Glue
AWS Black Belt - AWS GlueAWS Black Belt - AWS Glue
AWS Black Belt - AWS Glue
Amazon Web Services Japan
 

What's hot (20)

DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのことDevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
DevOpsとか言う前にAWSエンジニアに知ってほしいアプリケーションのこと
 
サーバーレスで ガチ本番運用までやってるお話し
サーバーレスで ガチ本番運用までやってるお話しサーバーレスで ガチ本番運用までやってるお話し
サーバーレスで ガチ本番運用までやってるお話し
 
クラウド上のデータ活用デザインパターン
クラウド上のデータ活用デザインパターンクラウド上のデータ活用デザインパターン
クラウド上のデータ活用デザインパターン
 
それでもボクはMicrosoft Azure を使う
それでもボクはMicrosoft Azure を使うそれでもボクはMicrosoft Azure を使う
それでもボクはMicrosoft Azure を使う
 
Serverless Ninja Warriors [panel]
Serverless Ninja Warriors [panel]Serverless Ninja Warriors [panel]
Serverless Ninja Warriors [panel]
 
Application Lifecycle Management in a Serverless World
Application Lifecycle Management in a Serverless WorldApplication Lifecycle Management in a Serverless World
Application Lifecycle Management in a Serverless World
 
サーバーレスアーキテクチャのすすめ(公開版)
サーバーレスアーキテクチャのすすめ(公開版)サーバーレスアーキテクチャのすすめ(公開版)
サーバーレスアーキテクチャのすすめ(公開版)
 
Serverless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevcServerless Architecture Overview #cdevc
Serverless Architecture Overview #cdevc
 
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指すServerless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
Serverless AWS構成でセキュアなSPAを目指す
 
サーバーレス・アーキテクチャ概要
サーバーレス・アーキテクチャ概要サーバーレス・アーキテクチャ概要
サーバーレス・アーキテクチャ概要
 
クラウド入門(AWS編)
クラウド入門(AWS編)クラウド入門(AWS編)
クラウド入門(AWS編)
 
[MW07] OSS on Azure で構築するモバイルバックエンド
[MW07] OSS on Azure で構築するモバイルバックエンド[MW07] OSS on Azure で構築するモバイルバックエンド
[MW07] OSS on Azure で構築するモバイルバックエンド
 
Androidを中心に紐解くIoT
Androidを中心に紐解くIoTAndroidを中心に紐解くIoT
Androidを中心に紐解くIoT
 
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべことAWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
AWSでアプリ開発するなら 知っておくべこと
 
ログ管理のベストプラクティス
ログ管理のベストプラクティスログ管理のベストプラクティス
ログ管理のベストプラクティス
 
20161027 hadoop summit Generating Recommendations at Amazon Scale with Apach...
20161027 hadoop summit  Generating Recommendations at Amazon Scale with Apach...20161027 hadoop summit  Generating Recommendations at Amazon Scale with Apach...
20161027 hadoop summit Generating Recommendations at Amazon Scale with Apach...
 
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
 
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部
 
20131210 CM re:Growth - Infrastructure as Code から Full Reproducible Infrastru...
20131210 CM re:Growth - Infrastructure as Code から Full Reproducible Infrastru...20131210 CM re:Growth - Infrastructure as Code から Full Reproducible Infrastru...
20131210 CM re:Growth - Infrastructure as Code から Full Reproducible Infrastru...
 
AWS Black Belt - AWS Glue
AWS Black Belt - AWS GlueAWS Black Belt - AWS Glue
AWS Black Belt - AWS Glue
 

Viewers also liked

AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化するAWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
mizugokoro
 
サーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれからサーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれから
真吾 吉田
 
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
Amazon Web Services Japan
 
モバイル開発を支えるAWS Mobile Services
モバイル開発を支えるAWS Mobile Servicesモバイル開発を支えるAWS Mobile Services
モバイル開発を支えるAWS Mobile Services
Keisuke Nishitani
 
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API GatewayAWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
Amazon Web Services Japan
 
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Amazon Web Services
 
Serverless Anti-Patterns
Serverless Anti-PatternsServerless Anti-Patterns
Serverless Anti-Patterns
Keisuke Nishitani
 
Developing better debug_components
Developing better debug_componentsDeveloping better debug_components
Developing better debug_components
Tomoaki Imai
 
今なぜサーバーレスなのか
今なぜサーバーレスなのか今なぜサーバーレスなのか
今なぜサーバーレスなのか
真吾 吉田
 
Single-page application
Single-page applicationSingle-page application
Single-page application
Fumio SAGAWA
 
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
貴大 平田
 
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
Masahiro NAKAYAMA
 
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch LogsAWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
Amazon Web Services Japan
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
Yuji Otani
 
CloudWatchの使い方
CloudWatchの使い方CloudWatchの使い方
CloudWatchの使い方
ShinsukeYokota
 

Viewers also liked (15)

AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化するAWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
AWS Step FunctionとLambdaでディープラーニングの訓練を全自動化する
 
サーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれからサーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれから
 
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
AWS Black Belt Online Seminar 2016 AWS上でのサーバーレスアーキテクチャ入門
 
モバイル開発を支えるAWS Mobile Services
モバイル開発を支えるAWS Mobile Servicesモバイル開発を支えるAWS Mobile Services
モバイル開発を支えるAWS Mobile Services
 
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API GatewayAWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon API Gateway
 
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
Securing Serverless Workloads with Cognito and API Gateway Part II - AWS Secu...
 
Serverless Anti-Patterns
Serverless Anti-PatternsServerless Anti-Patterns
Serverless Anti-Patterns
 
Developing better debug_components
Developing better debug_componentsDeveloping better debug_components
Developing better debug_components
 
今なぜサーバーレスなのか
今なぜサーバーレスなのか今なぜサーバーレスなのか
今なぜサーバーレスなのか
 
Single-page application
Single-page applicationSingle-page application
Single-page application
 
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
SEO対策したサイトをAPI Gateway+Lambdaで作った話
 
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
20分でおさらいするサーバレスアーキテクチャ 「サーバレスの薄い本ダイジェスト」 #serverlesstokyo
 
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch LogsAWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
AWS Blackbelt 2015シリーズ Amazon CloudWatch & Amazon CloudWatch Logs
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
 
CloudWatchの使い方
CloudWatchの使い方CloudWatchの使い方
CloudWatchの使い方
 

Similar to 20170210 jawsug横浜(AWSタグ)

【AI:ML#16】Amazon Lexを用いたチャットボットの構築.pdf
【AI:ML#16】Amazon Lexを用いたチャットボットの構築.pdf【AI:ML#16】Amazon Lexを用いたチャットボットの構築.pdf
【AI:ML#16】Amazon Lexを用いたチャットボットの構築.pdf
TakeshiFukae
 
フロントエンドエンジニアに伝えたい 常時SSLとCDNの話
フロントエンドエンジニアに伝えたい 常時SSLとCDNの話フロントエンドエンジニアに伝えたい 常時SSLとCDNの話
フロントエンドエンジニアに伝えたい 常時SSLとCDNの話
Takahisa Iwamoto
 
AWSのセキュリティについて
AWSのセキュリティについてAWSのセキュリティについて
AWSのセキュリティについて
Yasuhiro Horiuchi
 
2.0~2.2~2.4~3.0 zabbixの進化を紐解く zabbix便利機能紹介-
2.0~2.2~2.4~3.0  zabbixの進化を紐解く  zabbix便利機能紹介-2.0~2.2~2.4~3.0  zabbixの進化を紐解く  zabbix便利機能紹介-
2.0~2.2~2.4~3.0 zabbixの進化を紐解く zabbix便利機能紹介-
Daisuke Ikeda
 
IVS CTO Night & Day 2016 Tech Talk - AI
IVS CTO Night & Day 2016 Tech Talk - AIIVS CTO Night & Day 2016 Tech Talk - AI
IVS CTO Night & Day 2016 Tech Talk - AI
Toshiaki Enami
 
Microservices serverless jawsug
Microservices serverless jawsugMicroservices serverless jawsug
Microservices serverless jawsug
ひろき こにし
 
AWSにおけるセキュリティの考え方
AWSにおけるセキュリティの考え方AWSにおけるセキュリティの考え方
AWSにおけるセキュリティの考え方
morisshi
 
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
schoowebcampus
 
2011年12月 アタックス共同セミナー「先行投資を最小化するクラウドの最新事情」
2011年12月 アタックス共同セミナー「先行投資を最小化するクラウドの最新事情」2011年12月 アタックス共同セミナー「先行投資を最小化するクラウドの最新事情」
2011年12月 アタックス共同セミナー「先行投資を最小化するクラウドの最新事情」
Serverworks Co.,Ltd.
 
Rails add ons derails_devcon
Rails add ons derails_devconRails add ons derails_devcon
Rails add ons derails_devcon
Akihiro Matsumura
 
AWSSummitTokyo2017 SRCセッション振り返り
AWSSummitTokyo2017 SRCセッション振り返りAWSSummitTokyo2017 SRCセッション振り返り
AWSSummitTokyo2017 SRCセッション振り返り
Shogo Matsumoto
 
[db tech showcase OSS 2017] A14: IoT時代のデータストア--躍進するNoSQL、拡張するRDB by OSSコンソーシア...
[db tech showcase OSS 2017] A14: IoT時代のデータストア--躍進するNoSQL、拡張するRDB by OSSコンソーシア...[db tech showcase OSS 2017] A14: IoT時代のデータストア--躍進するNoSQL、拡張するRDB by OSSコンソーシア...
[db tech showcase OSS 2017] A14: IoT時代のデータストア--躍進するNoSQL、拡張するRDB by OSSコンソーシア...
Insight Technology, Inc.
 
アマゾンクラウドの真価
アマゾンクラウドの真価アマゾンクラウドの真価
アマゾンクラウドの真価
kaminashi
 
2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」
2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」
2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」
Serverworks Co.,Ltd.
 
AIとAWSで現世から離れる試み-仕事がちょっと大変な時もあったりするから 俺のかわりにAIにシステム作ってもらえるシステム作った話.pptx
AIとAWSで現世から離れる試み-仕事がちょっと大変な時もあったりするから俺のかわりにAIにシステム作ってもらえるシステム作った話.pptxAIとAWSで現世から離れる試み-仕事がちょっと大変な時もあったりするから俺のかわりにAIにシステム作ってもらえるシステム作った話.pptx
AIとAWSで現世から離れる試み-仕事がちょっと大変な時もあったりするから 俺のかわりにAIにシステム作ってもらえるシステム作った話.pptx
Jun Suzuki
 
クラウドとAWSの説明
クラウドとAWSの説明クラウドとAWSの説明
クラウドとAWSの説明
真吾 吉田
 
Webアプリでパスワード保護はどこまでやればいいか
Webアプリでパスワード保護はどこまでやればいいかWebアプリでパスワード保護はどこまでやればいいか
Webアプリでパスワード保護はどこまでやればいいか
Hiroshi Tokumaru
 
Game Architecture Trends in Tokyo Kansai Social Game Study#5
Game Architecture Trends in Tokyo  Kansai Social Game Study#5Game Architecture Trends in Tokyo  Kansai Social Game Study#5
Game Architecture Trends in Tokyo Kansai Social Game Study#5
Yasuhiro Matsuo
 
Cedec2017 Lumberyard GameLift
Cedec2017 Lumberyard GameLiftCedec2017 Lumberyard GameLift
Cedec2017 Lumberyard GameLift
Amazon Web Services Japan
 
2011-04-21 クラウド勉強会
2011-04-21 クラウド勉強会2011-04-21 クラウド勉強会
2011-04-21 クラウド勉強会
Koichiro Doi
 

Similar to 20170210 jawsug横浜(AWSタグ) (20)

【AI:ML#16】Amazon Lexを用いたチャットボットの構築.pdf
【AI:ML#16】Amazon Lexを用いたチャットボットの構築.pdf【AI:ML#16】Amazon Lexを用いたチャットボットの構築.pdf
【AI:ML#16】Amazon Lexを用いたチャットボットの構築.pdf
 
フロントエンドエンジニアに伝えたい 常時SSLとCDNの話
フロントエンドエンジニアに伝えたい 常時SSLとCDNの話フロントエンドエンジニアに伝えたい 常時SSLとCDNの話
フロントエンドエンジニアに伝えたい 常時SSLとCDNの話
 
AWSのセキュリティについて
AWSのセキュリティについてAWSのセキュリティについて
AWSのセキュリティについて
 
2.0~2.2~2.4~3.0 zabbixの進化を紐解く zabbix便利機能紹介-
2.0~2.2~2.4~3.0  zabbixの進化を紐解く  zabbix便利機能紹介-2.0~2.2~2.4~3.0  zabbixの進化を紐解く  zabbix便利機能紹介-
2.0~2.2~2.4~3.0 zabbixの進化を紐解く zabbix便利機能紹介-
 
IVS CTO Night & Day 2016 Tech Talk - AI
IVS CTO Night & Day 2016 Tech Talk - AIIVS CTO Night & Day 2016 Tech Talk - AI
IVS CTO Night & Day 2016 Tech Talk - AI
 
Microservices serverless jawsug
Microservices serverless jawsugMicroservices serverless jawsug
Microservices serverless jawsug
 
AWSにおけるセキュリティの考え方
AWSにおけるセキュリティの考え方AWSにおけるセキュリティの考え方
AWSにおけるセキュリティの考え方
 
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
スタートアップでのAWS(Amazon Web Services)活用事例
 
2011年12月 アタックス共同セミナー「先行投資を最小化するクラウドの最新事情」
2011年12月 アタックス共同セミナー「先行投資を最小化するクラウドの最新事情」2011年12月 アタックス共同セミナー「先行投資を最小化するクラウドの最新事情」
2011年12月 アタックス共同セミナー「先行投資を最小化するクラウドの最新事情」
 
Rails add ons derails_devcon
Rails add ons derails_devconRails add ons derails_devcon
Rails add ons derails_devcon
 
AWSSummitTokyo2017 SRCセッション振り返り
AWSSummitTokyo2017 SRCセッション振り返りAWSSummitTokyo2017 SRCセッション振り返り
AWSSummitTokyo2017 SRCセッション振り返り
 
[db tech showcase OSS 2017] A14: IoT時代のデータストア--躍進するNoSQL、拡張するRDB by OSSコンソーシア...
[db tech showcase OSS 2017] A14: IoT時代のデータストア--躍進するNoSQL、拡張するRDB by OSSコンソーシア...[db tech showcase OSS 2017] A14: IoT時代のデータストア--躍進するNoSQL、拡張するRDB by OSSコンソーシア...
[db tech showcase OSS 2017] A14: IoT時代のデータストア--躍進するNoSQL、拡張するRDB by OSSコンソーシア...
 
アマゾンクラウドの真価
アマゾンクラウドの真価アマゾンクラウドの真価
アマゾンクラウドの真価
 
2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」
2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」
2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」
 
AIとAWSで現世から離れる試み-仕事がちょっと大変な時もあったりするから 俺のかわりにAIにシステム作ってもらえるシステム作った話.pptx
AIとAWSで現世から離れる試み-仕事がちょっと大変な時もあったりするから俺のかわりにAIにシステム作ってもらえるシステム作った話.pptxAIとAWSで現世から離れる試み-仕事がちょっと大変な時もあったりするから俺のかわりにAIにシステム作ってもらえるシステム作った話.pptx
AIとAWSで現世から離れる試み-仕事がちょっと大変な時もあったりするから 俺のかわりにAIにシステム作ってもらえるシステム作った話.pptx
 
クラウドとAWSの説明
クラウドとAWSの説明クラウドとAWSの説明
クラウドとAWSの説明
 
Webアプリでパスワード保護はどこまでやればいいか
Webアプリでパスワード保護はどこまでやればいいかWebアプリでパスワード保護はどこまでやればいいか
Webアプリでパスワード保護はどこまでやればいいか
 
Game Architecture Trends in Tokyo Kansai Social Game Study#5
Game Architecture Trends in Tokyo  Kansai Social Game Study#5Game Architecture Trends in Tokyo  Kansai Social Game Study#5
Game Architecture Trends in Tokyo Kansai Social Game Study#5
 
Cedec2017 Lumberyard GameLift
Cedec2017 Lumberyard GameLiftCedec2017 Lumberyard GameLift
Cedec2017 Lumberyard GameLift
 
2011-04-21 クラウド勉強会
2011-04-21 クラウド勉強会2011-04-21 クラウド勉強会
2011-04-21 クラウド勉強会
 

Recently uploaded

【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 

Recently uploaded (12)

【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 

20170210 jawsug横浜(AWSタグ)