SlideShare a Scribd company logo
1
Docker Networking & Volume & Compose files
Docker Composeで
Mastodonが必要なものを
梱包する話
Engineer / Technology Evangelist, SAKURA Internet, Inc.
@zembutsu 前佛 雅人 ZEMBUTSU Masahito
2017年6月28日(水)
Compose解説編
2
http://docs.docker.jp/
https://github.com/zembutsu/docs.docker.jp/
3
4
5
https://www.patreon.com/mastodon/
https://github.com/tootsuite/documentation/blob/master/Contributing-to-Mastodon/Sponsors.md
今日の内容
Docker 「ネットワーク」と「ボリューム」
「コンテナ」と「サービス」の概念
Mastodon 用 Compose file 詳解
7
8
Mastodon
9
Mastodon
10
docker system prune -af
WARNING! This will remove:
- all stopped containers
- all volumes not used by at least one container
- all networks not used by at least one container
- all dangling imagesAre you sure you want to continue? [y/N] y
※ Docker 1.13(17.03以降)
11
コンテナの「技術」
Dockerの「仕様」
1分でDockerの概要
お さ ら い
12
Docker コンテナは「軽量な仮想マシン」ではない
“仮装化技術”ではなく、”アプリケーション配信”技術
Virtualization Technology Application Delivery Technology
一軒家 マンションなど集合住宅
間取り(玄関・居間・寝室)を建築時に決める必要
建築時に初期コストが必要であり、引っ越しも大変
同居人や予算に応じ、広さや間取りを変えられる
設備(電気や設備)は共有だが、セキュリティあり
仮想化技術 コンテナ
用途が異なるので
一概な比較は乱暴
また
併用可能である
 ハードウェアの仮装化技術、OSも何でも入る  ホスト上のリソースは共有だが、アプリは別々
13
Docker は「仮想化」 (クラウド)でも「物理」でも
“仮装化技術”ではなく、”アプリケーション配信”技術
Virtualization Technology Application Delivery Technology
アプリケーションの”コンテナ化“ 移動しやすいコンテナ・イメージの形式
Docker Engine
Linux Host OS
アプリA専用
ファイル群
アプリB専用
ファイル群
アプリA アプリB
• 互いのプロセスや
リソースが見えない
• リソースを制限できる
技術 仕様
Docker Hub
Docker
イメージ
• アプリケーションが必要な最小限のファイル
• イメージ・レイヤの仕組みを活用した、高速な移動
 自動処理(テスト・デプロイ)・Webhook連携
イメージ層の集積
14
“Docker allows you to package an application
with all of its dependencies into a standardized
unit for software development.”
www.docker.com
14
全ての依存関係をパッケージ化して、コンテナとして動かす
15
サービスを
提供したい
開発
環境
テスト
環境
準備
環境
本番
環境
都度、環境構築課題 異なるOS環境課題
都度、プロビジョニング課題 動かない課題
時間がかかる課題 遅い課題 面倒課題
アプリを
動かしたい
コンテナ
開発 テスト 準備 本番
16
技術と仕様
Technology Specification
コンテナ Docker
17
構築・移動・実行
Build Ship Run
あらゆるアプリケーションを
するためのプラットフォーム
18
詳細はウェブで…
https://www.slideshare.net/zembutsu/docker-container-image-command-introduction-2017-03
19
ネットワーク機能
サービス・ディスカバリ
Docker Networking
20
3つの Docker 標準ネットワークモデル
bridge
(bridge)
host
(host)
none
(null)
ブリッジ(bridge0 …)
veth
eth0
ethX
21
3つの Docker 標準ネットワークモデル
bridge
(bridge)
ブリッジ(bridge0 …)
veth
eth0
ethX
none
(null)
host
(host)
複数のブリッジ(ネットワーク)を定義できる
デフォルトのbridge0ブリッジは、旧仕様の
ネットワークで、挙動が異なる
22
3つの Docker 標準ネットワークモデル
bridge
(bridge)
host
(host)
none
(null)
ブリッジ(bridge0 …)
veth
eth0
ethX
ホスト側のネットワークに直接接続
ブリッジのオーバーヘッドがない一方で、
セキュリティに対する考慮が必要
23
3つの Docker 標準ネットワークモデル
bridge
(bridge)
host
(host)
ブリッジ(bridge0 …)
veth
eth0
ethX
ネットワークを追加しない限り疎通できない
none
(null)
24
3つの Docker 標準ネットワークモデル
bridge
(bridge)
host
(host)
none
(null)
ブリッジ(bridge0 …)
veth
eth0
ethX
NAT
(iptables)
+
docker-proxy
ホストと
ネットワーク
共通
疎通しない
コンテナはパブリックなIPアドレスを持ない
ホスト側のポート番号を重複して、コンテナ
のポート利用(マッピング)はできない
動的なネットワークの追加・変更・削除
25
コンテナは複数のネットワーク(ブリッジ)に接続できる
ブリッジ1(bridge)
veth
eth0
ethX
各ネットワーク内部では、動的なコンテナ名
(サービス)の名前解決機能(サービス・ディス
カバリ)を標準提供
eth0 eth1 eth0
ブリッジ2(bridge)
veth192.168.0.1
172.18.0.2 172.18.0.3 172.19.0.2 172.19.0.3
172.19.0.1
172.19.0.0/16172.19.0.0/16
サービス・ディスカバリ連携の負荷分散
26
ボリューム機能と特長
Docker Volume
27
ボリュームには3分類
ホストをマウント 名前付き
ホスト上のディレクトリ
/docker/data
/data
名前無し
volume
ボリュームの実体は、ホスト側のディレクトリ
/var/lib/docker/volumes
ボリュームはコンテナ間でデータを共有できる
volume
/data /data /etc
28
Compose とは?
基本概念と役割
Docker Compose
29
Introducing Moby Project: a new open-source project to advance the software containerization movement - Docker Blog
https://blog.docker.com/2017/04/introducing-the-moby-project/
A new upstream project to break up Docker into independent components by shykes · Pull Request #32691 · moby/moby
https://github.com/moby/moby/pull/32691
Docker と周辺ツールやプロジェクトとの関係性まとめ
references
2013
Docker
LXC
+
2014
libcontainer
ver0.9
デーモン
Linux向けコンテナ用
ライブラリ(当時開発中)
独自にライブラリを実装
2015
Docker Engine
デーモンの呼称を変更
補助ツール群の登場
Docker Swarm
Docker Compose
Docker Machine
2016 2017
runC
v1.11
OCI基準のランタイムの1つ
“docker”バイナリから
dockerd デーモンに代わり
Linux capabilityの管理
Engine (dockerd)
containerD
OCI準拠のランタイムを
動かすスーパーバイザ
v1.11
Docker独自規格
業界規格・共通技術
CNCF (Cloud Native
Computing Foundation)
の規格の1つに採用
v1.12
infrakit
v1.12
SwarmKit
platform agnostic
インフラの差違を埋めるためのツール
カーネルとユーザスペースを提供
イミュータブルなインフラのため
派生
swarm
モード
派生
hyperkit
vpnkit
datakit
コンテナシステムの組立に
特化したフレームワークを
開発するプロジェクト
https://github.com/mobyhttps://github.com/docker
30
“Compose is a tool for defining and running
multi-container Docker applications.”
複数コンテナのDockerアプリケーションを
定義し、実行するツールがCompose
31
“Compose is a tool for defining and running
multi-container Docker applications.”
複数コンテナのDockerアプリケーションを
定義し、実行するツールがCompose
docker-compose.yml
YAMLファイル
docker-compose
CLI
32
Why?
33
Docker Engine
エ ン ジ ン
$ docker run …
$ docker run …
$ docker run …
$ docker run …
34
Docker Swarm
ス ウ ォ ー ム
$ docker run …
$ docker run …
$ docker run …
$ docker run …
35
• 複数のコンテナを一斉に
操作できない
• 複数台のサーバ上で一斉に
操作できない
管理が
面倒
“Docker allows you to package an application
with all of its dependencies into a standardized
unit for software development.”
www.docker.com
36
全ての依存関係をパッケージ化して、コンテナとして動かす
37
“Fast, isolated development environments
using Docker”
www.fig.sh
38
“Fast, isolated development environments
using Docker”
www.fig.sh
39
Docker Compose
コ ン ポ ー ズ
“Compose is a tool for
defining and running
multi-container Docker
applications.”
40
41
Mastodon
42
Mastodon
43
コンテナ単位
Engine
(プロジェクト内の)
サービス単位
Compose
44
開発、テスト、ステージング
CI ワークフローに適している
• 単一ホスト上でも環境を分けたい場合に
• コンテナが作成したボリューム(データ領域)を
残したり、共有できる
• Compose ファイルを再利用できる
45
Docker Engine とデーモンの変遷
Docker Engine
Linux Kernel
・namespaces
・cgroups
LXC libcontainer runC
containerd
v0.9~
v1.11~
Version 7 Unix
chroot
jail
dockerd
v1.12~
デーモン
ライブラリ
ランタイム
docker daemon
Docker: the container engine
v1.11~
46
https://www.opencontainers.org https://www.cncf.io
コンテナ化 動的なオーケストレーション
マイクロサービス指向のアプリケーション
オープンソース・ソフトウェアの集積(stack)
オープンな業界標準のコンテナ規格と
ランタイムを策定するのが目的
“An open governance structure for the express
purpose of creating open industry standards
around container formats and runtime”
ソフトウェアのビジネスを行う企業ではなく、
ソフトウェア企業が本当に必要なもの
“Companies are realizing that they need to be a
software company, even if they are not in the
software business”
どちらも2015年6月に設立
47
https://www.opencontainers.org https://www.cncf.io
• コンテナの実行と監視(管理)
• イメージ配布
• ネットワークインタフェースと管理
• ローカル・ストレージ
• ネイティブに組み込まれたAPI
• OCI に準拠したコンテナを作成・実行
• “runc” コマンドライン・ツール
48
dockerd
Docker Engine
Dockerfile
コンテナの元となるイメージを定義
docker-compose.yml
クラスタ(swarm)上でサービス群の状態を定義
49
“Compose is a tool for defining and running
multi-container Docker applications.”
複数コンテナのDockerアプリケーションを
定義し、実行するツールがCompose
docker-compose.yml
YAMLファイル
docker-compose
CLI
50
複数のホスト・システム上を横
断するアプリケーションをス
ケール(拡大・縮小)できる機能
※コンテナに依存しない
• Marathon, chronos
• Docker swarm
• Deis
• fleet
• Apache Mesos
• DCOS (Mesosphere)
• Kubernetes
• Docker Engine
(swarm mode)
+ Docker Compose
• Rancher
• Nomad
設定ファイルをベースに
サービスを定義・維持
計算資源の抽象化
5151
Compose file 解説
ヒャッハー
Mastodonを動かそう
52
https://bit.ly/sakura170628
53
54
55
version: ‘3'
services:
db:
restart: always
image: postgres:alpine
volumes:
- ./postgres:/var/lib/postgresql/data
redis:
restart: always
image: redis:alpine
volumes:
- ./redis:/data
web:
restart: always
build: .
env_file: .env.production
command: bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'
ports:
- "3000:3000"
depends_on:
- db
- redis
volumes:
- ./public/assets:/mastodon/public/assets
- ./public/system:/mastodon/public/system
streaming:
restart: always
build: .
env_file: .env.production
command: npm run start
ports:
- "4000:4000"
depends_on:
- db
- redis
sidekiq:
restart: always
build: .
env_file: .env.production
command: bundle exec sidekiq -q default -q mailers -q pull -q push
depends_on:
- db
- redis
volumes:
- ./public/system:/mastodon/public/system
mastodon docker-compose.yml
FROM ruby:2.4.1-alpine
LABEL maintainer="https://github.com/tootsuite/mastodon" ¥
description="A GNU Social-compatible microblogging server"
ENV RAILS_ENV=production ¥
NODE_ENV=production
EXPOSE 3000 4000
WORKDIR /mastodon
COPY Gemfile Gemfile.lock package.json yarn.lock /mastodon/
RUN BUILD_DEPS=" ¥
postgresql-dev ¥
libxml2-dev ¥
libxslt-dev ¥
build-base" ¥
&& apk -U upgrade && apk add ¥
$BUILD_DEPS ¥
nodejs ¥
libpq ¥
libxml2 ¥
libxslt ¥
ffmpeg ¥
file ¥
imagemagick ¥
&& npm install -g npm@3 && npm install -g yarn ¥
&& bundle install --deployment --without test development ¥
&& yarn ¥
&& yarn cache clean ¥
&& npm -g cache clean ¥
&& apk del $BUILD_DEPS ¥
&& rm -rf /tmp/* /var/cache/apk/*
COPY . /mastodon
VOLUME /mastodon/public/system /mastodon/public/assets
Dockerfile
依存関係
.env.production
# Service dependencies
REDIS_HOST=redis
REDIS_PORT=6379
DB_HOST=db
(省略)
依存関係
依存関係
57
redis
:alpine
postgres
:alpine
サービス サービス
イメージ イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
https://github.com/tootsuite/mastodon
mastodon_postgresmastodon_redis assets packs system
volumevolume volume volume volume
3000
3000
ホスト側ネットワーク
eth0等
4000
4000
58
version: "3"
services:
db:
restart: always
image: postgres:alpine
networks:
mastodon:
volumes:
- mastodon_postgres:/var/lib/postgresql/data
redis:
restart: always
image: redis:alpine
networks:
mastodon:
volumes:
- mastodon_redis:/data
frontend:
build:
context: ./frontend
dockerfile: Dockerfile.nginx
image: mastodon_frontend:alpine
ports:
- "80:80"
- "443:443"
depends_on:
- web
- streaming
networks:
mastodon:
volumes:
- /etc/localtime:/etc/localtime:ro
- certbot:/etc/letsencrypt
sidekiq:
restart: always
build: .
image: gargron/mastodon
env_file: .env.production
command: bundle exec sidekiq -q default -q mailers -q pull -q push
depends_on:
- db
- redis
networks:
mastodon:
volumes:
- system:/mastodon/public/system
mta:
restart: always
image: namshi/smtp
env_file: .env.smtp
networks:
mastodon:
volumes:
- /etc/localtime:/etc/localtime:ro
networks:
mastodon:
external: true
volumes:
certbot:
external: true
mastodon_postgres:
mastodon_redis:
assets:
packs:
system:
web:
restart: always
build: .
image: gargron/mastodon
env_file: .env.production
command: bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'
#ports:
# - "3000:3000"
depends_on:
- db
- redis
networks:
mastodon:
aliases:
- mastodon_web
volumes:
- assets:/mastodon/public/assets
- packs:/mastodon/public/packs
- system:/mastodon/public/system
streaming:
restart: always
build: .
image: gargron/mastodon
env_file: .env.production
command: npm run start
ports:
- "4000:4000"
networks:
mastodon:
aliases:
- mastodon_streaming
depends_on:
- db
- redis
docker-compose.yml (https://github.com/zembutsu/mastodon-docker ver.)
59
version: "3"
services:
db:
restart: always
image: postgres:alpine
networks:
mastodon:
volumes:
- mastodon_postgres:/var/lib/postgresql/data
redis:
restart: always
image: redis:alpine
networks:
mastodon:
volumes:
- mastodon_redis:/data
frontend:
build:
context: ./frontend
dockerfile: Dockerfile.nginx
image: mastodon_frontend:alpine
ports:
- "80:80"
- "443:443"
depends_on:
- web
- streaming
networks:
mastodon:
volumes:
- /etc/localtime:/etc/localtime:ro
- certbot:/etc/letsencrypt
sidekiq:
restart: always
build: .
image: gargron/mastodon
env_file: .env.production
command: bundle exec sidekiq -q default -q mailers -q pull -q push
depends_on:
- db
- redis
networks:
mastodon:
volumes:
- system:/mastodon/public/system
mta:
restart: always
image: namshi/smtp
env_file: .env.smtp
networks:
mastodon:
volumes:
- /etc/localtime:/etc/localtime:ro
networks:
mastodon:
external: true
volumes:
certbot:
external: true
mastodon_postgres:
mastodon_redis:
assets:
packs:
system:
web:
restart: always
build: .
image: gargron/mastodon
env_file: .env.production
command: bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'
#ports:
# - "3000:3000"
depends_on:
- db
- redis
networks:
mastodon:
aliases:
- mastodon_web
volumes:
- assets:/mastodon/public/assets
- packs:/mastodon/public/packs
- system:/mastodon/public/system
streaming:
restart: always
build: .
image: gargron/mastodon
env_file: .env.production
command: npm run start
ports:
- "4000:4000"
networks:
mastodon:
aliases:
- mastodon_streaming
depends_on:
- db
- redis
docker-compose.yml (https://github.com/zembutsu/mastodon-docker ver.)
60
version: "3"
services:
db:
restart: always
image: postgres:alpine
networks:
mastodon:
volumes:
- mastodon_postgres:/var/lib/postgresql/data
redis:
restart: always
image: redis:alpine
networks:
mastodon:
volumes:
- mastodon_redis:/data
frontend:
build:
context: ./frontend
dockerfile: Dockerfile.nginx
image: mastodon_frontend:alpine
ports:
- "80:80"
- "443:443"
depends_on:
- web
- streaming
networks:
mastodon:
volumes:
- /etc/localtime:/etc/localtime:ro
- certbot:/etc/letsencrypt
sidekiq:
restart: always
build: .
image: gargron/mastodon
env_file: .env.production
command: bundle exec sidekiq -q default -q mailers -q pull -q push
depends_on:
- db
- redis
networks:
mastodon:
volumes:
- system:/mastodon/public/system
mta:
restart: always
image: namshi/smtp
env_file: .env.smtp
networks:
mastodon:
volumes:
- /etc/localtime:/etc/localtime:ro
networks:
mastodon:
external: true
volumes:
certbot:
external: true
mastodon_postgres:
mastodon_redis:
assets:
packs:
system:
web:
restart: always
build: .
image: gargron/mastodon
env_file: .env.production
command: bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'
#ports:
# - "3000:3000"
depends_on:
- db
- redis
networks:
mastodon:
aliases:
- mastodon_web
volumes:
- assets:/mastodon/public/assets
- packs:/mastodon/public/packs
- system:/mastodon/public/system
streaming:
restart: always
build: .
image: gargron/mastodon
env_file: .env.production
command: npm run start
ports:
- "4000:4000"
networks:
mastodon:
aliases:
- mastodon_streaming
depends_on:
- db
- redis
docker-compose.yml (https://github.com/zembutsu/mastodon-docker ver.)
61
networks:
mastodon:
external: true
volumes:
certbot:
external: true
mastodon_postgres:
mastodon_redis:
assets:
packs:
system:
62
networks:
mastodon:
external: true
volumes:
certbot:
external: true
mastodon_postgres:
mastodon_redis:
assets:
packs:
system:
docker network create mastodon
docker run -itd -P nginx --net=mastodon
docker volume create certbot
docker run -itd -P nginx –v certbot:/etc/
“external: true” 指定があれば、
• ホスト上の他のサービスやコンテナと
共有できる
• docker-compose down の影響を
受けない(外部リソース扱い)
63
redis
:alpine
postgres
:alpine
サービス サービス
イメージ イメージ
nginx
:alpine
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
namshi/smtp
:latest
サービス
イメージ
https://github.com/tootsuite/mastodon
ネットワーク
192.168.0.0/16 mastdon (external)
ホスト側ネットワーク
eth0等
mastodon_postgresmastodon_redis certbot
(external)
assets packs system
volumevolume volume volume volume volume
80 443
80 443
64
redis
:alpine
postgres
:alpine
サービス サービス
イメージ イメージ
nginx
:alpine
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
namshi/smtp
:latest
サービス
イメージ
https://github.com/tootsuite/mastodon
ネットワーク
192.168.0.0/16 mastdon (external)
ホスト側ネットワーク
eth0等
mastodon_postgresmastodon_redis certbot
(external)
assets packs system
volumevolume volume volume volume volume
80 443
80 443
services:
volumes:
networks:
65
redis
:alpine
postgres
:alpine
サービス サービス
イメージ イメージ
nginx
:alpine
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
gargron/mastodon
:v1.4.6
サービス
イメージ
namshi/smtp
:latest
サービス
イメージ
https://github.com/tootsuite/mastodon
ネットワーク
192.168.0.0/16 mastdon (external)
ホスト側ネットワーク
eth0等
mastodon_postgresmastodon_redis certbot
(external)
assets packs system
volumevolume volume volume volume volume
80 443
80 443
services:
volumes:
networks:
66
docker-compose build
docker-compose pull
docker-compose up -d
docker-compose logs -f
docker-compose stop
docker-compose rm -v /down
67
docker stack
68
docker stack deploy -c docker-compose.yml [NAME]
docker service は「サービス」単位
docker stack は「アプリケーション全体」かつ
swarm mode で Docker Compose 互換機能を提供
ポイント
69
docker stack deploy -c docker-compose.yml [NAME]
70
$ docker stack deploy -c docker-compose.yml web
Creating service web_web
$ docker stack ps web
ID NAME IMAGE NODE DESIRED STATE CURRENT STATE
ERROR PORTS
uhm1xxq1u70w web_web.1 zembutsu/docker-sample-nginx:latest frontend-01 Running Running 45
seconds ago
ccmokdadpjqx web_web.2 zembutsu/docker-sample-nginx:latest frontend-02 Running Running 28
seconds ago
cflckriidpt0 web_web.3 zembutsu/docker-sample-nginx:latest frontend-03 Running Running 33
seconds ago
$ docker stack services web
ID NAME MODE REPLICAS IMAGE PORTS
yunncblhngu6 web_web replicated 3/3 zembutsu/docker-sample-nginx:latest *:80->80/tcp
= docker service ps web
= docker service ls
71
version: '3'
services:
web:
image: zembutsu/docker-sample-nginx
deploy:
replicas: 3
resources:
limits:
cpus: "0.1"
restart_policy:
condition: on-failure
ports:
- "80:80"
networks:
internal:
aliases:
- web
volumes:
- /etc/localtime:/etc/localtime:ro
networks:
internal:
スケールできる
(replicas指定)
ホストを分散できる
(constraints)
※ただし、データをどのように同期す
るかという問題はあるが、Docker
Engine 本体側では関わらない領域
72
https://alpinelinux.org/
73
https://alpinelinux.org/
超小容量Linuxディストリビューション
Alpine Linux
$ docker images ls
REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE
alpine latest a41a7446062d 11 days ago 3.96MB
74
7575
サービスを梱包する話
Docker 「ネットワーク」と「ボリューム」
「コンテナ」と「サービス」の概念
Mastodon 用 Compose file 詳解
Compose
77
3つの Docker 標準ネットワークモデル
bridge
(bridge)
host
(host)
none
(null)
ブリッジ(bridge0 …)
veth
eth0
ethX
NAT
(iptables)
+
docker-proxy
ホストと
ネットワーク
共通
疎通しない
コンテナはパブリックなIPアドレスを持ない
ホスト側のポート番号を重複して、コンテナ
のポート利用(マッピング)はできない
動的なネットワークの追加・変更・削除
78
アプリケーションを簡単に試すのに
いいぞ
私からは以上です
ありがとうございました
何か気になる所がありますか?
ご参考:Docker 日本語ドキュメント
http://docs.docker.jp/
http://slideshare.net/zembutsu
twitter: @zembutsu

More Related Content

What's hot

Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行
Akihiro Suda
 
BuildKitによる高速でセキュアなイメージビルド
BuildKitによる高速でセキュアなイメージビルドBuildKitによる高速でセキュアなイメージビルド
BuildKitによる高速でセキュアなイメージビルド
Akihiro Suda
 
Docker Compose 徹底解説
Docker Compose 徹底解説Docker Compose 徹底解説
Docker Compose 徹底解説
Masahito Zembutsu
 
WiredTigerを詳しく説明
WiredTigerを詳しく説明WiredTigerを詳しく説明
WiredTigerを詳しく説明
Tetsutaro Watanabe
 
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
Masahito Zembutsu
 
MongoDBの監視
MongoDBの監視MongoDBの監視
MongoDBの監視
Tetsutaro Watanabe
 
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
NTT DATA Technology & Innovation
 
Glibc malloc internal
Glibc malloc internalGlibc malloc internal
Glibc malloc internal
Motohiro KOSAKI
 
Mercari JPのモノリスサービスをKubernetesに移行した話 PHP Conference 2022 9/24
Mercari JPのモノリスサービスをKubernetesに移行した話 PHP Conference 2022 9/24Mercari JPのモノリスサービスをKubernetesに移行した話 PHP Conference 2022 9/24
Mercari JPのモノリスサービスをKubernetesに移行した話 PHP Conference 2022 9/24
Shin Ohno
 
わかる!metadata.managedFields / Kubernetes Meetup Tokyo 48
わかる!metadata.managedFields / Kubernetes Meetup Tokyo 48わかる!metadata.managedFields / Kubernetes Meetup Tokyo 48
わかる!metadata.managedFields / Kubernetes Meetup Tokyo 48
Preferred Networks
 
Ingressの概要とLoadBalancerとの比較
Ingressの概要とLoadBalancerとの比較Ingressの概要とLoadBalancerとの比較
Ingressの概要とLoadBalancerとの比較
Mei Nakamura
 
こわくない Git
こわくない Gitこわくない Git
こわくない Git
Kota Saito
 
Dockerfile を書くためのベストプラクティス解説編
Dockerfile を書くためのベストプラクティス解説編Dockerfile を書くためのベストプラクティス解説編
Dockerfile を書くためのベストプラクティス解説編
Masahito Zembutsu
 
Scapyで作る・解析するパケット
Scapyで作る・解析するパケットScapyで作る・解析するパケット
Scapyで作る・解析するパケット
Takaaki Hoyo
 
Hyper v ネットワークの基本
Hyper v ネットワークの基本Hyper v ネットワークの基本
Hyper v ネットワークの基本
Syuichi Murashima
 
Where狙いのキー、order by狙いのキー
Where狙いのキー、order by狙いのキーWhere狙いのキー、order by狙いのキー
Where狙いのキー、order by狙いのキー
yoku0825
 
Zabbix最新情報 ~Zabbix 6.0に向けて~ @OSC2021 Online/Fall
Zabbix最新情報 ~Zabbix 6.0に向けて~ @OSC2021 Online/FallZabbix最新情報 ~Zabbix 6.0に向けて~ @OSC2021 Online/Fall
Zabbix最新情報 ~Zabbix 6.0に向けて~ @OSC2021 Online/Fall
Atsushi Tanaka
 
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
NTT Communications Technology Development
 
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応までDocker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Masahito Zembutsu
 
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
Kohei Tokunaga
 

What's hot (20)

Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行
 
BuildKitによる高速でセキュアなイメージビルド
BuildKitによる高速でセキュアなイメージビルドBuildKitによる高速でセキュアなイメージビルド
BuildKitによる高速でセキュアなイメージビルド
 
Docker Compose 徹底解説
Docker Compose 徹底解説Docker Compose 徹底解説
Docker Compose 徹底解説
 
WiredTigerを詳しく説明
WiredTigerを詳しく説明WiredTigerを詳しく説明
WiredTigerを詳しく説明
 
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
忙しい人の5分で分かるDocker 2017年春Ver
 
MongoDBの監視
MongoDBの監視MongoDBの監視
MongoDBの監視
 
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
 
Glibc malloc internal
Glibc malloc internalGlibc malloc internal
Glibc malloc internal
 
Mercari JPのモノリスサービスをKubernetesに移行した話 PHP Conference 2022 9/24
Mercari JPのモノリスサービスをKubernetesに移行した話 PHP Conference 2022 9/24Mercari JPのモノリスサービスをKubernetesに移行した話 PHP Conference 2022 9/24
Mercari JPのモノリスサービスをKubernetesに移行した話 PHP Conference 2022 9/24
 
わかる!metadata.managedFields / Kubernetes Meetup Tokyo 48
わかる!metadata.managedFields / Kubernetes Meetup Tokyo 48わかる!metadata.managedFields / Kubernetes Meetup Tokyo 48
わかる!metadata.managedFields / Kubernetes Meetup Tokyo 48
 
Ingressの概要とLoadBalancerとの比較
Ingressの概要とLoadBalancerとの比較Ingressの概要とLoadBalancerとの比較
Ingressの概要とLoadBalancerとの比較
 
こわくない Git
こわくない Gitこわくない Git
こわくない Git
 
Dockerfile を書くためのベストプラクティス解説編
Dockerfile を書くためのベストプラクティス解説編Dockerfile を書くためのベストプラクティス解説編
Dockerfile を書くためのベストプラクティス解説編
 
Scapyで作る・解析するパケット
Scapyで作る・解析するパケットScapyで作る・解析するパケット
Scapyで作る・解析するパケット
 
Hyper v ネットワークの基本
Hyper v ネットワークの基本Hyper v ネットワークの基本
Hyper v ネットワークの基本
 
Where狙いのキー、order by狙いのキー
Where狙いのキー、order by狙いのキーWhere狙いのキー、order by狙いのキー
Where狙いのキー、order by狙いのキー
 
Zabbix最新情報 ~Zabbix 6.0に向けて~ @OSC2021 Online/Fall
Zabbix最新情報 ~Zabbix 6.0に向けて~ @OSC2021 Online/FallZabbix最新情報 ~Zabbix 6.0に向けて~ @OSC2021 Online/Fall
Zabbix最新情報 ~Zabbix 6.0に向けて~ @OSC2021 Online/Fall
 
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
macOSの仮想化技術について ~Virtualization-rs Rust bindings for virtualization.framework ~
 
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応までDocker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
 
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
今話題のいろいろなコンテナランタイムを比較してみた
 

Viewers also liked

Docker 17.06 Updates 最近何が変わったの?
Docker 17.06 Updates 最近何が変わったの?Docker 17.06 Updates 最近何が変わったの?
Docker 17.06 Updates 最近何が変わったの?
Masahito Zembutsu
 
TectonicはKubernetesの構築・管理基盤である -概要の章-/-構築の章-
TectonicはKubernetesの構築・管理基盤である -概要の章-/-構築の章-TectonicはKubernetesの構築・管理基盤である -概要の章-/-構築の章-
TectonicはKubernetesの構築・管理基盤である -概要の章-/-構築の章-
Masahito Zembutsu
 
プログラミング教育の基礎知識
プログラミング教育の基礎知識プログラミング教育の基礎知識
プログラミング教育の基礎知識
Masahito Zembutsu
 
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Masahito Zembutsu
 
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Masahito Zembutsu
 
コンテナで作れるFaaS
コンテナで作れるFaaSコンテナで作れるFaaS
コンテナで作れるFaaS
真吾 吉田
 
Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
 Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編 Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Masahito Zembutsu
 
Laravelのeloquent だけ入れた話
Laravelのeloquent だけ入れた話Laravelのeloquent だけ入れた話
Laravelのeloquent だけ入れた話
Masataka Kono
 
NetBeans、FuelPHP と過ごしたこの 2 ヶ月
NetBeans、FuelPHP と過ごしたこの 2 ヶ月NetBeans、FuelPHP と過ごしたこの 2 ヶ月
NetBeans、FuelPHP と過ごしたこの 2 ヶ月
suno88
 
先取り!PHP 7 と WordPress
先取り!PHP 7 と WordPress先取り!PHP 7 と WordPress
先取り!PHP 7 と WordPress
Masashi Shinbara
 
PSR-1 と PSR-2 を 5分でざっくり理解する
PSR-1 と PSR-2 を5分でざっくり理解するPSR-1 と PSR-2 を5分でざっくり理解する
PSR-1 と PSR-2 を 5分でざっくり理解する
Wataru Terada
 
【ハンズオン】初めてのUnityで作る「3D野球盤」_"8a1"20150204発表資料
【ハンズオン】初めてのUnityで作る「3D野球盤」_"8a1"20150204発表資料【ハンズオン】初めてのUnityで作る「3D野球盤」_"8a1"20150204発表資料
【ハンズオン】初めてのUnityで作る「3D野球盤」_"8a1"20150204発表資料
8a1
 
第7回こども病院移転計画調査委員会資料
第7回こども病院移転計画調査委員会資料第7回こども病院移転計画調査委員会資料
第7回こども病院移転計画調査委員会資料
f_kodomo
 
新標準PSRに学ぶきれいなPHP
新標準PSRに学ぶきれいなPHP新標準PSRに学ぶきれいなPHP
新標準PSRに学ぶきれいなPHP
Yusuke Ando
 
traitを使って楽したい話
traitを使って楽したい話traitを使って楽したい話
traitを使って楽したい話
infinite_loop
 
Play jjug2012spring
Play jjug2012springPlay jjug2012spring
Play jjug2012spring
Takafumi Ikeda
 
東京から沖縄に移住したからこそわかるクラウドとコミュニティの有り難み 〜人はもっと自由になれる〜
東京から沖縄に移住したからこそわかるクラウドとコミュニティの有り難み 〜人はもっと自由になれる〜東京から沖縄に移住したからこそわかるクラウドとコミュニティの有り難み 〜人はもっと自由になれる〜
東京から沖縄に移住したからこそわかるクラウドとコミュニティの有り難み 〜人はもっと自由になれる〜
龍治 常盤木
 
Twilio を使えば簡単にできる アプリケーションと電話/SMS連携
Twilio を使えば簡単にできる アプリケーションと電話/SMS連携Twilio を使えば簡単にできる アプリケーションと電話/SMS連携
Twilio を使えば簡単にできる アプリケーションと電話/SMS連携
Masashi Shinbara
 
Composer による依存管理 と Packagist によるライブラリの公開
Composer による依存管理 と Packagist によるライブラリの公開Composer による依存管理 と Packagist によるライブラリの公開
Composer による依存管理 と Packagist によるライブラリの公開
Shogo Kawahara
 
はじめて作ったアプリが10,000ダウンロード達成したから自慢する
はじめて作ったアプリが10,000ダウンロード達成したから自慢するはじめて作ったアプリが10,000ダウンロード達成したから自慢する
はじめて作ったアプリが10,000ダウンロード達成したから自慢する
Natsumi Oki
 

Viewers also liked (20)

Docker 17.06 Updates 最近何が変わったの?
Docker 17.06 Updates 最近何が変わったの?Docker 17.06 Updates 最近何が変わったの?
Docker 17.06 Updates 最近何が変わったの?
 
TectonicはKubernetesの構築・管理基盤である -概要の章-/-構築の章-
TectonicはKubernetesの構築・管理基盤である -概要の章-/-構築の章-TectonicはKubernetesの構築・管理基盤である -概要の章-/-構築の章-
TectonicはKubernetesの構築・管理基盤である -概要の章-/-構築の章-
 
プログラミング教育の基礎知識
プログラミング教育の基礎知識プログラミング教育の基礎知識
プログラミング教育の基礎知識
 
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
 
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
 
コンテナで作れるFaaS
コンテナで作れるFaaSコンテナで作れるFaaS
コンテナで作れるFaaS
 
Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
 Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編 Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
 
Laravelのeloquent だけ入れた話
Laravelのeloquent だけ入れた話Laravelのeloquent だけ入れた話
Laravelのeloquent だけ入れた話
 
NetBeans、FuelPHP と過ごしたこの 2 ヶ月
NetBeans、FuelPHP と過ごしたこの 2 ヶ月NetBeans、FuelPHP と過ごしたこの 2 ヶ月
NetBeans、FuelPHP と過ごしたこの 2 ヶ月
 
先取り!PHP 7 と WordPress
先取り!PHP 7 と WordPress先取り!PHP 7 と WordPress
先取り!PHP 7 と WordPress
 
PSR-1 と PSR-2 を 5分でざっくり理解する
PSR-1 と PSR-2 を5分でざっくり理解するPSR-1 と PSR-2 を5分でざっくり理解する
PSR-1 と PSR-2 を 5分でざっくり理解する
 
【ハンズオン】初めてのUnityで作る「3D野球盤」_"8a1"20150204発表資料
【ハンズオン】初めてのUnityで作る「3D野球盤」_"8a1"20150204発表資料【ハンズオン】初めてのUnityで作る「3D野球盤」_"8a1"20150204発表資料
【ハンズオン】初めてのUnityで作る「3D野球盤」_"8a1"20150204発表資料
 
第7回こども病院移転計画調査委員会資料
第7回こども病院移転計画調査委員会資料第7回こども病院移転計画調査委員会資料
第7回こども病院移転計画調査委員会資料
 
新標準PSRに学ぶきれいなPHP
新標準PSRに学ぶきれいなPHP新標準PSRに学ぶきれいなPHP
新標準PSRに学ぶきれいなPHP
 
traitを使って楽したい話
traitを使って楽したい話traitを使って楽したい話
traitを使って楽したい話
 
Play jjug2012spring
Play jjug2012springPlay jjug2012spring
Play jjug2012spring
 
東京から沖縄に移住したからこそわかるクラウドとコミュニティの有り難み 〜人はもっと自由になれる〜
東京から沖縄に移住したからこそわかるクラウドとコミュニティの有り難み 〜人はもっと自由になれる〜東京から沖縄に移住したからこそわかるクラウドとコミュニティの有り難み 〜人はもっと自由になれる〜
東京から沖縄に移住したからこそわかるクラウドとコミュニティの有り難み 〜人はもっと自由になれる〜
 
Twilio を使えば簡単にできる アプリケーションと電話/SMS連携
Twilio を使えば簡単にできる アプリケーションと電話/SMS連携Twilio を使えば簡単にできる アプリケーションと電話/SMS連携
Twilio を使えば簡単にできる アプリケーションと電話/SMS連携
 
Composer による依存管理 と Packagist によるライブラリの公開
Composer による依存管理 と Packagist によるライブラリの公開Composer による依存管理 と Packagist によるライブラリの公開
Composer による依存管理 と Packagist によるライブラリの公開
 
はじめて作ったアプリが10,000ダウンロード達成したから自慢する
はじめて作ったアプリが10,000ダウンロード達成したから自慢するはじめて作ったアプリが10,000ダウンロード達成したから自慢する
はじめて作ったアプリが10,000ダウンロード達成したから自慢する
 

Similar to Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話

Docker Swarm モード にゅうもん
Docker Swarm モード にゅうもんDocker Swarm モード にゅうもん
Docker Swarm モード にゅうもん
Masahito Zembutsu
 
2019年度 CaaS ワークショップ @ NTTコム
2019年度 CaaS ワークショップ @ NTTコム2019年度 CaaS ワークショップ @ NTTコム
2019年度 CaaS ワークショップ @ NTTコム
TomoyaTakegoshi
 
Docker講習会資料
Docker講習会資料Docker講習会資料
Docker講習会資料
teruyaono1
 
Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編
Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編
Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編
Naoki Nagazumi
 
Docker技術情報アップデート 2015年7月号
Docker技術情報アップデート 2015年7月号Docker技術情報アップデート 2015年7月号
Docker技術情報アップデート 2015年7月号
Masahito Zembutsu
 
Dockerを支える技術
Dockerを支える技術Dockerを支える技術
Dockerを支える技術
Etsuji Nakai
 
ラズパイ2で動く Docker PaaS
ラズパイ2で動く Docker PaaSラズパイ2で動く Docker PaaS
ラズパイ2で動く Docker PaaS
npsg
 
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Masahito Zembutsu
 
Wasm blazor and wasi 2
Wasm blazor and wasi 2Wasm blazor and wasi 2
Wasm blazor and wasi 2
Takao Tetsuro
 
DockerとDocker Hubの操作と概念
DockerとDocker Hubの操作と概念DockerとDocker Hubの操作と概念
DockerとDocker Hubの操作と概念
Masahito Zembutsu
 
Dockerハンズオン
DockerハンズオンDockerハンズオン
Dockerハンズオン
Kazuyuki Mori
 
Docker実践入門
Docker実践入門Docker実践入門
Docker実践入門
hiro nemu
 
Dockerの仕組みとIIJ社内での利用例
Dockerの仕組みとIIJ社内での利用例Dockerの仕組みとIIJ社内での利用例
Dockerの仕組みとIIJ社内での利用例
maebashi
 
Docker Swarm入門
Docker Swarm入門Docker Swarm入門
Docker Swarm入門
Masahito Zembutsu
 
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまでDockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Ryo Nakamaru
 
Docker handson
Docker handsonDocker handson
Docker handson
koda3
 
Dockerは2016年の秋現在どのような状況なのか~忙しい人の5分で分かるDocker~
Dockerは2016年の秋現在どのような状況なのか~忙しい人の5分で分かるDocker~Dockerは2016年の秋現在どのような状況なのか~忙しい人の5分で分かるDocker~
Dockerは2016年の秋現在どのような状況なのか~忙しい人の5分で分かるDocker~
Masahito Zembutsu
 
Docker & Kubernetes基礎
Docker & Kubernetes基礎Docker & Kubernetes基礎
Docker & Kubernetes基礎
Daisuke Hiraoka
 
コンテナの基本 ~Docker実践~
コンテナの基本 ~Docker実践~コンテナの基本 ~Docker実践~
コンテナの基本 ~Docker実践~
Ryosuke Uchiyama
 
Lagopus + DockerのDPDK接続
Lagopus + DockerのDPDK接続Lagopus + DockerのDPDK接続
Lagopus + DockerのDPDK接続
Tomoya Hibi
 

Similar to Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話 (20)

Docker Swarm モード にゅうもん
Docker Swarm モード にゅうもんDocker Swarm モード にゅうもん
Docker Swarm モード にゅうもん
 
2019年度 CaaS ワークショップ @ NTTコム
2019年度 CaaS ワークショップ @ NTTコム2019年度 CaaS ワークショップ @ NTTコム
2019年度 CaaS ワークショップ @ NTTコム
 
Docker講習会資料
Docker講習会資料Docker講習会資料
Docker講習会資料
 
Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編
Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編
Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編
 
Docker技術情報アップデート 2015年7月号
Docker技術情報アップデート 2015年7月号Docker技術情報アップデート 2015年7月号
Docker技術情報アップデート 2015年7月号
 
Dockerを支える技術
Dockerを支える技術Dockerを支える技術
Dockerを支える技術
 
ラズパイ2で動く Docker PaaS
ラズパイ2で動く Docker PaaSラズパイ2で動く Docker PaaS
ラズパイ2で動く Docker PaaS
 
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
 
Wasm blazor and wasi 2
Wasm blazor and wasi 2Wasm blazor and wasi 2
Wasm blazor and wasi 2
 
DockerとDocker Hubの操作と概念
DockerとDocker Hubの操作と概念DockerとDocker Hubの操作と概念
DockerとDocker Hubの操作と概念
 
Dockerハンズオン
DockerハンズオンDockerハンズオン
Dockerハンズオン
 
Docker実践入門
Docker実践入門Docker実践入門
Docker実践入門
 
Dockerの仕組みとIIJ社内での利用例
Dockerの仕組みとIIJ社内での利用例Dockerの仕組みとIIJ社内での利用例
Dockerの仕組みとIIJ社内での利用例
 
Docker Swarm入門
Docker Swarm入門Docker Swarm入門
Docker Swarm入門
 
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまでDockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
 
Docker handson
Docker handsonDocker handson
Docker handson
 
Dockerは2016年の秋現在どのような状況なのか~忙しい人の5分で分かるDocker~
Dockerは2016年の秋現在どのような状況なのか~忙しい人の5分で分かるDocker~Dockerは2016年の秋現在どのような状況なのか~忙しい人の5分で分かるDocker~
Dockerは2016年の秋現在どのような状況なのか~忙しい人の5分で分かるDocker~
 
Docker & Kubernetes基礎
Docker & Kubernetes基礎Docker & Kubernetes基礎
Docker & Kubernetes基礎
 
コンテナの基本 ~Docker実践~
コンテナの基本 ~Docker実践~コンテナの基本 ~Docker実践~
コンテナの基本 ~Docker実践~
 
Lagopus + DockerのDPDK接続
Lagopus + DockerのDPDK接続Lagopus + DockerのDPDK接続
Lagopus + DockerのDPDK接続
 

More from Masahito Zembutsu

忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
Masahito Zembutsu
 
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
Masahito Zembutsu
 
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
Masahito Zembutsu
 
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
Masahito Zembutsu
 
Docker Chronicle 2021.09
Docker Chronicle  2021.09Docker Chronicle  2021.09
Docker Chronicle 2021.09
Masahito Zembutsu
 
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
Masahito Zembutsu
 
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
Masahito Zembutsu
 
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
Masahito Zembutsu
 
ようこそオンラインの展示会場へ
ようこそオンラインの展示会場へようこそオンラインの展示会場へ
ようこそオンラインの展示会場へ
Masahito Zembutsu
 
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
Masahito Zembutsu
 
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
Masahito Zembutsu
 
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Masahito Zembutsu
 
Jitsi Meetとは?
Jitsi Meetとは?Jitsi Meetとは?
Jitsi Meetとは?
Masahito Zembutsu
 
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Masahito Zembutsu
 
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしようクリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
Masahito Zembutsu
 
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Masahito Zembutsu
 
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
Masahito Zembutsu
 
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
CNCF Updates 2019  Winter version and KnativeCNCF Updates 2019  Winter version and Knative
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
Masahito Zembutsu
 
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
Masahito Zembutsu
 
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返るCNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
Masahito Zembutsu
 

More from Masahito Zembutsu (20)

忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
 
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
 
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
 
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
 
Docker Chronicle 2021.09
Docker Chronicle  2021.09Docker Chronicle  2021.09
Docker Chronicle 2021.09
 
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
 
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
 
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
 
ようこそオンラインの展示会場へ
ようこそオンラインの展示会場へようこそオンラインの展示会場へ
ようこそオンラインの展示会場へ
 
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
 
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
 
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
 
Jitsi Meetとは?
Jitsi Meetとは?Jitsi Meetとは?
Jitsi Meetとは?
 
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
 
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしようクリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
 
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
 
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
 
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
CNCF Updates 2019  Winter version and KnativeCNCF Updates 2019  Winter version and Knative
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
 
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
 
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返るCNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
 

Recently uploaded

"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
ARISE analytics
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
Ayachika Kitazaki
 
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Shinichi Hirauchi
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 

Recently uploaded (15)

"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
 
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 

Docker ComposeでMastodonが必要なものを梱包する話