SlideShare a Scribd company logo
Docker イメージの理解と
コンテナのライフサイクル
JAWS-UGコンテナ支部 × JAWS-UG CLI専門支部 #1 発表資料
2016年3月22日(火)
@zembutsu
Technology Evangelist; Creationline, Inc.
What are Docker Images and Containers, and Container's life cycle.
背景画像CREDIT:スフィア / PIXTA(ピクスタ)
本資料の内容
• Docker とは何なのか?お復習い
• Docker イメージと Docker コンテナの違い
• Docker イメージとレイヤ
• コンテナのライフサイクルと主なコマンド
※ 内容は Docker 初心者の方(なんとなく Docker を知っているけれど、
コンテナとイメージの違いが分からないケース)を想定してます。
・
3
私は誰なのか?
‣ @zembutsu a.k.a. 前佛雅人
- Technology Evangelist; Creationline, Inc. – 2 yrs
- Technical Trainer; Docker Authorized Trainer – 0.8 yr
- Data Center Operations Engineer – 15+ yrs
興味:運用監視自動化、趣味でOSSやクラウド系の検証・情報発信
- SlideShare http://slideshare.net/zembutsu
- Blog http://pocketstudio.jp/log3
Why am I here?
+MasahitoZembutsu
4
Docker って何だったっけ?
‣ Docker
アプリケーションを開発・移動・実行するためのプラットフォーム
• 設計思想は、開発者が簡単にアプリケーションを動かす環境を作る
オープンソース・コミュニティ及び支援会社としての Docker, Inc.
• 2013年3月 Python Conference US のライトニング・トークで発表
– 前身は PaaS 事業者だった dotCloud 社(後に事業売却)
– https://github.com/docker/
• Open Container Initiative を通して各社と協調
– https://www.opencontainers.org/
developing, shipping, running
開発者が簡単にアプリケーションを開発・デプロイできる仕組み
プラットフォーム
6
Dockerコンテナ
‣ コンテナとは
ホスト OS の kernel 機能を使い、複数のルート・ファイルシステムを実行
• 各ルート・ファイルシステムをコンテナ (container) と呼ぶ
• コンテナは各々のリソースを持つ
– プロセス、メモリ、デバイス、ネットワーク
コンテナとは Linux カーネルの技術を使う
• Namespaces (名前空間によるプロセス間の隔離・分離;isolation)
• Cgroups(CPU・メモリ・Disk I/Oのリソース制限)
‣ コンテナの実行に必要な環境
• Docker Engine(エンジン)
– コンテナを移動・実行するための必要なプログラム(デーモン)
OS ( Linux )
物理/仮想サーバ
Docker エンジン
( docker デーモン )
Linux kernel
コンテナ コンテナ コンテナ
リモート
API
docker
クライアント
・docker コマンド
・Kitematic (GUI)
/sbin/init
PID 1
alice
PID 2
bob
PID 3
docker
PID 4
httpd
PID 1
コンテナA コンテナB
ruby
PID 1
chris.rb
PID 2
httpd
PID 5
chris.rb
PID 7
ruby
PID 6
Dockerコンテナはプロセスのア
イソレーション(isolation;分離・
独立)を実現します。コンテナ毎
にCPUやメモリ等のリソースや、
ネットワークを割り当て可能です。
プロセスはホスト上に普通に起
動していても、コンテナ内はホ
スト側や他のコンテナの状況を
見ることができません。
ホスト上のプロセス
/
/etc /bin /data
コンテナAのファイルシステム
… …
コンテナBのファイルシステム
/etc
(/data/ubuntu/etc)
/data/ubuntu /data/centos
/bin
(/data/ubuntu/bin)
/etc
(/data/ubuntu/etc)
/bin
(/data/ubuntu/bin)
/ /
ホスト上のファイルシステム
コンテナ内ではコンテナの中で
ルート・ディレクトリ(chroot風)を
それぞれマウントしています。
お互いのコンテナは、通常はそ
のまま相互に参照できません。
OS ( Linux )
物理/仮想サーバ
Docker エンジン
( docker デーモン )
Linux kernel
コンテナ コンテナ コンテナ
リモート
API
docker
クライアント
・docker コマンド
・Kitematic (GUI)
Docker
コンテナ
docker クライアント docker エンジン Docker Hub
$ docker run hello-world
Hello from Docker.
This message shows that your installation appears to be working correctly.
To generate this message, Docker took the following steps:
1. The Docker client contacted the Docker daemon.
2. The Docker daemon pulled the "hello-world" image from the Docker Hub.
3. The Docker daemon created a new container from that image which runs the
executable that produces the output you are currently reading.
4. The Docker daemon streamed that output to the Docker client, which sent it
to your terminal.
To try something more ambitious, you can run an Ubuntu container with:
$ docker run -it ubuntu bash
Share images, automate workflows, and more with a free Docker Hub account:
https://hub.docker.com
For more examples and ideas, visit:
https://docs.docker.com/userguide/
run pull
レジストリ
latest
イメージ
タグ
hello-world レポジトリ
latest
イメージ
タグ
コンテナ化した
hello-worldの実行
• Docker Engine は「docker
run」実行時にローカルにイ
メージがなければレジストリ
(DockerHubが標準)から
イメージをダウンロードする。
そのため初回実行時は時間
かかる場合がある
• hello-worldコンテナは画面
出力が終わると、プロセス
が停止(コンテナが停止)
$ docker run hello-world
Unable to find image 'hello-world:latest' locally
latest: Pulling from library/hello-world
03f4658f8b78: Pull complete
a3ed95caeb02: Pull complete
Digest: sha256:8be990ef2aeb16dbcb9271ddfe2610fa6658d13f6dfb8bc72074cc1ca36966a7
Status: Downloaded newer image for hello-world:latest
Hello from Docker.
This message shows that your installation appears to be working correctly.
To generate this message, Docker took the following steps:
1. The Docker client contacted the Docker daemon.
(省略)
Share images, automate workflows, and more with a free Docker Hub account:
https://hub.docker.com
For more examples and ideas, visit:
https://docs.docker.com/userguide/
「run」を実行すると、ホスト上に
イメージがなければ、自動的に
Docker Hub からダウンロードし
た後、コンテナを実行しています。
hello-worldコンテナを実行
コンテナを実行するファイルを含むイ
メージがないので取得(pull)する
最新のイメージを取得完了
タグを指定しなかったので「latest」
$ docker run hello-world
Unable to find image 'hello-world:latest' locally
latest: Pulling from library/hello-world
03f4658f8b78: Pull complete
a3ed95caeb02: Pull complete
Digest: sha256:8be990ef2aeb16dbcb9271ddfe2610fa6658d13f6dfb8bc72074cc1ca36966a7
Status: Downloaded newer image for hello-world:latest
Hello from Docker.
This message shows that your installation appears to be working correctly.
To generate this message, Docker took the following steps:
1. The Docker client contacted the Docker daemon.
(省略)
Share images, automate workflows, and more with a free Docker Hub account:
https://hub.docker.com
For more examples and ideas, visit:
https://docs.docker.com/userguide/
Docker
イメージ
14
Docker イメージ
‣ Dockerイメージは
コンテナを実行する時に必要な
ファイルシステム
• イメージ・レイヤ(層)の集合体
– ファイルの実体やメタ情報を含む
• レイヤには親子関係がある
• 差分情報のみを記録する
• Read Only で書き込みできない
共通するレイヤはイメージ間で共有できる
• ディスク容量の削減や高いポータビリティを実現する
$ docker pull ubuntu
Using default tag: latest
latest: Pulling from library/ubuntu
203137e8afd5: Pull complete
2ff1bbbe9310: Pull complete
933ae2486129: Pull complete
a3ed95caeb02: Pull complete
Digest: sha256:1bea66e185d3464fec1abda32ffaf2a11de69833cfcf81bd2b9a5be147776814
Status: Downloaded newer image for ubuntu:latest/
レイヤごとに
並列ダウンロード
$ docker pull wordpress
Using default tag: latest
latest: Pulling from library/wordpress
fdd5d7827f33: Already exists
a3ed95caeb02: Download complete
8c80f2e38113: Download complete
2da85bfb1ac0: Download complete
1da50ec818af: Download complete
b2799c7ad5c9: Downloading 1.113 MB/2.844 MB
4893554c0107: Download complete
b1d739e1b940: Waiting
bd103e3f6195: Waiting
aa560ff33ce6: Waiting
1deabfa10759: Waiting
91e6991f7a34: Waiting
7234c82b998e: Waiting
6bf8bdf2e550: Waiting
a5c7e6ead07c: Waiting
fe011342f195: Waiting
c6dd706ba27e: Waiting
35d564cafd69: Waiting
730edfa5d07f: Waiting
Digest: sha256:bfd7e102741d73cce4ec58b2d937586c670f31df1c80aeaf4d5c525eb3c6ac06
Status: Downloaded newer image for wordpress:latest
ダウンロード済みのレイヤ
なので再取得しない
ダウンロード中
ダウンロード済み
ダウンロード待ち
Nginx イメージの構造
902b87aaaec9 3 months ago /bin/sh -c #(nop) ADD file:e1dd18493a216ecd0c 125.2 MB
9a61b6b1315e 3 months ago /bin/sh -c #(nop) CMD ["/bin/bash"] 0 B
aface2a79f55 3 months ago /bin/sh -c #(nop) MAINTAINER NGINX Docker Mai 0 B
5dd2638d10a1 3 months ago /bin/sh -c apt-key adv --keyserver hkp://pgp. 1.997 kB
97df1ddba09e 3 months ago /bin/sh -c echo "deb http://nginx.org/package 221 B
e7e7a55e9264 10 weeks ago /bin/sh -c #(nop) ENV NGINX_VERSION=1.9.4-1~j 0 B
72b67c8ad0ca 10 weeks ago /bin/sh -c apt-get update && apt-get inst 7.695 MB
9108e25be489 10 weeks ago /bin/sh -c ln -sf /dev/stdout /var/log/nginx/ 11 B
6dda3f3a8c05 10 weeks ago /bin/sh -c ln -sf /dev/stderr /var/log/nginx/ 11 B
42d2189f6cbe 10 weeks ago /bin/sh -c #(nop) VOLUME [/var/cache/nginx] 0 B
3cb7f49c6bc4 10 weeks ago /bin/sh -c #(nop) EXPOSE 443/tcp 80/tcp 0 B
a486da044a3f 10 weeks ago /bin/sh -c #(nop) CMD ["nginx" "-g" "daemon o 0 B
$ docker history nginx
IMAGE CREATED CREATED BY SIZE COMMENT
docker history <image id/name>
コンテナ作成の履歴を辿るには
docker history コマンドが便利
ベース・イメージ
(公式イメージ等)
イメージ層
Docker コンテナを起動するとは
読み込み専用
(Read Only)
ベース・イメージ
(公式)
イメージ層
Docker コンテナを起動するとは
読み込み専用
(Read Only)
・新しいイメージ・レイヤの
自動的な割り当て
・イメージ内のバイナリを
隔離されたプロセスで起動
(コンテナ化された状態)
docker run <opts> <image:tag>
docker diff
Dockerコンテナとイメージのライフサイクル
イメージ
Read Only
コンテナ用
レイヤ
読み書き可
• Docker イメージとはイメージ・レイヤ
(rootファイルシステム)とメタデー
タ(何のコマンドを実行するのか、ど
のポートを開くかなどの管理情報)の
集合体であり、読み込み専用
• それぞれのレイヤは ID を持つ
• コンテナの起動とは、Dockerイメージ
上に読み書き可能なレイヤを追加し、
指定されたプロセスを隔離された状態
やシステムリソース上で実行すること
docker pull … イメージの取得
docker run … コンテナの実行
イメージ
Read Only
コンテナ用
レイヤ
読み書き可
• イメージを作成するには3つの方法
1. Docker Hub から取得する
2. コンテナの内容を手動でコミットし、
新しいイメージを作成する
3. Dockerfileを使ってイメージを自動構
築する(自動コミットの繰り返し)
docker commit … イメージの作成
docker build… イメージの自動構築(自動commit)
イメージ
Read Only
コンテナ用
レイヤ
読み書き可
docker history … イメージの履歴表示
docker diff… 元イメージとコンテナの差分表示
docker inspect… コンテナやイメージの調査
イメージ
Read Only
コンテナ用
レイヤ
読み書き可
docker push … Dockerイメージの送信
docker login … ログイン
docker tag … イメージをタグ付け
docker search … 検索
イメージ
Read Only
コンテナ用
レイヤ
読み書き可
Dockerコンテナとイメージのライフサイクル
docker ps … コンテナ一覧や状態の表示
docker rmi … コンテナイメージ削除
docker rm … コンテナ削除
docker images … 一覧
Copy on Write(コピー・オン・ライト)
読み込み専用
(Read Only)
• Read Only のイメージ層上
のファイルに対する変更は、
必ずコピー作業を行う
• 内部実装はストレージ・ドラ
イバに依存する(パフォーマ
ンスに影響が出る)
• CoWを回避するには
ボリュームを使う
書き込む前に
コピーしてから
コンテナのレイヤ上に
変更を反映
ボリュームはコンテナ用のレイヤとは分離
イメージ
Read Only
コンテナ用
レイヤ
読み書き可
• イメージ・レイヤの仕様(Copy on Write)を
回避できる
• docker commit してもボリューム内容は反
映されない。
• 複数のコンテナでボリュームを共有できる
• ホスト側のファイルやディレクトリをマウン
ト可能
まとめ
• Docker とはアプリケーションを開発・移動・実行する
プラットフォームの役割で、Linuxカーネル技術を使う
• Docker イメージはイメージ・レイヤの集合体
• Read Only のイメージを使って Docker コンテナを実行
• イメージ・レイヤの性質上コピー・オン・ライトの処理が
発生するが、ボリュームを使えば回避可能
29
何か気になる所はありますか?
Dockerイメージ入門とコンテナのライフサイクル
‣ 日本語ドキュメントはこちら
http://docs.docker.jp
30
‣ アーキテクチャの理解
http://docs.docker.jp/engine/understanding-docker.html
‣ イメージの構築
http://docs.docker.jp/engine/userguide/containers/dockerimages.html
‣ イメージ、コンテナ、ストレージ・ドライバの理解
http://docs.docker.jp/engine/userguide/storagedriver/imagesandcontainers.html
‣ ストレージ・ドライバの選択
http://docs.docker.jp/engine/userguide/storagedriver/selectadriver.html
‣ コンテナでデータを管理する
http://docs.docker.jp/engine/userguide/containers/dockervolumes.html
より詳しい情報

More Related Content

What's hot

Dockerライフサイクルの基礎 地雷を踏み抜けろ!
Dockerライフサイクルの基礎 地雷を踏み抜けろ!Dockerライフサイクルの基礎 地雷を踏み抜けろ!
Dockerライフサイクルの基礎 地雷を踏み抜けろ!
Masahito Zembutsu
 
SQLアンチパターン 幻の第26章「とりあえず削除フラグ」
SQLアンチパターン 幻の第26章「とりあえず削除フラグ」SQLアンチパターン 幻の第26章「とりあえず削除フラグ」
SQLアンチパターン 幻の第26章「とりあえず削除フラグ」
Takuto Wada
 
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Masahito Zembutsu
 
AWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティスAWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティス
Akihiro Kuwano
 
例外設計における大罪
例外設計における大罪例外設計における大罪
例外設計における大罪
Takuto Wada
 
Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行
Akihiro Suda
 
コンテナの作り方「Dockerは裏方で何をしているのか?」
コンテナの作り方「Dockerは裏方で何をしているのか?」コンテナの作り方「Dockerは裏方で何をしているのか?」
コンテナの作り方「Dockerは裏方で何をしているのか?」
Masahito Zembutsu
 
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
Hitachi, Ltd. OSS Solution Center.
 
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応までDocker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Masahito Zembutsu
 
ツール比較しながら語る O/RマッパーとDBマイグレーションの実際のところ
ツール比較しながら語る O/RマッパーとDBマイグレーションの実際のところツール比較しながら語る O/RマッパーとDBマイグレーションの実際のところ
ツール比較しながら語る O/RマッパーとDBマイグレーションの実際のところ
Y Watanabe
 
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
mosa siru
 
PostgreSQLアンチパターン
PostgreSQLアンチパターンPostgreSQLアンチパターン
PostgreSQLアンチパターン
Soudai Sone
 
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのことマルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
Amazon Web Services Japan
 
Kubernetesでの性能解析 ~なんとなく遅いからの脱却~(Kubernetes Meetup Tokyo #33 発表資料)
Kubernetesでの性能解析 ~なんとなく遅いからの脱却~(Kubernetes Meetup Tokyo #33 発表資料)Kubernetesでの性能解析 ~なんとなく遅いからの脱却~(Kubernetes Meetup Tokyo #33 発表資料)
Kubernetesでの性能解析 ~なんとなく遅いからの脱却~(Kubernetes Meetup Tokyo #33 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Serverless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについてServerless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについて
Amazon Web Services Japan
 
世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture
Atsushi Nakamura
 
DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較
Akihiro Suda
 
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
kazuki kumagai
 
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
JustSystems Corporation
 

What's hot (20)

Dockerライフサイクルの基礎 地雷を踏み抜けろ!
Dockerライフサイクルの基礎 地雷を踏み抜けろ!Dockerライフサイクルの基礎 地雷を踏み抜けろ!
Dockerライフサイクルの基礎 地雷を踏み抜けろ!
 
SQLアンチパターン 幻の第26章「とりあえず削除フラグ」
SQLアンチパターン 幻の第26章「とりあえず削除フラグ」SQLアンチパターン 幻の第26章「とりあえず削除フラグ」
SQLアンチパターン 幻の第26章「とりあえず削除フラグ」
 
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
Dockerfileを改善するためのBest Practice 2019年版
 
AWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティスAWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティス
 
例外設計における大罪
例外設計における大罪例外設計における大罪
例外設計における大罪
 
Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行Dockerからcontainerdへの移行
Dockerからcontainerdへの移行
 
コンテナの作り方「Dockerは裏方で何をしているのか?」
コンテナの作り方「Dockerは裏方で何をしているのか?」コンテナの作り方「Dockerは裏方で何をしているのか?」
コンテナの作り方「Dockerは裏方で何をしているのか?」
 
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
NGINXをBFF (Backend for Frontend)として利用した話
 
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応までDocker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
Docker Compose入門~今日から始めるComposeの初歩からswarm mode対応まで
 
ツール比較しながら語る O/RマッパーとDBマイグレーションの実際のところ
ツール比較しながら語る O/RマッパーとDBマイグレーションの実際のところツール比較しながら語る O/RマッパーとDBマイグレーションの実際のところ
ツール比較しながら語る O/RマッパーとDBマイグレーションの実際のところ
 
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
 
PostgreSQLアンチパターン
PostgreSQLアンチパターンPostgreSQLアンチパターン
PostgreSQLアンチパターン
 
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
 
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのことマルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
マルチテナント化で知っておきたいデータベースのこと
 
Kubernetesでの性能解析 ~なんとなく遅いからの脱却~(Kubernetes Meetup Tokyo #33 発表資料)
Kubernetesでの性能解析 ~なんとなく遅いからの脱却~(Kubernetes Meetup Tokyo #33 発表資料)Kubernetesでの性能解析 ~なんとなく遅いからの脱却~(Kubernetes Meetup Tokyo #33 発表資料)
Kubernetesでの性能解析 ~なんとなく遅いからの脱却~(Kubernetes Meetup Tokyo #33 発表資料)
 
Serverless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについてServerless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについて
 
世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture世界一わかりやすいClean Architecture
世界一わかりやすいClean Architecture
 
DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較
 
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本
 
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
Spring Boot の Web アプリケーションを Docker に載せて AWS ECS で動かしている話
 

Viewers also liked

Docker基礎+docker0.9, 0.10概要
Docker基礎+docker0.9, 0.10概要Docker基礎+docker0.9, 0.10概要
Docker基礎+docker0.9, 0.10概要Kazuyuki Mori
 
Docker Swarm入門
Docker Swarm入門Docker Swarm入門
Docker Swarm入門
Masahito Zembutsu
 
Docker Machineを使ってみよう
Docker Machineを使ってみようDocker Machineを使ってみよう
Docker Machineを使ってみよう
真俊 横田
 
分散ワークフローエンジン『Digdag』の実装 at Tokyo RubyKaigi #11
分散ワークフローエンジン『Digdag』の実装 at Tokyo RubyKaigi #11分散ワークフローエンジン『Digdag』の実装 at Tokyo RubyKaigi #11
分散ワークフローエンジン『Digdag』の実装 at Tokyo RubyKaigi #11
Sadayuki Furuhashi
 
15分で分か(った気になれ)るDocker
15分で分か(った気になれ)るDocker15分で分か(った気になれ)るDocker
15分で分か(った気になれ)るDocker
Masahiro NAKAYAMA
 
第37回「Dockerのユースケースと将来」(2014/10/30 on しすなま!)
第37回「Dockerのユースケースと将来」(2014/10/30 on しすなま!)第37回「Dockerのユースケースと将来」(2014/10/30 on しすなま!)
第37回「Dockerのユースケースと将来」(2014/10/30 on しすなま!)
System x 部 (生!) : しすなま! @ Lenovo Enterprise Solutions Ltd.
 
HDFSネームノードのHAについて #hcj13w
HDFSネームノードのHAについて #hcj13wHDFSネームノードのHAについて #hcj13w
HDFSネームノードのHAについて #hcj13w
Cloudera Japan
 
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
Masahito Zembutsu
 
Hadoop and Kerberos
Hadoop and KerberosHadoop and Kerberos
Hadoop and Kerberos
Yuta Imai
 
Docker勉強会2017 実践編 スライド
Docker勉強会2017 実践編 スライドDocker勉強会2017 実践編 スライド
Docker勉強会2017 実践編 スライド
Shiojiri Ohhara
 
Simplify and Secure your Hadoop Environment with Hortonworks and Centrify
Simplify and Secure your Hadoop Environment with Hortonworks and CentrifySimplify and Secure your Hadoop Environment with Hortonworks and Centrify
Simplify and Secure your Hadoop Environment with Hortonworks and Centrify
Hortonworks
 
Protocol Buffers 入門
Protocol Buffers 入門Protocol Buffers 入門
Protocol Buffers 入門
Yuichi Ito
 
Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
 Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編 Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Masahito Zembutsu
 
PostgreSQLアーキテクチャ入門(PostgreSQL Conference 2012)
PostgreSQLアーキテクチャ入門(PostgreSQL Conference 2012)PostgreSQLアーキテクチャ入門(PostgreSQL Conference 2012)
PostgreSQLアーキテクチャ入門(PostgreSQL Conference 2012)
Uptime Technologies LLC (JP)
 
Amazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Athena で実現する データ分析の広がりAmazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Web Services Japan
 
DockerとKubernetesが作る未来
DockerとKubernetesが作る未来DockerとKubernetesが作る未来
DockerとKubernetesが作る未来
Kazuto Kusama
 
Redmineを快適に使うためのおすすめ初期設定
Redmineを快適に使うためのおすすめ初期設定Redmineを快適に使うためのおすすめ初期設定
Redmineを快適に使うためのおすすめ初期設定
Go Maeda
 
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
Kenji Saito
 
Dockerの期待と現実~Docker都市伝説はなぜ生まれるのか~
Dockerの期待と現実~Docker都市伝説はなぜ生まれるのか~Dockerの期待と現実~Docker都市伝説はなぜ生まれるのか~
Dockerの期待と現実~Docker都市伝説はなぜ生まれるのか~
Masahito Zembutsu
 
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまでDockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Ryo Nakamaru
 

Viewers also liked (20)

Docker基礎+docker0.9, 0.10概要
Docker基礎+docker0.9, 0.10概要Docker基礎+docker0.9, 0.10概要
Docker基礎+docker0.9, 0.10概要
 
Docker Swarm入門
Docker Swarm入門Docker Swarm入門
Docker Swarm入門
 
Docker Machineを使ってみよう
Docker Machineを使ってみようDocker Machineを使ってみよう
Docker Machineを使ってみよう
 
分散ワークフローエンジン『Digdag』の実装 at Tokyo RubyKaigi #11
分散ワークフローエンジン『Digdag』の実装 at Tokyo RubyKaigi #11分散ワークフローエンジン『Digdag』の実装 at Tokyo RubyKaigi #11
分散ワークフローエンジン『Digdag』の実装 at Tokyo RubyKaigi #11
 
15分で分か(った気になれ)るDocker
15分で分か(った気になれ)るDocker15分で分か(った気になれ)るDocker
15分で分か(った気になれ)るDocker
 
第37回「Dockerのユースケースと将来」(2014/10/30 on しすなま!)
第37回「Dockerのユースケースと将来」(2014/10/30 on しすなま!)第37回「Dockerのユースケースと将来」(2014/10/30 on しすなま!)
第37回「Dockerのユースケースと将来」(2014/10/30 on しすなま!)
 
HDFSネームノードのHAについて #hcj13w
HDFSネームノードのHAについて #hcj13wHDFSネームノードのHAについて #hcj13w
HDFSネームノードのHAについて #hcj13w
 
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
今だからこそ知りたい Docker Compose/Swarm 入門
 
Hadoop and Kerberos
Hadoop and KerberosHadoop and Kerberos
Hadoop and Kerberos
 
Docker勉強会2017 実践編 スライド
Docker勉強会2017 実践編 スライドDocker勉強会2017 実践編 スライド
Docker勉強会2017 実践編 スライド
 
Simplify and Secure your Hadoop Environment with Hortonworks and Centrify
Simplify and Secure your Hadoop Environment with Hortonworks and CentrifySimplify and Secure your Hadoop Environment with Hortonworks and Centrify
Simplify and Secure your Hadoop Environment with Hortonworks and Centrify
 
Protocol Buffers 入門
Protocol Buffers 入門Protocol Buffers 入門
Protocol Buffers 入門
 
Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
 Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編 Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Rancher/Kubernetes入門ハンズオン資料~第2回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
 
PostgreSQLアーキテクチャ入門(PostgreSQL Conference 2012)
PostgreSQLアーキテクチャ入門(PostgreSQL Conference 2012)PostgreSQLアーキテクチャ入門(PostgreSQL Conference 2012)
PostgreSQLアーキテクチャ入門(PostgreSQL Conference 2012)
 
Amazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Athena で実現する データ分析の広がりAmazon Athena で実現する データ分析の広がり
Amazon Athena で実現する データ分析の広がり
 
DockerとKubernetesが作る未来
DockerとKubernetesが作る未来DockerとKubernetesが作る未来
DockerとKubernetesが作る未来
 
Redmineを快適に使うためのおすすめ初期設定
Redmineを快適に使うためのおすすめ初期設定Redmineを快適に使うためのおすすめ初期設定
Redmineを快適に使うためのおすすめ初期設定
 
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
 
Dockerの期待と現実~Docker都市伝説はなぜ生まれるのか~
Dockerの期待と現実~Docker都市伝説はなぜ生まれるのか~Dockerの期待と現実~Docker都市伝説はなぜ生まれるのか~
Dockerの期待と現実~Docker都市伝説はなぜ生まれるのか~
 
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまでDockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
Dockerを使ったローカルでの開発から本番環境へのデプロイまで
 

Similar to Dockerイメージの理解とコンテナのライフサイクル

【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
Masahito Zembutsu
 
Dockerクイックツアー
DockerクイックツアーDockerクイックツアー
Dockerクイックツアー
Etsuji Nakai
 
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオンWebアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン
虎の穴 開発室
 
Docker道場「Dockerの基本概念」0825インフラ勉強会資料
Docker道場「Dockerの基本概念」0825インフラ勉強会資料Docker道場「Dockerの基本概念」0825インフラ勉強会資料
Docker道場「Dockerの基本概念」0825インフラ勉強会資料
Masahito Zembutsu
 
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Masahito Zembutsu
 
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン20210519
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン20210519Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン20210519
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン20210519
虎の穴 開発室
 
Docker社内勉強会
Docker社内勉強会Docker社内勉強会
Docker社内勉強会
osamu_takezawa
 
Docker実践入門
Docker実践入門Docker実践入門
Docker実践入門
hiro nemu
 
20150101勉強会 dokku alt
20150101勉強会 dokku alt20150101勉強会 dokku alt
20150101勉強会 dokku altShugo Numano
 
Dockerハンズオン
DockerハンズオンDockerハンズオン
DockerハンズオンKazuyuki Mori
 
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Masahito Zembutsu
 
Docker & Kubernetes基礎
Docker & Kubernetes基礎Docker & Kubernetes基礎
Docker & Kubernetes基礎
Daisuke Hiraoka
 
Dockerで遊んでみよっかー YAPC::Asia Tokyo 2014
Dockerで遊んでみよっかー YAPC::Asia Tokyo 2014Dockerで遊んでみよっかー YAPC::Asia Tokyo 2014
Dockerで遊んでみよっかー YAPC::Asia Tokyo 2014Masahiro Nagano
 
DockerとDocker Hubの操作と概念
DockerとDocker Hubの操作と概念DockerとDocker Hubの操作と概念
DockerとDocker Hubの操作と概念
Masahito Zembutsu
 
Alibaba Cloud で Docker を動かしてみよう [Hands-on]
Alibaba Cloud で Docker を動かしてみよう [Hands-on]Alibaba Cloud で Docker を動かしてみよう [Hands-on]
Alibaba Cloud で Docker を動かしてみよう [Hands-on]
Masafumi Noguchi
 
ゆるふわなDockerの使い方
ゆるふわなDockerの使い方ゆるふわなDockerの使い方
ゆるふわなDockerの使い方
Kento Aoyama
 
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
Kunihiro TANAKA
 
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Masahito Zembutsu
 
JAWS-UG コンテナ支部 Docker入門 ハンズオン
JAWS-UG コンテナ支部 Docker入門 ハンズオンJAWS-UG コンテナ支部 Docker入門 ハンズオン
JAWS-UG コンテナ支部 Docker入門 ハンズオン
Ryo Nakamaru
 
Docker handson
Docker handsonDocker handson
Docker handson
koda3
 

Similar to Dockerイメージの理解とコンテナのライフサイクル (20)

【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
【18-E-3】クラウド・ネイティブ時代の2016年だから始める Docker 基礎講座
 
Dockerクイックツアー
DockerクイックツアーDockerクイックツアー
Dockerクイックツアー
 
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオンWebアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン
 
Docker道場「Dockerの基本概念」0825インフラ勉強会資料
Docker道場「Dockerの基本概念」0825インフラ勉強会資料Docker道場「Dockerの基本概念」0825インフラ勉強会資料
Docker道場「Dockerの基本概念」0825インフラ勉強会資料
 
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
Docker最新動向2017秋+セキュリティの落とし穴
 
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン20210519
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン20210519Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン20210519
Webアプリケーション開発者のためのDockerハンズオン20210519
 
Docker社内勉強会
Docker社内勉強会Docker社内勉強会
Docker社内勉強会
 
Docker実践入門
Docker実践入門Docker実践入門
Docker実践入門
 
20150101勉強会 dokku alt
20150101勉強会 dokku alt20150101勉強会 dokku alt
20150101勉強会 dokku alt
 
Dockerハンズオン
DockerハンズオンDockerハンズオン
Dockerハンズオン
 
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
Docker入門 - 基礎編 いまから始めるDocker管理
 
Docker & Kubernetes基礎
Docker & Kubernetes基礎Docker & Kubernetes基礎
Docker & Kubernetes基礎
 
Dockerで遊んでみよっかー YAPC::Asia Tokyo 2014
Dockerで遊んでみよっかー YAPC::Asia Tokyo 2014Dockerで遊んでみよっかー YAPC::Asia Tokyo 2014
Dockerで遊んでみよっかー YAPC::Asia Tokyo 2014
 
DockerとDocker Hubの操作と概念
DockerとDocker Hubの操作と概念DockerとDocker Hubの操作と概念
DockerとDocker Hubの操作と概念
 
Alibaba Cloud で Docker を動かしてみよう [Hands-on]
Alibaba Cloud で Docker を動かしてみよう [Hands-on]Alibaba Cloud で Docker を動かしてみよう [Hands-on]
Alibaba Cloud で Docker を動かしてみよう [Hands-on]
 
ゆるふわなDockerの使い方
ゆるふわなDockerの使い方ゆるふわなDockerの使い方
ゆるふわなDockerの使い方
 
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
 
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
Docker/Aarukas入門ハンズオン資料~第1回さくらとコンテナの夕べ #さくらの夕べ 番外編
 
JAWS-UG コンテナ支部 Docker入門 ハンズオン
JAWS-UG コンテナ支部 Docker入門 ハンズオンJAWS-UG コンテナ支部 Docker入門 ハンズオン
JAWS-UG コンテナ支部 Docker入門 ハンズオン
 
Docker handson
Docker handsonDocker handson
Docker handson
 

More from Masahito Zembutsu

忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
Masahito Zembutsu
 
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
Masahito Zembutsu
 
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
Masahito Zembutsu
 
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
Masahito Zembutsu
 
Docker Chronicle 2021.09
Docker Chronicle  2021.09Docker Chronicle  2021.09
Docker Chronicle 2021.09
Masahito Zembutsu
 
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
Masahito Zembutsu
 
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
Masahito Zembutsu
 
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
Masahito Zembutsu
 
ようこそオンラインの展示会場へ
ようこそオンラインの展示会場へようこそオンラインの展示会場へ
ようこそオンラインの展示会場へ
Masahito Zembutsu
 
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
Masahito Zembutsu
 
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
Masahito Zembutsu
 
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Masahito Zembutsu
 
Jitsi Meetとは?
Jitsi Meetとは?Jitsi Meetとは?
Jitsi Meetとは?
Masahito Zembutsu
 
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Masahito Zembutsu
 
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしようクリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
Masahito Zembutsu
 
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
Masahito Zembutsu
 
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
CNCF Updates 2019  Winter version and KnativeCNCF Updates 2019  Winter version and Knative
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
Masahito Zembutsu
 
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
Masahito Zembutsu
 
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返るCNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
Masahito Zembutsu
 
コンテナ導入概要資料2018
コンテナ導入概要資料2018コンテナ導入概要資料2018
コンテナ導入概要資料2018
Masahito Zembutsu
 

More from Masahito Zembutsu (20)

忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
忙しい人のための Rocky Linux 入門〜Rocky LinuxはCentOSの後継者たり得るか?〜
 
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
自由検証環境提供宣言+Docker Compose V2 GA
 
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
CentOS Linux 8 の EOL と対応策の検討
 
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
さくらインターネットのコミュニティ with COVID-19
 
Docker Chronicle 2021.09
Docker Chronicle  2021.09Docker Chronicle  2021.09
Docker Chronicle 2021.09
 
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
ブックトーク@CROSS ~SF編~ 発表資料「攻殻機動隊」「導きの星」
 
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
インターネットでウェブサイトを表示している裏側の話
 
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
3分で分かる「プログラミング教育・情報教育」
 
ようこそオンラインの展示会場へ
ようこそオンラインの展示会場へようこそオンラインの展示会場へ
ようこそオンラインの展示会場へ
 
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
小学校プログラミング教育に対する企業の取り組みと課題 #KOF2020
 
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
オンライン発表で気を付けているポイント~姿勢編
 
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
Docker道場オンライン#1 Docker基礎概念と用語の理解
 
Jitsi Meetとは?
Jitsi Meetとは?Jitsi Meetとは?
Jitsi Meetとは?
 
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
Docker 9 tips~意外と知られていない日常で役立つ便利技
 
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしようクリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
クリスマスに工場(Factorio)を作るゲームをしよう
 
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
2020年から始まる小学校プログラミング教育の話 #osc19os
 
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
CNCF Updates 2019  Winter version and KnativeCNCF Updates 2019  Winter version and Knative
CNCF Updates 2019 Winter version and Knative
 
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
[1C5] Docker Comose & Swarm mode Orchestration (Japan Container Days - Day1)
 
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返るCNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
CNCFアップデート情報~2018年のCNCFを振り返る
 
コンテナ導入概要資料2018
コンテナ導入概要資料2018コンテナ導入概要資料2018
コンテナ導入概要資料2018
 

Recently uploaded

シグネチャで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
シグネチャで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Eventシグネチャで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
シグネチャで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
K Kinzal
 
RayPen Product Description Documentation - 2024.6.19
RayPen Product Description Documentation - 2024.6.19RayPen Product Description Documentation - 2024.6.19
RayPen Product Description Documentation - 2024.6.19
GrapeCity, inc.
 
クラウドネイティブにおけるセキュアなソフトウェア・サプライ・チェーンの考え方とベストプラクティス.pdf
クラウドネイティブにおけるセキュアなソフトウェア・サプライ・チェーンの考え方とベストプラクティス.pdfクラウドネイティブにおけるセキュアなソフトウェア・サプライ・チェーンの考え方とベストプラクティス.pdf
クラウドネイティブにおけるセキュアなソフトウェア・サプライ・チェーンの考え方とベストプラクティス.pdf
TatsuyaHanayama
 
Bhyve Management Daemon Version 3.0 on FreBSD
Bhyve Management Daemon Version 3.0 on FreBSDBhyve Management Daemon Version 3.0 on FreBSD
Bhyve Management Daemon Version 3.0 on FreBSD
Yuichiro Naito
 
RaySheetで解決できるシナリオ10選-業務改善に貢献する機能 - RaySheet Documentation
RaySheetで解決できるシナリオ10選-業務改善に貢献する機能 - RaySheet DocumentationRaySheetで解決できるシナリオ10選-業務改善に貢献する機能 - RaySheet Documentation
RaySheetで解決できるシナリオ10選-業務改善に貢献する機能 - RaySheet Documentation
GrapeCity, inc.
 
RayBarcode Product Description Documentation - 2024.6.19
RayBarcode Product Description Documentation - 2024.6.19RayBarcode Product Description Documentation - 2024.6.19
RayBarcode Product Description Documentation - 2024.6.19
GrapeCity, inc.
 
Solanaで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
Solanaで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer EventSolanaで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
Solanaで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
K Kinzal
 
RaySheet Product Description Documentation - 2024.6.19
RaySheet Product Description Documentation - 2024.6.19RaySheet Product Description Documentation - 2024.6.19
RaySheet Product Description Documentation - 2024.6.19
GrapeCity, inc.
 

Recently uploaded (8)

シグネチャで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
シグネチャで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Eventシグネチャで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
シグネチャで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
 
RayPen Product Description Documentation - 2024.6.19
RayPen Product Description Documentation - 2024.6.19RayPen Product Description Documentation - 2024.6.19
RayPen Product Description Documentation - 2024.6.19
 
クラウドネイティブにおけるセキュアなソフトウェア・サプライ・チェーンの考え方とベストプラクティス.pdf
クラウドネイティブにおけるセキュアなソフトウェア・サプライ・チェーンの考え方とベストプラクティス.pdfクラウドネイティブにおけるセキュアなソフトウェア・サプライ・チェーンの考え方とベストプラクティス.pdf
クラウドネイティブにおけるセキュアなソフトウェア・サプライ・チェーンの考え方とベストプラクティス.pdf
 
Bhyve Management Daemon Version 3.0 on FreBSD
Bhyve Management Daemon Version 3.0 on FreBSDBhyve Management Daemon Version 3.0 on FreBSD
Bhyve Management Daemon Version 3.0 on FreBSD
 
RaySheetで解決できるシナリオ10選-業務改善に貢献する機能 - RaySheet Documentation
RaySheetで解決できるシナリオ10選-業務改善に貢献する機能 - RaySheet DocumentationRaySheetで解決できるシナリオ10選-業務改善に貢献する機能 - RaySheet Documentation
RaySheetで解決できるシナリオ10選-業務改善に貢献する機能 - RaySheet Documentation
 
RayBarcode Product Description Documentation - 2024.6.19
RayBarcode Product Description Documentation - 2024.6.19RayBarcode Product Description Documentation - 2024.6.19
RayBarcode Product Description Documentation - 2024.6.19
 
Solanaで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
Solanaで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer EventSolanaで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
Solanaで始めるRustプログラミング - Superteam Japan Developer Event
 
RaySheet Product Description Documentation - 2024.6.19
RaySheet Product Description Documentation - 2024.6.19RaySheet Product Description Documentation - 2024.6.19
RaySheet Product Description Documentation - 2024.6.19
 

Dockerイメージの理解とコンテナのライフサイクル

  • 1. Docker イメージの理解と コンテナのライフサイクル JAWS-UGコンテナ支部 × JAWS-UG CLI専門支部 #1 発表資料 2016年3月22日(火) @zembutsu Technology Evangelist; Creationline, Inc. What are Docker Images and Containers, and Container's life cycle. 背景画像CREDIT:スフィア / PIXTA(ピクスタ)
  • 2. 本資料の内容 • Docker とは何なのか?お復習い • Docker イメージと Docker コンテナの違い • Docker イメージとレイヤ • コンテナのライフサイクルと主なコマンド ※ 内容は Docker 初心者の方(なんとなく Docker を知っているけれど、 コンテナとイメージの違いが分からないケース)を想定してます。 ・
  • 3. 3 私は誰なのか? ‣ @zembutsu a.k.a. 前佛雅人 - Technology Evangelist; Creationline, Inc. – 2 yrs - Technical Trainer; Docker Authorized Trainer – 0.8 yr - Data Center Operations Engineer – 15+ yrs 興味:運用監視自動化、趣味でOSSやクラウド系の検証・情報発信 - SlideShare http://slideshare.net/zembutsu - Blog http://pocketstudio.jp/log3 Why am I here? +MasahitoZembutsu
  • 4. 4 Docker って何だったっけ? ‣ Docker アプリケーションを開発・移動・実行するためのプラットフォーム • 設計思想は、開発者が簡単にアプリケーションを動かす環境を作る オープンソース・コミュニティ及び支援会社としての Docker, Inc. • 2013年3月 Python Conference US のライトニング・トークで発表 – 前身は PaaS 事業者だった dotCloud 社(後に事業売却) – https://github.com/docker/ • Open Container Initiative を通して各社と協調 – https://www.opencontainers.org/ developing, shipping, running
  • 6. 6 Dockerコンテナ ‣ コンテナとは ホスト OS の kernel 機能を使い、複数のルート・ファイルシステムを実行 • 各ルート・ファイルシステムをコンテナ (container) と呼ぶ • コンテナは各々のリソースを持つ – プロセス、メモリ、デバイス、ネットワーク コンテナとは Linux カーネルの技術を使う • Namespaces (名前空間によるプロセス間の隔離・分離;isolation) • Cgroups(CPU・メモリ・Disk I/Oのリソース制限) ‣ コンテナの実行に必要な環境 • Docker Engine(エンジン) – コンテナを移動・実行するための必要なプログラム(デーモン)
  • 7. OS ( Linux ) 物理/仮想サーバ Docker エンジン ( docker デーモン ) Linux kernel コンテナ コンテナ コンテナ リモート API docker クライアント ・docker コマンド ・Kitematic (GUI)
  • 8. /sbin/init PID 1 alice PID 2 bob PID 3 docker PID 4 httpd PID 1 コンテナA コンテナB ruby PID 1 chris.rb PID 2 httpd PID 5 chris.rb PID 7 ruby PID 6 Dockerコンテナはプロセスのア イソレーション(isolation;分離・ 独立)を実現します。コンテナ毎 にCPUやメモリ等のリソースや、 ネットワークを割り当て可能です。 プロセスはホスト上に普通に起 動していても、コンテナ内はホ スト側や他のコンテナの状況を 見ることができません。 ホスト上のプロセス
  • 9. / /etc /bin /data コンテナAのファイルシステム … … コンテナBのファイルシステム /etc (/data/ubuntu/etc) /data/ubuntu /data/centos /bin (/data/ubuntu/bin) /etc (/data/ubuntu/etc) /bin (/data/ubuntu/bin) / / ホスト上のファイルシステム コンテナ内ではコンテナの中で ルート・ディレクトリ(chroot風)を それぞれマウントしています。 お互いのコンテナは、通常はそ のまま相互に参照できません。
  • 10. OS ( Linux ) 物理/仮想サーバ Docker エンジン ( docker デーモン ) Linux kernel コンテナ コンテナ コンテナ リモート API docker クライアント ・docker コマンド ・Kitematic (GUI) Docker コンテナ
  • 11. docker クライアント docker エンジン Docker Hub $ docker run hello-world Hello from Docker. This message shows that your installation appears to be working correctly. To generate this message, Docker took the following steps: 1. The Docker client contacted the Docker daemon. 2. The Docker daemon pulled the "hello-world" image from the Docker Hub. 3. The Docker daemon created a new container from that image which runs the executable that produces the output you are currently reading. 4. The Docker daemon streamed that output to the Docker client, which sent it to your terminal. To try something more ambitious, you can run an Ubuntu container with: $ docker run -it ubuntu bash Share images, automate workflows, and more with a free Docker Hub account: https://hub.docker.com For more examples and ideas, visit: https://docs.docker.com/userguide/ run pull レジストリ latest イメージ タグ hello-world レポジトリ latest イメージ タグ コンテナ化した hello-worldの実行 • Docker Engine は「docker run」実行時にローカルにイ メージがなければレジストリ (DockerHubが標準)から イメージをダウンロードする。 そのため初回実行時は時間 かかる場合がある • hello-worldコンテナは画面 出力が終わると、プロセス が停止(コンテナが停止)
  • 12. $ docker run hello-world Unable to find image 'hello-world:latest' locally latest: Pulling from library/hello-world 03f4658f8b78: Pull complete a3ed95caeb02: Pull complete Digest: sha256:8be990ef2aeb16dbcb9271ddfe2610fa6658d13f6dfb8bc72074cc1ca36966a7 Status: Downloaded newer image for hello-world:latest Hello from Docker. This message shows that your installation appears to be working correctly. To generate this message, Docker took the following steps: 1. The Docker client contacted the Docker daemon. (省略) Share images, automate workflows, and more with a free Docker Hub account: https://hub.docker.com For more examples and ideas, visit: https://docs.docker.com/userguide/ 「run」を実行すると、ホスト上に イメージがなければ、自動的に Docker Hub からダウンロードし た後、コンテナを実行しています。 hello-worldコンテナを実行 コンテナを実行するファイルを含むイ メージがないので取得(pull)する 最新のイメージを取得完了 タグを指定しなかったので「latest」
  • 13. $ docker run hello-world Unable to find image 'hello-world:latest' locally latest: Pulling from library/hello-world 03f4658f8b78: Pull complete a3ed95caeb02: Pull complete Digest: sha256:8be990ef2aeb16dbcb9271ddfe2610fa6658d13f6dfb8bc72074cc1ca36966a7 Status: Downloaded newer image for hello-world:latest Hello from Docker. This message shows that your installation appears to be working correctly. To generate this message, Docker took the following steps: 1. The Docker client contacted the Docker daemon. (省略) Share images, automate workflows, and more with a free Docker Hub account: https://hub.docker.com For more examples and ideas, visit: https://docs.docker.com/userguide/ Docker イメージ
  • 14. 14 Docker イメージ ‣ Dockerイメージは コンテナを実行する時に必要な ファイルシステム • イメージ・レイヤ(層)の集合体 – ファイルの実体やメタ情報を含む • レイヤには親子関係がある • 差分情報のみを記録する • Read Only で書き込みできない 共通するレイヤはイメージ間で共有できる • ディスク容量の削減や高いポータビリティを実現する
  • 15. $ docker pull ubuntu Using default tag: latest latest: Pulling from library/ubuntu 203137e8afd5: Pull complete 2ff1bbbe9310: Pull complete 933ae2486129: Pull complete a3ed95caeb02: Pull complete Digest: sha256:1bea66e185d3464fec1abda32ffaf2a11de69833cfcf81bd2b9a5be147776814 Status: Downloaded newer image for ubuntu:latest/ レイヤごとに 並列ダウンロード
  • 16. $ docker pull wordpress Using default tag: latest latest: Pulling from library/wordpress fdd5d7827f33: Already exists a3ed95caeb02: Download complete 8c80f2e38113: Download complete 2da85bfb1ac0: Download complete 1da50ec818af: Download complete b2799c7ad5c9: Downloading 1.113 MB/2.844 MB 4893554c0107: Download complete b1d739e1b940: Waiting bd103e3f6195: Waiting aa560ff33ce6: Waiting 1deabfa10759: Waiting 91e6991f7a34: Waiting 7234c82b998e: Waiting 6bf8bdf2e550: Waiting a5c7e6ead07c: Waiting fe011342f195: Waiting c6dd706ba27e: Waiting 35d564cafd69: Waiting 730edfa5d07f: Waiting Digest: sha256:bfd7e102741d73cce4ec58b2d937586c670f31df1c80aeaf4d5c525eb3c6ac06 Status: Downloaded newer image for wordpress:latest ダウンロード済みのレイヤ なので再取得しない ダウンロード中 ダウンロード済み ダウンロード待ち
  • 17. Nginx イメージの構造 902b87aaaec9 3 months ago /bin/sh -c #(nop) ADD file:e1dd18493a216ecd0c 125.2 MB 9a61b6b1315e 3 months ago /bin/sh -c #(nop) CMD ["/bin/bash"] 0 B aface2a79f55 3 months ago /bin/sh -c #(nop) MAINTAINER NGINX Docker Mai 0 B 5dd2638d10a1 3 months ago /bin/sh -c apt-key adv --keyserver hkp://pgp. 1.997 kB 97df1ddba09e 3 months ago /bin/sh -c echo "deb http://nginx.org/package 221 B e7e7a55e9264 10 weeks ago /bin/sh -c #(nop) ENV NGINX_VERSION=1.9.4-1~j 0 B 72b67c8ad0ca 10 weeks ago /bin/sh -c apt-get update && apt-get inst 7.695 MB 9108e25be489 10 weeks ago /bin/sh -c ln -sf /dev/stdout /var/log/nginx/ 11 B 6dda3f3a8c05 10 weeks ago /bin/sh -c ln -sf /dev/stderr /var/log/nginx/ 11 B 42d2189f6cbe 10 weeks ago /bin/sh -c #(nop) VOLUME [/var/cache/nginx] 0 B 3cb7f49c6bc4 10 weeks ago /bin/sh -c #(nop) EXPOSE 443/tcp 80/tcp 0 B a486da044a3f 10 weeks ago /bin/sh -c #(nop) CMD ["nginx" "-g" "daemon o 0 B $ docker history nginx IMAGE CREATED CREATED BY SIZE COMMENT docker history <image id/name> コンテナ作成の履歴を辿るには docker history コマンドが便利
  • 21. イメージ Read Only コンテナ用 レイヤ 読み書き可 • Docker イメージとはイメージ・レイヤ (rootファイルシステム)とメタデー タ(何のコマンドを実行するのか、ど のポートを開くかなどの管理情報)の 集合体であり、読み込み専用 • それぞれのレイヤは ID を持つ • コンテナの起動とは、Dockerイメージ 上に読み書き可能なレイヤを追加し、 指定されたプロセスを隔離された状態 やシステムリソース上で実行すること docker pull … イメージの取得 docker run … コンテナの実行
  • 22. イメージ Read Only コンテナ用 レイヤ 読み書き可 • イメージを作成するには3つの方法 1. Docker Hub から取得する 2. コンテナの内容を手動でコミットし、 新しいイメージを作成する 3. Dockerfileを使ってイメージを自動構 築する(自動コミットの繰り返し) docker commit … イメージの作成 docker build… イメージの自動構築(自動commit)
  • 23. イメージ Read Only コンテナ用 レイヤ 読み書き可 docker history … イメージの履歴表示 docker diff… 元イメージとコンテナの差分表示 docker inspect… コンテナやイメージの調査
  • 24. イメージ Read Only コンテナ用 レイヤ 読み書き可 docker push … Dockerイメージの送信 docker login … ログイン docker tag … イメージをタグ付け docker search … 検索
  • 25. イメージ Read Only コンテナ用 レイヤ 読み書き可 Dockerコンテナとイメージのライフサイクル docker ps … コンテナ一覧や状態の表示 docker rmi … コンテナイメージ削除 docker rm … コンテナ削除 docker images … 一覧
  • 26. Copy on Write(コピー・オン・ライト) 読み込み専用 (Read Only) • Read Only のイメージ層上 のファイルに対する変更は、 必ずコピー作業を行う • 内部実装はストレージ・ドラ イバに依存する(パフォーマ ンスに影響が出る) • CoWを回避するには ボリュームを使う 書き込む前に コピーしてから コンテナのレイヤ上に 変更を反映
  • 27. ボリュームはコンテナ用のレイヤとは分離 イメージ Read Only コンテナ用 レイヤ 読み書き可 • イメージ・レイヤの仕様(Copy on Write)を 回避できる • docker commit してもボリューム内容は反 映されない。 • 複数のコンテナでボリュームを共有できる • ホスト側のファイルやディレクトリをマウン ト可能
  • 28. まとめ • Docker とはアプリケーションを開発・移動・実行する プラットフォームの役割で、Linuxカーネル技術を使う • Docker イメージはイメージ・レイヤの集合体 • Read Only のイメージを使って Docker コンテナを実行 • イメージ・レイヤの性質上コピー・オン・ライトの処理が 発生するが、ボリュームを使えば回避可能
  • 30. 30 ‣ アーキテクチャの理解 http://docs.docker.jp/engine/understanding-docker.html ‣ イメージの構築 http://docs.docker.jp/engine/userguide/containers/dockerimages.html ‣ イメージ、コンテナ、ストレージ・ドライバの理解 http://docs.docker.jp/engine/userguide/storagedriver/imagesandcontainers.html ‣ ストレージ・ドライバの選択 http://docs.docker.jp/engine/userguide/storagedriver/selectadriver.html ‣ コンテナでデータを管理する http://docs.docker.jp/engine/userguide/containers/dockervolumes.html より詳しい情報